本文へ

  • ページに関するアンケートお客様の声
  • ウォークマン活用ガイド

    TOPウォークマン活用ガイド

    対応機種はこちら



    “ウォークマン”で録音して楽しむ

    “ウォークマン”で録音する印刷用ページ

    録音対応の“ウォークマン”をCDプレーヤー、MDプレーヤー、ラジオカセットプレーヤーなど、オーディオ機器に直接つなげば、音楽をパソコンを使わずに録音することができます。これまで使っていたMDの音楽を“ウォークマン”でも楽しむことができます。

    NW-S630F/S730Fシリーズを例に説明しています。画面やボタンはモデルによって異なります。


    1 “ウォークマン”とオーディオ機器を接続する

    別売りの録音用ケーブルで“ウォークマン”とオーディオ機器を接続する

    録音用ケーブルについての詳しい情報はこちらをご覧ください。録音を開始する前に、“ウォークマン”を充分に充電してください。


    ワンポイント

    録音するときの音声信号レベルを調整できます

    録音用ケーブル(WMC-NWR1)には録音レベルを調整するための[LEVELスイッチ]が付いています。再生側の機器によっては音声信号の出力レベルが大きく、そのまま録音すると音割れを起こす事があります。こんなときは、LEVELスイッチを使って調整をします。詳しくは録音用ケーブルの取扱説明書をご覧ください。

    “ウォークマン”とオーディオ機器を接続する



    2 “ウォークマン”の録音画面を表示する

    “ウォークマン”のBACK/HOMEボタンを押したままにしてホームメニューを表示する


    imageボタンでimage(録音)を選択し、imageボタンを押す

    “ウォークマン”の録音画面を表示する



    3 シンクロ録音画面を表示する

    imageボタンで[シンクロ録音]を選択し、imageボタンを押す


    ワンポイント

    シンクロ録音ってなに?

    シンクロ録音とは、オーディオ機器側の音声信号を自動的に検知し、それに合わせて“ウォークマン”側の録音開始や停止を自動的に行う機能です。音声の開始に併せて自動的に録音できます。


    マニュアル録音ってなに?

    マニュアル録音とは、“ウォークマン”側での録音開始と停止を手動で行う機能です。シンクロ録音がうまくいかないときにはマニュアル録音で録音しましょう。

    シンクロ録音画面を表示する



    4 シンクロ録音を開始する

    imageボタンを押す

    [シンクロ開始]が表示されていることを確認します


    ワンポイント

    録音するときのビットレートを設定するには

    録音するときのビットレートを変更したいときは、OPTION/PWR OFFボタンでオプションメニューを表示し、[ビットレート設定]を選択することでビットレートを変更することができます。


    注意

    [録音用アクセサリーが接続されていません]と表示されたときは

    録音用ケーブルが“ウォークマン”に接続されていないとエラーが表示されます。きちんと接続されているかを確認しましょう。

    シンクロ録音を開始する



    5 オーディオ機器の再生を開始する

    “ウォークマン”と接続したオーディオ機器で再生を開始する

    再生を開始すると録音が開始され、“ウォークマン”のシンクロ録音画面の表示が[シンクロ開始]から[停止]になります


    ワンポイント

    録音している音楽などを確認するには

    録音している音楽などの音声はヘッドホンで聞くことができます。


    注意

    オーディオ機器側の再生音量に注意してください

    オーディオ機器の再生音量が小さいと、録音できない場合や、音量が下がった時に録音が途切れてしまう場合があります。うまく録音できない場合は、オーディオ機器の再生音量を大きくしてください。

    オーディオ機器の再生を開始する



    6 オーディオ機器の再生を停止する

    “ウォークマン”と接続したオーディオ機器で再生を停止する

    再生を停止すると自動的に録音が停止されます

    オーディオ機器の再生を停止する



    7 シンクロ録音を停止する

    imageボタンを押す

    “ウォークマン”のシンクロ録音画面の表示が[停止]から[シンクロ開始]になり、シンクロ録音が終了します


    ワンポイント

    録音した音楽を再生するには

    録音した音楽は、手順3の[録音]画面にある[録音した曲]から再生することができます。きちんと録音できているかを確認しておきましょう。


    録音した曲にタイトルを付けたいときは

    “ウォークマン”で録音した曲は、録音した日付のフォルダに保存されます。曲名には自動的に通し番号と録音した時に時刻が付けられますが、録音した曲の楽曲情報などを編集したいときは、SonicStageを使います。SonicStageに接続し、“ウォークマン”で録音した曲をSonicStageに転送することで、音楽CDなどから取り込んだ楽曲と同じように管理することができます。


    オーディオ機器との接続をはずす

    シンクロ録音を停止する

    ★ これで、オーディオ機器からの録音ができました


    ページトップへ