本文へ

製品情報>総合サポート> テレビ ブラビア/“ベガ” >トラブル解決ナビ

テレビ サポート・お問い合わせ

ページに関するアンケート
お客様の声

トラブル解決ナビ

地デジが映らない

アンテナ接続や地デジの受信状況 (環境) など様々な原因が考えられます

お問い合わせをいただいた際に、解決につながったご案内を1つずつご紹介していきます。
「すぐ試せる作業」→「やや手間のかかる作業」の順に、各ステップでご案内します。

入力が地上デジタル以外 (BS/CSや地上アナログなど) になっていませんか?

    • なっていた (地デジに切換えて改善した)
    • なっていない (地デジにしている)

作業内容

Z9D/X9350D/X9300D/X8500D/X8300D/X7000D シリーズ、X9400C/X9300C/X9000C/X8500C/X8000C/W870C シリーズの場合

【1】リモコンの 「 テレビ 」 (テレビ) ボタンを押し、【2】さらに「 地デジ 」 (地デジ) ボタンを押して、視聴できるかご確認ください。

rtテレビおよび地デジボタン

上記以外のモデルの場合

リモコンのデジタル放送ボタン ( 「 地デジ 」 / 「 デジタル 」 / 「 地デジ 」 ) を押して、視聴できるかご確認ください。

地デジまたはデジタルボタン

よくあるケース :
「テレビの入力が地デジ以外の、「BS」「CS」や「アナログ放送」になっていた」
ソニーの出張修理でお客様宅に訪問させていただいた際に、テレビが故障ではなかったときの原因「第3位」 (上位10位中) でした。

※ 2012年度修理お申込み分 / ソニー調べ
その他の原因を見る

お疲れ様でした

解決のお役に立てて幸いです。
ご覧いただき、ありがとうございました。

今後ともソニーをご愛顧くださいますよう、お願いいたします。

チャンネルスキャンして映りますか?

    • 映った (解決した)
    • 映らない

作業内容

チャンネルスキャンとは、お住まいの地域でテレビが受信できる地上デジタルの放送局をチェックすることです。
地デジを見るためには、必ずしなければなりません。

「一度スキャンしたことがある」場合でも、その当時の電波の受信状況が変わったときや、受信に問題が発生したときなど、チャンネルスキャンで改善する場合があります。

お手数ですが、まず以下の操作をお試しください。

作業手順

  1. リモコンの 「ホームボタン」 ボタンを押します。
  2. [設定] - [放送受信設定] - [デジタル放送受信設定] (または [デジタル放送受信]) にて、[地上デジタル : 自動チャンネル設定] を選び、「決定」 ボタンを押します。

    地上デジタル : 自動チャンネル設定
  3. [再スキャン] を選び、「決定」 ボタンを押します。
    ※ スキャンには数分かかります。完了するまで、しばらくお待ちください。

    チャンネルスキャン
  4. スキャンが完了したら、リモコンのデジタル放送ボタン ( 「 地デジ 」 / 「 デジタル 」 / 「 地デジ 」 ) を押して、地デジが映るかご確認ください。

チャンネルスキャンについてより詳しくは、以下のリンク先をご参照ください。
地デジのチャンネル設定をやり直す(チャンネルスキャン)方法は?

よくあるケース :
「引っ越し後に受信に問題が発生したが、チャンネルスキャンをしたら受信できた」「スキャンしていなかった」
ソニーの出張修理でお客様宅に訪問させていただいた際に、テレビが故障ではなかったときの原因「第4位」 (上位10位中) でした。

※ 2012年度修理お申込み分 / ソニー調べ
その他の原因を見る
  

ケーブルをつなぎ忘れていませんか?

    • つなぎ忘れていた (解決した)
    • ちゃんとつながれていた

作業内容

故障と誤解される原因として大変多く確認されています。
テレビの背面にまわらなければならず、大変ご面倒な作業かとは思いますが、一度ご確認ください。

作業手順

  • 「地上デジタル入力」 (または「VHF/UHF」) 端子にケーブルをつなげていない / 抜けてしまっていないかご確認ください。
    テレビ背面だけでなく、壁の端子までの配線すべてで、「抜け」がないか目で見て確認してみてください。

    ケーブルが接続されていますか?

