商品情報・ストア ニュースリリース一覧 圧倒的な音の広がりと迫力の立体音響を実現するホームシアターシステム『HT-A9』とサウンドバー最上位機種『HT-A7000』を発売

2021年7月21日

新商品

圧倒的な音の広がりと迫力の立体音響を実現するホームシアターシステム『HT-A9』と
サウンドバー最上位機種『HT-A7000』を発売

ホームシアターシステム『HT-A9』
ホームシアターシステム『HT-A9』
サウンドバー『HT-A7000』
サウンドバー『HT-A7000』

ソニーは、圧倒的な音の広がりと迫力の「360(サンロクマル)立体音響」を実現するホームシアターシステム『HT-A9』と、天井や壁からの反射と独自のバーチャルサラウンド技術で没入感のあるサラウンドサウンドを体験できるサウンドバーの最上位機種『HT-A7000』を発売します。

商品名 型名 発売日 価格
ホームシアターシステム 『HT-A9』 8月7日 オープン価格
サウンドバー 『HT-A7000』 8月28日

ホームシアターシステム『HT-A9』は、新開発の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)」を搭載しています。4体のスピーカーで、映画のシーンなどにリビングルームごと入り込んだような没入感と広大な音場による「360立体音響」体験を実現します。
サウンドバー『HT-A7000』は、天井や壁からの音の反射と、縦および水平方向の音場を再現する独自のバーチャルサラウンド技術で再生された音を組み合わせることで、密度の濃いサラウンド音場を一本のバースピーカーで実現します。
また、別売りのリアスピーカーやサブウーファーを組み合わせることにより、さらに重厚感のある音響の演出が可能です。テレビの大画面化に合わせて進化する、迫力と臨場感のある立体音場を体験できます。

『HT-A9』の主な特長

1. 新開発の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」搭載

360 Spatial Sound Mappingによる 立体音場のイメージ
360 Spatial Sound Mappingによる
立体音場のイメージ

「360 Spatial Sound Mapping」は、複数のスピーカー※1によって広大な音場と臨場感を創出する独自の立体音響技術です。各々のスピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクと測定波で計測し、スピーカーの置かれている空間を把握します。その位置情報に基づき4体のスピーカーから音波を重ね合わせて、最大12個のファントム(仮想)スピーカーを最適な位置に生成します。ファントムスピーカーで囲まれることにより、視聴者は自分が観ている映画のシーンに入りこんでいるかのような没入感のある音場で「360立体音響」を体験できます。家族や友人など複数人が集うシチュエーションでも、部屋のどこにいても迫力のある上質な音響を共有できます

2. 手軽で自由度の高いレイアウトを実現するワイヤレス接続と音場最適化技術

4体のスピーカーはコントロールボックスとワイヤレス接続が可能です。さらに音場最適化技術によりスピーカーの置かれている空間を把握し、その場所を前提に最適な音響空間を自動で生成できるので、部屋の形状などにとらわれることなく、従来のホームシアタースピーカーと比べて自由度の高いレイアウトが可能です。

『HT-A7000』の主な特長

1. 独自のバーチャルサラウンド技術により、一本のバースピーカーで実現する、進化した臨場感のある音響

サウンドバーによる立体音場のイメージ
サウンドバーによる立体音場のイメージ

天井からの音の反射を生むイネーブルドスピーカーと、独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」で、高さ方向の音の表現力を強化しました。加えて、壁からの音の反射で横方向の表現力が得られる、新開発のビームトゥイーターと、フロントスピーカーだけで豊かなサラウンド音場を再現する「S-Force PRO(エスフォース プロ) フロントサラウンド」との連携により、濃密な音の広がりとリアリティ豊かな音響空間を楽しむことができます。また、設置した部屋の天井と壁の距離を計測し、最適化した音響をすぐに楽しめます。

2. 11個のスピーカーによる7.1.2chのサラウンドシステム

11個のスピーカーによる7.1.2chのサラウンドシステム

本体にはイネーブルドスピーカー、ビームトゥイーターに加えてデュアルサブウーファーも搭載し、合計11個のスピーカーを内蔵しました。振動板の面積を拡大させたソニー独自の「X-Balanced Speaker Unit(エックスバランスド スピーカー ユニット)」を採用※2し、広がりのある高音質と大音圧を実現しています。7.1.2chのサラウンドシステムとして使用できるバースピーカーで、パワフルで迫力ある音響が楽しめます。

共通の主な特長

1. ブラビア®との接続でさらなる臨場感を再現

アコースティックセンターシンクのイメージ
アコースティックセンターシンクのイメージ

ソニーのテレビ「ブラビア」と接続することで、テレビのスピーカーをセンタースピーカーとして駆動させることができる「アコースティックセンターシンク」※3を搭載しています。『HT-A9』や『HT-A7000』のスピーカーからの臨場感あるサウンドに加えて、ブラビア独自の映像から音が出ているかのような音響技術により、大画面における映像と音の定位感が向上します。画面の美しさと迫力を更に引き立たせる音響で、コンテンツを楽しめます。また、ブラビアのクイック設定にホームシアター/サウンドバーのメニューが追加できる※4ので、『HT-A9』や『HT-A7000』のサウンドモードの選択をはじめとする各種機能の設定がテレビのリモコンから簡単に行えます。

2. 「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」コンテンツ再生※5対応で立体的な音場を実現

360 Reality Audio

「360 Reality Audio」は、オブジェクトベースのソニー独自の360立体音響技術を活用し、没入感のある立体的な音場を再現する新しい音楽体験です。両機種とも360 Reality Audio認定スピーカーであり、対応コンテンツを再生すると、アーティストの生演奏に包み込まれるかのような没入感のある立体的な音場を体感できます※6

3. 低音やサラウンドを拡張できるオプションスピーカー(別売)

サブウーファーやリアスピーカー※7をオプションで追加することで、迫力のある重低音と強化されたサラウンド音響が楽しめます。

商品名 型名 実用最大出力 対応機種 発売日 価格
サブウーファー 『SA-SW5』 300W 『HT-A9』、
『HT-A7000』
8月7日 オープン価格
『SA-SW3』 200W
リアスピーカー 『SA-RS3S』 50W×2 『HT-A7000』 8月28日

<先行展示のご案内>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 福岡天神にて、7月21日(水)より展示します。

ソニーショールーム発売前先行展示情報はこちら

ソニーストア 「サウンドバー おうちで視聴体験サービス」開始

ソニーストアでは、75V型以上のブラビアの(「大画面ブラビア 購入設置プレミアムサービス」対象モデル)ご購入者を対象に、ブラビア設置時に今回の新商品を自宅で視聴体験できるサービスの受付を7月21日(水)より開始します。詳細は以下をご覧ください。

大画面ブラビア 購入設置プレミアムサービス

主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください

サウンドバー/ホームシアターシステム

市場推定価格(税込)

ホームシアターシステム
『HT-A9』 220,000円前後
サウンドバー
『HT-A7000』 154,000円前後
サブウーファー
『SA-SW5』 83,000円前後
『SA-SW3』 44,000円前後
リアスピーカー
『SA-RS3S』 44,000円前後

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口