災害時の対策ガイド

日常の安全対策があなたとご家族を守ります。

まず最初に知っておきましょう

ブレーカーの設置場所を確認しましょう。

電気火災を防ぐため、避難の際は必ずブレーカー(遮断機)を切ってください。

転倒・落下の防止対策をする

ご使用中や万一の地震のとき、転倒・落下防止策が必要な製品があります。
それぞれの製品の取扱説明書をよく読んで正しく設置しましょう。

避難スペースや通路を確認しておきましょう

避難できる通路はありますか?落下物でふさがれることはありませんか?

日常使わない家電製品は、電源プラグを抜いておきます

電源プラグを差した状態では、スイッチを切っていても電気が流れているものもあります。

“再使用時の安全点検”異常の有無をチェックしましょう

転倒・落下した製品は、一度、電源プラグを抜きます
電源プラグ、テーブルタップのゆるみや抜けかけをチェックします
各箇所の異常が無いことを確認した上で、ブレーカー(遮断器)を入れます
製品の外観に異常がなければ、1台ずつ電源スイッチを入れ、正常に動作するかを確認します
外観上の異常や、電源スイッチを入れたときの異常音・煙・異臭、動作不良などがある場合は、
直ちにスイッチを切り、使用を中止し、お買い上げ店、またはソニー相談窓口に修理をご依頼ください
取扱説明書や製品本体の注意事項をもう一度よく読み、正しく使用しましょう

転倒・落下に備えて

日頃から転倒・落下対策を行ってください

取扱説明書をよく読んで正しく設置しましょう。

転倒防止の処置をする(必ず取扱説明書をお読みください)。

(液晶テレビの例)

液晶テレビを壁や柱にも固定する必要があります。テレビ台の種類により、付属の木ネジが使用できないときや、強度が充分とれないときには、お買い上げ店や工事店にご相談のうえ、市販のネジ(直径3〜4mm)をご使用ください。

  • ベルト1本のテレビ例
  • ベルト2本の大型テレビ例
  • テレビ側面から見た上下2本止めの例

ケーブルをまとめるときのご注意

ワイヤークランパーなどで接続ケーブルをまとめましょう。

  • 「電源コード」は束ねないでください

  • 禁止マーク

万一、転倒・落下した製品は、そのままでは使用(通電)しないでください。

一見、問題がないようでも、内部の電子部品などが破損している場合があります。
そのまま使用(通電)した場合は発煙や発火のおそれがありますので、お買い上げ店、またはソニー相談窓口に点検・修理をご依頼ください。

落雷時の注意点

  • 落雷による過電流が電線・電話回線・アンテナなどを通じて伝わり、テレビやパソコンなどの誤作動や故障の原因となります

    • 雷が鳴りだしたら、電源プラグ・ACアダプター・アンテナケーブルに、触れたり近づかない
    • 落雷のおそれがあるときはパソコンやウォークマン®などのご使用を中止し、家電製品に触れないでください。落雷により、感電することがあります
    • 雷予報が出たら、万一に備えて、雷が鳴り出す前に電源プラグ、LANケーブル、アンテナ接続ケーブルなどが接続されている場合、それらをすべて抜いてください

雷の後、電源が入らなくなったり、映像が映らなくなったりしたときは、落雷による誤動作の可能性があります。
その際は以下の順番でお確かめください。

①電源を切る
②電源コンセントを抜く
③5分くらい経ってから電源コンセントを差し込む
④電源を入れる

水害などによる冠水品の注意点

  • 使用(通電)しないでください

    • 漏電の危険が高いため、お買い上げ店、またはソニー相談窓口に点検・修理をご依頼ください
    • 製品が一時的に使用可能な状態であっても、また一見、乾燥しているようでも泥や塩分が残っているなど、発煙や発火のおそれがあり大変危険です