ニュースリリース

2021年6月9日
  • 新商品

進化した業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能
LDAC対応※2でハイレゾ音質を楽しめる完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-1000XM4」発売
高精度ボイスピックアップテクノロジーによる高品質な通話も実現

〜独自開発のオリジナルブレンドマテリアルによる、プラスチックを全廃したパッケージ包装〜
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット 『WF-1000XM4』 (上:ブラック 下:プラチナシルバー)
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
『WF-1000XM4』
(上:ブラック 下:プラチナシルバー)
オリジナルブレンドマテリアルによる、プラスチックを全廃したパッケージ包装
オリジナルブレンドマテリアルによる、
プラスチックを全廃したパッケージ包装
使用イメージ
使用イメージ

ソニーは、完全ワイヤレス型として業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を実現しながら、高音質コーデックLDAC※2対応でハイレゾ音質を楽しめるBluetooth®対応完全ワイヤレスヘッドホン『WF-1000XM4』を発売します。本商品の包装には、竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを初めて使用し、プラスチックを全廃した包装パッケージを実現しています。

商品名 型名 カラー 発売日 価格
ワイヤレスノイズキャンセリング
ステレオヘッドセット
『WF-1000XM4』 ブラック
プラチナシルバー
6月25日 オープン価格

『WF-1000XM4』は、従来よりも信号処理能力を向上させた高音質ノイズキャンセリングプロセッサーと高性能なBluetoothオーディオSoCを統合した新開発の「統合プロセッサーV1」を搭載しています。これに加えて、新たに設計された6mmドライバーユニットや新開発のノイズアイソレーションイヤーピースにより、完全ワイヤレス型ヘッドホンとして業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を達成しています。
また、従来※3のBluetooth接続の最大約3倍の情報量を伝送可能な高音質コーデックLDAC※2にソニーの完全ワイヤレス型ヘッドホンとして初めて※4対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめます。高音質技術DSEE Extremeにも対応しており、スマートフォンなどで再生するMP3やCD、ストリーミングなどの圧縮音源を、膨大な楽曲データを学習しているAI技術によりリアルタイムに解析し、聴いている楽曲のジャンルや楽器などの情景に合わせて最適にハイレゾ相当※5の音にアップスケーリングします。
通話機能に関しては、複数のマイクとセンサーを最適に制御し、高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーを搭載し、ユーザーの声を正確かつクリアに集音することで、快適な通話が楽しめます。
加えて、ヘッドホンを外さずに会話ができる「スピーク・トゥ・チャット」やユーザーの行動や場所に合わせて最適な設定ができる「アダプティブサウンドコントロール」などのスマートな機能による高い利便性を実現しています。
デザイン面では、ヘッドホン本体の小型化に加え、耳の複雑な凸凹に干渉しにくい形状設計や同梱のノイズアイソレーションイヤーピースにより安定した装着性を実現しています。スタミナ性能は、本体バッテリーのみで8時間※6、付属のケースで充電すると合計24時間※6の音楽再生が可能です。急速充電にも対応し5分間の充電で60分※7の再生が可能です。防滴性能はIPX4相当※8で、突然の雨や汗からヘッドホンを守ります。

  • ※1:2021年4月26日時点、ソニー調べ。JEITA基準に則る。完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。
  • ※2:LDACは日本オーディオ協会の“Hi-Res Audio Wireless”に認定されたコーデック技術です。ハイレゾコンテンツを転送速度990kbpsで伝送する場合。「LDAC」再生の際は、「Sony | Headphones Connect」アプリで、音質モードを「音質優先モード」に設定してください。LDACに対応している機器が必要です。
  • ※3:Bluetooth A2DPのSBC 328kbps、44.1kHz時。
  • ※4:2021年6月9日時点、ソニーの完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホンとして。
  • ※5:DSEE Extremeは「Sony | Headphones Connect 」アプリから機能を有効にすることで使用可能です。DSEE Extreme ON時にCD音源やMP3などの圧縮音源をSBC/AAC/LDACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張(再生機器の仕様によっては圧縮音源をLDACで伝送する場合でもDSEE Extremeが無効になる場合があります)。
  • ※6:ケース充電を含む。コーデックはAAC。ノイズキャンセリング機能ON。DSEE Extreme/イコライザーOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時。
  • ※7:コーデックはAAC、ノイズキャンセリング機能ON時、DSEE Extreme/イコライザーOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時。
  • ※8:本体のみ。本機の音導管(音出口の筒部)、通気孔、マイク穴(2か所)を除く。
主な特長
1. 完全ワイヤレス型として業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を実現

