製品情報 > 総合サポート > ICレコーダー/ラジオレコーダー > ソフトウェアダウンロード > ICレコーダー/Digital Voice Editorダウンロード

サポート・お問い合わせ

ホーム
ダウンロード

Digital Voice Editor Ver.3.3.01 ダウンロードサービス

ICレコーダーをご愛用のお客様へ
「Digital Voice Editor Ver.3.3.01 ダウンロードサービス」のご案内


2009年12月10日


平素は、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
ICレコーダーで録音した用件をパソコンに取り込み、再生、編集できるソフトウェアの最新版「Digital Voice Editor Ver.3.3.01」を提供いたします。
ダウンロード
使用上の不都合や、インストール時の不具合を避けるために、以下の説明をよくお読みになり、このプログラムを実施してください。


対象製品
次の製品をお使いのお客様へのご案内です。
- ICD-AX シリーズ(ICD-AX70はパソコン接続非対応のため、対象外となります。)
- ICD-BP シリーズ
- ICD-MS シリーズ
- ICD-MX シリーズ
- ICD-P シリーズ
- ICD-S シリーズ
- ICD-ST シリーズ
- ICD-SX シリーズ

【ご注意】
 

対応製品の詳細については以下をご覧ください。

  Windows 8対応製品
  Windows 7対応製品
  Windows Vista 64bit版の対応製品
  Windows Vista 32bit版の対応製品


製品概要
Digital Voice Editor Ver.3.3の機能概要

1. 用件保存/追加
  ICレコーダーで録音した用件を、用件単位またはフォルダ単位でパソコンのハードディスクへ保存できます。
また、パソコンのハードディスクなどに保存されている用件を、ICレコーダーへ追加できます。
2. 用件編集
  ICレコーダーで録音した用件を、2つの用件に分割したり、複数の用件をひとつに結合することができます。
3. ファイル形式変換
  パソコンに保存された用件のファイル形式を変換して、新たに保存できます。
また、ICレコーダーで録音した用件を、MP3ファイルに変換できます。
4. CD作成機能
  ICレコーダーで録音した用件のほか、Digital Voice Editorで管理できるファイル形式の用件を、CD-R/CD-RWディスクに書き込んで、音楽CDやデータCDを作成することができます。
音楽CDとして作成したCDは、パソコン以外のCDプレーヤーで再生ができます。
5. CD録音機能
  市販の音楽CDなどのデータを、Digital Voice Editorで管理できるファイル形式に変換して、パソコンのハードディスクに録音(保存)できます。


改善点
Microsoft Windows 7が標準インストールされたパソコンにおいて、Microsoft Office 2007との共存環境で、エラーメッセージが表示されDigital Voice Editor Ver.3.3.00が起動できない場合があり、この症状を改善しました。


過去の修正履歴はこちらをご覧ください。


対応パソコン
このソフトウェアを使うためには、次のようなハードウェア、ソフトウェアが必要です。

- OS: Windows 7
 (Ultimate / Professional / Home Premium / Home Basic / Starter)
Windows Vista (Service Pack 1 以降)
 (Ultimate / Business/ Premium / Home Basic)
  Windows XP (Service Pack 3 以降)
 (Media Center Edition 2005 / Media Center Edition 2004 / Professional / Home Edition)
  Windows 2000 Professional (Service Pack 4以降)
  標準インストール(日本語版)

上記以外のOSは動作保証いたしません。(Windows 98 / Windows 98SE / Windows Me / Mac OS / Linux等)
Windows XP については、64bit版のOSは動作保証いたしません。

以下の性能を満たしたIBM PC/AT互換機
CPU: Windows 7 の場合 Pentium lll 1GHz以上
  Windows Vista の場合 Pentium lll 800MHz 以上
  Windows XP/Windows 2000 の場合 Pentium ? 266MHz以上
RAM容量: Windows 7 の場合 1GB(32bit版)または2GB(64bit版)以上
  Windows Vista の場合 512MB以上
  Windows XP/Windows 2000 の場合 128MB以上
ハードディスクの空き容量:300MB以上 (お使いのWindowsのバージョンや音声データの扱う量に比例して必要な空き容量が変化します)
ドライブ:CD-ROMドライブ(音楽CD、データCDを作成する場合は、CD-R/RWドライブが必要です)
サウンドボード:OSの項に記載されたMicrosoft Windowsに対応のもの
USBポート
ディスプレイ:ハイカラー(16ビットカラー)以上、800×480ドット以上
インターネット接続環境:音声メール機能およびMusicIDディスク情報取得サービス利用の場合

【ご注意】
推奨環境すべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。
また、自作パソコン等へお客様自身がOSをインストールした場合、NEC PC-98シリーズとその互換機、OSをお客様自身でアップグレードした場合、マルチブート環境、マルチモニタ環境、Macintoshでの動作保証はいたしません。
 

「Digital Voice Editor Ver.3.3.01 インストール時のご注意」 をご確認のうえ、Digital Voice Editor Ver.3.3.01をご利用ください。
1  2  3


PAGE TOP
本ホームページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの登録商標あるいは商標です。なお、本文中では(TM)、(R)マークは明記しておりません。