商品情報・ストアアクティブスピーカー/ネックスピーカー 話題の「スター・ウォーズ」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

話題の「スター・ウォーズ」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感 話題の「スター・ウォーズ」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

1977年に第1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が米国で公開されてから40余年。世代を超えて世界中のファンに愛され続けてきた「スター・ウォーズ」サーガが、昨年末、ついにその幕を引きました。新世代のヒーローたちを主人公に据え、銀河帝国崩壊後の混乱を描いた続三部作が、エピソード9『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にて完結したのです。そこで、その感動を自宅で追体験できるディズニーデラックスでのレンタル配信およびMovieNEXの発売を記念し、肩に乗せるだけのウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』と、サウンドバー『HT-X8500』で本作を再体験。人気映画情報サイト「シネマトゥデイ」編集者・入倉功一さんが、その楽しみ方を語ります。

今回「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の視聴に使うのはこちら!

ソニー独自のボディー構造とデジタル音声処理により、包まれるような音場を作り出すウェアラブルネックスピーカー。 音に合わせて本体が振動することで、映像への没入感を高める機能も搭載しています。 もちろん、テレビとの接続はワイヤレス。ケーブルのわずらわしさを感じることなくサウンドを楽しめます。

詳しくはこちら

ウェアラブルネックスピーカー

SRS-WS1

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」『SRS-WS1』で体験
シネマトゥデイ編集部・入倉さんが語る「ここがスゴい」

『SRS-WS1』の包まれるような音と振動は
「スター・ウォーズ」と相性抜群!!

『スター・ウォーズ』&『SRS-WS1』おすすめシーン!① 皇帝 VS カイロ・レン、恐怖と怒りの応酬を“体感”せよ! 『スター・ウォーズ』&『SRS-WS1』おすすめシーン!① 皇帝 VS カイロ・レン、恐怖と怒りの応酬を“体感”せよ!

ストーリー冒頭、惑星エクセゴルの寺院でカイロ・レンがパルパティーン皇帝と対面するシーンがいきなり見どころです。旧三部作の時代からパルパティーンを演じ続けてきたイアン・マクダーミドの低い声が恐怖をもって響き渡ってきます。そしてそれを受けてカイロ・レンがライトセーバーを起動すると、肩にのっているウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がビリビリと振動し、凄く気分が高揚します。その直後のファイナル・オーダー艦隊登場シーンもド迫力でした。
これに限らず、全ての音を振動で体感できるようになるのが『SRS-WS1』の良いところ。ミレニアム・ファルコン船内のシーンではエンジンの振動だけでなく、キャビンを歩き回るチューイの足音にもしっかり反応してくれました。もちろん音の立体感も素晴らしく、緊急発進のシークエンスではコクピットシートのどの方向から警告音が鳴っているのかまでわかり、よりいっそう緊張感が高まります。これまでたくさんの作品を『SRS-WS1』で視聴してきましたが、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、特に相性の良い作品と言えるでしょう。

ライトセーバーの動作音からキャラクターの足音まで、スター・ウォーズの“音”を『SRS-WS1』の振動で感じ取ろう。 ライトセーバーの動作音からキャラクターの足音まで、スター・ウォーズの“音”を『SRS-WS1』の振動で感じ取ろう。

『スター・ウォーズ』&『SRS-WS1』おすすめシーン!② 崩落したデス・スター上に響き渡る、ライトセーバーの悲しき剣戟(けんげき)音 『スター・ウォーズ』&『SRS-WS1』おすすめシーン!② 崩落したデス・スター上に響き渡る、ライトセーバーの悲しき剣戟(けんげき)音

物語中盤のクライマックス、惑星エンドアの衛星ケフ・ビアーで繰り広げられるレイとカイロ・レンの戦いも本当にすごかったです。『SRS-WS1』だと、ライトセーバーがぶつかり合うパワー感がしっかりと体感できます。このバトルシーンは2人の極めて個人的な戦いで、激しい感情のぶつかり合いが大きな波で閉ざされていることでそれを表現しているのですが、『SRS-WS1』ではその閉塞感もしっかり伝わってきます。
そのほか、キャラクターの心情が伝わってくるという点では、ファースト・オーダーの幹部会議で、カイロ・レンが意にそぐわぬ将軍をフォースグリップで制裁するシーンも聴き所です。このシーンはカイロ・レンが苛立っていく様子が音でも表現されているのですが、テレビ内蔵のスピーカーだとちょっと分かりにくいんですよね。その点、『SRS-WS1』ならそれをはっきり感じることができます。

サウンドでも丁寧に表現されているキャラクターの心情を『SRS-WS1』ならよりしっかりと“体感”できる。 サウンドでも丁寧に表現されているキャラクターの心情を『SRS-WS1』ならよりしっかりと“体感”できる。

『スター・ウォーズ』&『SRS-WS1』おすすめシーン!③ ジェダイ最後の希望を勇気づける歴代ジェダイの声を聞け!! 『スター・ウォーズ』&『SRS-WS1』おすすめシーン!③ ジェダイ最後の希望を勇気づける歴代ジェダイの声を聞け!!

