ポータブルオーディオプレーヤー “ウォークマン”

“ウォークマン”を楽しむ

“ウォークマン”を楽しむトップへ

便利な機能で語学学習をサポート

対応“ウォークマン”:S770 / S770K / S770BTシリーズ

“ウォークマン”は語学学習に役立つ機能も満載。自分にあった速さで聴いたり、繰り返し聴いて覚えたり、毎日の通勤・通学時間などを利用して、効率的に学習できます。

自分にあった速さでリスニング。「再生スピードコントロール」

自分にあった速さでリスニング。「再生スピードコントロール」

再生スピードを9段階(0.5倍速〜2倍速)に調整可能。デジタル処理によりスピードを変えても、聴きとりやすい自然な音程で再生します。自分にあった速さを選べるので、段階的なリスニング学習ができます。

覚えたい箇所を指定して集中再生。「A-Bリピート」

覚えたい箇所を指定して集中再生。「A-Bリピート」

指定した区間を繰り返し再生する、リピート再生が可能。覚えたい箇所や集中して学習したい箇所などを、繰り返し聴いてしっかりマスターできます。

聴きとれなかった箇所をすぐに確認。「クイックリプレイ」

聴きとれなかった箇所をすぐに確認。「クイックリプレイ」

再生中に▲ボタンを押すと、現在の再生位置から約3秒戻せます。再生スピードコントロールとの併用もできるので、自分にあったスピードで再生しながら、聴きとれなかった箇所をクイックリプレイで確認するなど、効果的な学習ができます。

歌詞表示機能とあわせて使えば、さらに便利

歌詞表示機能とあわせて使えば、さらに便利に

歌詞表示機能とあわせて使用できるので、テキスト付きの語学コンテンツなら、画面上でスペルを見ながら効率的にリスニング学習ができます。

自分でテキスト入力して、英文を見ながらリスニング

lrcファイルに対応。自分で作成したテキストを“ウォークマン”の画面上で音声と同期して再生できます。例えば、リスニング内容の英文テキストをlrcファイルで作成して音声ファイルと一緒に“ウォークマン”にドラッグ&ドロップ転送すれば、英文の再生にあわせて“ウォークマン”の画面にテキストを自動でスクロール表示できるので、英文を見ながらリスニングすることもできます。また、再生スピードコントロールを使って英文をゆっくり再生すれば、聞き取りにくかったフレーズや、発音の難しい単語もテキストで確認しながらリスニングできます。

自分でテキスト入力して、英文を見ながらリスニング

【lrcファイルとは】
時間情報とテキスト情報からなる、コンピューターのファイル形式。
Windowsアクセサリにある「メモ帳」などテキストエディタを使って簡単に作成可能。
lrcファイルとは