> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > 風景をダイナミックに写す

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむデジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむトップページ

  • 「3」風景をダイナミックに写す

    旅行で広大な風景を目にした時は、その広々とした臨場感や清々しさをそのまま写真に収めたいですね。
    ここではAモードに設定して、次のテクニックを試してみてください。

    動画で説明を見る

  • 拡大焦点距離:16mm / F値:11 / シャッター速度:1/100秒

絞りを絞って撮影しよう

まず初めに、風景を撮影する時は、絞りを少し絞って撮影しましょう。撮影環境やレンズにも依りますが、絞り値をF8くらいで撮影すると全体にピントが合ったシャープな写真を撮ることができます。一般的に、コントラストを強調したシャープな写真が撮りたければF値を大きくし、逆に全体をふんわりとした雰囲気で撮りたい時はF値を小さく設定します。

  • 拡大焦点距離:16mm / F値:9.0 / シャッター速度:1/30秒

絞りをF9まで絞ることで、手前の松の木にも奥の空にもピントが合い、シャープな写真となりました。F値が小さすぎると、木か空かどちらかにしかピントが合わず、キリっとしない写りになりがちです。

広角側で広く切り取ろう

ズームレンズの場合、風景を撮るときはレンズの広角側(焦点距離が短い側)を使うと、より広く景色を切り取ることができます。また、空と一緒に撮るときは、空を多めに入れることでより広々とした印象になり、ダイナミックさを伝えることができます。

  • 拡大焦点距離:16mm / F値:11 / シャッター速度:1/800秒

ズームレンズの広角側で撮影しました。メインの被写体は海ですが、海だけをを大きく写すのではなく、空と雲を多めに入れることでより広々とした雰囲気が強調されています。

よりくっきり鮮やかに写すには?

景色や雲そのものをさらにくっきりと、鮮やかに写したいときはクリエイティブスタイルを変更してみましょう。クリエイティブスタイルを『風景』に設定するとコントラストや彩度が高まり、より立体感を感じる写真に仕上がります。色や陰にさらにメリハリをつけ、印象的な写真に仕上げたい時は、オプションから彩度やコントラストを微調整しましょう。それぞれ±3段階で調節することができます。

  • 拡大【1】クリエイティブスタイル: スタンダード

  • 拡大【2】クリエイティブスタイル:風景 / 彩度:+2 / コントラスト:+2

クリエイティブスタイルを変えてみました。【1】の写真は[スタンダード]で、【2】の写真は[風景]にし、さらにオプションから『彩度』と『コントラスト』を高く設定しました。こうすることで空と紅葉が色鮮やかに力強く再現されました。しかし、コントラストや彩度を上げすぎると、色が飽和して塗りつぶしたような写真になってしまうこともあるので、注意が必要です。

広角レンズを使ってみよう

より広角に、ダイナミックな写真を撮るには広角レンズを使ってみましょう。広角レンズは人間の眼よりも広い範囲を写し出すことができるので、風景だけでなく、普段のスナップや街を撮る際も、個性のある写真を撮ることができるおもしろいレンズです。

この作例は、SEL28F20とSEL075UWCを組み合わせて撮影しています。SEL28F20は35mmフルサイズ対応の広角単焦点レンズです。高度非球面レンズ(AAレンズ advanced aspherical)1枚を含む非球面レンズ3枚、EDガラス2枚を使用し、小型設計ながら美しいぼけ味と周辺までシャープな描写を両立。開放F値2.0と明るく、室内でも手持ち撮影が可能です。静粛かつ高速なAF駆動を実現するリニアモーターを採用。外装には高品位なアルミニウム合金を使用し、防塵・防滴にも配慮した設計です。別売のSEL28F20専用ウルトラワイドコンバーターSEL075UWCと組み合わせれば、焦点距離21mmの超広角描写が手軽に楽しめます。

35mmフルサイズイメージセンサーとマッチする高い描写性能を誇る広角ズームレンズです。ソニー独自の高度な成型技術を用いた高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ1枚と非球面レンズ4枚を用いた先進の光学設計により、画面のすみずみまでシャープに描写する高解像の実現と歪曲収差や像面湾曲を極限まで低減。また、EDガラスの使用により、色収差も抑制します。さらに、「T*(ティースター)コーティング」の採用により、レンズ表面での光の反射を効果的に抑え、画質低下の原因となるフレアやゴーストを最小限に抑制。忠実な色再現とヌケの良い描写を実現しています。標準ズームレンズ(Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS)、望遠ズームレンズ(FE 70-200mm F4 G OSS)とともに使用することで広い焦点距離をカバーします。

超広角領域の15mmから広角27mm相当(35mm判換算)までをカバーするEマウント専用の超広角ズームレンズです。非球面レンズ3枚とスーパーEDガラスを用いた光学系により、15mm(35mm判換算)という超広角で発生する諸収差を良好に補正し、コントラストの高い描写を実現。全画角を開放F値4で使用できるので、ダイナミックな風景や夕景などの光量が不足しがちなシーンも速いシャッタースピードで撮影可能。さらに光学式手ブレ補正機能も内蔵。円形絞りによる美しいぼけも魅力です。

超広角領域の16mmから広角35mmまでの焦点距離をカバーする、開放F値2.8の大口径広角ズームレンズです。非球面レンズ3枚、スーパーEDガラス1枚、EDガラス1枚を使用した高い光学性能により、絞り開放から高コントラストでシャープな画質が得られます。また、ZEISS「T*(ティースター)コーティング」の特性向上により、厳しい光線条件下でもゴーストを抑えたクリアな描写を実現しています。AFはSSM(超音波モーター)とインターナルフォーカシングを組み合わせ、静粛で高速なフォーカシングを実現。さらに、AFの動体追尾性能は、従来の約4倍(Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSMとの比較)の速度を達成し、動きの速い被写体もAFが捉え続けます。最大撮影倍率は0.24倍という高い近接撮影能力を備え、幅広い撮影ジャンルで威力を発揮します。屋外での撮影を考慮し、防塵防滴に配慮した設計も行っています。

αアカデミー プロカメラマン・専任講師から学べるカメラスクール α(アルファ)使い方相談 オペレーター指名制・電話予約サービス
デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ"

トップページ
> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > 風景をダイナミックに写す