信号処理能力を向上させた高音質ノイズキャンセリングプロセッサーと高性能なBluetoothオーディオSoCを統合した「統合プロセッサーV1」を搭載することで、より低遅延でのノイズキャンセリング処理が可能です。また、ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」も搭載しています。さらに、磁石体積を従来よりも大きくし、かつ振動性を高めたハイコンプライアンス振動板を搭載した6mmドライバーユニットにより、低域の再生能力とノイズ低減効果を強化しています。加えて、独自開発のポリウレタンフォーム素材のノイズアイソレーションイヤーピースにより、遮音性が向上しています。これらにより全帯域で従来よりもノイズを低減し、完全ワイヤレス型ヘッドホンとして業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を実現しています。このほか、風を検知すると、マイクが自動でオフとなり風ノイズを低減する機能も搭載しており、ノイズを気にすることなく、高音質の音楽を楽しめます。

「統合プロセッサーV1」
「統合プロセッサーV1」
ノイズアイソレーションイヤーピース
ノイズアイソレーションイヤーピース
6mmドライバーユニット
6mmドライバーユニット
2. LDAC対応でハイレゾ音質の音楽再生に対応

ソニーの完全ワイヤレスヘッドホンとして初めて※2、高音質コーデックLDACに対応しています。LDAC対応機器と接続して使用することで、従来※4のBluetooth接続の最大約3倍の情報量を伝送できるため、ハイレゾコンテンツも原音の細かい表現まで忠実に再現された音質で楽しめます。また、従来よりも可動性の高いハイコンプライアンス振動板を搭載した6mmドライバーユニットにより、深みのある低音域を実現します。
さらに、AI技術を活用した高音質技術DSEE Extremeも搭載しています。再生中の楽曲のタイプをAIが自動判別することで、楽曲本来の高音域の周波数スペクトルを、従来のDSEE HXより忠実かつ最適に復元します。スマートフォンなどで再生するCD音源、MP3などの圧縮音源、音楽や動画などのストリーミングサービスの音を、よりクリアで躍動感あるハイレゾ相当※5の高解像度音源にアップスケーリングします。「統合プロセッサーV1」により、音の歪みの低減に加え、LDACコーデック処理とDSEE Extreme搭載を可能にし、音質向上に寄与しています。

3. 高精度ボイスピックアップテクノロジーによる高品質な通話

ビームフォーミング技術により口元への指向性を高めたマイクと、空気を介さずに発話時の骨伝導音を検知する骨振動センサーを最適に制御し、高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、高品質なハンズフリー通話が可能です。

4. 音楽体験を最適化するスマートな機能を搭載
ヘッドホンを外さずに会話ができる「スピーク・トゥ・チャット」※9

装着中にユーザーが声を発すると、ヘッドホンが声を自動で認識し、音楽を一時停止すると同時にノイズキャンセリング機能から外音取り込み機能に切り替えます。会話終了後は、ヘッドホンのボタン操作をするか事前に設定した時間が経てば、ノイズキャンセリング機能に戻り音楽が再生されます。「高精度ボイスピックアップテクノロジー」で、ユーザーの声を周囲の音と区別して認識します。

  • ※9: 「スピーク・トゥ・チャット」モードは、ヘッドセット装着者の発話を検出して起動しますが、まれに意図せずに歯磨き、電動歯ブラシ、電動マッサージ器、電動シェーバー、咳、鼻歌などの振動などに反応して起動することがあります。ヘッドセット装着者が発話した音声をヘッドセットが検出しない状態が一定時間続くと、スピーク・トゥ・チャットモードが終了します。また、左右どちらかのタッチセンサーをタップして終了できます。
環境に合わせてノイズキャンセリング機能を最適に設定する「アダプティブサウンドコントロール」

スマートフォン専用アプリ「Sony | Headphones Connect」をインストールしたスマートフォンの各種センサーを使い認識したユーザーの行動に合わせて、ノイズキャンセリング機能や周囲の音の取り込み方を自動で切り替えます。また、AIが自宅や職場、カフェなど、ユーザーが頻繁に訪れる場所を認識します。「Sony | Headphones Connect」上から認識された場所ごとにお好みのノイズキャンセリング機能や周囲の音の取り込み方、イコライザーを設定すると、訪れた場所に合わせて設定が自動で切り替わります。

5. より安定した装着性や高い利便性を実現
快適なつけ心地とより安定した装着性能

世界各国で採寸して得た耳形状のスキャンデータと実測データに基づき設計された、イヤホン本体を耳との接触面で支える「エルゴノミック・サーフェス・デザイン」により、快適な装着感が得られます。さらに、耳の中で多方面に保持力を高めるノイズアイソレーションイヤーピースにより優れた装着安定性を実現しています。加えて、「Sony | Headphones Connect」の最適なイヤーピースを判定する機能により、付属のノイズアイソレーションイヤーピースの中から自分の耳に合ったサイズを測定・提案します。

ケース・ヘッドホン本体の小型化
小型化したケースとヘッドホン本体
小型化したケースとヘッドホン本体

バッテリーサイズを小型化することで、ケース体積を従来※10より約40%、ヘッドホン本体の体積を約10%小型化し、より手軽に持ち運んだり装着したりすることができます。