    テレビと壁の端子を直接つないでいない場合、中継している機器のつなぐべき地デジ「出力」端子からケーブルが抜け落ちていないかも、ご確認ください。

    ケーブルが接続されていますか?

    きちんとつないでいたつもりでも、なんらかのきっかけ (お掃除、部屋の模様替え、引っ越しなど) で抜けてしまっていた事例が、修理におうかがいした際に多数確認されています。

    ※ 多くの場合、抜けていたケーブルを接続しチャンネルスキャンをして受信できるようになります。
よくあるケース :
「ケーブルをそもそもつないで無かった」
「つないでいたつもりが、掃除などしたときに引っかかって抜けていたみたい」
などテレビ本体背面のアンテナケーブルの接続 (配線・接触不良) に問題があった
ソニーの出張修理でお客様宅に訪問させていただいた際に、テレビが故障ではなかったときの原因「第2位」 (上位10位中) でした。

※ 2012年度修理お申込み分 / ソニー調べ
その他の原因を見る
  

BS/CS の入力につないでいませんか?

    • BS/CS の入力につないでいた
      (地デジにつなぎ直して映った)
    • BS/CS の入力につないでいない
      (地デジにつないでいて映らない)

作業内容

  • 地デジ用のアンテナケーブルを、「BS/110度CS IF入力」 端子につないでいないかご確認ください。
    一見正しくつながれているように見えても、「地上デジタル入力」の端子とほぼ同じ位置にあるため、つなぎ間違いをしていても気づかないことがあります。


    BS/CSにつないでいませんか?

    ケーブルが、上に白い文字で、「地上デジタル入力」 (または「VHF/UHF」) と書かれている方の端子につながれているか、改めてご確認ください。

    ※ 多くの場合、「地上デジタル入力」につなぎ直しチャンネルスキャンをして受信できるようになります。
    地上デジタル入力またはVHF/UHF
よくあるケース :
「BS/CS入力につないでいた」
「途中につないでいるレコーダーまたは分波器のBS出力端子/地上デジ入力端子に間違えてつないでいた」
などテレビ本体背面のアンテナケーブルの接続 (配線・接触不良) に問題があった
ソニーの出張修理でお客様宅に訪問させていただいた際に、テレビが故障ではなかったときの原因「第2位」(上位10位中)でした。

※ 2012年度修理お申込み分 / ソニー調べ
その他の原因を見る
  

アンテナ芯線がまがっていたり、ゆるんでいないか確認します

    • まがっていた/ゆるんでいた
    • まっすぐにささっている

作業内容

引き続き、テレビの背面にまわらなければならず、大変ご面倒な作業かとは思いますが、もう一度ご確認ください。

  • いったん (1) テレビのアンテナ端子および、(2) 壁のアンテナ端子から、いったん (3) アンテナケーブルを抜きます。

    ケーブルを一度抜く

    アンテナ芯線 (しんせん : ケーブルの真ん中に生えている針金状の線のことです。下図参照) が曲がっていないか確認してください。

    ケーブルがゆるんでいませんか?

  

アンテナ芯線をまっすぐに直して受信できますか?

    • 受信できた (解決した)
    • 受信できない

作業手順

  1. 曲がっている芯線を、ピンセットなどでまっすぐに直し、慎重に入力端子につなぎ直してください。


    ケーブルが接続されていますか?

