XDCAM
映像制作機材 "XDCAM"

ソフトウェアダウンロード

Content Browser

ソフトウェア概要

Content Browser は、 XDCAM HD/XDCAM EX、NXCAM、及びPMW-F5/F55カムコーダやデッキのワークフローをサポートする一体型のクリップ管理アプリケーションです。Content Browser は、XDCAM Browser(XDCAM)と Content Management Utility(NXCAM)を 1 つのアプリケーションに統合しました。

<対応機器>

  • XDCAMシリーズ
  • XDCAM EXシリーズ
  • NXCAMシリーズ (NXCAMクリップは一部制限あり)
  • CineAltaカメラシリーズ (PMW-F5/F55)

※本アプリケーションは、クリップのビデオフォーマット、サイズ、保存場所、及びコンピューターの性能などによって性能や動作仕様が異なります。

<Content Browser V2.0以降の主な機能>

■標準機能

  • クリップのビューイングや管理 (NXCAMクリップは一部制限あり)
    ・クリップのビューイング
    ・クリップの移動、コピー、削除
    ・HD記録クリップのメタデータの参照/編集
  • プロフェッショナルディスク、またはS×Sメモリーカードのフォーマット
  • フラッシュバンド補正機能
    選択したクリップにフラッシュバンド補正機能を適用するとCMOSセンサー特有のフラッシュバンド現象が発生しているフレームを自動的に検出・補正し、新規クリップを生成します。独自のアルゴリズムにより高い検出精度を実現。また、補正前の元クリップを残しながら、補正したクリップを新規に生成することができます。
    *完全に検出・補正できることを保証するものではありません。AVCHDファイルはサポートしておりません。
  • Final Cut Proへの対応機能 (NXCAMクリップは非対応)
    アップル製の映像編集ソフトウェアFinal Cut Pro(7.0以降)で編集するためにQuickTimeファイルへ変換することができます。また、Final Cut Proで編集した後、MP4、MXF形式のファイルに変換し、プロフェッショナルディスクやフォルダーに書き戻すことができます。
  • ファイル変換機能 (NXCAMクリップは非対応)
    XDCAM HD / XDCAM EX製品で収録した素材を様々なファイルに変換することができます。
    ※全てのファイルフォーマットの相互変換には対応していませんので、「変換可能なファイルフォーマット等の詳細はこちら」にてご確認ください。 ※変換ファイルにより、別売のプラグインソフトウェア(有償)が必要な場合があります。
    インストールされていないと、エクスポート後の映像に透かしが入ります。また、音声は30秒間のみ保存され、それ以降は無音になります。
    変換可能なファイルフォーマット等の詳細はこちら
  • XDCAM Station対応各種接続(FTP接続、CIFS接続、NET-RMT接続)対応
    XDCAM Station(XDCAMプロフェッショナルメディアステーション)のリモート制御機能や、メディア間のクリップコピー、XDCAM機器とのFTPファイル転送、クリップリスト編集などが可能です。
  • 3Dクリップ表示対応(3DショルダーカムコーダーPMW-TD300&デジタルシネマカムコーダーPMW-F3 3D-LINKオプション)
  • NXCAMクリップの取り込み、メディアへの書き戻し、再生など

■有償機能

  • XDCAM用有償アドバンスドパックXDBZ-AD1及びNXCAM用アクティベーションパックで対応していた機能
    ・プランニングメタデータの新規作成、編集
    ・ライブロギング機能
    ・クリップ/クリップリストの一覧情報の出力
    ・エッセンスマークリストを用いたエッセンスマークの設定
    ・アクイジションメタデータ表示
    ・オーディオレベルメーター表示
    ・Blu-rayディスクおよびDVDへの書き込みに対応(Windows版のみ)
    ・クリップリストからProxyデータのWindows Media File形式への変換(Windows版のみ)
    ・クリップリストからAAFファイルへの変換(Windows版のみ)
    XDBZ-AD1の商品情報はこちら

ソフトウェア情報

最新バージョン

Ver.2.4.1(2016 年2月リリース)

