プレスリリース

2020年9月15日
  • 新商品

世界最小・最軽量※1システムを実現するフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7C』とズームレンズ発売
小型フラッシュを含めたコンパクトな商品群で高画質撮影のフィールドを拡大

レンズ交換式デジタル一眼カメラ『α7C』(『FE 28-60mm F4-5.6』装着時、左からシルバー、ブラック)
レンズ交換式デジタル一眼カメラ『α7C』
(『FE 28-60mm F4-5.6』装着時、
左からシルバー、ブラック)
標準ズームレンズ『FE 28-60mm F4-5.6』
標準ズームレンズ
『FE 28-60mm F4-5.6』
フラッシュ『HVL-F28RM』
フラッシュ『HVL-F28RM』
本商品群の使用イメージ
本商品群の使用イメージ

ソニーは、世界最小・最軽量※1システムを実現するフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7C』とα (Alpha) Eマウント用標準ズームレンズ『FE 28-60mm F4-5.6』を発売します。また、小型・軽量で、カメラ本体の顔検出と連動※2して高精度なオートホワイトバランスがかけられる新機能も搭載したα用※3電波式ワイヤレス通信対応フラッシュ『HVL-F28RM』も発売します。本商品群は小型・軽量を追求しながら、ソニーの最先端のイメージング技術による充実の撮影性能を凝縮しています。コンパクト性を生かした高い機動力と描写力により、日常でのスナップ撮影やVlog(ブイログ)など、より幅広いフィールドで手軽にフルサイズの高解像・高画質撮影を楽しめます。

商品名・型名 カラー 発売日 価格
『α7C』 ボディILCE-7C シルバー、ブラック 10月23日 オープン価格
『α7C』 レンズキット ILCE-7CL
(FE 28-60mm F4-5.6)
デジタル一眼カメラα Eマウント用レンズ
『FE 28-60mm F4-5.6』 SEL2860
2021年春予定 メーカー希望小売価格
60,000円+税
フラッシュ 『HVL-F28RM』 12月11日 メーカー希望小売価格
27,170円+税
  • 『α7C』およびレンズキット、『HVL-F28RM』の予約販売の受付は、9月18日(金)10時より開始します。『FE 28-60mm F4-5.6』の予約販売開始日は未定です。
  • 本商品群のスペシャルページはこちらです。
  • 本商品群の商品紹介動画は、Sony Camera Channelをご覧ください。

『α7C』は、フルサイズCMOSイメージセンサーを搭載し、光学式ボディ内手ブレ補正機構を内蔵したデジタル一眼カメラとして世界最小・最軽量※4を実現しています。APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『α6600』とほぼ同等のサイズと質量※5ながら、フルサイズならではの高画質撮影性能と、長時間撮影の際でも安心して使える業界最大※6のスタミナ性能を備えています。また、リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFなどのAI※7を活用した高性能AF(オートフォーカス)や、最高約10コマ※8のAF/AE(自動露出制御)追従高速連写で、動きのある被写体を高精度に捉えます。さらに、動画撮影機能も充実しており、6K相当の情報量を凝縮した高解像4K動画記録のほか、HLG(Hybrid Log-Gamma)方式※9による4K HDR撮影やS-Log※10対応で、映像表現の幅を広げます。加えて、バリアングル液晶モニターやデジタルオーディオインターフェースに対応したマルチインターフェースシュー(MIシュー)も搭載し、快適な動画撮影を楽しめます。
『FE 28-60mm F4-5.6』は世界最小・最軽量※11ながら、普段使いに適した焦点距離 28mm-60mmと、画面周辺部までの高い解像性能を実現しています。また、最新のフルサイズミラーレス一眼カメラのAF性能を最大限に引き出す高速・高精度・高追従かつ静粛なAF駆動が可能です。
『HVL-F28RM』は、カメラ本体の顔検出と連動※2し、被写体の人物の顔色が自然な色調になるように、カメラ側でフラッシュの光量やホワイトバランスを高精度に調整する新機能も搭載した、小型・軽量かつ大光量の電波式ワイヤレス通信対応フラッシュです。カメラ本体との緻密な連携により、ガイドナンバー28(照射角50mm設定時、 ISO100・m)での安定した発光制御を実現します。また、電気端子部を含む全方向の衝撃に強い新開発の「サイドフレーム補強構造金属シュー」(意匠登録出願中)を搭載し、高い堅牢性も実現しています。さらに、シュー取り付け時に対応カメラ※3の「外部フラッシュ設定」から調光補正などの詳細な操作ができるなど、操作性と拡張性にも優れています。

