商品情報・ストアテレビ ブラビアKDL-46W5特長 : 機能・デザイン

商品ラインアップ

KDL-46W5
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ

KDL-46W5

商品の特長 | 機能・デザイン

便利機能

W5シリーズには、ダブルチューナーを搭載。〈ブラビア〉の2画面機能を使って、別々の番組を楽しんだりする事が可能です。

「ブラビアリンク」は、〈ブラビア〉とHDMIケーブルで接続した対応機器を〈ブラビア〉のリモコンで操作できる便利な機能。たとえば、ブルーレイディスクレコーダーと接続し、〈ブラビア〉のリモコンの「見て録」ボタンを押すと、いま見ている番組を録画したり、「見る」ボタンで録画済み一覧を表示したりします。対応機器は他にもシアタースタンドシステムや、ネットワークTVボックス(BRX-NT1)などがあります。

  • ※「ブラビアリンク」は、〈ブラビア〉のリモコンひとつですべての動作ができるものではありません

リモコンにリンクメニューボタンが搭載された機種では、対応のハイビジョン“ハンディカム”やPCの操作が可能。たとえば、“ハンディカム”を接続してリンクメニューボタンを押し、「ビデオカメラ」を選ぶと“ハンディカム”の再生インデックス選択画面を表示。あとはテレビを見ながら、見たいシーンの選択や早送りなどの操作がテレビのリモコンで快適に行えます。

サムネイルも大きな画面で表示
サムネイルも大きな画面で表示

テレビとの間の通信に、従来の赤外線信号とは異なる無線信号(*)を利用することで、リモコンの向きを気にせず操作ができます。
無線信号は無指向性なので、広い範囲に信号が広がり、障害物があっても届くのが特長。
壁や家具などにさまたげられることなく、キッチンや離れた場所からでもテレビに向けずに置いたままで操作できます。

※ モデルによって「おき楽リモコン」のデザインは異なります
※ モデルによって「おき楽リモコン」のデザインは異なります
  • * 2.4GHz帯の電波信号

■テレビが2台あっても混信しない:テレビとリモコンを1対1で機器認証して使用するので、混信を防げます。たとえば、リビングと隣の和室にテレビがある場合でも、登録しているほうのテレビだけを操作できます。

■ボタンひとつで周辺機器を操作「ダイレクト・ボタン」
「ブラビアリンク」対応機器を操作できる6つの「ダイレクト・ボタン」を搭載。レコーダーやシアターシステムなどと〈ブラビア〉が連動。いままでは二つのリモコンを持ち替えていた操作を、ボタンひとつでまとめて行えます。かんたん・快適に周辺機器を操作できます。

※ モデルによって「おき楽リモコン」のデザインは異なります
※ モデルによって「おき楽リモコン」のデザインは異なります

いつでも見たいときに見たいコンテンツを楽しめる、アクトビラのサービスに対応。ビデオ オン デマンドだから、貸し出し中や見た後のビデオの返却も必要ありません。
ハイビジョンの動画コンテンツも充実の「アクトビラ ビデオ・フル」対応なので最新の映画、人気の海外ドラマ、アニメや音楽など様々なコンテンツを高画質で楽しめます。
決済もフェリカリモコンでカンタン。
⇒詳しくはこちら

  • ※ FeliCaポート搭載「おき楽リモコン」での「アクトビラ ビデオ・フル」決済について詳しくはこちら
    ※ 一部エディ決済がご利用いただけない動画コンテンツもあります。

番組のジャンルや接続機器に合わせて画質モードと音質モードを自動で切り替えます。たとえば、スポーツから映画へチャンネルを切り替えた時に、それぞれの番組に最適な画質、音質モードへ自動で切り替え。煩わしい操作をすることなく、常に最適なモードでテレビを楽しめます。

シーンセレクトボタンを押すと、シーンセレクトの画質・音質モードが選べます。

「ソニールームリンク」対応の機器や、他社製品を含むDLNA対応の録画機やパソコンなどとホームネットワークでつなぐことで、レコーダーに録画した映像やパソコンに保存した静止画などを見ることができます。たとえば、リビングのレコーダーに録画してある映画を寝室のテレビで見たり、書斎のパソコンにためてある写真をリビングの大画面で見られます。

ソニールームリンクの接続概念図(イメージ)ソニールームリンクの接続概念図(イメージ)
  • 【「ソニールームリンク」とは】
    DLNAなどのホームネットワークを介して、さまざまな機器をつなぎ、動画・音楽・写真などの楽しみかたをひろげるソニー商品の機能名称です。
    詳しくはホームページをご確認ください。
  • ※DLNA認定商品(DLNA CERTIFIED Products)接続において一部のコンテンツについては再生できない場合があります