    ※ 曲がった芯線を戻すのが困難だったり、まっすぐにしても改善しない場合、予備のアンテナケーブルに交換してください (破損しているおそれもあります)。 予備のケーブルがない場合は、お手数ですが電器店などで新しいケーブルをお求めください。
  2. [設定] - [放送受信設定] - [デジタル放送受信設定] (または [デジタル放送受信]) にて、[再スキャン] を実行します。


    チャンネルスキャン

    ※ 配線・接触不良を直しても、スキャンをしないと受信できない場合がありますので、必ずおこなってください。

チャンネルスキャンについてより詳しくは、以下のリンク先をご参照ください。
地デジのチャンネル設定をやり直す(チャンネルスキャン)方法は?

よくあるケース :
「見た目に問題はなかったが、抜いたらケーブルの芯線が曲がったまま差さっていた」
「芯線が折れた状態で差さっていた」
ソニーの出張修理でお客様宅に訪問させていただいた際に、テレビが故障ではなかったときの原因「第2位」 (上位10位中) でした。

※ 2012年度修理お申込み分 / ソニー調べ
その他の原因を見る

壁のアンテナ端子とテレビを直接接続して受信できますか?

    • 直接つなぐと受信できる
    • 受信できない/直接つないでいる

作業内容

ここまでの切り分けにより、テレビで必要な設定・操作およびテレビの背面へのアンテナ接続に問題はないと考えられます。
続けて、お住まいのアンテナがそもそも地デジを受信できているか、を切り分ける必要があります。

  1. 再度お手数をおかけいたしますが、一度テレビのアンテナ入力端子と、壁などのアンテナ端子をケーブル1本で直接つないでみてください。
    ※ アンテナケーブルそのものが破損している場合もあるため、可能でしたら予備の新しいケーブルでお試しください。

    壁のアンテナ端子と直接つなぐ

  2. 正常に映る場合、下図のように、テレビとアンテナ端子の間の機器が原因の可能性が高まります。
    (原因となる「機器」の例 : 古いビデオデッキや分波器/分配器、ブルーレイディスクレコーダーなど)

    録画機器などがつながっている

  

壁の端子 - テレビ間の接続機器の見直しをご検討ください女性アイコン


壁のアンテナ端子とテレビを直接接続したときは受信できることから、テレビとアンテナ受信環境に問題はないようです。

壁のアンテナ端子 - テレビ間に中継している機器 (またはケーブル) に問題があり、電波が弱くなっているようです。



使っていない機器は、壁のアンテナ端子 - テレビから外すなど、接続の見直しをご検討ください。
不明点があれば、機器の取扱説明書やお買い上げの電器店などにご相談ください。

壁のアンテナ端子−テレビ間につないでいる機器 (またはケーブル) を外せない (使いたい) 場合は…
  1. ケーブルに原因がある可能性 :
    「直接つないだら映った」際に使用したケーブルで接続し、ご使用ください。
    (原因と思われるケーブルは、交換して接続してください)
  2. 機器に原因がある可能性 :
    機器のご購入店に相談いただくか、メーカーにお問い合わせください。
  3. 機器がソニー製品の場合 :
    ご購入店にご相談いただくか、このままインターネットから修理のお申し込みをご利用ください。
    (インターネットからご依頼の場合には、販売店が独自に定める修理保証は適用できません)

よくあるケース :
「途中につないでいたレコーダーや分波器のアンテナケーブルが、抜けていた/ゆるんでいた」
「途中につないでいたビデオデッキに不具合があり、テレビまで電波が届いていなかった」
「分波器の接触に不具合があり、電波が届いていなかった」
など、テレビから壁までにつながれているケーブル・機器に原因があった
ソニーの出張修理でお客様宅に訪問させていただいた際に、テレビが故障ではなかったときの原因「第7位」 (上位10位中) でした。

※ 2012年度修理お申込み分 / ソニー調べ
その他の原因を見る

リセット(電源コードの抜き差し)をして改善するか確認します

    • 改善した
    • 改善しない

作業内容

ネットワークサービス/データ放送/接続機器など、外的要因による原因の場合は、リセットをすることで改善する場合があります。

作業手順

電源リセットおよびソフトウェアアップデートをおこなって改善されるかお試しください。

詳しくは、以下のリンク先をご参照ください。

アンテナや建物に原因があるとわかっている場合

以下は、テレビの設定、アンテナ線の接続 (配線・接触不良) に問題がなかった場合に、「では、次はどうしたらよいの?」とお困りの方向けのご案内となります。

※ テレビの設定、アンテナ線の接続 (配線・接触不良) など、基本的なことが原因だった場合、以降のステップを実施しても解決しない恐れがありますので、ご注意ください。

お住まいのタイプは何ですか?

