ZX300 Project Member’s Voice ハイレゾの、真の魅力を、より多くのユーザーへ。 高い次元で両立させた“高音質とポータビリティー”

  • 佐藤 朝明 プロジェクトリーダー佐藤 朝明 プロジェクトリーダー
  • 田中 光謙 商品企画田中 光謙 商品企画
  • 松崎 恵与 音質設計松崎 恵与 音質設計
  • 若林 宏明 電気設計若林 宏明 電気設計
  • 青木 祐也 メカ設計青木 祐也 メカ設計
  • 原田 紀 ソフト設計原田 紀 ソフト設計
  • 田中 聡一 デザイン田中 聡一 デザイン

一切妥協を許さない高音質の追求でウォークマンの頂点に君臨するWM1シリーズ。この感動的な音質を、もっと多くの音楽ファンに楽しんで欲しいという思いから生まれたのが「NW-ZX300」です。圧倒的な高音質技術を、手のひらに収まるサイズへと凝縮することに成功した、開発チームの類いまれな情熱や発想力をレポートします。

追求した高音質を、もっと多くの音楽ファンへ。譲れなかった「高音質とポータビリティーの両立」

──最初に、NW-ZX300(以下“ZX300”)の開発で目指されたこととは

田中 光謙[商品企画]

ウォークマンのフラッグシップモデルWM1シリーズの高音質が非常に好評をいただいています。この素晴らしい音を、より多くの音楽ファンやオーディオファンにお楽しみいただきたいと思い、NW-ZX1(以下“ZX1”)、NW-ZX100(以下“ZX100”)と続いてきたZXシリーズのスタンダードラインへ展開を図るモデルとして開発をスタートさせたのがZX300です。
開発コンセプトは「高音質とポータビリティーの両立」。想定したユーザー像は、何よりも音楽好きな方たちです。例えば、ご自身が楽器演奏をされたり、大好きなアーティストの作品を何度も聴き込んだりされるような方たちになります。大好きな音楽を、どこへでも気軽に持ち運んで、WM1シリーズに迫る感動的な高音質を楽しんでいただきたいと考えたわけです。
もともとZX100は、音質とポータビリティーのバランスに関して非常に好評をいただいていますので、ZX300はWM1シリーズの高音質技術を継承しながら、ZX100と同じサイズにするという目標を開発メンバーで共有しました。よってZX300はZX100の後継機種にあたりますが、その実体はZX100とは全く異なり、飛躍的に進化したものとなっています。

田中 光謙 商品企画

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

私はZX1、NW-ZX2(以下“ZX2”)、WM1シリーズ、とウォークマンのフラッグシップモデルのプロジェクトリーダーを担当してきました。WM1シリーズは、ポータブルオーディオとしてひとつの到達点に立ったという思いがあります。自分でも使っていまして、「通勤中に楽しめる音楽のレベルが、ここまで来たんだ」という達成感があります。ただ、やはり本体サイズが気になりました。音を追求するため大きなサイズとなってしまうことに寛容でいてくださるユーザーもいらっしゃるのですが、そうは言っても「軽くて小さいのがいい」という要望が確かにあります。そこでZX300では、WM1シリーズの音質をどれだけ落とさずに、ポケットに収まるコンパクトなボディにできるか、ということを追求したモデルになっています。

──小型化でいちばん苦労された点は

若林 宏明[電気設計]

音質にこだわっている部品のサイズは、やはり大きくなりがちです。ZX300の本体内部を見ていただけると分かると思いますが、部品が収まるスペースって、かなり狭い。WM1シリーズの高品質な音は「部品の物量感」で成り立っているともいえ、それをZX100並みのスペースへいかにして格納するか。メカ設計はメカ設計で必要な構造があり、音質設計は音質設計で使いたい部品があるのを調整するのが、電気設計の仕事でした。

若林 宏明[電気設計]

青木 祐也[メカ設計]

小型化するには、内部の部品はできるだけ小さいほうがいい。一方で、音質設計としては、大きく部品を使いたい。小さい部品に替えることで、どうしても音質に影響が出るからです。私はZX2とWM1シリーズというフラッグシップモデルの開発に携り、これまでにさまざまなノウハウを蓄積してきました。どのような部品や構造が、どのような音の効果をもち、どれくらい場所をとるのか、すべて洗い出してから取捨選択をして、目標のサイズに収めるべく開発を進めていったわけです。現実的に収まるものなのか、という難しい議論はありましたが、この開発チームは「高音質の実現」という目標を共有できていたので、皆が妥協せずに細かい検討を何度も重ねることで、目標サイズをクリアすることができました。

青木 祐也[メカ設計]
──そうは言っても、最後は音かサイズの、どちらかを優先するしかないのでは

田中 光謙[商品企画]

いえ、それこそ「両立を実現」したのがZX300です。音質もサイズも妥協していません。WM1シリーズに迫る音質をこのサイズに落とし込めたということは、開発メンバーの非常に大きな達成感となっています。

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

WM1シリーズの開発時にアイデアとしてはあったものの、まだ具現化できていなかったような新しい高音質部品や技術を、WM1シリーズの開発完了後も継続検討したことにより、いくつも実現しています。後でお話しするフルデジタルアンプ「S-Master HX」の「高音質はんだのボール」などもその一例です。新しく開発した部品や技術を採用することによって、WM1シリーズに迫る音をZX100とほぼ同じサイズで実現できました。
目標にしていたとは言え、「よくぞ」と感心しています。音質設計、電気設計、メカ設計がそれぞれの意見や設計都合を衝突させるとどこかで諦めが出てしまいがちです。しかし試作と試聴を繰り返すことによって音質が向上し、それを設計メンバーが自身の耳で実感できてしまう。すると、それぞれの設計都合を考慮しつつも「実現できる最高到達点はどこなのか」と設計メンバーが皆で検討するようになります。そのようなことを日々繰り返しているんです。ZXシリーズやWM1シリーズの開発メンバーは、理想を追求しようとする熱い思いや意識が各段に高い。私も何度か開発プロジェクトに関わってきましたが、このようなメンバーで構成されたチームはそうありません。

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]
──ウォークマンを象徴するモデルの一つとして、遜色のない完成度になったのですね

田中 光謙[商品企画]

はい、音質面ではオールジャンルを偏りのない音で再生できるモデルになっています。搭載した新世代のフルデジタルアンプS-Master HXは、作品に込められた音を素直に再生する能力が非常に高く、コンテンツがもっている音の特長をそのまま再現できます。そして、ZX100でも要望が多かったバランス出力への対応と、「DSDネイティブ再生(*)」を実現しています。
また、アルミ切削筐体を中心としたメカ全体の設計、あるいは電気系の設計におけるこだわりや工夫も、高品質な音の実現に不可欠なポイントとなっています。ほかにも、全体のデザイン性や、UI、ユーザビリティーの向上など、さまざまな面で期待以上の仕上がりとなりました。詳しくは、後ほどお話しできればと思います。

* バランス接続時のみ

商品画像
NW-ZX300

ウォークマンZXシリーズ

NW-ZX300 Hi-Res AUDIO 64GB

ハイレゾの、真の魅力を、ここから

商品詳細 ソニーストア