> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > ドライブモード

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむデジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむトップページ

ドライブモード

ドライブモードでは、“連写”や“セルフタイマー”など、撮影方法を指定できます。お使いの機種によって指定できる撮影の種類は異なりますが、ここではα™(アルファ)のほとんどの機種に共通する、代表的なドライブモードを説明します。

1枚撮影

通常の撮影方法です。シャッターボタンを押すと、1枚画像が撮影されます。(プレミアムおまかせオートなど、画像の重ね合わせを行うシーンでは、一度の撮影で複数回シャッターが切れることがあります。)

連続撮影

シャッターボタンを押している間、連続して画像が撮影されます。機種によっては、連写の速さが選べるものもあります。

セルフタイマー

シャッターボタンを押して10秒後、または2秒後にセルフタイマーで撮影をします。10秒のセルフタイマーは撮影者も一緒に写真に入るときに、2秒のセルフタイマーは、三脚での夜景撮影など、撮影の際のカメラブレを軽減するのに便利です。

リモコン

本体とは別売りのワイヤレスリモートコマンダーを使って撮影する際のモードです。

他のドライブモードが搭載されている機種は、お使いの取扱い説明書またはハンドブックをご参照ください。

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ"

トップページ
> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > ドライブモード