プレスリリース

2018年9月26日
  • 新商品

スマートフォンとのBluetooth®接続に加え、内蔵メモリーで本体だけでも自由に音楽を楽しめる
海水でも使える防水※1・防塵(ぼうじん)※2性能の完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-SP900』発売

ワイヤレスステレオヘッドセット『WF-SP900』(左からブラック、ホワイト、イエロー)
ワイヤレスステレオヘッドセット『WF-SP900』
(左からブラック、ホワイト、イエロー)
『WF-SP900』の使用イメージ
『WF-SP900』の使用イメージ

ソニーは、完全ワイヤレス型の本体に4GBのメモリーを搭載し、海水でも使える防水(IPX5/8)※1・防塵※2性能(IP6X)を実現したBluetooth®対応ワイヤレスステレオヘッドセット『WF-SP900』を発売します。

商品名 型名 カラー 発売日 価格
ワイヤレスステレオヘッドセット 『WF-SP900』 ブラック、ホワイト、イエロー 10月27日 オープン価格

『WF-SP900』は、スマートフォン等とのBluetooth接続に加え、内蔵メモリーからの音楽再生が可能です。ケーブルを気にする必要がないだけでなく、スマートフォン等の音楽再生プレーヤーを持ち運ぶことなく、音楽を聞きながらランニングなどのスポーツに没頭できます。また、海水でも使える防水※1・防塵※2性能のため、海やプールで泳ぐ※3際も快適に音楽を楽しめます。付属ケース※4で充電することで、Bluetooth接続時は合計最大約12時間、メモリー再生時は合計最大約21時間使用可能です。激しく動いた時でも外れにくい装着性を実現したことに加え、音楽を楽しみながらも周囲の音や人の声を取り込むことができるアンビエントサウンド(外音取り込み)モード、タップでの音量調整などのユーザビリティにも配慮しました。

  • ※1:水泳用イヤーピースを装着した状態で、あらゆる方向からの水の直接噴流によっても本体機能を保護します(IPX5相当)。また、水泳用イヤーピースを装着した状態で、水深 2mに30分沈めた条件で、本体機能を保護します(IPX8相当)。
  • ※2:水泳用イヤーピースを装着した状態で、塵埃(じんあい)が入った装置に8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに内部に塵埃が浸入しない機能を有することを意味します(IP6X相当)。
  • ※3:水中ではスマートフォンや音楽プレーヤー等とのBluetooth接続は使用できません。また、水泳使用時は、必ず個人に合ったサイズのアークサポーターと、水泳用イヤーピースを装着する必要があります。その場合、標準タイプのイヤーピースよりソフトな音になります。
  • ※4:ケースは防水・防塵性能がありません。ヘッドセットやアクセサリー類に水滴が付着している場合には、水滴を確実に拭き取り、水分が完全になくなるまで常温で放置して乾燥させたのち、充電を開始してください。
『WF-SP900』の主な特長
1. 完全ワイヤレス型の本体にメモリーを搭載、様々なシーンで音楽を楽しめる
左右独立型の本体にメモリーを搭載、様々なシーンで音楽を楽しめる

ケーブルから解放された自由なスタイルの完全ワイヤレス型に4GBのメモリーを内蔵しました。スマートフォンなどとBluetooth接続して使えることに加え、ヘッドホンだけでも音楽再生が可能なため、スマートフォンのバッテリー残量が気になる時や、スポーツ中で音楽プレーヤーを持ち運びたくない時などでも、より自由に音楽を楽しむことが可能です。
また、Bluetooth接続時とメモリー使用時とで再生可能時間が異なります。本体だけの場合、Bluetooth接続時は最大約3時間、メモリー使用時では最大約6時間の音楽再生が可能です。さらに、付属のケース※4で充電した場合、Bluetooth接続時は合計最大約12時間、メモリー再生時は合計最大約21時間使用可能です。

2. 海水でも使える防水※1・防塵※2性能と、高い装着性
海水でも使える防水※1・防塵※2性能と、高い装着性

水が入り込まない接着剤や接合技術を使った止水構造に加え、腐食に強い端子を採用したことで、海で泳ぐ※3際でも使えるIPX5/8の防水性能※1に対応しました。独自のシール構造によるIP6Xの防塵※2性能にも対応したことで、屋外でのスポーツやアウトドア時でも安心して使えます。加えて、−5℃までの耐寒性能も備えました。
また、イヤーピースの装着位置を調整可能なことに加え、耳の形状に合う新開発のアークサポーターを3サイズから選んで、お好みの装着感に合わせることができるため、激しく動いた際でも外れにくい装着性を実現しました。さらに、本体を小型化し、左右各約7.3gまで軽量化しました。

3. 安定した接続と、動画視聴時の音声遅延量低減を実現※5

『WF-SP900』に合わせたアンテナ構成や部品の配置に加え、アンテナに悪影響をもたらすノイズを削減したことで、安定した接続を実現しました。また、動画視聴時の音声遅延量を低減しました。

  • ※5:ただし、使用環境や装着状態により、接続安定性や動画視聴時の音声遅延量は変化します。
4. アンビエントサウンド(外音取り込み)モード、タップでの音量調節、スマートフォンのアプリ対応などユーザビリティを向上

周囲の音や人の声を取り込むことができる、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードに対応しました。ランニング時など周囲の状況に気を配りたい際でも、ストレスなく音楽を楽しめます。周囲の音を自然に取り込むノーマルモードと、人の声を聞き取りやすくするボイスモードに切り替え可能です。また、物理ボタンでの操作に加えて、左右の本体をタップするだけで音量を調節できます。
加えて、スマートフォン専用アプリ「Sony | Headphones Connect」と「Sony | Music Center」に対応しました。「Sony | Headphones Connect」からは、アンビエントサウンドモードの切り替え、お好きな音質に設定できるイコライザーの調整、物理ボタンの2度押しであらかじめ設定しておいたアンビエントサウンドモードとイコライザーに瞬時に切り替えられるクイックサウンドセッティング機能の設定などができます。一方、「Sony | Music Center」からは、メモリー使用時でも、メモリーに転送した楽曲一覧をBluetooth接続したスマートフォンから確認したり、選曲したりすることなどが可能です。

5. その他
左右の本体をつなぐリーシュコードを付属しました。水中※4などでも安心して使えます。
  • 左右の本体をつなぐリーシュコードを付属しました。水中※4などでも安心して使えます。
  • 小型化かつ軽量化した本体でも音質を確保するために、ソニー独自のバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを採用しました。スポーツなど動きのあるシーンで使われることを考慮し、ボーカル帯域のニュアンスを聞き取りやすい音質にチューニングしています。
  • 再生ボタンの長押しで、Bluetooth接続したスマートフォンのGoogle アプリ※6やSiri®※7などのボイスアシスタントを呼び出して情報検索や電話発信などの音声操作が可能です。
  • ※6:スマートフォンの仕様やアプリのバージョンにより対応しない場合があります。Googleアプリは、Google LLCの商標です。
  • ※7:Siri®はApple Inc.の登録商標です。
<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、9月27日(木)より展示します。

<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>

市場推定価格(消費税を含みません)

  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
  • 記載されている商品名などは、ソニーおよび各社の登録商標あるいは商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00