ZX300 Project Member’s Voice ハイレゾの、真の魅力を、より多くのユーザーへ。 高い次元で両立させた“高音質とポータビリティー”

  • 佐藤 朝明 プロジェクトリーダー佐藤 朝明 プロジェクトリーダー
  • 田中 光謙 商品企画田中 光謙 商品企画
  • 松崎 恵与 音質設計松崎 恵与 音質設計
  • 若林 宏明 電気設計若林 宏明 電気設計
  • 青木 祐也 メカ設計青木 祐也 メカ設計
  • 原田 紀 ソフト設計原田 紀 ソフト設計
  • 田中 聡一 デザイン田中 聡一 デザイン

一切妥協を許さない高音質の追求でウォークマンの頂点に君臨するWM1シリーズ。この感動的な音質を、もっと多くの音楽ファンに楽しんで欲しいという思いから生まれたのが「NW-ZX300」です。圧倒的な高音質技術を、手のひらに収まるサイズへと凝縮することに成功した、開発チームの類いまれな情熱や発想力をレポートします。

素材を厳選し、最新パーツを採用して、目標の音質とコンパクトサイズを実現

──ZX300でもアルミ切削の筐体を受け継いでいますが、さらに進化したポイントなどは

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

ZXシリーズの初代ZX1という機種は筐体をアルミで作っていたのですが、ZX2からはアルミに加えて、電気抵抗の少ない銅プレートも採用しています。そして、NW-WM1Aは銅プレートにより電気抵抗が低い「無酸素銅」を採用しています。これらの開発で培った「軽く小さくする」というノウハウをZX300に活用しています。さらには、ZX1から蓄積してきたメカ設計や電気設計の経験値がZX300には集約されおり、まさに金属を使いこなしたモデルとなりました。

アルミ切削の筐体

松崎 恵与[音質設計]

1つの素材から削り出された筐体は、継ぎ目や接合部がないため、本当に素直な音が出るという特長があります。電気・音響設計を担当する者としては扱いやすく、低音から高音まで癖の少ない音を表現できることから、アルミの削り出し筐体を採用しています。
また、電気回路の基準となっている「グランド」という部分を、アルミ筐体と積極的に接触させています。これによって、しっかりとした低音が出せるようになります。基準は数十µmの薄い銅の箔なので、それだけでは出てくる音に「力をこめられない」とでも言いましょうか。アルミ筐体と接触させることで、中低音に必要な「張り」を出すことができます。そして楽器が同時に音を出したときの、音の安定感が向上します。

松崎 恵与[音質設計]

若林 宏明[電気設計]

また、基板だけで聴くのと、筐体に入れて聴くのとでは、音に雲泥の差が出ます。基板があって、筐体があって、初めて引き出される音というものがある。筐体の中にも電気が流れ、筐体が音に変化を与えるんですね。培ったノウハウからそれを分かっていたので、メカ設計と電気設計が協力し、このクオリティーの高い音を実現しています。

基板
──音質設計からメカ設計へは、何かリクエストがあったのですか

青木 祐也[メカ設計]

なるべく電気抵抗が低い素材を使って欲しいと言われました。アルミは抵抗が低く、強度があり、形状の加工や加飾もしやすいため、ウォークマンの筐体に最適な素材です。アルミ素材は、切削しやすいグレードを採用していますが、素材の産地やメーカーによって、かなり音が変わります。いくつかの種類で試作し、音を確かめた上で素材を決めました。アルミ切削筐体の利点はいくつかありますが、必要な部分を肉厚にすることができるので、筐体に剛性をもたせられます。
そして、アルミの塊から削り出したボディは構成部品が少ないためネジや隙間も少なくなり、全体に一体感のある、どこから見ても美しい印象をつくりだしています。これはデザイン面だけでなく、部品間での抵抗がなくなるため、音響面でも貢献します。
リアパネルにもアルミを使っていますが、これも開発初期に音質設計から出た要望に応えたものです。アルミは磁気を帯びにくい素材で、電気回路に干渉しません。

──そしてZX300にも無酸素銅が使われているのですね

青木 祐也[メカ設計]

