商品情報・ストアテレビ ブラビアKDL-32J5特長 : 画質
KDL-32J5
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

KDL-32J5

商品の特長 | 画質

きめ細やかな入力信号の解析と大幅なノイズ低減により、色の鮮やかさに加え、コントラストと鮮鋭感がアップし、被写体のもつ質感や艶、奥行き感をリアルに再現します。

ブラビアエンジン2の効果の比較(イメージ)ブラビアエンジン2の効果の比較(イメージ)

■豊かな色彩表現:「ブラビアエンジン2」に採用したカラーエンハンサーで、とくに緑・青・白を他の色に影響を与えることなく、きめ細やかに補正。澄みわたる空の青や、いきいきとした葉の緑、そしてきらめくような雪の白などを、鮮やかに表現します。

■ダイナミックコントラストの進化 : 映像を1フレームごとに解析し、明るさの分布によってリアルタイムにコントラストを制御。明部から暗部まで豊かな階調表現が可能になり、被写体のリアルな質感や映像の奥行き感を再現します。

映像のノイズ成分と動き成分を分け、ノイズだけを低減することで、よりくっきりとした美しい映像を映しだします。

周波数分離型ノイズションの効果(イメージ)
周波数分離型ノイズションの効果(イメージ)
  • 動きのある映像では動き成分とノイズ成分の区別がつきにくくなります。「ブラビアエンジン2」では、動き成分とノイズ成分を分離。シーンに応じてノイズ成分のみを低減します。これにより、残像が発生しにくい効果的なノイズリダクションを実現しました。

暗いシーンではより深い黒を、明るいシーンではより明るい白を再現。映像の微妙な陰影や色合いをだして、奥行き感のある映像を描きだします。

上下左右178度(*)の視野角。ほぼ真横から見ても、画面の色をしっかり保ちます。

視野角 上下左右178度の効果の比較(イメージ)視野角 上下左右178度の効果の比較(イメージ)
  • *JEITA規格準拠(コントラスト比10:1)

アドバンスト・コントラストエンハンサー

映像の明るさを自動的に判別し、バックライトおよびコントラストを最適に調整します。

そのほかの高画質機能

本来テレビは動画に合わせて画質を調整しています。「フォト画質モード」は静止画専用に、自然であたたかみのある画質に調整した画質モードです。

画質モード・フォトの効果の比較(イメージ)
画質モード・フォトの効果の比較(イメージ)

リモコンのシアターボタンを押すだけで、「HDMI機器制御」と画質モード「シネマ」への切り換えをまとめて行います。
■HDMI機器制御:HDMIケーブルでつないだシアタースタンドへの音声切り換えに加え、シアタースタンドの音量調整、電源オン/オフなどがテレビのリモコンで行えます。

■画質モード「シネマ」:この画質設定は映画制作者が意図した画質を忠実に再現するために、映画制作を行っている株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントと共同開発しています。

毎秒24コマで撮影されているフィルム映画。しかし、従来の薄型テレビでは24コマの映像を60コマに変換して映しだしているため、映画制作者の意図とは異なる映りかたをしていました。「24p True Cinema」では、映画と同じ毎秒24コマを再現。映画館でしか味わえなかったフィルム映画独特の映像をリビングで楽しめます。