商品情報・ストアビデオプロジェクターVPL-VW245特長 : ソニー独自の「データベース型超解像処理LSI」
特長 : ソニー独自の「データベース型超解像処理LSI」

高品位な4K映像を生成する「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」搭載

ソニーが十数年培ってきた超解像技術開発に伴うノウハウに新規技術を加えた「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。フルHD解像度の映像信号(3Dを含む)をより高精細な4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像信号に変換します。ソニー独自のデータベース型超解像においてパターン分類手法を学習型に進化させることで、分類性能をさらに向上させ、入力された信号を「どのような特性を持つ映像なのか」を解析し、画像に合わせた最適な超解像処理を可能にしました。また、入力画像の品位(ノイズ量、信号帯域など)を計測・解析し、その結果に基づき超解像処理とノイズ除去を自動的に制御することで、さまざまな入力信号に対する高画質化を実現。これにより、きめ細やかで高品位な4K映像の生成を実現しました。

オリジナル4Kマスターに近い映像を楽しめる「Mastered in 4K」モード搭載

ソニーピクチャーズの発売する高画質ブルーレイソフト「Mastered in 4K」ブルーレイ(*)。4K解像度の高画質マスターファイルをソニー独自のフィルターにより、高ビットレート・広色域情報を保持しながらフルHD解像度にダウンコンバートしオーサリングしたものです。VPL-VW245では「Mastered in 4K」ブルーレイ(*)の2Kデータを4Kへアップスケーリングする際に、オーサリング時と同一のフィルターを使用する「Mastered in 4K」モードを搭載。ダウンコンバートとアップスケーリングを同じフィルターで処理することにより、オリジナル4Kマスターに限りなく近い高品位な映像クオリティーで楽しめます。

* ディスクの販売状況に関しては、発売元にご確認ください

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
ビデオプロジェクター サイトマップ
ビデオプロジェクター
ビデオプロジェクター
超短焦点プロジェクター