ZX300 Project Member’s Voice ハイレゾの、真の魅力を、より多くのユーザーへ。 高い次元で両立させた“高音質とポータビリティー”

  • 佐藤 朝明 プロジェクトリーダー佐藤 朝明 プロジェクトリーダー
  • 田中 光謙 商品企画田中 光謙 商品企画
  • 松崎 恵与 音質設計松崎 恵与 音質設計
  • 若林 宏明 電気設計若林 宏明 電気設計
  • 青木 祐也 メカ設計青木 祐也 メカ設計
  • 原田 紀 ソフト設計原田 紀 ソフト設計
  • 田中 聡一 デザイン田中 聡一 デザイン

一切妥協を許さない高音質の追求でウォークマンの頂点に君臨するWM1シリーズ。この感動的な音質を、もっと多くの音楽ファンに楽しんで欲しいという思いから生まれたのが「NW-ZX300」です。圧倒的な高音質技術を、手のひらに収まるサイズへと凝縮することに成功した、開発チームの類いまれな情熱や発想力をレポートします。

美しいメタル感と、整ったライン。一体感ある前面ガラスも大きな魅力に

──最後にデザインについてですが、この洗練された姿に私も魅了されました

田中 聡一[デザイン]

デザインでは、フラッグシップモデルが持ち合わせている存在感をこのサイズで実現することを大切にしました。それが最も表れているのは、やはり全面をアルミが覆うボディです。平滑面にはすべて、しっかりとヘアライン加工が入っています。ボタン類もすべて金属製となり、メタル感を上げることで存在感のアップを図っています。
また、WM1シリーズでは本体の上部にアンテナ関連部品を格納するため、筐体の左右に張り出しを設けて内部に格納スペースを確保しました。ZX300ではアンテナが本体の下部へ移動したのでそれがなくなり、形状的にもすっきりとシンプルなフォルムに仕上がっています。
しかし、アンテナが移動したことで大きな問題がひとつ発生しました。筐体前面の液晶画面下を、空けた形状にしなければならなくなってしまった。アンテナの電波を通さないアルミで覆えず、つまり別素材のカバーを貼る必要が出てきたのです。これでは前面が上部と下部で分割されたデザインになり、切削加工によるせっかくの一体感が台無しです。プラスチックなどを貼っては、納得のいくデザインクオリティーは達成できないと考えました。アルミ筐体に小さなスリットを空けてアンテナを出すことなども考えましたが、音に影響が出てしまうことがわかり、やはり何かを貼って塞ぐしかないということになりました。

田中 聡一[デザイン]
──なるほど、それでこの前面に一体感を生んでいるマットガラスが実現したわけですね

田中 聡一[デザイン]

そうです、液晶画面と同じガラスで下まで覆ってしまうというアイデアでした。これにより、前面の一体感が保たれます。ところが、それでもまだ懸念がありました。ガラスの全面が液晶画面であると、多くの人が思うのではないかと。下部は液晶画面ではありませんから、何も表示されません。ユーザーは「なぜ表示されないのか、壊れているのか」と疑問や不安をもたれるかもしれません。
そこで、表面に細かい凹凸があるマットガラスの採用を思いつきました。光沢があるガラスだから液晶画面のように見えるのではないかと考えたわけです。このマットガラスには機能的なメリットも多く、指紋がつきにくく、指滑りがいい。光沢のあるタッチパネルって、指が引っかかって止まりやすいですよね。このガラスだとスっと指先が滑ります。光の映り込みも少ないので視認性もいい。耐久性などもクリアしながら開発を進め、試作品を開発チーム内で提案するとデザイン的な一体感を高く評価してもらえ、デザインの方向性が定まりました。

田中 聡一[デザイン]
──ただ、デザインが良くても、実用化はそう簡単ではないのでしょうね

青木 祐也[メカ設計]

最終的なマット感を決める上でも、外観や画面の視認性や反射感など、サンプルを何種類も作って最適な解を探さなければなりませんでした。また量産性を考えても、どこで製造するのか、コストはどうなのか、強度はどうなるのか、まったく不明で手探りで進めなくてはいけませんでした。設計当初から、大変な仕事になりそうなことはわかっていましたが、そのデザイン性の高さに疑う余地はなく、ぜひ実現したいという意欲が勝りました。

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

このマット感ある画面にジャケット写真を表示すると、それが紙のように見えるんです。そして触れれば、まるで紙の音楽ジャケットをなでるようです。音楽専用機としてユーザーから評価いただけるポイントになるのではないかと考えています。ZX300が目指した世界観を達成するために、このマットガラスは大きなポイントになりました。

