商品情報・ストアブルーレイディスクプレーヤー/DVDプレーヤー最新情報

最新情報

RSS
戻る

ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S5000ES」ソフトウェアアップデート手順

ソフトウェアアップデートには次の2つの方法があります。(1)本機をインターネットに接続する。(2)PCを使用する(本機をインターネットに接続できない場合)。詳しくは以下の手順をご確認ください。

【ソフトウェア情報】

バージョン 020 (公開日 2009年10月14日)
ファイル名 UPDATE_BDPS5000ES_VER020.EXE
サイズ 約49.6Mバイト (52,063,232バイト)

【アップデート内容】

[1]
「BDZ-EX200/RX100/RX50」を用いて「スカパー!HD録画」で録画し、BDにダビングしたタイトルの再生機能追加
[2]
BD及びDVD再生時におけるスロー再生及びコマ送り再生の機能追加
[3]
その他の機能向上

【対象機種】
ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S5000ES」(ソフトウェアバージョンの下3桁が019以下)


【本機のソフトウェアバージョンを確認する】

[1]
テレビの電源を入れ、本機の映像が映るようにテレビの入力を「ビデオ1」や「HDMI1」などに切換えます。
[2]
本機の「電源」を押すと、テレビ画面上にホームメニュー(クロスメディアバー)が表示されます。
[3]
「←/↑/↓/→」を押して、「設定」列の「本体設定」を選び「決定」を押します。


[4]
「↑/↓」を押して、「本体情報」を選び「決定」を押すと、ソフトウェアバージョンが表示されます。


[5]
ソフトウェアバージョンを確認してください。

【アップデート手順】

(1)本機をインターネットに接続する場合

 
ネットワーク(LAN)ケーブル(別売)を使って本機をインターネットに接続し、ネットワーク経由でアップデートを行うことが出来ます。具体的なネットワーク設定方法は、取扱説明書57ページをご覧下さい。 なお、すでに本機をインターネットに接続済みで、テレビ画面上に表示される「本体設定」のソフトウェアアップデート通知が「入」に設定されている場合、自動でアップデートの通知画面が表示されますので、「はい」を選んでアップデートを行ってください。

[1]
テレビの電源を入れ、本機の映像が映るようにテレビの入力を「ビデオ1」や「HDMI1」などに切換えます。
[2]
ネットワーク(LAN)ケーブルで本機とインターネット接続機器をつないでください。
[3]
本機の「電源」を押して、ホームメニュー(クロスメディアバー)を表示させます。このとき、ディスクがプレーヤー内にある場合はディスクを取りだしてください。
[4]
「←/↑/↓/→」を押して、「設定」列の「ネットワークアップデート」を選び「決定」を押します。


[5]
ネットワークアップデートの画面が表示されますので、「←/→」で「はい」を選んで、「決定」を押します。


[6]
ダウンロードが始まり、テレビの画面に進捗が表示されます。
※ダウンロード中はテレビの画面に“*/9”と本体表示窓に“DL */9”と表示されます。
※ダウンロードの進行に伴い、*は0から9まで数字が変化します。


[7]
ダウンロードが終了するとアップデートが始まり、本体表示窓に“VUP */9”と表示されます。
※アップデートの進行に伴い、*は0から9まで数字が変化します。


[8]
ソフトウェアのアップデートが完了すると、本体表示窓に「FINISH」と表示されます。
[9]
本機の電源が自動的に切れます。
「本機のソフトウェアバージョンを確認する」をご覧になり、ソフトウェアバージョンの下3桁が「020」にアップデートされていることをご確認ください。


