ZX300 Project Member’s Voice ハイレゾの、真の魅力を、より多くのユーザーへ。 高い次元で両立させた“高音質とポータビリティー”

  • 佐藤 朝明 プロジェクトリーダー佐藤 朝明 プロジェクトリーダー
  • 田中 光謙 商品企画田中 光謙 商品企画
  • 松崎 恵与 音質設計松崎 恵与 音質設計
  • 若林 宏明 電気設計若林 宏明 電気設計
  • 青木 祐也 メカ設計青木 祐也 メカ設計
  • 原田 紀 ソフト設計原田 紀 ソフト設計
  • 田中 聡一 デザイン田中 聡一 デザイン

一切妥協を許さない高音質の追求でウォークマンの頂点に君臨するWM1シリーズ。この感動的な音質を、もっと多くの音楽ファンに楽しんで欲しいという思いから生まれたのが「NW-ZX300」です。圧倒的な高音質技術を、手のひらに収まるサイズへと凝縮することに成功した、開発チームの類いまれな情熱や発想力をレポートします。

ソニーがもつ最高レベルの技術を惜しみなく投入して実現した音の進化

──高音質を実現するポイントとして、最初に挙げられた「S-Master HX」の魅力とは

田中 光謙[商品企画]

ZX300に搭載した新世代のフルデジタルアンプS-Master HXは、クラシックならクラシックのもっている音、アコースティックならではの音の響き、あるいはロックやポップスといったスピード感を求められる電子系の音であっても、まんべんなく、非常に素直な音を出せます。特定の音の再生が弱いということがありません。また、バランス出力への対応やヘッドホン出力の向上により、音質面をZX100より格段に向上させることができました。

S-Master HX

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

ソニーのウォークマンとしては、WM1シリーズで初めてバランス出力に対応しました。接続にはφ4.4mmというJEITAの新しい規格を採用していますが、ソニーが独自に開発したS-Master HXという小型のフルデジタルアンプは、実はバランス出力によって実現したい音質効果にとても相性のよいものです。バランス出力には、ヘッドホン出力レベルを大きくしたいという目的と合わせて、左右の信号を完全にセパレートしたい、という目的もあります。アナログアンプではデュアルDACという方式を採用して左右の回路を分離する設計をしても、本体サイズを小さく設計すると左右の信号にクロストークが発生してしまいます。S-Master HXでは音の信号をヘッドホン出力の直前までデジタル処理しているので、本体サイズを小さく設計しても左右の音が一切混ざらないんですよ。
WM1シリーズでは音質の良さを「空気感」というキーワードで表現していますが、これは例えば、オーケストラの演奏を聴いた際に、音の広がる大きさだけでなく、オーケストラの中における楽器のポジションが分かる。しかも、同じ楽器が3台あったら、音が混ざることなく3台で弾いていることが見える。聞こえるというより「見える」という感じです。ZX300ではそんな魅力的な音を、フルデジタルアンプとバランス出力の組み合わせにより、ZX100と同等のコンパクトサイズで実現しました。

バランス出力とプラグ
バランス出力とプラグ
──そのS-Master HXに「DSDネイティブ再生」はどのように関わっているのでしょう

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

2013年に最初のハイレゾウォークマンを設計しマーケットに導入した頃は、「DSD音源は持ち歩くものではない」という感覚がありました。DSDファイルはとても大容量なため、メモリーに入る曲数が非常に少なかったのです。しかしこの数年でウォークマンのメモリー容量も大きくなり、拡張メモリーとしてマイクロSDカードも使えるようになったことから「持ち運べる」いう意識に変化しました。さらに、ユーザーの要望が大きくなってきたこともあり、WM1シリーズでは世代を1つ進化させたS-Master HXを新規開発する事で、バランス接続をすればDSDネイティブ再生に対応できるようになりました。それを継承するZX300では、ZX100が再現できなかった音を聴くことができます。

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

田中 光謙[商品企画]

ZX300は、DSDネイティブ再生でWM1シリーズと同等の最大11.2MHzまで対応するという、とんでもないスペックを実現しています。WAVについてもWM1シリーズと同等に最大384kHz/32bit(float/integer)までフルサポートしていますので、スペックだけ見るとWM1シリーズと変わらない。それなのに、これだけのコンパクトさを実現しているところは、非常に大きな魅力となっています。これは、S-Master HXというデバイスを、自社で開発していることが大きな強みになっています。

──ウォークマンをポータブルアンプのように使える機能も新たに搭載されたと聞きましたが

田中 光謙[商品企画]

ZX300から搭載された「USB-DAC機能」ですね。S-Master HXを利用し、ウォークマンをポータブルアンプのように使って、パソコンの中の音源を高音質に聴くという機能です。バランス出力で聴けるようになったり、DSD音源をネイティブ再生で聴いたり、さまざまな音響処理をかけられたりします。例えば「DSEE HX」なら、MP3などの高圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリング(*)することができます。

*DSD ネイティブ再生中や、ワイヤレスリスニング中(Bluetooth(R)接続時)は、「DSEE HX」などの各種音質設定は無効になります

田中 光謙 商品企画
NW-ZX300

ウォークマンZXシリーズ

NW-ZX300 Hi-Res AUDIO 64GB

ハイレゾの、真の魅力を、ここから

商品詳細 ソニーストア