作業内容

受信環境に問題がある場合、原因および対処方法は、お住まいのタイプにより大きく異なります。
お住まいの視聴手段に応じた、確認ポイント・対処方法をご覧ください。

アンテナや建物に原因だったケースは、ソニーの出張修理でお客様宅に訪問させていただいた際に、テレビが故障ではなかったときの原因「第1位」 (上位10位中) でした。

※ 2012年度修理お申込み分 / ソニー調べ
その他の原因を見る

一戸建てなど (個別のアンテナで受信)

作業内容

一戸建てで、地デジが受信できなかったときの原因を、以下にご紹介いたします。
※ 全ての事例ではありません。

  • 「地域的に電波が弱い (専門の測定器で判定) ことが原因だった。
    元から一部のチャンネルが受信できなかったが、ブースターを設置したら改善した。」

    ブースターを設置したら改善

    ※ 「はじめから (設置したときから) 映らない」お問い合わせの原因に多く寄せられます。

  • 「屋根裏にある (設置済みの) ブースターを確認すると、ブースターの電源が切れていた / 電源コードが抜けていたことが原因。 ブースターの電源コードを差した (給電されるようにした) ら改善した。」

    ブースターの電源をもとに戻したら改善

    ※ 「以前映っていたが、引っ越し・模様替え、リフォームなど、テレビ受信とは関係のないほかの目的の手入れ / 工事後、映らなくなった」お問い合わせの原因として多く寄せられます。

  • 「屋根の上を見上げると、(天候などの影響で) アンテナが倒れていた / 向きが変わっていたことが判明。
    アンテナをもとに戻したら改善した。」

    アンテナが倒れている

    ※ 「昨日まで映っていたのに、台風・大雪など天候の乱れのあと、映らなくなった」お問い合わせの原因として多く寄せられます。

    手の届く範囲で、ブースターの電源や設置、アンテナの向きや設置状況に問題がないか、ご確認ください。
    ただし、上記の受信障害対応をおこなうには、専門の器具 (アンテナレベルを計測するテスターなど) や知識 (ブースターの増幅させる度合い、正しいアンテナの向きなど) が必要です。
    また、設置されている場所そのものが、多くの場合高所や足場の安定しない壁面など、危険を伴います。

    可能な限り、お近くの電器店や、受信障害のメンテナンスなどを専門で扱うアンテナ業者の方などに相談することをおすすめします。

マンションなど (共同アンテナで設置)

作業内容

マンション/共同アンテナ (共聴アンテナ) で、地デジが受信できなかったときの原因を、以下にご紹介いたします。
※ 全ての事例ではありません。

  • 「マンションの共同アンテナのブースターの電源が切れていた / 電源コードが抜けていたことが原因。
    ブースターの電源をもとに戻したら改善した。」

  • 「マンション内のアンテナ配線に問題があり、部屋に届くはずの電波が弱まっていたことが原因。
    アンテナ配線の工事をご検討いただいた。 」

  • 「共同アンテナが一時的に工事中だったことが原因。
    後日、工事の完了とともに改善したことが判明。」

集合住宅にお住まいの方へ

もし確認できても、一般的に個人でブースターの増設 / 屋内配線し直し / アンテナの調整・設置できるとは限りません (他の住民の方、費用負担など、個人を超えたマンション全体で判断が必要なため)。
まずは、アンテナの管理をされている方 (マンションの管理者・オーナーの方、管理を代行する不動産会社など) を通して、ご相談ください。