バージョンアップ履歴

対応機器

CineAltaカメラシリーズ

  • PMW-F5/F55

XDCAMシリーズ

  • XDCAM HD422シリーズ(PDW-F1600/HD1500/F800/740/700/680など):Ver. 1.7以降
  • XDCAM HDシリーズ(PDW-F75/F335K/F335L/F355Lなど):Ver. 2.0以降
  • XDCAM SDシリーズ(PDW-510/530/1500/R1など):Ver. 1.6以降またはVer. 2.1以降
  • XDCAM メモリーカムコーダー (PMW-500/300/200/160/100、PXW-X180/X160/Z100): Ver. 1.1以降
  • XDCAM メモリーレコーダー(PMW-1000/50)
  • XDCAM Station (XDS-PD2000/PD1000/1000): Ver. 3.0以降
  • XDCAM HD422 フィールドステーション (PDW-HR1): Ver. 2.0以降
  • SxS メモリーカードアダプター (PDBK-MK1): Ver. 1.0
  • XDCAMドライブ(PDW-U1/U2):XDCAM Drive Software Versionに依存します。
  • XDCAM EXシリーズ
  • 3D ショルダーカムコーダー (PMW-TD300):Ver. 1.0
  • デジタルシネマカムコーダー (PMW-F3K/F3L):Ver. 1.2以降

XDCAM EXカムコーダー

  • PMW-EX1:Ver. 1.25以降
  • PMW-EX1R:Ver. 1.15以降
  • PMW-EX3:Ver. 1.15以降
  • PMW-EX30:Ver. 1.2以降
  • PMW-350L/K、320L/K:Ver. 1.2以降

NXCAMシリーズ

  • HXR-NX5J
  • HXR-NX70J
  • NEX-FS100J/JK
  • HXR-NX3D1J
  • HXR-NX30J
  • NEX-FS700J/JK
  • NEX-EA50JH
追加・更新機能

【Content Browser Ver.2.4.1/Ver2.4.0での新機能及び修正点】

Content Browser 2.4.1での修正点

  • 古いVersionのXDCAM Stationとの接続で不具合が発生する事がある問題を修正しました。

Content Browser 2.4.0での新機能および修正点

  • XDCAM Station Ver.3.0に対応しました。
  • PDW-HD1550にFTP PUTでClipを転送するとき、標準名(Cxxxxx.mxf)になってしまう問題を修正しました。
動作環境

【対応OS】

Windows

  • Windows 7 SP1 以降(64bit版)
  • Windows 8.1(64bit版)
  • Windows 10(64bit版)

Mac

  • OS X Mavericks v10.9.5
  • OS X Yosemite v10.10.5
  • OS X El Capitan v10.11.1 以降

Microsoft、Windows、Windows Vista およびWindows 7 は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
Windows 7 Starter での動作は保障しておりません。
Mac OS は、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。

【必要なソフトウェア】

■Windows OS

  • DirectX 9.0以降
  • Windows Media Player 11以降

*「ProxyのWindows Media File変換」機能を使用する場合に必要です。

【対応ドライバー】

  • FAM Driver:Ver. 2.3.4 以降
  • XDCAM Drive Software (PDW-U1/U2):Ver. 5.0.4以降
  • SxS Device Driver:Ver.2.0.0.06260 以降
  • SxS UDF Driver:Ver. 2.1.2 以降
その他

ご注意
Content Browserリリースノートに記載されている使用上のご注意を必ずお読みください。

ダウンロード/インストール方法

シリアル番号シート

Content Browser(Ver2.0以降)をインストールするには、シリアル番号が必要です。
カムコーダ/デッキ製品など対象機器に同梱されているシリアル番号シートに記載された15桁の番号を使用してください。

XDCAM 高性能パックまたは NXCAM アクティベーション パックの以前のシリアル番号がある場合、その番号をインストールに使用することもできます。

1つのシリアル番号は1台のPC(MAC)で使用可能です。

シリアル番号がある場合
Content Browser ダウンロードはこちらへ

※これより先は、Sony Creative Softwareのページへリンクします。

シリアル番号がない場合

Content Browserをダウンロードする前に、以下のいずれかの方法でシリアル番号の入手が必要となります。

1)Webサイトからのシリアル番号ご購入(1ライセンス)

Content Browser シリアル番号ご購入はこちらへ

※これより先は、Sony Creative Softwareのページへリンクします。

2)製品版のボリュームライセンス(10ライセンスパック) CTBZ-ST10のご購入
(Webサイトからのダウンロードには対応していません。ご購入については営業担当にご相談下さい。)

CTBZ-ST10の商品情報はこちら
Sony Business Solutions Corporation ソニービジネスソリューション株式会社