本文へ

法人のお客様>映像制作機材>システムカメラ>商品の特長

商品の特長

HDカメラシステム(HSCシリーズ)

ソニーのデジタルトライアックスカメラシステムHSC-300/HXC-100シリーズは、高画質・高機能かつコストパフォーマンスに優れたカメラシステムとして、2009年の発売以来、世界中の放送局やプロダクション、ケーブルテレビ局、スタジアムなど、さまざまな撮影現場で幅広く活用されています。
そのHSC-300/HXC-100シリーズが、高性能な信号処理LSIなど最新のデジタル技術を搭載し、さらなる高画質化を実現した新HSCシリーズとして登場。新HSCシリーズでは、光ファイバーモデルもラインアップに追加され、これまで以上に幅広い用途の映像制作にご活用いただけます。

■主な特長

・最新の信号処理技術により、さらなる高画質化を実現

・マルチフォーマット対応 *: 1080/59.94i, 50i, 29.97PsF, 25PsF, 24PsF, 23.98PsF, 720/59.94p, 50p

・収差補正機能ALAC2.0、デジタルエクステンダーなどの新機能を搭載

・従来機HSC-300/HXC-100シリーズ同様に豊富な映像調整機能を搭載

・マルチカメラコントロールシステムにも対応(オプション)

* PsFフォーマットはオプション。24PsF、23.98PsFはHSC-300RF/100RFのみ対応

カメラヘッドは内蔵フィルターや大型レンズアダプターHDLA-1500シリーズ対応等の違いによる2機種から選択いただけます。また、デジタルトライアックス伝送モデルに加えて、光ファイバー伝送モデルがラインアップに追加されました。使用する環境や運用に合わせて、カメラシステムを選択することができます。

■カメラヘッドの主な仕様の違い

HSC-300R
トライアックス
HSC-300RF
光ファイバー
HSC-100R
トライアックス
HSC-100RF
光ファイバー
内蔵フィルター 2:ND/CC(サーボ) 1:ND(マニュアル)
大型レンズアダプター
HDLA-1500シリーズ対応
-
最長伝送距離 トライアックス
ケーブル
Φ14.5mm 1800m - 1200m -
Φ8.5mm 900m - 600m -
光ファイバーケーブル - 2000m - 2000m

※ 伝送距離は総消費電力やケーブル劣化などの条件により変化します。

■デジタルトライアックス伝送

ソニー独自のデジタル伝送技術により、HD映像を長距離伝送することができます。

デジタルトライアックス伝送方式

■光ファイバー伝送

光ファイバーケーブルで最長2000mの長距離伝送が可能です。

光ファイバー伝送方式

HDカメラシステム(HXCシリーズ)

HXC-FB80は、2/3型3CMOSイメージセンサーを搭載し、高画質・高機能を実現したHDポータブルカメラです。カメラコントロールユニット「HXCU-FB80」と接続することで、最長600mの信号伝送と給電に対応したHDカメラシステムを構築できます。マルチフォーマット対応になっているため、スタジオ・スポーツ・音楽ライブなど、さまざまなHDライブ制作用途に活用いただけます。3G伝送にも対応しており、1080/59.94p信号が伝送できるほか、カメラコントロールユニットでアップコンバートして、4K映像を出力することも可能です。

■主な特長

・1080/59.94p伝送やHDトランク、HDプロンプターに対応

・1080/59.94p、59.94i、29.97PsF、23.98PsFフォーマットに対応

・HXCU-FB80から3840×2160/59.94p信号にアップコンバート出力が可能

・NDフィルターのリモート操作が可能(フィルターサーボ内蔵)

・カメラにはレンズ、ビューファインダー付属モデルもラインアップ

■カメラ ラインアップ

カメラは本体のみのHXC-FB80Hと、レンズやビューファインダーなどがセットになったHXC-FB80K、HXC-FB80Sの3モデルをラインアップしています。用途や使いたい周辺機器によって選択できます。

HXC-FB80H HXC-FB80KHXC-FB80S

 カメラ本体のみ



 カメラ本体、
 20倍ズームレンズ、
 3.5型液晶ビューファインダー、
 マイクロホン

 カメラ本体、
 20倍ズームレンズ、
 7型液晶ビューファインダー

■2種類のケーブルが接続可能な光電気複合コネクター。

3パターンの接続/伝送方法でフレキシブルなシステム構築が可能

カメラアダプターシステム

カメラ/カムコーダーにカメラアダプターを取り付け、カメラコントロールユニットと接続することで、ライブカメラ運用が可能になります。スタジオで使用中のカメラを長距離伝送が必要な屋外中継に使用したり、取材用カムコーダーをスタジオカメラとして使用するなど、1台のカメラ/カムコーダーを複数の用途に活用できます。

■主な特長

・カメラアダプターはケーブルレスでダイレクトに接続可能

・ライブカメラ運用に必要な豊富な入出力端子、各種インターフェースを装備

・伝送方式の異なる2つのカメラアダプターシステムをラインアップ

CA-FB70 / CA-TX70

接続可能カメラ/カムコーダー、対応システムフォーマット

接続可能カメラ/カムコーダー

・PDW-850、PXW-X500 / X400 / X320

*PXW-X320にはオプション「CBK-CE01」が必要

対応システムフォーマット

・1920×1080/59.94i、50i、29.97PsF、25PsF

・1280×720/59.94p、50p

※アダプター装着時にはカムコーダーの機能に制限が出る場合があります。 詳しくはカムコーダーの仕様をご確認ください。

■光ファイバーカメラアダプターシステム

光ファイバーケーブルを使って、映像・各種信号を長距離伝送することができます。光電気複合コネクターの採用により、3パターンの接続/伝送方法が可能です。

3パターンの接続/伝送方法

■デジタルトライアックスカメラアダプターシステム

ソニー独自のデジタル伝送技術により、HD映像を長距離伝送することができます。既存のトライアックス環境を利用してHDシステムカメラ運用が可能です。

トライアックス伝送方式

ページトップへ