商品情報・ストアシステムステレオMHC-V3特長 : 重低音サウンド
特長 : 重低音サウンド

最大出力450Wのハイパワー&大口径20cmウーファーによる重低音

3WAY 5スピーカー

実用最大出力450W(230W+110W+110W)のハイパワーアンプに、4cmトゥイーター×2、8cmミッドレンジ×2、20cmウーファー×1を搭載した3WAY方式の5スピーカー。縦型の1BOXタイプながら、トゥイーターは横方向に、ミッドレンジスピーカーは横と縦方向に独自の角度をつけた配置により、部屋いっぱいに豊かに広がるワイドなサウンドエリアを実現しました。

音圧を高める筐体の構造「Sound Pressure Horn(サウンドプレッシャーホーン)」

100-150Hzの音圧を上昇させ、身体にズシッとくる中低域の強力なアタック感を再現するSound Pressure Horn(サウンドプレッシャーホーン)構造を採用。密閉型でなく振動板が動きやすいため、振幅が少なくても十分な音量を出すことができるとともに、歪の少ないクリアな音を再生。仕切り板でキャビネットの強度が上がり、筐体の共振に頼らないため、レスポンスのよいしっかりした低音が再生できます。しかも、ダクトからの音は平面波になるため、音の減衰が少なく、遠くまで届きます。

重低音をブーストさせる「BASS BAZUCA(バスバズーカー)」

ワンボタンで、重低音を調整できます。ONで低音を増強し、パワフルなサウンドに。 OFFでFLATな音。ボタンの長押しをすると、BASS CUTで低音のみ下げることができます。

再生しながら、リズムや音域を自分の好みに操れる「DJエフェクト」

中央のターンテーブルを回すことで、DJの様な3種類のエフェクトを楽しめます。

ISOLATOR (アイソレーター)
天面のターンテーブルを回すことで、特定の周波数帯域を順番に強調(孤立させる)するエフェクト。

FLNGER (フランジャー)
元の音声信号と、それを僅かに遅延させた音声信号の干渉により音を変化させるエフェクト。

WAH (ワウ)
フィルターの周波数を上下に移動させ、聴感上強調される周波数帯を変えるエフェクト。

好みに応じた音質設定ができる「EQ(イコライジング)設定」

EQ(イコライジング)を9種類から選択でき、8種類のプリセットモードに加え、HIGH/MID/LOWを各±6レベルで調整できるカスタムモードも搭載。

圧縮音源の高音域をクリアに再現「DSEE」

圧縮により失われがちな高音域をクリアに再現します。MP3などの高圧縮音源を、原音により近い広がりのある音で再生。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聴き疲れしにくい自然な音で楽しめます。

本商品のソニーストアでの販売は終了しております

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
システムステレオ サイトマップ
ハイレゾ・オーディオシステム
マルチオーディオプレーヤー
コンパクトオーディオシステム
HDDオーディオプレーヤー
USB DAC アンプ
ハイレゾ・オーディオ用スピーカー
マルチコネクトコンポ
マルチコネクトコンポ 1BOXタイプ
マルチコネクトコンポ 3BOXタイプ