デザイン
──そのほかに、デザインにおけるこだわりのポイントはありますか

田中 聡一[デザイン]

天面から見ると角張った四角形ではなく、陸上トラックのような形状をしていることが分かると思います。ウォークマンはここ何代かこの形状を採り入れたものが多く、強度の面でメリットがありますので踏襲しようと思いました。だた、この丸みによって、正面から見た際にサイドのラインにボタンなどが見えます。ギザギザとしたラインが出てしまうんです。そこで、ボタンを少し背面側へずらして、視界から隠れるように配置しました。手にしたときに弾みでボタンを押してしまうような誤操作が起きにくいというメリットもあります。

商品側面
商品側面

青木 祐也[メカ設計]

別売の専用本革ケースにも、ぜひ注目していただきたいです。新たに革を選び直し、自然な風合いに仕上がっています。また、ケース本体と同じ革を使った、揃いのストラップも同梱しています。手触りの良さや高級感の演出のために、ストラップの先端部にはWM1シリーズのケースでも使用している姫路産のレザーを用いています。

青木 祐也[メカ設計]
──最後に、ウォークマンファンや、音楽を愛する方たちへメッセージを

佐藤 朝明[プロジェクトリーダー]

昨年WM1シリーズを発売したばかりの頃と比較すると、φ4.4mmのバランス接続に対応するケーブルやヘッドホンが、ソニーのラインアップはもちろん、他のメーカーからもいろいろ発売されてきていて、バランス接続を試してもらいやすい環境が整ってきていると思います。音楽が好きな人が、普段聴いている音楽をZX300のバランス出力で聴いてみたら、きっとすごい衝撃を受けるでしょう。ウォークマンのフルデジタルアンプ 「S-Master HX」のバランス出力がもつ次元の異なる世界を、ZX300を入口としてぜひ多くの皆さんに体験して欲しいです。それが、このモデルのメッセージですね。

田中 光謙[商品企画]

私は学生の頃からピアノやギターなどの演奏を楽しんでいますが、実際の楽器音を再現できるような音楽プレーヤーの開発を、メンバーたちとずっと目指してやってきました。ギターにもいろいろな種類がありますが、「この音が欲しかったんだ」という音楽の感動をZX300で私自身が感じています。それをぜひ皆さんにも体験いただければと思っています。

松崎 恵与[音質設計]

私はウォークマンの開発がしたくてソニーに入社しました。中学生の頃からソニーのカタログ集めを趣味にしていて、据え置き型のオーディオからポータブル機器まで「ソニーってすごいな」というイメージをもっていました。現在の学生の方々に、ZX300を通して「この音すごい」という感動を伝えられたらと思います。

若林 宏明[電気設計]

通勤で長らくウォークマンを使っていますが、手ぶらスタイルがいいので、ZX300のサイズ感がすごく私にフィットしています。そして、もちろん音質が非常にいい。Aシリーズのユーザーには、もう少し音質の良いものを求めている方も少なくないと思います。ZX300でバランス接続をぜひ体験してください、きっと世界が広がることでしょう。

青木 祐也[メカ設計]

私はZX2やWM1シリーズの開発に携わってきて、音質は電気部品だけで決まるわけではないことを経験してきました。今回、メカ設計として音質にこだわり、高級感のあるデザインや操作感の良さも、チーム一丸となって作り上げてきたと自負しています。このZX300の多様な魅力をユーザーの皆さんに楽しんでいただければ幸いです。

原田 紀[ソフト設計]

学生時代はずっと吹奏楽をやっていました。ZX300はジャンルを問わないんですが、私はWM1シリーズやZX300のバランス出力で吹奏楽の音を聴いて、その世界観の違いに非常に驚いた一人です。いま私物として愛用しているのはZX2で、リケーブル(グランド分離)での音楽体験を楽しんでいるのですが、今回を機にZX300に買い換えようと考えています。ぜひ学生の皆さんにも、この音の世界を味わってほしいと思います。

田中 聡一[デザイン]

ウォークマンで音楽を聴く人って、きっとこだわりをもって聴いている人たちに違いありません。そんなユーザーを、私たちは大切にしていかなければいけない。一つの文化だと思うくらいです。ZX300は、つや消しの液晶画面で紙の音楽ジャケットに触れるような心地を体感できるなど、独自の魅力を提案するモデルになりました。ZX300でしか得られない感動に、ぜひ触れていただきたいです。

開発者集合
NW-ZX300

ウォークマンZXシリーズ

NW-ZX300 Hi-Res AUDIO 64GB

ハイレゾの、真の魅力を、ここから

商品詳細 ソニーストア