ZX100ではステンレス鋼板に銅メッキを施したプレートを使っています。これをWM1シリーズやZX300ではより電気抵抗が低い無酸素銅で製作していて、基板とアルミ筐体の間に入れています。また、「S-Master HX」からヘッドホンジャックへの線材などにも無酸素銅ケーブルを採用することで高音質化を図っています。

松崎 恵与[音質設計]

内部のレイアウトは、デジタル処理とアナログ処理とを行う部分で大きく分かれます。無酸素銅のプレートは、メモリーやCPUなどのデジタル処理を行う部分に接触させています。この部分では、かなりのスピードでデジタル信号処理が行われており、それがオーディオ信号に影響を与えないように遮断しているわけです。

青木 祐也[メカ設計]
──よりテクニカルなお話になりますが「電気二重層キャパシタ」というものを採用された理由は

松崎 恵与[音質設計]

これは容量の大きなコンデンサーです。音楽は急な電力変化があるもので、大きな電力が必要になった際に、バッテリーをアシストして電源供給を行います。これによって沈み込むような低音がしっかりと出ますし、ノイズも少なくなります。ノイズを除去するのにも電力を使っているんですね。力に余裕があるからこそ静寂をつくり出すことができ、そこから太鼓のような大きな信号が来たときには、一気に電力をサポートするというわけです。

若林 宏明[電気設計]

電気二重層キャパシタもコンパクトに格納したいですから、本当はバッテリーの根元に付けたいのですが、場所の制約もあって少し離れたところに置いています。それをつなぐのにも無酸素銅の「OFCケーブル」を使って、伝送ロスを最小限に抑えて劣化を少なくするよう接続しています。

松崎 恵与[音質設計]
──さらに、新しいフィルムのコンデンサーもZX100からの進化ポイントとして重要ですよね

松崎 恵与[音質設計]

新しい素材のコンデンサーが開発されたと聞き、それをベースに音質が向上するチューニングを施した上で採用しました。もともと部品というものは「音に対して変化を与えない」ものであることが重要です。電気部品は、構成素材の組み合わせによって若干の癖や個性をもつものです。例えば、金管楽器の音ばかりが目立ってしまうとか、低音が出ないとか。その個性が出ないよう工夫を凝らしてチューニングし、自然な音がでるようなコンデンサーになっています。

松崎 恵与

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

冒頭に商品企画の田中が「不得意なジャンルはない」とお話ししましたが、すべてのジャンルの音をしっかり出せるというのが最高の音質チューニングだと考えています。S-Master HXの世代が新しくなった2016年モデルから、パーツのチューニングも含めて、かなり綿密に音のコントロールができるようになってきています。ジャンルを特定することなく、アコースティックならアコースティックらしく、電子音は電子音らしく、すべての音をしっかりと聴かせることができる世代に、ウォークマンは入ってきています。

──そのほかにも、音の再生から伝送、発生までの流れを、最適化する施策がいくつかあるとお聞きしました

若林 宏明[電気設計]

S-Master HXの話に出てきました「はんだボール」をご説明していませんでしたね。S-Master HXを基板と接続するために、通常なら一般的なはんだで済ませますが、特殊な高音質はんだを採用してS-Master HXの実力を発揮させています。また、先ほど出てきたOFCケーブルも、通常であれば特別な線である必要はないのですが、WM1シリーズと同じ太さのものを使い、コンパクト化のために配線経路を工夫しています。とにかく、高音質とコンパクトさの両立は一筋縄ではいきません。さまざまな点でもう一工夫することにより、高い性能を引き出すという姿勢を崩さずに取り組んでいます。

松崎 恵与[音質設計]

また、これはクロックの最適化につながるものですが、S-Master HXにとっては指揮者や心臓と言っていい重要なパーツに100MHz対応の「小型低位相ノイズ水晶発振器」を採用しました。非常にノイズが少なく、WM1シリーズのクリアな音を実現しているパーツを、性能そのままに小型化しています。ZX100でも高性能な発振器を使っていましたが、さらなる高音質を実現するZX300の進化のポイントとしては大きい要素です。

若林 宏明[電気設計]
NW-ZX300

ウォークマンZXシリーズ

NW-ZX300 Hi-Res AUDIO 64GB

ハイレゾの、真の魅力を、ここから

商品詳細 ソニーストア