プレスリリース

2019年3月5日
  • 新商品

100kHzの超高音域まで再生可能、広大な音場と臨場感を実現するステレオヘッドホン『IER-Z1R』発売

〜高音質技術を結集したSignature Series(シグネチャーシリーズ)〜
ステレオヘッドホン 『IER-Z1R』
ステレオヘッドホン 『IER-Z1R』
『IER-Z1R』とウォークマン(R)WM1シリーズ『NW-WM1Z』の組み合わせイメージ
『IER-Z1R』とウォークマン®WM1シリーズ
『NW-WM1Z』の組み合わせイメージ

ソニーは、100kHzの超高音域まで再生可能で、従来のインイヤー型では感じることが難しかった広大な音場と臨場感を実現する、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)対応ステレオヘッドホン『IER-Z1R』を発売します。本機は、ソニーが長年培ってきたアナログとデジタルの高音質技術を結集したSignature Series (シグネチャーシリーズ)です。

商品名 型名 発売日 価格
ステレオヘッドホン 『IER-Z1R』 3月23日 オープン価格

『IER-Z1R』は、低音域から中高音域、高音域、超高音域と、割り当てられた帯域の異なる3つのドライバーユニットを組み合わせた、「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載しています。また、それぞれのドライバーユニットが出力した音波が最適な位相で合わさるよう、音が伝わる経路を緻密に調整した新開発の「リファインドフェイズ・ストラクチャー」で、楽器やボーカル本来の音色を再現すると同時に、今までにないような音の分離感を実現します。加えて、インナーハウジングにはマグネシウム合金を採用し、不要な振動を極限まで抑えることでクリアな音質を楽しめます。ハウジングには、非常に高い硬度と耐食性を持つジルコニウム合金を採用。フェイスプレートには、高級腕時計にも用いられる、地金に研磨で繊細なうろこ模様をつけるペルラージュ加工を施しています。本機の組み立ては、プロフェッショナル向け音響機器を長年生産し、高い組み立て精度と品質を誇るソニー・太陽(大分県)で行われています。
コンサートホールの特等席で聞いているような最高の音楽体験を、あらゆるところで楽しんでいただくことを目指した『IER-Z1R』は、演奏が始まる瞬間から終わりの静寂に至るまで、微小な音がもたらす繊細な空気感と、大音量時のスケール感や躍動感を再現し、音楽のダイナミズムが体感できます。

ステレオヘッドホン『IER-Z1R』の主な特長
1. 異なる3つのドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」
『IER-Z1R』の内部構造
『IER-Z1R』の内部構造

本機のために新設計した、3つの異なるドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を採用し、微小な音や、超低音域から超高音域までを正確に再生します。ハイレゾ音源の魅力を余すところなく引き出す、広い音場感を実現します。

12mmダイナミックドライバーユニット(低〜中高音域用)

軽量・高剛性が求められる振動板のドーム部にはマグネシウム合金を採用し、しなやかさが求められるエッジ部には、液晶ポリマーにアルミニウムコートを施したアルミニウムコートLCPを採用することで、沈み込む低音域と繊細な中高音域を両立し、微小な音の要素を余すところなく再生します。

BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーユニット(高音域用)
BAドライバーユニットの内部構造
BAドライバーユニットの内部構造

振動板には、実用金属の中で最も比剛性が高く、内部損失も高いマグネシウム合金を採用。不要な振動が極限まで抑えられ、色付けのないクリアな音質を再現します。また、ボイスコイルには伝送効率の高い銀コート銅線を採用したほか、端子部には金メッキを施し、振動板の駆動力を向上させています。入力された信号に対して、振動板が忠実に動き、微小な音をしっかりと捉えて再生します。

5mmドライバーユニット(超高音域用)

100kHzの超高音域再生を可能にする、独自開発のアルミニウムコートLCP振動板と外磁型磁気回路を採用。さらにドライバーユニット自体をΦ5mmまで小型化することで、音導管と同軸上に配置できるため、超高音域をスムーズに再生します。

2. 今までにないような音の分離感を実現する、新開発の「リファインドフェイズ・ストラクチャー」
今までにないような音の分離感を実現する、新開発の「リファインドフェイズ・ストラクチャー」

それぞれのドライバーユニットが出力した音波が最適な位相で合わさるように、音が伝わる経路を緻密に調整した「リファインドフェイズ・ストラクチャー」を採用しています。楽器やボーカル本来の音色を再現すると同時に、今までにないような音の分離感を実現します。また、インナーハウジングにもマグネシウム合金を採用し、各ドライバーユニットの不要な振動を極限まで抑えることで、クリアな音質も実現しています。
さらに、ドライバーユニットの後ろに設けた空間に極細の音響管を接続し、振動板の背面の通気を精密に調整する、ソニー独自のサウンドスペースコントロールを採用。最適なバランスの豊かな中音域と、低音域から高音域までの自然な音のつながりを実現し、広がりのある音場を再現します。

3. ハウジング素材にジルコニウム合金、フェイスプレートにペルラージュ加工を採用
ハウジング素材にジルコニウム合金、フェイスプレートにペルラージュ加工を採用

ハウジング部分に、傷つきにくくさびにも強いジルコニウム合金を採用しています。また、フェイスプレートには、高級腕時計にも使われている、地金に研磨で繊細なうろこ模様をつけるペルラージュ加工を施しています。
ハウジングの形状自体も、耳に負担をかけないように最適化したことで、快適で安定した装着性を実現します。

4. プロ向け音響機器を生産する国内工場で製造し、高い組み立て精度と高品質を実現

多くのレコーディングスタジオで使われているコンデンサーマイクロホンやモニターヘッドホンなど、プロフェッショナル向け音響機器を長年にわたり生産しているソニー・太陽で製造しています。プロ用製品で培われた品質管理の下、熟練作業者による手作業でひとつひとつ丁寧に組み立てられ、厳しい検査をパスした商品を出荷しています。

5. その他の特長
  • 各ドライバーユニットが再生する周波数帯域を定義するネットワーク回路に、音質に優れるフィルムコンデンサーを採用。振動や電気的な干渉を限界まで抑えることで、繊細で伸びのある高音を実現します。
  • 付属のヘッドホンケーブルは、銀コートOFC(無酸素銅)線とツイストペア構造を採用することで伝送ロスを最小限に抑え、スケール感のある解像度の高い高音質を実現。さらにタッチノイズを軽減するためシルクを編み込んでいます。
  • Φ3.5mmのステレオミニプラグに加え、Φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルを付属します。柔らかく耳の形に沿うようにカーブした新開発のプリフォームドイヤーハンガーで、素早く耳に装着しやすくなり、より安定した装着感を実現します。
  • 2種類の硬さのシリコンゴムに独自開発のシリコンフォームを組み合わせたトリプルコンフォートイヤーピース6サイズに、ハイブリッドイヤーピース7サイズを加えた計13種類のイヤーピースを付属します。耳の穴に最適な大きさのイヤーピースを使うことで、遮音性能と装着性の双方を高められます。
<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、3月6日(水)より展示します。

<主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください。>
  • ウォークマン®およびそのロゴは、ソニー株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 記載されている会社および商品名等は、各社の商標または登録商標です。

市場推定価格(消費税を含みません)

  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00