個人的に『SRS-WS1』で一番聴いてみたかったのが、ラストバトルでパルパティーン皇帝のフォースライトニングを受けて倒れたレイが、歴代ジェダイの声に励まされて立ち上がるシーン。劇場で観たときも感動したのですが、『SRS-WS1』で視聴すると、ジェダイの話しかけてくる方向がそれぞれ違っていることがはっきりわかるんです。こんな風に、ジェダイに囲まれて勇気づけられるなんて経験、『SRS-WS1』じゃないとできませんよ(笑)。ルークやオビ=ワン・ケノービら、本編でおなじみのジェダイに加え、アソーカ・タノ(アナキン・スカイウォーカーのパダワン)といった、スピンオフのアニメーション・シリーズに登場するジェダイの声が聞こえてくるところもうれしいですね。
そして、最後の戦いを乗り越えた後のスタッフロールでかかる締めの楽曲「フィナーレ」も素晴らしい! 私は過去のシネマ・コンサートでフルオーケストラの生演奏を体験しているのですが、それに負けない迫力を感じました。コンサート会場にいるような気分になれますよ。

まるでその場にいるような臨場感こそ『SRS-WS1』の真骨頂。自分がジェダイになったかのような気分で作品に没入できる。 まるでその場にいるような臨場感こそ『SRS-WS1』の真骨頂。自分がジェダイになったかのような気分で作品に没入できる。

限定キャンペーン開催中!

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 4K UHD MovieNEX』

ドルビー

かつて銀河に君臨していた祖父ダース・ベイダーに傾倒し、その遺志を受け継ぐべく、銀河の圧倒的支配者へと上り詰めた、スカイウォーカー家の一人でもあるカイロ・レン。そして、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、類まれなフォースを覚醒させたレイ。新たなるサーガを担う若者二人の運命が、この物語の行く末を担っている。
はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託された――。

最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』がディズニーデラックスにて4月8日レンタル配信開始

他にもまだあるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』の便利機能 他にもまだあるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』の便利機能

  • 1

    かんたんワイヤレス接続

    『SRS-WS1』は、送信機をテレビとつなぐ(光デジタルケーブルまたは音声ケーブル)だけでセットアップ完了。面倒なペアリング作業などは不要です。

  • 2

    置くだけでかんたん充電

    本体の充電は付属の充電台に置くだけ。1度の充電で最大約7時間*の連続利用が可能です。
    *JEITA規格による。使用状況により異なります

  • 3

    2台の『SRS-WS1』を同時接続可能

    1つの送信機に2つの『SRS-WS1』を接続可能。家族や友人と一緒に映画を楽しむことができます。

SRS-WS1

SRS-WS1

SRS-WS1 商品情報 SRS-WS1 ご購入はこちら

こだわり抜かれたスカイウォーカー・サウンドの
音響を
『SRS-WS1』と『HT-X8500』で
満喫しよう!

「スター・ウォーズ」の音響面を担当しているスカイウォーカー・サウンドは、他に類を見ない細やかな音響設計で有名なスタジオ。その最新作である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』では、同社の実力をこれでもかというほど感じることができます。シネマトゥデイでも過去にスカイウォーカー・サウンドのエンジニアにインタビューしたことがあるのですが、彼らはクリーチャーの鳴き声ひとつとっても物凄いこだわりを持って細かく作り込んでいるんですよね。そうした細かな仕事を『SRS-WS1』や『HT-X8500』では、よりクッキリと聴き取ることができます。

中でも気に入っているのが『SRS-WS1』で体感できるライトセーバーの音。「ぶおおおおん」という動作音や、「バシン! バシン!」 とライトセーバーをぶつけ合う衝撃音などが振動の力で伝わってくるのが快感ですね。ぜひ『SRS-WS1』の振動機能を強にして楽しんでください。そのほか、宇宙船の中など、閉鎖的な空間での没入感では『SRS-WS1』そして『HT-X8500』に大きなアドバンテージを感じました。劇場で観るのとはまた違った喜びがありますよ。

対する『HT-X8500』の良いところは、映画館顔負けの上質なサウンド環境を自宅に構築できること。特に音の広がりは見事で、よりリアルに“空間”を感じることができました。作品に込められた小さな音も聴き逃したくないのに、映画館では周囲の雑音が気になってしまって……という人には『HT-X8500』をぜひ試していただきたいですね。

スター・ウォーズのサウンドは、それぞれ公開当時の最新技術を駆使して生み出されたもの。つまり、その魅力を引き出すためには最新のオーディオ環境が必要なのだということを、改めて強く感じましたね。

今回の視聴をきっかけに、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』だけでなく、これまでの作品全てを『SRS-WS1』そして『HT-X8500』で再体験したくなりました。皆さんもぜひ!

●識者プロフィール

シネマトゥデイ編集部・入倉功一

映画にまつわるさまざまな情報を発信する映画情報サイト「シネマトゥデイ(https://www.cinematoday.jp)」所属。映画スターへのインタビューから、国内外映画イベントのレポート、最新映画の見どころ紹介など幅広い記事を執筆している。

© Disney © 2020 & TM Lucasfilm Ltd.
カタログPDFダウンロード
アクティブスピーカー/ネックスピーカー サイトマップ