sony

4K

*水平3,840 × 垂直2,160画素

第36回いつまでも守り続けたい「日本の自然」
写真コンテスト

受賞作品発表

主催 朝日新聞社 全日本写真連盟 森林文化協会  協賛 ソニーマーケティング株式会社

伊根の舟屋と夜光虫/宮崎 純金色に染まる/松倉 毅世界一美しい鴨/牧野 和夫

0

「日本の自然」写真コンテスト受賞作品

全10,156点(プリント部門4,603点、デジタル部門5,553点)の応募の中から
厳正な審査の上、各賞受賞作品が決定いたしました。
その中からいくつかの受賞作品をご紹介いたします。

プリント部門 審査委員賞・朝日新聞社賞・森林文化協会賞

これらの受賞作品や応募作品をご覧頂ける巡回展が、全国16ヶ所で開催されます。
開催場所やスケジュールはこちらよりご確認ください。

その他の受賞作品はこちらその他の受賞作品はこちら
TOP

スケジュール

以下の日程で全国16ヶ所での巡回展を予定しております。
ぜひお近くの会場までお越しください。

※デジタル部門の受賞作品が見られるのは
ソニーストア(銀座、大阪、名古屋、札幌、福岡天神)のみとなります。

巡回展

2019年7月5日(金)〜11日(木)
東京都・中央区:ソニーイメージングギャラリー銀座
2019年7月20日(土)〜8月2日(金)
大阪府・大阪市:ソニーストア 大阪
2019年8月10日(土)〜23日(金)
愛知県・名古屋市:ソニーストア 名古屋
2019年8月31日(土)〜9月12日(木)
北海道・札幌市:ソニーストア 札幌
2019年9月27日(金)〜10月2日(水)
福岡県・福岡市:ソニーストア 福岡天神
2019年10月18日(金)〜20日(日)
富山県・富山市:富山市婦中ふれあい館
2019年11月11日(月)〜19日(火)
新潟県・柏崎市:ソフィアセンター(柏崎市立図書館)
2019年11月28日(木)〜12月2日(日)
静岡県・沼津市:沼津市民文化センター
2019年12月13日(金)〜28日(土)
兵庫県・神崎郡:ぎゃらりー&喫茶やまだ
2020年1月11日(土)〜19日(日)
愛知県・名古屋市:ノリタケの森ギャラリー
2020年1月31日(金)〜2月2日(日)
徳島県・徳島市:シビックセンター3Fギャラリー(アミコビル)
2020年2月20日(木)〜24日(月)
福島県・福島市:福島テルサ
2020年3月16日(月)〜22日(日)
熊本県・熊本市:熊本県立美術館分館 展示室1
2020年4月3日(金)〜19日(日)
栃木県・塩谷郡:高根沢町歴史民俗資料館
2020年5月19日(火)〜24日(日)
岡山県・井原市:アクティブライフ井原
2020年6月20日(土)〜7月19日(日)
新潟県・新潟市:水の駅「ビュー福島潟」
詳しくはこちら
TOP

新しい写真鑑賞とデジタル写真の楽しみを。写真と自然を愛するすべての人へ。

ソニーマーケティング株式会社は、自然の美しさをありのままに残す、
「日本の自然」写真コンテストに協賛しています。

デジタル・高画質化が進むこれからの写真文化を、より魅力的なものにするため、
テクノロジーと時代に合わせた鑑賞方法という両面から、新たな提案をつづけてまいります。

デジタル部門

最優秀賞 ソニー4K賞

デジタルで撮影された写真を、
デジタルのまま4Kテレビで楽しむ新しい鑑賞スタイルに、
最もふさわしい作品に贈られる賞。

どなたも対象であり、副賞として
50万円相当のクーポンをご用意します。

デジタル部門

ソニーネクストフォトグラファー賞

これからの写真文化を支え、これまでの常識に
とらわれない、新しい表現に挑戦してゆく
若きフォトグラファーに贈られる賞。

1988年4月1日以降生まれの30歳以下が対象であり、
40万円相当のクーポンをご用意します。

デジタル部門

最優秀賞 ソニー4K賞

最優秀賞 ソニー4K賞とは

「日本の自然」写真コンテストは、
『いつまでも守り続けたい「日本の自然」』をテーマに、
風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した
作品が評価されます。

「ソニー4K賞」では、これまでのプリントでは表現できない、
デジタルで撮影した写真をデジタルのまま4Kテレビで
楽しむという、新しい鑑賞スタイルに最もふさわしい作品に
授与されます。

審査ポイント

レンズが捉えた被写体の色も、質感も、
ありのままに細部まで高精細に描く、4K。
色の美しさや色の数、繊細な光やコントラストの表現など、
プリント写真にはない、4Kテレビならではの
写真の美しさを表現した作品を選定します。

