> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > 露出と露出補正

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむデジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむトップページ

露出と露出補正

露出とは、写真を撮るときに取り込まれる光の量のことを言います。光の量は絞りとシャッター速度で決定され、それにISO感度を組み合わせた結果、写真の明るさが決まります。 

オートモードやP、A、Sモードでは自動露出機能(AE)が働くため、カメラが最適な露出を判断し、それに合うような絞り・シャッタースピード・ISO感度を決定します。このAE機能で撮影すれば、自動でカメラが判断する適正な明るさの写真が撮れます。しかし、状況によってはイメージしていた明るさと、カメラが適切だと判断した明るさが異なる場合があります。例えば、下のような写真では、自動露出で撮影した写真は雲と建物の中間の明るさになりました。しかし、撮影者が入道雲を強調して見せたいなら暗めの写真の方が適切ですし、一方で建物の形をはっきり見せたければ、明るい写真のほうが適切だと言えます。

  • 拡大露出補正:+0.7

  • 拡大露出補正:0

  • 拡大露出補正:-0.7

このような場合は、露出補正を使いましょう。露出補正とは、カメラが判断した適正露出を、自分のイメージ通りの明るさに近づけるための調整です。上記のように、シーンに応じて、または撮影者の好みに応じて撮りたい写真の明るさは変わってきます。より明るくしたい場合は+方向に、より暗くしたい場合は一方向に設定しましょう。デジタルカメラは撮影結果がその場で確認できますので、何度か露出補正を行い、好きな明るさに調整していきましょう。

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ

デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ"

トップページ
> 活用ガイド > デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ > 露出と露出補正