管理をされている方へ

お手数をおかけいたしますが、お近くの電器店や、受信障害のメンテナンスなどを専門で扱うアンテナ業者の方などに相談することをおすすめします。

CATV (ケーブルテレビ会社と契約してチューナーを設置)

作業内容

CATV (ケーブルテレビ) で、地デジが受信できなかったときの原因を、以下にご紹介いたします。
※ 全ての事例ではありません。

  • 「CATVチューナーに不具合があったことが原因。
    ご契約のケーブルテレビ会社に、CATVチューナーの交換相談していただくようにまずご提案。」

  • 「ケーブルテレビの地デジ受信契約 (有料) の更新がされていなかったことが原因。
    ご契約のケーブルテレビ会社に、契約更新相談していただくようにまずご提案。」

  • 「ケーブルテレビ会社の地上デジタル放送の伝送方式により、専用チューナーを接続する必要があったが、接続していなかった。」

CATV (ケーブルテレビ) をご利用の方へ

CATV (ケーブルテレビ) は、一般的に一戸建て・集合住宅を問わず、ケーブルテレビ会社と契約することにより地デジやケーブルテレビチャンネルを楽しめるサービスです。

個人でアンテナの設置などは不要ですが、有料の契約が必要だったり、テレビと壁のアンテナ端子との間に、ケーブルテレビ会社の指定の機器を接続しなければならない場合があります。
また、ケーブルテレビ会社側にて地デジ受信障害が発生した場合も、受信トラブルが発生し得ます。

お手数をおかけいたしますが、ご契約のケーブルテレビ会社に「契約内容や接続に問題がないか」「受信障害が発生していないか」などご相談ください。

テレビ本体の故障が考えられるため、修理のお申し込みをおすすめします。
大切にご利用いただいているにもかかわらず、ご不便をおかけし申し訳ございません。

メーカー保証期間内の場合

お買い上げ日から1年以内の場合、当社保証書記載の無料修理規定に則り、点検修理をおこないます。
保証期間内に点検修理を受付される場合は、必ず製品と一緒に保証書をお預かりします。

このままインターネットで点検修理をお申込みできます。

お手続きの途中、概算見積料金が表示されますが、お申し込み時に「保証書の種類」「お買い上げ年月」をお選びいただければ、無料修理規定に則って点検修理をおこないます。

概算見積料金

ソニーストアの延長保証に加入している場合

ソニーストアの長期保証規定に則り、無料で点検修理をおこないます。 お手数をおかけいたしますが、以下のページをご確認いただき、ソニーストアお客様窓口へお問合せください。

長期保証 | ソニーストアのプレミアムサービス:

http://www.sony.jp/store/benefit/warranty/other.html

販売店が独自に定める延長保証に加入している場合

メーカー保証期間外であっても、販売店が独自に定める延長保証に加入している場合、 その修理規定に則り、無料で点検・修理がおこなえる場合がありますので、販売店へご相談ください。

保証書を紛失した・購入日がわからない場合

証書を紛失してしまった、または、購入日がわからない場合でも、無料で点検修理をおこなえる場合があります。
お手数をおかけいたしますが、以下までお問合せください。

修理相談窓口:

http://www.sony.jp/support/tv/inquiry/index.html#leftArea

メーカー保証期間外の場合

誠に申し訳ございませんが、有償で点検修理をおこないます。
以下のボタンから概算見積料金を確認のうえ、点検修理のお申し込みができます。

修理お申し込みサービスのご利用にあたって

最新のブラビアへのお買い替えもぜひご検討ください。

新しいテレビは、より高画質で、高い省エネ効果で電気代を節約できます。
本体はよりスリムになり、同じ設置スペースでも一回り大きな画面サイズが設置できるようになりました。
さらには、テレビ放送だけでなく「YouTube」や「Skype」などの人気のネット機能も楽しめる、最新のブラビアへのお買い替えもぜひご検討ください。 

ブラビアの進化の歩み

新しいブラビアをチェックしてみませんか?
ページトップへ