朝稽古/大野 泰之
*第35回「日本の自然」写真コンテスト受賞作品より

応募条件・作品について

画像データを4Kブラビアに映し出して審査が行われます。

・応募資格
:プロ・アマチュア問わず、どなたでも応募できます。
・応募方法
:募集は終了いたしました。
・応募料
:無料
デジタル部門

ソニーネクストフォトグラファー賞

ソニーネクストフォトグラファー賞とは

これからの写真文化を支え、新しい表現にチャレンジしてゆく
若きフォトグラファーに、自然写真に挑戦いただくため、
ソニーにて設置された賞です。

センサーをはじめとするデジタル技術が進歩し
高解像度はもちろん、広いダイナミックレンジや、
高感度など写真の表現の幅は格段と広がっています。
このような新しい、写真表現にチャレンジする
次世代のフォトグラファーのみなさまを応援します。

審査ポイント

「日本の自然」写真コンテストの審査ポイントと同様に
『いつまでも守り続けたい「日本の自然」』をテーマに、
風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した
作品が評価されます。

ソニーネクストフォトグラファー賞は、進化するカメラの
デジタル技術を駆使しながら、これまでの常識にとらわれない
新しい写真表現に挑戦した作品を評価いたします。
また、デジタルならではの鑑賞を意識した写真も評価します。

Ice Age/長尾 岬生
*第35回「日本の自然」写真コンテスト受賞作品より

応募条件・作品について

これからの写真文化を支え、新しい表現にチャレンジしてゆく
若きフォトグラファーを対象としておりますため、
ソニーネクストフォトグラファー賞に限り、年齢制限を設けております。

・応募資格:
30歳以下(1988年4月1日以降生まれの方)
・応募方法:
募集は終了いたしました。
・応募料 :
無料
TOP

4Kテレビでの高精細写真鑑賞の新スタイル

圧倒的な大画面で、繊細美を鑑賞する。プリントとは一味違う新しい写真の楽しみ方。

ソニー4Kブラビアの
写真鑑賞モード

4Kブラビアには、写真閲覧専用の画質モード「フォトモード」
が搭載。難しい画質調整を行うことなく、デジタルカメラが
記録した、写真データが持つ多彩な色表現を手軽に、忠実に
再現します。

どんなディテールも、
緻密に再現する高解像度。

4Kブラビアは、3840×2160画素の高解像度。
画面に近づいても画質の粗さが気にならない高精細な画像は、
近・中景写真はもちろん、細かな被写体が写り込む
都市風景や木々が茂る遠景写真でも、あなたが
ファインダーから見たすべてを緻密(ちみつ)に再現します。

カメラと同じ
光の三原色での色表現

プリントと大きく異なるのが色の再現力。
デジタル写真のRGBデータを、CMYKに変換することなく
映し出すソニーの4Kブラビアは、いままで表現しきれなかった
繊細な色のニュアンスも、微妙なグラデーションも、
あなたのイメージ通りに再現します。

迫力と細部表現!
大画面での鑑賞スタイル。

リビングの大画面テレビから、家族みんなで写真を見る。
写真仲間が集まって講評会を開いてみる。
4Kブラビアで写真の楽しみ方は、さまざまに広がっていきます。
鑑賞スタイルが変われば、あなたの撮影スタイルも
きっと変わる。「見る」楽しみ方だけでなく、
「撮る」楽しみ方も深めます。

あなたも4Kで見る写真体験!

ご自身が撮影した写真やお持ちの映像を、実際の4Kブラビアに映し出してご覧いただけます。
テレビで楽しむ写真鑑賞スタイルの体験などにご利用ください。

4Kで見る写真体験ができる場所
  • ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座

    地図はこちら
  • ソニーストア 札幌

    地図はこちら
  • ソニーストア 名古屋

    地図はこちら
  • ソニーストア 大阪

    地図はこちら
  • ソニーストア 福岡天神

    地図はこちら
ご来場いただく方へのお願い事項
  • *写真や映像はJPEGフォーマットにしてUSBメモリー等でお持ちください。
  • *体験時間はお一人様15分までとさせていただきます。
  • *混雑時はお待ちいただく場合がございますのでご了承ください。
  • *著作権を侵害する写真・映像や公共の秩序に反する恐れのある、反社会的な写真・映像などのお持ち込みはご遠慮ください。
  • *ご不明な点がございましたら、各開催場所までお問い合わせください。

自然風景の撮影テクニックを紹介

一眼カメラαの商品情報サイト「α Universe」では、
αを手にするプロカメラマンの珠玉の作品や、
ここでしか聞けない撮影テクニックを数多く紹介しています。
自然風景の作品を生むヒントに、ぜひご一読ください。

「α Universe」の記事はこちら

※α Universeで紹介された記事の中から、「ネイチャー」に関連する記事がまとまったページに遷移します。

TOP
Copyright 2019 Sony Corporation, Sony Marketing(Japan)Inc.
コンテストや、カメラ・写真鑑賞についてのご意見募集中