GPS機能付きの写真を再生すると、写真と一緒に撮影場所をテレビ画面に地図表示できます。

地図画像の表示画面(動作イメージ)地図画像の表示画面(動作イメージ)
  • ※ GPS情報は以下の機器で付加することが可能です。付加方法はそれぞれの取扱説明書でご確認ください
    Cyber-shot(TM)ケータイ S001または、サイバーショットアクセサリー GPSユニットキット、GPS-CS1KSP

〈ブラビア〉ポストカードは、ケータイから〈ブラビア〉に写真とメッセージを送ることができるサービスです。対応のケータイから送った写真とメッセージが、離れた家族や友達のテレビに楽しいデザインのポストカードとして届きます。

  • ※サービスのご利用は無料です
    ※〈ブラビア〉はインターネットに接続する必要があります

「アプリキャスト」ボタンを押すだけで、画面の右側にアプリコンテンツを表示。このアプリで、たとえば、ネットオークションのチェックや、お出かけ前の天気やニュースの確認、さらにショッピングサイトでの買い物などを楽しめます。アプリは今後も続々と追加予定。利用は無料です。テレビをインターネットにつないでおけば、お持ちの〈ブラビア〉にアプリがどんどん追加されます。


  • ※アプリの内容は予告なく変更する場合があります
    ※「アプリキャスト」のご利用には、(ADSL、FTTH、CATV等の)ブロードバンド接続環境が必要です。プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。回線事業者やプロバイダーが採用している接続方式・契約約款により、ご利用いただけない場合があります
    PostPet(TM) So-net Entertainment Corporation

CS放送などの多チャンネル入力端子に接続している外部機器などをお気に入りに登録しておけば、テレビを観ながら画面の下で自分のお気に入りをカンタンに選択することが可能です。登録数は最大120個まで。

ホームボタンを押すと、チャンネルや外部入力、インターネットなどを大きなアイコンで一覧表示。その中から楽しみたいコンテンツを選ぶだけで、チャンネル切り替えや多彩な機能への画面切り替えがかんたんに行えます。

XMB画像イメージ<BR>
※機種によって表示画面は異なります
XMB画像イメージ

※機種によって表示画面は異なります

地上デジタル放送やBS・110度CSデジタル放送の番組表を、新聞のテレビ欄と同じように表示します。一画面に表示できるチャンネル数は最大9チャンネル。さらに、パネルの解像度に合わせ高精細な表示を可能にするdot-by-dot表示対応により、細かな文字もくっきり映しだします。番組はジャンルごとに色分けされるので、お気に入りの番組をかんたんに探せます。番組表の呼び出しもボタン(*)ひとつですぐに行えます。

番組表
番組表
  • 新聞のテレビ欄と同様の見やすい配置。また、ボタンひとつで拡大もできます。

    *デジタル放送受信時のみ

【現在番組表】

現在番組表
現在番組表
  • 番組を視聴しながら裏番組をチェックできます。新しい現在番組表は高さを縮小して、視聴中の番組の見やすさをアップさせました。また、現在番組表から見たい番組を選び、ボタンを押すだけで選局が可能。すぐに番組が見られます。

見たい日時の番組表へすぐ移動できる「日時指定」機能を採用。リモコンの1-9のボタンでダイレクトに日時指定、さらに、指定した時間帯(録画/視聴予約)をまとめて、他の曜日へ移動できます。移動したブロックはハイライト&日付時刻表示により視認性も高めました。

ボイスズームにより、解説者の声を小さくすれば実際に観戦している気分に。解説が聞きとりづらい場合は声だけを大きくできます。これまでの周波数中心の音量調節と違い、音の方向を分析すると同時に「声」の中心成分を抽出し、声の音量だけを自由にコントロールできます。

■オンタイマー:時間をセットすることで、テレビの電源を自動的にオンにできます。
■スリープタイマー:テレビの電源を自動的にオフにする設定ができます。
■時計表示:テレビ画面に現在の時刻を表示できます。

テレビ番組やビデオ入力などの映像を同時に2画面表示。また、左右の画面サイズをリモコンボタンでフレキシブルに変えられます。

見たい番組を見逃さないために、お客さまの視聴傾向や、登録したキーワードをもとに、条件に合う番組に[☆]印を表示。さらに、はじまる直前には、現在視聴中の画面右下にお好みナビアイコンが出てお知らせします。

番組表(部分)
番組表(部分)
お好みナビアイコン
お好みナビアイコン

正面からスピーカーを見えなくすることでデザインの美しさを追求。また、スピーカーの開口部を大きくすることにより、音抜けのよい明瞭なサウンドを実現します。

カタログPDFダウンロード