商品情報・ストアアクティブスピーカー/ネックスピーカー 話題のアベンジャーズシリーズをソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

話題のアベンジャーズシリーズをソニーの最新機器のシアターサウンドで体感 話題のアベンジャーズシリーズをソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

4月26日に公開された、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の第22作目『アベンジャーズ/エンドゲーム』。シリーズ全作が世界興行収入ランキングTOP10にランクインという”奇跡”を成し遂げただけでなく、その集大成となる本作では、なんと世界累計興行収入でナンバーワンの座を獲得しました*。そんな「アベンジャーズ」シリーズ全4作品を、サウンドバー最新モデル『HT-X8500』と、ウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』で“体験”するとどんな感動が得られるのか?人気映画情報サイト「シネマトゥデイ」編集者・入倉功一さんに見どころ、聴きどころを語ってもらいました。

* Box Office Mojo調べ 7月21日時点

「アベンジャーズ」4作品の視聴に使うのはこちら

ソニー独自のボディー構造とデジタル音声処理により、包まれるような音場を作り出すウェアラブルネックスピーカー。 音に合わせて本体が振動することで、映像への没入感を高める機能も搭載しています。 もちろん、テレビとの接続はワイヤレス。ケーブルのわずらわしさを感じることなくサウンドを楽しめます。

詳しくはこちら

ウェアラブルネックスピーカー

SRS-WS1

「アベンジャーズ」シリーズを『SRS-WS1』で体感
シネマトゥデイ編集部・入倉さんが語る「ここがスゴい」

耳元から迫力のサウンドと
身体に伝わる振動で体感する

9月7日アベンジャーズ/エンドゲーム見どころ追加! 9月7日アベンジャーズ/エンドゲーム見どころ追加!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』&『SRS-WS1』
おすすめシーン!①

高潔な者にしか操れないムジョルニアをぶんぶん振り回せ!! 高潔な者にしか操れないムジョルニアをぶんぶん振り回せ!!

『アベンジャーズ』のおすすめシーンではアイアンマンのスーツ着脱シーンをおすすめしましたが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で同様にグッと来たのがムジョルニアが活躍するシーン全般。ソーの呼びかけに応じて飛んでくるシーンや、ぶんぶん振り回しているシーンなど、ムジョルニアの動きに合わせて『SRS-WS1』が振動してくれるので、まるで自分がムジョルニアを操っているような気分になれます。物語の終盤、キャップとソーのムジョルニアを巡る掛け合いシーンなどは特に興奮しました!

画面上を所狭しと飛び回るムジョルニア。
目にも留まらぬそのスピードを耳でとらえよう。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』&『SRS-WS1』
おすすめシーン!②

3000回聞き直したい、映画史に残る「ラストメッセージ」 3000回聞き直したい、映画史に残る「ラストメッセージ」

『SRS-WS1』というと、ラストバトルの爆撃シーンなど、重低音が響き渡るような場面にピッタリというイメージがありますが、それと同じくらいおすすめなのが、役者が静かに独白するようなシーン。そう、本作で言えば最後のあのシーンです。アベンジャーズの勝利に大きな貢献をした“あの人”が、まるで耳元で囁いているかのように愛する人たちへのメッセージを語ります。特に締めのあの言葉を『SRS-WS1』で聞いてもらいたいですよ。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は迫力だけの映画じゃない。
心に染みこむ感動を耳元からも感じてほしい。

アベンジャーズ/エンドゲーム 4K UHD

ドルビー

最凶最悪の敵“サノス”によって、人類の半分が消し去られ、最強チーム“アベンジャーズ”も崩壊してしまった。はたして失われた35億の人々と仲間を取り戻す方法はあるのか?大逆転の確率は、1,400万605分の1…。わずかな希望を信じて再び集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちに残されたのは、最強の絆だけ──。“今はここにいない”仲間のために、最後にして最大の逆襲が始まる!

アベンジャーズ/エンドゲーム 4K UHD

これまでの3作品の見どころもチェック!

『アベンジャーズ』&『SRS-WS1』
おすすめシーン!

