WM1Z/WM1A Project Member’s Voice 目指したのは、アーティストの想いまで伝わってくる高音質

  • 漆原 映彦 商品企画 漆原 映彦 商品企画
  • 佐藤 朝明 プロジェクトリーダー 佐藤 朝明 プロジェクトリーダー
  • 佐藤 浩朗 音質設計 佐藤 浩朗 音質設計
  • 吉岡 克真 電気設計 吉岡 克真 電気設計
  • 石崎 信之 メカ設計 石崎 信之 メカ設計
  • 原田 紀 ソフト設計 原田 紀 ソフト設計
  • 田中 聡一 デザイン 田中 聡一 デザイン

ZXシリーズを超える、ウォークマンの新たなフラッグシップとして誕生した「WM1シリーズ」。理想のポータブルオーディオを追求し、制約のない環境で一から作り上げた開発メンバーに、フルデジタルアンプへの強い想いやチャレンジングな筐体設計の内幕、そしてエンジニアとしての細部にわたるこだわりを聞いた。

真の高音質を自由に追求した結果、図抜けたウォークマン®が誕生した

真の高音質を自由に追求した結果、図抜けたウォークマン®が誕生した

──次のモデルはNW-ZX3になると多くの人が予想していたと思いますが……どのような経緯で今回のWM1シリーズが開発されたのでしょうか?

漆原 映彦[商品企画]

ZXシリーズ(NW-ZX1/ZX2/ZX100)は、ウォークマンのラインアップの中で最も音質を追求したフラッグシップモデルでしたが、いくつかの部分で開発に制約があったことは事実です。そこで、そういった制約が本当にもう何もない状態で「真の高音質を追求したウォークマンを作ろう」というコンセプトから話が始まったのが、今回のWM1シリーズになります。

漆原 映彦[商品企画]

ハードウェアやソフトウェア等の品質を自由に追求しながら開発を進めた結果、ZXシリーズとはちょっと違う非連続なスタイルの、そこよりもさらに進化を遂げて飛び抜けたモデルに仕上がったというわけです。

──ZXシリーズの延長線上ではなかったことが、「WM1シリーズ」というネーミングにも表れていますね。

漆原 映彦[商品企画]

やはりウォークマンというブランドを考えたときに、その「ウォークマン」という名称を型番に入れたいと思い……原点回帰ではないですが、歴代ウォークマンを超えるウォークマンを目指そう、という意気込みもこめてWM1シリーズという名前にしました。

──NW-WM1Z(以下“WM1Z”)とNW-WM1A(以下“WM1A”)、2つのモデルをラインアップした意図を聞かせてください。

漆原 映彦[商品企画]

その経緯を包み隠さず話しますと、そもそも「人によって音の方向性の好みってやっぱり全然違うよね」という話から検討が始まりました。
例えば、ウォークマンがもともと得意としている「スピード感のあるシャープなサウンド」がベースとしてありつつ、一方で「上品で柔らかい音質」を好まれる方も当然いらっしゃる。そこは相容れない部分であると考え、我々としては「2つのモデルから音の好みで選んでください」というスタンスで開発に着手しました。

──では、2つのモデルのポジショニングの違いを詳しく教えてください。

漆原 映彦[商品企画]

これは、開発を進めて音のチューニングをしていく過程でより鮮明になっていったことなのですが……。WM1Zの方がよりナチュラルでアコースティックな領域まで再現できるモデルなのでWM1Aに比べて音の表現幅が広く、結果的に上位モデルという位置づけになりました。

漆原 映彦[商品企画]

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

さきほど「ZXシリーズとはちょっと違う非連続なスタイル」という話がありましたが、あえて誤解を恐れずに言えば、今回のWM1Aはある意味NW-ZX2(以下“ZX2”)を正統進化させたモデルと言えるのです。基本的なオーディオ技術に関しては踏襲している部分が数多くありますから。とはいえ、筐体やフルデジタルアンプが刷新されていて、そのジャンプアップの差が大きいのでZXシリーズを名乗らなかったわけですが。

──ということはWM1Zはさらに……。

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

そこからさらに突き抜けたものに、WM1Zは到達したと思っています。それこそコスト度外視で、素材やパーツに糸目を付けずに開発しました。音質の為とはいえここまでやっちゃって大丈夫かなぁ?と少し心配になるくらい、もう本当に羽目を外したエンジニア冥利に尽きるモデルになりました。

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]
──今回、このWM1シリーズを含めてソニーの3種のフラッグシップをまとめたSignature Seriesというくくりがあります。その中で、音のコンセプトなど共通する点はありますか?

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

他のラインアップにはステレオヘッドホン(MDR-Z1R)とヘッドホンアンプ(TA-ZH1ES)がありまして、このSignature Seriesが追求したのは、演奏が始まる瞬間から最後の音が消え入り完全な静寂に至るまでの「微小音の再現性」です。もちろんWM1シリーズも、この共通テーマを意識して音作りをしました。

NW-WM1Z WM1A

WM1シリーズ

NW-WM1Z / WM1A Hi-Res AUDIO

商品詳細 ソニーストア

Signature Series
ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)対応のウォークマン® WM1シリーズ2機種、ステレオヘッドホン『MDR-Z1R』、ヘッドホンアンプ『TA-ZH1ES』。構造も素材も従来の常識にとらわれることなく高音質を追求。アーティストが伝えたい音楽の感動や空気感を再現しています。ヘッドホンによる音楽体験を"聴く"から"感じる"領域へ革新するSignature Series (シグネチャー・シリーズ)。
  • ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1Z/NW-WM1A NW-WM1Z商品詳細 NW-WM1A商品詳細 WM1シリーズ ×松任谷正隆&浮ヶ谷孝夫
  • ステレオヘッドホン MDR-Z1R MDR-Z1R商品詳細 澤野弘之×MDR-Z1R スペシャルインタビュー MDR-Z1R 開発者インタビュー
  • ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES TA-ZH1ES商品詳細 TA-ZH1ES 角田郁推×開発者 スペシャル対談