> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > 光の当たり方と効果

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむデジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむトップページ

光の当たり方と効果

写真は、ある同じ被写体を撮影しても、光の当たり方によってイメージが大きく変わります。光の角度や強弱によって、影の出方や露出に影響が出るためです光の向きと被写体の位置関係で、どのような違いが出るのか見てみましょう。

光の当たり方は大きく分けて、次の3つに分類されます。

   
1.順光 2.サイド光 3.逆光

1.順光

被写体に対し、正面(カメラ側)から当たる光を順光といいます。順光では、被写体に直接光が当たるため、色や形をはっきりと正確に描写することができます。青空や木々を鮮やかに描写する風景写真に向いています。

  • 拡大順光で撮影

2.サイド光

被写体に対し、横方向から当たる光をサイド光といいます。サイド光は、被写体に影が強く出やすく、明暗がはっきりとしたメリハリのある描写になります。被写体に影を付けて立体的に演出するのに最適です。

  • 拡大サイド光で撮影

3.逆光

被写体に対し、背後から当たる光を逆光といいます。逆光では、料理をおいしそうに撮ったり、人物をふんわりとした雰囲気で撮ることができます。一方で、レンズに向かって強い光が入るため、被写体が暗くなりがちです。そのようなシーンでは、露出補正を使って被写体をイメージ通りの明るさに調整しましょう。

  • 拡大逆光で撮影

光による描写の違いを知っておくと、よりイメージに近い写真を撮ることができるようになります。例えば、晴れた日の室内では、窓から差し込む光を利用すると効果的です。窓を背にして撮影をすると順光になり、室内から窓に向かって撮影すると逆光になります。室内で料理や花を撮影する時は、逆光を作って撮影してみましょう。

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ"

トップページ
> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > 光の当たり方と効果