ウェアラブルならではのアイアンマンなりきり体験 ウェアラブルならではのアイアンマンなりきり体験

実際に身につけて利用するウェアラブルネックスピーカーでぜひ聴いてみたかったのが、アイアンマンのスーツ着脱シーン。物語の序盤、スタークタワーに帰還したアイアンマンが歩きながらスーツを脱がされていくシーンはコスプレ感があっていいですね(笑)。また、いろいろなところで挿入されるアイアンマンのヘルメット内のカットも『SRS-WS1』なら、まるで自分がスタークになって、J.A.R.V.I.S.と話しているかのような感覚を味わえます。これは映画館でも味わえない、『SRS-WS1』ならではの体験だと思いました。

スーツ着脱シーンに限らず、『アベンジャーズ』には体験したいシーンが盛りだくさん。
『SRS-WS1』を身にまとい、ヒーローに変身しよう。

アベンジャーズ 4K UHD

ドルビー

地球侵略へのカウントダウンが開始された時、70億人もの人類の未来は、“最強”の力を持つヒーローたちに託された。彼らの名は、“アベンジャーズ”。だが、意思に反して集結させられた彼らはそれぞれの心の傷に囚われ、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。次第に明らかにされる“アベンジャーズ”の知られざる過去と苦悩…。人類史上最大の敵を前に、果たして彼らは地球を救うことができるのか?それとも・・・?

アベンジャーズ 4K UHD

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』&
『SRS-WS1』おすすめシーン!

アベンジャーズの飲み会に参加しているかのような気分に? アベンジャーズの飲み会に参加しているかのような気分に?

ハルク VS ハルクバスターによる重量級×重量級のバトルシーンもドスンドスンとした振動が楽しいのですが、個人的に『SRS-WS1』で感じてほしいのは、アベンジャーズの面々が酒を酌み交わすホームパーティのシーンです。実は本国に取材した際にセットを見せてもらったのですが、広々とした空間でした。『SRS-WS1』ではその広がり感がとても上手に再現されていますね。
そしてブルース(ハルク)とナターシャ(ブラック・ウィドウ)が二人きりで語らうシーンは一転、音の空間が狭くなり、二人の距離が近付きつつあることを感じることができます。迫力だけではない、『SRS-WS1』の繊細さを体験できる場面です。

空間の広がりは映画表現の重要要素のひとつ。
『SRS-WS1』ならそれを耳元でクッキリと感じられる。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
4K UHD

ドルビー

トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>― それは、人工知能による完璧な平和維持システム。しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した“究極の平和”とは、地球を脅かす唯一の存在=人類を抹消することだった…。世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威に、最強チーム“アベンジャーズ”が再び結集する。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホークアイたちはウルトロン軍団との戦いに全てをかけ挑む。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 4K UHD

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』&
『SRS-WS1』おすすめシーン!

宇宙の存亡をかけた“ウォー”の高揚感、そして絶望感を身体で感じる 宇宙の存亡をかけた“ウォー”の高揚感、そして絶望感を身体で感じる

『SRS-WS1』の振動機能は、それぞれの作品のクライマックスでこれでもかというほど楽しめますが、中でも一押しなのが、本作ラスト、ワカンダでの戦闘シーンです。これまでのラストバトルはどちらも市街戦だったのですが、今回は一気に戦いのフィールドが広がり、まさに“ウォー”。映画史に残るド迫力の合戦シーンを、バイブレーション機能を最大にして楽しみましょう。アフリカの大地が揺れますよ。
戦いの始まり、ワカンダの戦士たちが気持ちを鼓舞するために鬨(とき)の声を上げるところでは、まるで自分が戦陣にいるかのような気分になれますし、終盤、車輪型の攻撃兵器が襲いかかってくるところでは圧倒的な絶望感に襲われるはずです。この臨場感はすごい!

バトルシーンは、バイブレーションを全開にして、
身体全体で戦いのサウンドを感じよう!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
4K UHD MovieNEX

ドルビー

6つすべてを手に入れると、全宇宙を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。そして、その究極の石を狙う“最凶最悪”の〈ラスボス〉サノス。彼の野望を阻止するため、スパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、ガーディアンズたちも集結した、最強ヒーローのチーム“アベンジャーズ”が、人類の命運を賭けた壮絶なバトルに挑む。果たして、彼らは地球を、そして人類を救えるのか?