 
これでアップデートは完了です。
※MACアドレスは本バージョンアップとは関係ありません。

ご注意

ソフトウェアのダウンロードおよびアップデート中は電源コードやネットワーク(LAN)ケーブルを抜き差ししないでください。
アップデートが完了するまでは、電源コードを抜かないでください。本機の故障の原因となります。
アップデート中はディスクトレイの開閉など、いかなる操作もできません。
ソフトウェアのダウンロードおよびアップデートには15分〜20分程度の時間がかかります。
ネットワークの接続状況によって、ダウンロードにかかる時間は異なります。(接続環境によってアップデート時間が異なります。)
ネットワーク接続中にエラーメッセージが表示された場合は、[通信設定]−[ネットワーク設定]で設定値を確認してください。

(2)PCを使用する場合(本機をインターネットに接続できない場合)
お手持ちのPCがインターネットに接続でき、また、CD-Rにデータを書き込むことが可能な場合は、PCを使用して以下の1、2の手順でアップデートを実施することができます。


1.PCを使用してバージョンアップディスクを作成します。

[1]
【ソフトウェア使用許諾契約書】をお読みになり、「同意する」ボタンを押してください。
[2]
ファイルのダウンロードの画面が表示されますので、「実行」を選択してダウンロードを開始します。


[3]
ダウンロードが完了したら、再度「実行する」を選択してください。


[4]
ダウンロードが完了したら、以下の画面の「参照」を選択してください。


[5]
保存先をデスクトップに設定して、「OK」を選択します。


[6]
下記の画面が表示されたら、「OK」を選択します。


[7]
デスクトップに「UPDATE_BDPS5000ES_VER020.iso」のファイルが展開されます。


[8]
未使用のCD-RをPCのドライブに挿入します。
[9]
お手持ちのCDライティングソフトで「ISOイメージファイル」としてCD-Rに書き込んでください。
(「ISOイメージファイル」はソフトによって名称が異なります。)
[10]
書き込みが完了すると、ディスクの名前が下図に示すように「BDPZ-00020」となり、2つのファイル:「BD07-VUD.BIN」と「SONY_VUP.ID」があることを確認してください。


 
以上でバージョンアップディスクの作成は完了です。
2.「本機のソフトウェアをアップデートする」に進んでください。

ご注意

アップデートディスク作成時は未使用のCD-Rをご使用ください。ディスクに汚れ・傷がある場合読み込めないことがあります。
CD-RWはご使用にならないでください。CD-Rの使用を推奨いたします。
アップデートディスク作成時はPCでCDライティングソフトを使用して作成してください。ライティングソフトの使用方法はライティングソフトのマニュアルをご確認ください。

2.本機のソフトウェアをアップデートします。

[1]
テレビの電源を入れ、本機の映像が映るようにテレビの入力を「ビデオ1」や「HDMI1」などに切換えます。
[2]
本機の「電源」を押します。
[3]
「OPEN/CLOSE」を押してディスクトレイにディスクを挿入します。
[4]
「OPEN/CLOSE」を押してディスクトレイを閉めると、ディスクアップデートの画面が表示されます。


[5]
本機付属のリモコンの「←/→」で“はい”を選んで、「決定」を押します。
本体の表示窓に“VUP”が表示され、アップデートが始まります。
ソフトウェアのアップデートには15分〜20分程度かかります。
ソフトウェアのアップデート中は本体の表示窓に“VUP */9”と表示されます。
アップデートの進行に伴い、*は0から9まで数字が変化します。
ソフトウェアのアップデートが完了すると、本体表示窓に“FINISH”と表示されます。
[6]
アップデートディスクを取り出します。(自動的にトレイが開き、電源が切れます。)
[7]
「本機のソフトウェアバージョンを確認する」をご覧になり、020にアップデートされていることをご確認ください。
 
これでソフトウェアアップデートは完了です。

ご注意

アップデート中は絶対に電源コードを抜かないでください。本機の故障の原因となります。
アップデート中はアップデートが完了するまで一切の操作ができなくなります。

【ダウンロード】

[1]
ソフトウェア使用許諾契約書をご確認ください。
[2]
同意される方は「同意する」ボタンをクリックしてください。プログラムダウンロードが始まります。

ソフトウェア製品使用許諾について
同意する 同意しない

ページトップへ