商品情報・ストア ニュースリリース一覧 サウンドバーと組み合わせて360立体音響を楽しめるリアスピーカー『SA-RS5』発売

2022年4月15日

新商品

サウンドバーと組み合わせて360立体音響を楽しめるリアスピーカー『SA-RS5』発売

〜音の迫力とセリフの聞き取りやすさが向上したサウンドバー『HT-S400』も発売〜

リアスピーカー『SA-RS5』 ※サウンドバー『HT-A7000』(既発売)に対応
リアスピーカー『SA-RS5』
※サウンドバー『HT-A7000』(既発売)に対応
リアスピーカー『SA-RS5』とサウンドバー『HT-S400』の使用イメージ

ソニーは、迫力の360立体音響をサウンドバー『HT-A7000』(既発売)と組み合わせて楽しめるリアスピーカー『SA-RS5』※1を発売します。また、明瞭なサウンドと臨場感あふれる音場を実現するサウンドバー『HT-S400』も発売し、お客様からの幅広い要望へこたえられるよう、ホームシアターシステムの拡充をはかります。

商品名 型名 発売日 価格
リアスピーカー 『SA-RS5』 5月21日 オープン価格
サウンドバー 『HT-S400』

『SA-RS5』の主な特長

1. 360立体音響を『HT-A7000』との組み合わせで実現するリアスピーカー

360 Spatial Sound Mappingによる立体音響のイメージ(『SA-RS5』と『HT-A7000』接続時)
360 Spatial Sound Mappingによる立体音響の
イメージ(『SA-RS5』と『HT-A7000』接続時)

「360 Spatial Sound Mapping(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)」は、複数のスピーカーによって広大な音場と臨場感を創出するソニー独自の立体音響技術です。リアスピーカー『SA-RS5』をサウンドバー『HT-A7000』※1と組み合わせると、それぞれのスピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクと測定波で自動計測し、音場を最適化します。その位置情報に基づき、スピーカーから音波を重ね合わせ、複数のファントムスピーカーを最適な位置に生成します。これにより視聴者は、全方位から音に包み込まれるような没入感でコンテンツを楽しめます。

2. イネーブルドスピーカー搭載で広い音場を実現

『SA-RS5』の内部構造
『SA-RS5』の内部構造

本体上部に搭載したイネーブルドスピーカーは、天井の反射を利用し臨場感を高めることで、より立体的な音場を形成します。フロントには広がりのあるクリアな音を再生するトゥイーターとウーファーを、両サイドには低音を効果的に増強するパッシブラジエーターを搭載しています。

3. バッテリー内蔵で自由度の高いレイアウトが可能

『SA-RS5』はバッテリー内蔵で、フル充電で最大10時間の再生※2ができます。また10分の充電で最大90分使用可能な急速充電にも対応しています。電源に繋がなくても使えるので、自由度の高いレイアウトが可能です。リアスピーカーを移動して設置した場合でも、本体天面にあるオプティマイズボタンを押すだけで簡単に音場を最適化できます。

4. ブラビア®との接続で向上する視聴体験

ブラビアとの連携により実現する音響空間のイメージ
ブラビアとの連携により実現する
音響空間のイメージ

『SA-RS5』をサウンドバー『HT-A7000』に組み合わせ、さらに「アコースティックセンターシンク」対応のソニーのテレビ「ブラビア」※3を接続すると、一層豊かな360立体音響を楽しむことができます。「アコースティックセンターシンク」によりサウンドバーだけでなくテレビのスピーカーもセンタースピーカーとして駆動するので、音の定位感が向上し、セリフなどがテレビの画面から聴こえてくるような臨場感が得られます。

『HT-S400』の主な特長

サウンドバー『HT-S400』
サウンドバー『HT-S400』
サウンドバー『HT-S400』によるサラウンドサウンドのイメージ
サウンドバー『HT-S400』によるサラウンドサウンドのイメージ

1. 臨場感あふれるサラウンドサウンドを実現

フロントスピーカーだけで豊かなサラウンド音場を再現する「S-Force PRO(エスフォース プロ) フロントサラウンド」と260Wのハイパワーアンプ、そして大口径160mmスピーカーユニットを搭載したワイヤレスサブウーファーにより、迫力のある音を届けます。

2. 強い音圧とクリアなサウンドを実現する「X-Balanced Speaker Unit (エックスバランスド スピーカー ユニット)」

強い音圧とクリアなサウンドを実現する「X-Balanced Speaker Unit (エックスバランスド スピーカー ユニット)」

『HT-S400』向けに開発した「X-Balanced Speaker Unit」は、振動板の面積を拡大し、コーンのエッジ部分には特殊なパターンの溝である「セパレーテッドノッチエッジ」を施しています。音の歪(ひず)みを低減し、更なる迫力の音と、セリフの聞き取りやすさが向上したクリアな音質を実現します。

3. ブラビアと連携した簡単操作と見やすい本体ディスプレイ

本体やサブウーファーのボリュームやサウンドフィールド、ボイスモードなどをブラビアのクイック設定から簡単に操作できます※4。またサウンドバー本体にディスプレイを搭載し、接続状態や操作結果が一目でわかるよう表示します。

4. 高音質を実現する新開発の再生プラスチックを使用

『HT-S400』のサブウーファーの背面パネルには、独自開発の再生プラスチックを使用しています。高い音響性能と、高い難燃性を両立します※5

<先行展示のご案内>

今回の新商品を、ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 福岡天神にて、4月15日(金)より展示します。

発売前先行展示情報

主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください

サウンドバー/ホームシアターシステム

市場推定価格(税込)

リアスピーカー 『SA-RS5』 75,000円前後

サウンドバー  『HT-S400』 42,000円前後

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口