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD MovieNEX

他にもまだあるサウンドバー『SRS-WS1』の便利機能 他にもまだあるサウンドバー『SRS-WS1』の便利機能

  • かんたんワイヤレス接続

    『SRS-WS1』は、送信機をテレビとつなぐ(光デジタルケーブルまたは音声ケーブル)だけでセットアップ完了。面倒なペアリング作業などは不要です。

  • 置くだけでかんたん充電

    本体の充電は付属の充電台に置くだけ。1度の充電で最大約7時間*の連続利用が可能です。
    *JEITA規格による。使用状況により異なります

  • 2台の『SRS-WS1』を同時接続可能

    1つの送信機に2つの『SRS-WS1』を接続可能。家族や友人と一緒に映画を楽しむことができます。

SRS-WS1 商品情報

最新のサウンドで、改めて
「アベンジャーズ」シリーズを追体験しよう

「アベンジャーズ」シリーズという映画がこれほどまでに愛されているのは、多くの人が抱いている「スーパーヒーローが大集合する、内容よりも盛り上がり重視の“お祭り映画”なんでしょ?」というイメージを覆したこと。1作目と2作目、3作目と4作目で監督は異なっているものの、どちらもドラマで実績のある監督で、シリーズを通して、キャラクターそれぞれの内面を見事に描写しています。ファンの皆さんには今さら言うまでもないのですが、単なるアクション巨編ではなく、連続性のある群像劇なんですよね。

そうしたキャラクターを描写する上で欠かせないのが、それぞれのヒーローを象徴する“音”です。アイアンマンのアーマーが出すガチャガチャという音、リパルサーのキュイーンという音の気持ち良さ。キャプテン・アメリカがシールドを投げるときの音、ソーがムジョルニアを振り回す音、ホークアイが弓を引き絞り矢を放つときの音……これらの音なくして、MCUは語れません。

また、本作は耳に残るメインテーマも素晴らしい。あの曲が流れてくると「来たーーーッ!!」と気分が盛り上がります。昔は『ゴーストバスターズ』とか『スター・ウォーズ』とか『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とか、メインテーマの際立った作品がたくさんありましたが、最近はずいぶんと減ってしまったように感じています。「アベンジャーズ」を視聴する際は、こうした効果音や音楽の魅力を充分に引き出せる環境を用意してもらいたいですね。

今回、そんなシリーズ全4作品を『HT-X8500』と『SRS-WS1』で視聴しました。『HT-X8500』は映画館顔負けの臨場感を手軽に楽しめることが、『SRS-WS1』は振動機能によってこれまでにない体験を味わえることがおすすめの製品です。それぞれ性格は大きく異なっているのですが、異なる切り口でシリーズの魅力を音で感じさせてくれます。特に、この9月についにBD/DVDが発売される『アベンジャーズ/エンドゲーム』は誤解を恐れずに言えば、とても静かな映画。だからこそ、これまで以上にしっかりした音響設備が必要です。ぜひ、ワンランク上のサウンド環境を用意して視聴に臨んでください。

また、この6月に公開された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でMCUのフェイズ3が完結したことを受け、改めてMCU過去タイトルを見直そうと考えている人が増えていると思います。その際にも『HT-X8500』や『SRS-WS1』などの+αのサウンドが威力を発揮してくれるでしょう。ただ見直す以上の喜びと発見があるはずですよ。

●識者プロフィール

シネマトゥデイ編集部・入倉功一

映画にまつわるさまざまな情報を発信する映画情報サイト「シネマトゥデイ(https://www.cinematoday.jp)」所属。映画スターへのインタビューから、国内外映画イベントのレポート、最新映画の見どころ紹介など幅広い記事を執筆している。MCUは入倉さんがこの業界に入ったころに始まったシリーズ。それが今年、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後の世界を描く『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(公開中)で完結することを感慨深く思っている。

© 2018-2019 MARVEL
カタログPDFダウンロード
アクティブスピーカー/ネックスピーカー サイトマップ