法人のお客様業務用ディスプレイ・テレビ[法人向け] ブラビア 「Withコロナ時代における企業のあるべき姿−これからのオフィスソリューションとは−」 ダウンロード 申し込み

会議室/ミーティング用ディスプレイ

総務が取り組むべき新しい生活様式 ペーパーレス、ハンコレスの実現へ

Withコロナ時代における企業のあるべき姿


株式会社NSFエンゲージメント
クリエイティブセンターチーフプロデューサー
高野昌幸

オフィスのミカタ株式会社 オフィスのミカタ「2020年9月1日掲載」より転載
※掲載されておりますサービス内容、料金などは、掲載日または更新日時点のものです

総務業務の専門家集団、NSF エンゲージメント。さまざまな役割を担う総務部門だが、オフィス整備・リスクマネジメントも重要な業務の一つだ。今回はコロナ禍における企業・総務のあるべき姿について、NSF エンゲージメントの高野氏に話を伺った。

「総務の新たなスタンダード」をつくる専門チーム

NSFエンゲージメントは、2019年にNTTファシリティーズとソニーピープルソリューションズの合弁会社として誕生。「日本の総務を再定義する」をミッションに掲げ、企業のオフィスや総務サービスのコンサルティングから企画、構築、運営、改善までの多様なソリューションを提供している。

総務というと、社内の雑務を担当する地味なイメージに思いがち。しかしその実情はさまざまだ。実際にNSFエンゲージメントでは、オフィスの運営やそこで働く社員のサポートだけでなく、社員食堂や株主総会の運営、トラベルサービスやリスクマネジメントなど、企業で働き生活する人たちにとって必要な多岐にわたるサービスを提供。また、「Engagement Lab」と呼ばれるNSFエンゲージメントの本社オフィスでは、テクノロジーを活用した次世代オフィスソリューションの開発・実証実験も行っている。

企業がオフィスや社員の生活のためにかけるオフィス・総務関連の経費は、人件費の次に多いと言われている。こうしたなかNSFエンゲージメントは、効率的なオフィス運営と社員が働きやすい環境の両立を追求してきた。企業資産を効率的に有効に活用するために、総務の役割は重要だと高野氏は言う。

また「働く」を取り巻く環境は、この10年で様変わりした。これまで働く場は「働ける場」としてデスクやミーティングスペースや収納があればいいというのが一般的だった。しかし働き方改革が推進され、生産性の向上やクリエイティビティを発揮できるオフィス環境の整備が求められ、働き方そのものが注目されている。NSFエンゲージメントでは、これまで培ってきた先進的なノウハウを提供している。

社員の安心・安全の確保も総務の重要な役割

新しい生活様式下で総務に求められるのは、従業員に対する「安心・安全」な環境の提供と、企業活動を推進するために各部署を多方面からサポートすることだろう。第一に考えるべき従業員の安心・安全を守るためには……

ここから先はPDFを
ダウンロードしてご覧ください

PDFのダウンロードはこちら

カタログPDFダウンロード