本文へ

Androidアプリケーション開発者向け情報

Androidアプリケーション開発環境を構築する方法をご紹介します。
以下より、お使いのOSの手順を参照ください。
ただし、ご使用はお客様の責任においてお願いします。弊社ではお問い合わせいただいてもお答えできません。

  • Windows環境下での開発環境構築手順
  • Linux環境下での開発環境構築手順
  • Mac環境下での開発環境構築手順

Windows環境下での開発環境構築手順(Windows XP, Vista, 7共通)

Google Android SDKの下記情報に従い、SDK・USBドライバのインストール、および設定を行ってください。

NW-Z1000シリーズ を接続する際は、下記の操作を行ってください。

  1. 1. NW-Z1000 シリーズ 側の「USBデバッグ」をオンにしてください。
  2. 2. 下記のデバイスの記述を、「extras¥google¥usb_driver¥android_winusb.inf」の[Google.NTx86]および[Google.NTamd64]内にそれぞれ追加してください。
;SONY NW-Z1000 series
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB¥VID_054C&PID_0691&MI_01
  1. 3.  コマンドプロンプトから下記のように入力して、「0x54c」をホームディレクトリの下の「.android/adb_usb.ini」に追加してください。
echo 0x54c >> %HOMEPATH%¥.android¥adb_usb.ini

Linux環境下での開発環境構築手順(Ubuntu 11.04にて確認)

Google Android SDKの下記情報に従い、SDKのインストール、およびUSB設定を行ってください。

NW-Z1000シリーズ を接続する際は、下記の操作を行ってください。

  1. 1. NW-Z1000 シリーズ側の「USBデバッグ」をオンにしてください。
  2. 2. 新規に作成する「udev」の「rule file (51-android.rules)」に記載する「USB Vendor ID」として「054c」を利用してください。
  3. 3. コマンドプロンプトから下記のように入力して、HOMEディレクトリの「android/adb_usb.ini」に「0x54c」を追加してください。
echo "0x54c" >> $HOME/.android/adb_usb.ini

Mac環境下での開発環境構築手順(Mac OS X 10.6.8にて確認)

Google Android SDKの下記情報に従い、SDKのインストール、およびUSB設定を行ってください。

NW-Z1000シリーズ を接続する際は、下記の操作を行ってください。

  1. 1. NW-Z1000 シリーズ 側の「USBデバッグ」をオンにしてください。
  2. 2. コマンドプロンプトから下記のように入力して、HOMEディレクトリの「.android/adb_usb.ini」に「0x54c」を追加してください。
echo "0x54c" >> $HOME/.android/adb_usb.ini
ページトップへ