高いスタミナ性能・ワイヤレス充電

本体のみで8時間※6、付属のケースで2回分充電して合計24時間※6の音楽再生が可能です。急速充電にも対応し、5分間の充電で60分※6の再生が可能です。また、Qi規格のワイヤレス充電※11や、最新のXperiaからのおすそ分け充電※12にも対応しており、使い勝手が向上しています。

IPX4※8相当の防滴性能

IPX4※8相当の防滴対応で、突然の雨や運動中の汗からヘッドホンを守ります。

より安定したBluetooth®接続で動画視聴時の遅延も低減

「統合プロセッサーV1」による通信アルゴリズムの改良によって、街中でも再生機器との接続が途切れにくい安定したBluetooth®接続を実現し、動画視聴時の映像と音声の遅延も低減※13します。

タッチセンサー・音声アシスタント

左右の本体それぞれにタッチセンサーを搭載しています。タッチ操作で音楽再生/一時停止、曲送り/曲戻し、ハンズフリー通話が可能です。また、Google アシスタントとAmazon Alexaを搭載しており、音楽を聞く際の操作やニュースの確認などを音声で行えます。「Sony | Headphones Connect」から呼び出し操作の設定が可能です。さらに、Googleのぺアリング機能「Fast Pair」※14に対応し、Android端末とワンタップでペアリングできます。加えて、ヘッドホンを見失っても、スマートフォンに接続されている場合は音を鳴らして探すことができます。

  • ※10:『WF-1000XM3』との比較において。
  • ※11:ワイヤレス充電機は別売りです。お使いのワイヤレス充電器によっては、正常に充電できない場合があります。
  • ※12:対応機種は現時点でXperia 1 III のみ。スマートフォン本体の充電中は、おすそ分け充電に非対応です。
  • ※13:ただし、使用環境や装着状態により、接続安定性や音声の遅延量は変化します。
  • ※14:Android 6.0以降のAndroidスマートフォンで利用できます。
6. 環境に配慮したパッケージ
オリジナルブレンドマテリアル

竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを使用し、ソニーから発売するヘッドホンのパッケージとして初めてプラスチックを全廃した包装を実現しています。ソニーは、環境中期目標「Green Management 2025」で設定している「新たに設計する小型製品のプラスチック包装材全廃」に向けて、今後も環境に配慮したパッケージに切り替えていきます。

「オリジナルブレンドマテリアル」開発に関するプレスリリース
7. 「360 Reality Audio」認定ヘッドホン
360 Reality Audio

ソニーが提案する音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティ・オーディオ)」の認定ヘッドホンで あり、個人最適化された臨場感豊かな立体的音場で対応コンテンツを楽しめます。

アクセサリー
ノイズアイソレーションイヤーピース 『EP-NI1000』

独自開発のポリウレタンフォーム素材を使用しており、高い遮音性※15と装着安定性を実現するイヤーピースです。
ウォークマン WSシリーズ、スポーツモデルなどアークサポータ―付属モデルを除くすべてのソニーのインイヤー(イヤホン)で使用できます。S、M、Lの3サイズから選べます。
※『WF-1000XM4』に同梱しているイヤーピースと同じです。
<発売日:6月25日>

  • ※15:ノイズキャンセリング機能搭載機種については、ノイズキャンセリング機能の効果が向上しない場合がございます。
<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、6月9日(水)より展示します。また、ソニーストア各店舗にて、「WF-1000XM4」の魅力をしっかりと体感できる予約制のプレミアム体験イベントも実施します。
以下URLから予約可能です。

  • ※:混雑緩和と安全対策のため、一時的に休業、もしくは営業時間を変更する店舗がある場合がございます。
    各店の詳しい状況はこちらからご確認ください。
YouTubeライブ配信

「WF-1000XM4」の魅力をソニーストアのスタッフが紹介するライブ配信を実施します。リアルタイムで視聴者の質問にも回答します。

日時: 2021年6月9日 20時開始
URL: https://youtu.be/htVqArN9hBo

  • ※:ライブ配信終了後、上記URLにて録画を公開予定です。
ソニーストア限定 メッセージ刻印サービス

ソニーストアでは、購入された『WF-1000XM4』のケースに、好みの言葉や数字などを刻印し、自分だけの特別な1台を作ることができる「メッセージ刻印サービス」を提供します。詳細は以下のURLをご覧ください。
<サービス販売価格:1,100円(税込み)>

<主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください>
  • ※:記載されている商品名などはソニーおよび各社の登録商標あるいは商標です。
  • ※:Googleは、Google LLCの商標です。
  • ※:Qiは、Wireless Power Consortiumの登録商標です。

市場推定価格(税込)

  • ※:「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

メール・チャット・LINE
https://www.sony.jp/support/inquiry.html
※24時間対応

TEL 050-3754-9555
受付時間 月〜金:9:00〜18:00