  • ※1:フルサイズ対応Eマウント用標準ズームレンズ『FE 28-60mm F4-5.6』との組み合わせ時。フルサイズセンサー搭載のデジタル一眼カメラと同カメラ用の交換式ズームレンズとの組み合わせにおいて。2020年9月15日広報発表時点。ソニー調べ。
  • ※2:2020年9月15日広報発表時点で、『α7C』のみが対応しています。
  • ※3:対応カメラについては、サポート情報をご覧ください。
  • ※4:光学式ボディ内手ブレ補正機構搭載のフルサイズセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。2020年9月15日広報発表時点。ソニー調べ。
  • ※5:『α6600』は幅約120.0mm×高さ約66.9mm×奥行約69.3mm、重さ約503g(バッテリーとメモリーカードを含む)。『α7C』は『α6600』との容積比約10%増、質量比約1%増。
  • ※6:オートフォーカス機能を搭載したフルサイズセンサー搭載のミラーレスデジタル一眼カメラとして。2020年9月15日広報発表時点。ソニー調べ。
  • ※7:機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用。
  • ※8:連続撮影モード「Hi+」時に最高約10コマ/秒、 連続撮影モード「Hi」時に最高約8コマ/秒の高速連写が可能です。撮影設定によって最高連写速度が異なります。また、装着レンズによってソフトウェアのアップデートが必要になる場合があります。互換情報詳細については、サポートサイトをご覧ください。
  • ※9:HDR (HLG) 映像をテレビで表示する場合は、HDR(HLG)対応ソニー製テレビと本機をUSB接続しご覧ください。
  • ※10:S-Log2およびS-Log3とは、広い輝度ダイナミックレンジを記録するためのソニー独自の輝度特性カーブで、グレーディング(撮影後の画像加工処理)をすることが前提の機能です。白とびや黒つぶれしやすいシーンでも、ディテールを引き出す編集を可能にします。
  • ※11:35mmフルサイズセンサー搭載デジタルカメラ用の交換式ズームレンズとして。2020年9月15日広報発表時点。ソニー調べ。
『α7C』の主な特長
1. フルサイズミラーレス一眼カメラの高画質撮影性能を凝縮し、手軽に持ち運べる世界最小・最軽量※4ボディ
新開発のデバイスや新構造の活用で小型・軽量を追求
新開発のデバイスや新構造の活用で小型・軽量を追求

フルサイズの充実の高画質撮影性能を、手軽に持ち運ぶことのできるサイズ・質量を実現しています。幅約124.0mm×高さ約71.1mm×奥行約59.7mm、重さ約509g※12と、APS-Cセンサー搭載の『α6600』とほぼ同等※5です。小型・軽量を実現するために、光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構やシャッターユニットを新開発したほか、自動車や航空機にも使われている、カメラの外板で全体を支えるモノコック構造を採用し、トップカバーやフロントカバー、リアカバーにマグネシウム合金を使うことで耐久性も確保したほか、内部レイアウトの見直しも図っています。

  • ※12:バッテリーとメモリーカードを含む。
フルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと画像処理エンジンBIONZ Xによる立体感のある高画質
『α7C』で撮影した作品
『α7C』で撮影した作品

有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと、高速処理能力を備えた画像処理エンジンBIONZ Xを搭載しています。ISO100〜51200(拡張ISO50〜204800)※13の広い感度域をカバーするため、暗所でもノイズの少ない高感度撮影が可能です。低感度時は、約15ストップ※14の広いダイナミックレンジを実現し、ハイライト部からシャドウ部まで、よりなめらかな階調で再現します。さらに、16ビット画像処理に加え、サイレント撮影時や連続撮影時の14ビットRAW出力※15にも対応し、表現の幅を広げます。

