プレスリリース

2019年10月8日
  • 新商品

自動で適切なマイク感度に調整・背景ノイズを低減してクリアに録音
再生機能も充実した薄型・軽量のICレコーダー ICD-UX570Fシリーズ発売

ステレオICレコーダー ICD-UX570Fシリーズ (左からブラック、ゴールド、シルバー)
ステレオICレコーダー ICD-UX570Fシリーズ
(左からブラック、ゴールド、シルバー)

ソニーは、自動で適切なマイク感度に調整しながら背景ノイズも低減して録音する新しい「おまかせボイス」や、本体のボタンから録音ファイル全体の10%ごとに送り/戻しができ、聞きたいところを素早く見つけて再生できる「タイムジャンプ」など、充実した録音・再生機能を搭載した薄型・軽量のステレオICレコーダー ICD-UX570Fシリーズを発売します。会議などのビジネスシーンや語学学習など幅広い用途で手軽かつクリアに録音できます。

商品名 型名 発売日 カラー 価格
ステレオICレコーダー 『ICD-UX575F』(16GB) 11月2日 ブラック、ゴールド、シルバー オープン価格
『ICD-UX570F』(4GB)

ICD-UX570Fシリーズは、高感度かつ低ノイズの内蔵ステレオマイクと、独自開発の録音システムを組み合わせた「Sマイク・システム」を搭載し、遠くの音や小さな音までクリアに集音します。また、「おまかせボイス」に加えて、新機能「おまかせミュージック」で、歌や楽器などの録音時に入力レベルを判断し、聞きやすい音に自動で調整します。さらに、内蔵メモリーまたは別売のmicroSDカードの残量がなくなった場合に、自動的にもう一方に切り替えるクロスメモリー録音など、クリアかつ確実に録音できる機能に対応しています。
再生時に便利な機能も充実しています。「タイムジャンプ」と、本体のボタンひとつで早送り(+10秒)/早戻し(−3秒)ができる「イージーサーチ」を合わせて使うことで、長時間録音したファイルの聞きたいところを素早く見つけて再生できます。
加えて、厚さ約12.2mm、重さ約48gと薄型・軽量化を実現。従来機種ICD-UX560Fシリーズと比べて約25%大きな有機ELディスプレイやより大きく見やすくなった動作表示ランプ、本体のボタンを録音用と再生用が一目で分かりやすいように配置するなど、操作性にも配慮しています。

主な特長
1. 遠くの音も小さな音もクリアかつ確実に録音
「Sマイク・システム」

ソニーの音響技術を活用した高感度かつ低ノイズの内蔵ステレオマイクと独自開発の録音システムを組み合わせることで、遠くの音や小さな音もより聞き取りやすく自然に集音します。

「おまかせボイス」

人の声の録音時に入力レベルを判断し、適切なマイク感度に自動で設定します。また、本シリーズから新たに背景ノイズも軽減します。
時間と共に周波数が変化する背景ノイズを、独自のアルゴリズムで常時解析。その変化に合わせてノイズ抑圧フィルタを最適化することで、よりクリアな録音を実現します。

「おまかせミュージック」

歌や楽器などの録音時に入力レベルを判断し、聞きやすい音に自動で調整します。マイク感度の設定間違いで再生時によく聞こえないなどの録音ミスを少なくします。

クロスメモリー録音

内蔵メモリーまたは別売りのmicroSDカードの残量が録音途中でなくなった場合でも、自動的にもう一方に切り替えて録音を続けます。長時間録音をしたい時や、本体または外部メモリーの残量が少ない時に便利です。

2. 聞きたいところを素早く見つけて聞き取りやすく再生
タイムジャンプ用(青枠)とイージーサーチ用(赤枠)のボタン
タイムジャンプ用(青枠)と
イージーサーチ用(赤枠)のボタン
タイムジャンプ

本体のジャンプボタンを押すと録音ファイル全体を10分割し、コントロールボタンの左右キーで録音ファイル全体の10%ごとに送り/戻しが可能です。長時間録音したファイルの聞きたいところを素早く見つけたい時に便利です。

イージーサーチ

本体のボタン一つでファイルの早送り(+10秒)/早戻し(−3秒)が可能です。本シリーズからは、これまで設定メニュー内にあったイージーサーチをボタンとして設けたため、再生中に簡単に操作できます。

ノーマライズ※1

小さく録音されてしまった場合も、ファイルの最大音量箇所が音割れしない範囲まで全体的に音量レベルを上げて、聞き取りやすく再生します。

  • ※1:ICD-UX570Fシリーズ以外の機種や他社製ICレコーダーで録音されたファイルでは、ノーマライズ機能は働きません。
3. 薄型・軽量で持ち運びやすく、優れた操作性を実現
従来機種(左)とICD-UX570Fシリーズ(右)の動作表示ランプ(青枠)と録音中の画面表示の比較
従来機種(左)とICD-UX570Fシリーズ(右)の
動作表示ランプ(青枠)と
録音中の画面表示の比較
  • 従来機種ICD-UX560Fシリーズと比べて約25%大きな1.45インチの有機ELディスプレイを搭載しながら、厚さ約12.2mm、重さ約48gと携帯性に優れたサイズ感と重量を実現しました。
  • 画面のドットサイズもより大きくし、表示内容をシンプルにすることで、録音レベルや再生ファイルの長さを手軽に把握できます。また、動作表示ランプが大きくなったことで、離れた場所からも録音状態を確認することができます。
  • 約22時間の連続録音が可能※2な内蔵リチウムイオン電池は急速充電にも対応し、約3分間の充電で約1時間の録音※2ができるため、急な会議前でも手早く使えます。
  • ※2:MP3で録音した場合。録音モニターを使った場合、電池持続時間が40%程度短くなります。
<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、10月9日(水)より展示します。

<主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください。>

市場推定価格(消費税を含みません)

  • ※:「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
  • ※:記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月〜金:9:00〜18:00 土日祝:9:00〜17:00