> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > ISO感度

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむデジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむトップページ

ISO感度

デジタルカメラの場合、ISO感度とはレンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの指標になります。カメラ内に入ってくる光の量は、絞りとシャッター速度で決定され、その光の量から適切な明るさの画像になるように光を増幅させます。その増幅具合を数字で表しています。例えば、ISO200とはISO100の2倍感度が高いことを示し、ISO100の時に比べて光の量が半分の場所でも同じ明るさで写真を撮ることができます。
実際のところ、ほとんどのモードでは撮影環境に応じてカメラが自動でISO感度を決定しますが、P/A/S/Mモードでは撮影の用途に応じてマニュアルでの設定も可能です。感度が上がれば上がるほど、光が少ない場所でもシャッター速度を速くすることができるので、暗い場所での手ブレや、スポーツ写真の被写体ブレを軽減することができます。しかし、光を電気的に増幅させるため、写真のノイズ(ざらつき)が増えたり、仕上がりの写真のシャープさが失われたりする傾向があります。

  • 拡大

  • 【1】ISO3200

  • 【2】ISO800

手持ちで夜景を撮影しました。【1】がISO3200、【2】がISO800の画像です。高い感度に設定したので手ブレをせずに撮ることができましたが、【1】の写真では建物にざらつきが発生しています。

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ"

トップページ
> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > ISO感度