  • ※13:静止画の拡張感度設定時。静止画ISO感度:ISO 100−51200 (拡張ISO 50−204800) 動画ISO感度:ISO 100−51200 (拡張ISO 100−102400)
  • ※14:静止画時(当社測定条件)。
  • ※15:圧縮RAWでの連続撮影時、BULB撮影時、長秒時ノイズリダクション[入]時は12ビットに制限されます。
画質性能を引き出す5.0段※16の光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構と、長時間撮影時も安心の業界最大※6のスタミナ性能

高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、手ブレ補正アルゴリズムも最適化することで、5.0段※16の補正効果を実現しています。さまざまなブレに対して5軸で検出して高い補正効果を発揮するため、フルサイズの画質性能を最大限に引き出します。小型・軽量ボディを生かした高い機動力を維持したまま、即時性を必要とするスナップなどにおいても快適な撮影を実現します。また、フルサイズミラーレス一眼カメラとして業界最大※6のスタミナ性能を実現。CIPA規格準拠で、ビューファインダー使用時約680枚、LCDモニター使用時約740枚の撮影が可能で、長時間使用時でも安心して撮影に集中できます。

  • ※16:CIPA規格準拠、Pitch/Yaw方向、 Planar T* FE 50mm F1.4 ZA装着時、長秒時ノイズリダクションオフ時。
2. 瞬間を逃さず撮影できる、AI※7を活用した高性能AFと最高約10コマ/秒のAF/AE追従高速連写
迅速に起動できるリアルタイムトラッキング

AI※7を活用した物体認識アルゴリズムにより、色や模様、被写体との距離などの空間情報を高速処理して動きのある被写体をカメラ任せで高精度に認識、自動追尾し続けるリアルタイムトラッキングをより速く直感的に起動でき、高い機動性を実現しています。カスタムボタンに「トラッキングオン+AF-ON」を割り当てられるほか、フォーカスモードがAF-S/AF-A/DMFの場合でも、AF-ONボタンを押すだけで狙ったタイミングでの迅速な自動追尾を開始するため、スナップ撮影時に動きのある被写体をすぐに捉えたい際などに便利です。また、モードメニュー画面で「タッチトラッキング」を設定しておけば、動画撮影時やビューファインダー使用時であっても、捉えたい被写体をモニター上でタッチするだけで高精度に追従でき、操作の即時性を高めています。

人物や動物※17の瞳にフォーカスを合わせ続けられるリアルタイム瞳AF
『α7C』で撮影した作品
『α7C』で撮影した作品

進化したリアルタイム瞳AFにより、動きのある被写体でも、高速・高精度に瞳を捉え続けることができます。AI※7を活用した物体認識アルゴリズムにより、うつむき顔や振り向いた瞬間、逆光で顔が暗いシーンなどのピント合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出し追従します※18。カスタムボタンやAF-ONボタンでの操作、AFモード時のシャッターボタンの半押しと同時に被写体の瞳を検出。AF-C/AF-Aモード時には、そのまま瞳を追従し続けます。人物の場合は静止画・動画いずれも有効で、リアルタイムトラッキングとの併用により、被写体となっている人物の自動追尾中に瞳を認識すると、リアルタイム瞳AFで追従することが可能です。動物※17の場合は静止画のみ有効です。

  • ※17:人物と動物ではモードの切り換えが必要です。すべての動物が対象ではありません。
  • ※18:シーンや被写体の状態によってはうまくフォーカスが合わない場合があります。
広範囲をカバーし、複雑な動きをする被写体も捉える高速性・高追従性を備えた高いAF性能

撮像エリアの約93%をカバーする範囲に693点の像面位相差検出AF※19センサーを配置したほか、コントラスト検出AF枠を425点に多分割化し、高い検出精度を実現しています。この像面位相差検出AF※19センサーとコントラスト検出AF枠を併用する「ファストハイブリッドAFシステム」と、進化したAFアルゴリズムにより、AF-Sモード時でのAF検出輝度範囲の下限値はEV-4(ISO100相当/F2.0レンズ使用)で、暗いシーンでも被写体を瞬時かつ正確に捉えます。また、最新の動体予測アルゴリズムの搭載と、イメージセンサーからの読み出し速度の高速化により、連写中のAF測距・演算頻度が高まり、複雑な動きをする被写体でも高精度で追従します。

  • ※19:高速性と動体への追従性に優れた位相差検出AFセンサーをイメージセンサーの撮像面に配置し、位相差を検出してAFを行う方式。
被写体の一瞬の動きや表情を捉える最高約10コマ/秒※8のAF/AE追従高速連写

新開発のシャッターユニットを搭載し、小型・軽量ながらメカシャッター時およびサイレント撮影※20時いずれも最高約10コマ/秒※8のAF/AE追従高速連写を実現します。連写中もほぼタイムラグなしで映像を表示しながら撮影できるライブビュー方式では最高約8コマ/秒※8の高速連写が可能です。また、バッファメモリーの大容量化とシステムの高速化、UHS-II対応のSDカードスロットなどにより、最大約10コマ/秒の高速連写でJPEG(Fine L)約223枚/圧縮RAW約115枚/非圧縮RAW約45枚※21の連続撮影ができます。さらに、蛍光灯などの点滅によるちらつきを検知して適切なタイミングで静止画を撮影するフリッカーレス撮影※22にも対応しています。加えて、タッチパッド機能により、ビューファインダーをのぞきながらでもジョイスティックのようにスムーズなフォーカス位置移動が可能です。被写体の一瞬の動きや表情まで逃さないスピードと快適な操作性を実現します。

  • ※20:高速で動く被写体の撮影やカメラを左右に振るなどカメラ本体を動かして撮影した場合に、画像に歪みが起こることがあります。
  • ※21:連続撮影モード「Hi+」時。 UHS-II対応のSDXCメモリーカード使用時。ソニー測定条件。
  • ※22:光源の点滅周期が100Hzか120Hzの場合のみフリッカーを検知できます。また、連続撮影速度が遅くなることがあります。サイレント撮影時、バルブ撮影中、動画撮影時はフリッカーレス撮影ができません。
3. 高解像4K動画記録が可能な充実の動画撮影機能
6K相当の情報量を凝縮した高解像4K動画記録による、臨場感のある映像表現

フルサイズ領域で画素加算のない全画素読み出しにより、4K映像(QFHD:3840×2160)に必要な画素数の約2.4倍※23(6K相当)の情報量を活用して4K映像を出力するため、より解像感の高い映像表現が可能です。4Kの記録フォーマットには、業務用映像制作に使用されているXAVC®を民生用に拡張したXAVC S®※24に対応しており、最大100Mbpsの高ビットレートで記録可能です。また、HLG方式※9による4K HDR撮影に対応し、視覚で捉えたイメージに近い輝度表現、コントラスト、色彩をもつ豊かな映像を残すことができます。さらに、S-Log2※10に加え、シャドウからミッドトーンにかけての階調特性を重視したS-Log3※10を搭載。S-Log3設定時は14ストップの広いダイナミックレンジを実現します。これらの高い解像力を持つ高画質記録により、臨場感のある映像表現を楽しめます。

  • ※23:24p記録時。30p記録時は約1.6倍です。
  • ※24:XAVC S記録方式での動画撮影時は、Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録時には、UHSスピードクラス3が必要です。
動画撮影にも活用でき、意図に合わせた細かなフォーカス表現を実現するAF性能

リアルタイム瞳AFで動画撮影中も人物の瞳の認識と追従が可能です。自動的に高精度で瞳にピントを合わせ続けられるため、撮影中はフォーカスに気を取られることがなく、構図を整えることに集中できます。また、AFトランジション速度を7段階に、AF乗り移り感度をそれぞれ5段階に設定できるため、撮影シーンや撮影者の表現・意図に合わせた細かなフォーカス表現が可能です。

バリアングル液晶モニターなどで快適な動画撮影をサポート
『ECM-B1M』やシューティンググリップ『GP-VPT2BT』との組み合わせでの使用イメージ
『ECM-B1M』やシューティンググリップ
『GP-VPT2BT』との組み合わせでの使用イメージ

横方向に開くバリアングル液晶モニターを搭載し、自撮りのほか、頭より高い位置や地面近くでの撮影の際に便利です。MOVIEボタンをボディ天面に配置しているため、腰の位置から撮影する際や自撮りの際の操作性も向上しています。また、マイク端子や録音時のモニター用に使えるヘッドホン端子を搭載したほか、デジタルオーディオインターフェースに対応したMIシューで高音質な音声記録が可能です。別売のショットガンマイクロホン『ECM-B1M』やXLRアダプターキット『XLR-K3M』と組み合わせれば、音声をデジタル信号で直接カメラに入力でき、映像のみならず、音質にもこだわった撮影を楽しめます。
さらに、縦位置で撮影した動画を、スマートフォンなどへの転送後も縦のまま再生・編集することができる縦位置情報記録※25に対応しています。PC上での編集の手間なく、SNS等へのアップロードが可能です。

  • ※25:カメラ内での動画再生は横位置になります。機器によっては縦位置で表示されない場合があります。
4. 快適な撮影を支える操作性と信頼性、通信機能

PCリモート(テザー)撮影や画像のバックアップが可能な、SuperSpeed 5Gbps (USB 3.2)対応のUSB Type-C®端子を搭載し、充電・給電も可能です。静止画・動画で別設定が可能なファンクション(Fn)ボタンを備えているほか、ボディ天面のMOVIEボタンなど8個のボタンへの各種機能のカスタム設定、対応フラッシュや電波式ワイヤレスコマンダーとの接続時の『α7C』からのコントロールが可能なため、操作性が高く、撮影時も快適に使えます。
また、約20万回※26のレリーズ耐久性を実現したシャッターの搭載に加え、屋外のさまざまな撮影環境にも強い防塵・防滴に配慮した設計※27を施しています。
さらに、2.4GHz帯域に加え、5GHz帯域での転送ができる「11ac」規格(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)に対応したWi-Fi®接続のほか、NFCやQRコードの読み込みも可能なため、手軽にスマートフォンやタブレットに接続してデータを直接転送し※28、保存することができます。スマートフォンやタブレットとのBluetooth®接続中は、カメラ電源がOFFでも記録メディア内の静止画や動画をスマートフォンに転送※29できるため、カメラの電池残量を気にする必要がありません。

  • ※26:ソニー社内試験条件にて。電子先幕シャッター時。
  • ※27:防塵防滴に配慮した構造となっていますが、ほこりや水滴の侵入を完全に防ぐものではありません。
  • ※28:スマートフォンやタブレットへの「Imaging Edge Mobile」(バージョン7.2以降)のインストールが必要です。
  • ※29:カメラのスマートフォン設定機能で、「電源OFF時の接続」が入の場合で、カメラとモバイル端末が「Imaging Edge Mobile」でBluetooth経由でペアリング済であることが必要です。
『FE 28-60mm F4-5.6』の主な特長
日常的に持ち運び、フルサイズならではの高画質を楽しめる世界最小・最軽量※11ズームレンズ
『FE 28-60mm F4-5.6』で撮影した作品
『FE 28-60mm F4-5.6』で撮影した作品

最新のメカニカル設計と光学設計により、かばんの中に入れて日常的に持ち運べる小型・軽量(最大径66.6mm×長さ45mm、重さ約167g)を実現しています。また、非球面レンズ3枚を最適に配置することで諸収差を抑え、画面周辺部までの高い解像性能を実現しています。さまざま被写体の撮影をカバーできる焦点距離 28mm-60mmと最短撮影距離(広角端で0.3m、望遠端で0.45m)により、スナップ撮影はもちろん、テーブルフォト、ジンバルやグリップに装着した状態でのVlogにも適しており、撮影フィールドが広がります。
さらに、高速・高精度・高追従かつ静粛なAF駆動が可能なため、静止画・動画どちらの撮影にも適しています。リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFに対応した最新のフルサイズミラーレス一眼カメラのAF性能を、最大限に引き出します。
加えて、小型・軽量ながら防塵・防滴に配慮した設計※27のため、屋外でも安心して撮影できます。フィルター径は40.5mmで、風景撮影に使われる円偏光フィルターや動画撮影に使われるNDフィルターなどが装着でき、表現の幅を広げます。

『HVL-F28RM』の主な特長
カメラ本体の顔検出と連動※2する新機能にも対応し、大光量と堅牢性を実現した小型・軽量フラッシュ
『HVL-F28RM』
『HVL-F28RM』

発光部や本体の内部構成を見直すことで、従来機種『HVL-F32M』から高さ約30%減、体積約12%減、質量約7%減の小型・軽量(幅65.1mm×高さ83.5mm×奥行91.4mm、重さ約219g)を実現しています。ポケットにも収まる持ち運びやすいサイズで、照射角50mm時であれば上位機種『HVL-F45RM』にほぼ匹敵するガイドナンバー28(ISO100・m)の光量が得られます。また、カメラ本体の顔検出と連動※2して、カメラ側で高精度にフラッシュの光量やホワイトバランスを調整する新機能に対応。人物の顔を検出することで、フラッシュの光と撮影環境の光のバランスが考慮され、カメラ側で顔色を自然な色調に整えます。さらに、カメラ本体との緻密な連携により、光量のばらつきが抑えられ、安定した発光が可能なほか、発光アルゴリズムの最適化によるオーバーヒート耐性も備えており、長時間の連続撮影時も常に安定した発光が可能です。
加えて、電気端子部を含む全方向の衝撃に強い新開発の「サイドフレーム補強構造金属シュー」も搭載することで、高い堅牢性も実現しています。防塵・防滴※27に配慮した設計も施されているほか、ロックレバーに連動して昇降するカバーにより、『α7C』をはじめとする対応ボディでは接続部への水滴やほこり等の侵入をより強く防ぐことができ、屋外でも安心して撮影できます。『α7S III』、『α9 II』、『α7R IV』と組み合わせた時には、接続部をより広く覆い、特に高い保護性能を実現します。

  • シュー取り付け時に対応カメラ※3の「外部フラッシュ設定」から調光補正、光量比設定などの詳細な操作が可能。カメラのカスタムキーに設定しておけば、撮影中にファインダーをのぞいたままでもグリップから手を離すことなく設定画面の呼び出しが可能。
  • 0/20/40/60/80/120度でクリックによる角度設定ができ、シーンに合わせたライティング表現が可能。
  • 現場取材などで不意に角度が切り替わることを防止するため、0度の位置にロックを追加。
  • 光量レベル設定(+/-)やペアリングボタン、TESTボタン、ロックレバー等、操作部が最小限のため、シンプルで直感的な操作が可能。
  • 被写体までの距離が遠い際や、強い太陽光の下や障害物の多い環境での撮影時も安定した通信が可能な電波式ワイヤレス通信に対応。
  • ワイヤレス多灯撮影時に、レシーバーだけでなくコマンダーとしても使用可能。最大5グループ※30に分けて、最大15台までの対応フラッシュやレシーバーと接続し、最大約35m※31の通信距離でのワイヤレス撮影が可能。
  • ※30:グループ発光モード設定時。TTLフラッシュモードやマニュアルフラッシュモード設定時は3グループ(A/B/C)までとなります。
  • ※31:当社測定条件による。
<先行展示のお知らせ>

『α7C』(シルバー)およびレンズ『FE 28-60mm F4-5.6』、フラッシュ『HVL-F28RM』の先行展示を、ソニーショールーム / ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、9月18日(金)から行います。なお、『α7C』(ブラック)は、ソニーショールーム / ソニーストア銀座では9月18日から、他のソニーストアでは9月28日(月)からの展示になります。
日程の詳細は、ソニー商品情報サイトの先行体験・展示一覧ページをご参照ください。

<主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください>
  • ※:α、Alphaは、ソニー株式会社の商標です。
  • ※:その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

メール・チャット・LINE
https://www.sony.jp/support/inquiry.html
※24時間対応

TEL 050-3754-9555
受付時間 月〜金:9:00〜18:00