法人のお客様Crystal LEDディスプレイシステム 事例紹介 導入事例:ソニーミュージック六本木ミュージアム/株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント様

事例紹介

ソニーミュージック六本木ミュージアム
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 様

【納入概要】 Crystal LEDディスプレイシステム
 ・サイズ:横 約4.8m×縦 約2.7m ・ユニット数:72ユニット ・解像度:横 3,840pixel×縦2,160pixel
ソニーミュージック六本木ミュージアムの概要・ご紹介

最新技術を取り入れた新たな展示スペースへ

2019年1月11日、東京・六本木に「ソニーミュージック六本木ミュージアム」がオープンしました。同ミュージアムは、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが手掛けており、ソニーグループのエンタテインメント力と技術力を掛け合わせた、新たな展示に挑戦しています。企画展第一弾として同年5月12日まで、「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」が開催中。乃木坂46のジャケット写真やそれらのアザーカット、ミュージックビデオの小道具、衣装、アイデアスケッチなど、乃木坂46をめぐる未公開のアートワークを多数展示しています。

ソニーミュージック六本木ミュージアム展示の一つとしてCrystal LEDディスプレイシステム(以下、Crystal LED)が稼働しています。その様子を、開催中の企画展の見どころとともに、中山三善館長と展示の企画責任者の本信光理様に伺いました。

中山 三善様
ソニーミュージック六本木ミュージアム
ディレクター/館長
中山 三善様
本信光理様
企画者代表
本信光理様
(株式会社エムディエヌコーポレーション「MdN」編集長)

約9万点のアートワークと華やかな盛り上がりを持たせる映像展示

【中山館長】今回の企画展は「だいたいぜんぶ展」というタイトルの通り、乃木坂46が歩んできた道を、資料やアイテムで総ざらいするものです。“完全に全部”というのは難しいので、膨大な数の中から、選りすぐりの約9万点のアートワークを展示しています。中でも見どころは、壁一面に飾られたメンバーが実際に着用した約250着の衣装、そして展示の大取りとしてCrystal LEDによるライブ映像の上映です。

【本信様】乃木坂46は、CDジャケット、衣装、ミュージックビデオなど、視覚的なクリエイションがどれも優れています。その魅力を、ファンはもちろん、ファン以外の方にも体感していただけることを目指し、「倉庫」をイメージした展示にしました。衣装は、巨大なハンガーラックをイメージして展示。乃木坂46のアートワークのバックヤードを覗いているかのような感覚を楽しんでいただけると思います。
現在(※)、Crystal LEDでは、神宮球場で行われたライブ映像で「シンクロニシティ」を上映しています。展示の最後に盛り上がりを感じていただきたくて用意した映像コンテンツですが、想像していた以上にお客様の評判が良く、SNSなどでも映像のクオリティに言及している評価が多くて驚いています。

Crystal LEDならではの圧倒的なリアリティ

【中山館長】Crystal LEDの魅力は、圧倒的なリアリティですね。現在(※)上映しているライブ映像は、かなり広い会場で撮られたものですが、遠いところからぐっと寄ったところまで、テンポよく画角が変化します。メンバーの顔がアップになった時、それぞれの表情と額に浮かぶ汗、そして背景のボケ味がすごくきれいに見える。他の映像では味わえないCrystal LEDならではのリアリティだと思います。

【本信様】今回の企画展には、乃木坂46のメンバーや卒業生も訪れていますが、彼女たちがCrystal LEDの映像を見た瞬間、「これ何ですか!」と振り返り、私たちに聞いてきます。これまでにないほどに、自分たちの映像が高精細に映されていることに驚いたようです。

お客様に、より楽しんでもらえるための映像技術

【中山館長】私たち関係者も事前デモでCrystal LEDの映像を見てから、大きな期待を寄せていました。乃木坂46のミュージックビデオは、一曲一曲の演出方法が異なります。それをよりリアルに、またライブ会場では気が付かなかった細かい点も見ることができ、ファンのお客様はそれも楽しみにしてくれているようです。約9万点のアイテムというリアルさと、Crystal LEDの映像によるリアリティの融合で、展示スタイルを大きく進化させることができたと感じています。

【本信様】Crystal LEDでライブ映像を見て、これは評判になると確信しました。メンバーの表情がとてもリアルに伝わってきましたし、夜のライブなのでライティングや花火の上がるシーンも感動的です。そして、プロジェクタなどと違って明るい環境下でも鮮明に見えるという強みもある。ハイエンドな映像展示が求められる際に、Crystal LEDはもってこいだと思います。
今回の企画展を他の場所で開催するとしたら、Crystal LEDも持っていけたら最高です(笑)。

また、今回は、映像パネルを一般的な長方形に設置しましたが、パネルのレイアウトを自由に配置できるということなので、これまでにない形の画面に上映するなどでユニークな試みができそうです。

【中山館長】長くミュージアムの運営に携わっていますが、昨今の展覧会では、映像が持つ意味合いがますます強くなっています。お客様の目が肥えてきていて、常に新しい表現を求めている。私たちは、それに応えられるように、常に新しいスタイルの展示を見せていきたい。そういった意味では、今回のCrystal LEDという最先端技術を使った展示は、私たちにとっても勉強になりますし、何よりもお客様に喜んでいただけているのだと感じています。

没入できる展示を何度でも楽しんでいただきたい

【中山館長】Crystal LEDで乃木坂46のライブ映像を上映してみて、コンテンツの品質が高いものであればあるほど、その性能の高さが際立つと感じています。奥行き感があり、没入していく感覚がある。それは、コンテンツのクオリティを全部さらけ出してしまう面があるということでもあり、表現する側にとっては、怖い存在だとも言えるかもしれません。今回は、双方のクオリティが合致し、素晴らしい展示になったと思っています。また、本展のCrystal LEDの映像展示は、約1ヵ月ごとにコンテンツを変えていく計画です。すでにご来場いただいた方も、そうでない方も、何度でも楽しんでいただきたいと思います。

【本信様】すでにご来場いただいた乃木坂46のファンの方々からは、「臨場感がすごい」「思わず何度も見てしまった」「他の曲も見てみたい」などのうれしい声をいただいています。ぜひ映像が更新されるたびに足を運んでもらいたいです。今回の企画展では、すごくマニアックな資料も取りそろえていて、覗き込むような、没入していくような展示を多くしています。そして最後にCrystal LEDの大きな映像で、気持ちが開けるというか、解放されるように楽しめる構成になっていると思います。ぜひ「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」を、トータルで楽しんでいただければうれしいです。

※ 2019年2月上旬取材時点での内容です。Clystal LEDで上映するコンテンツは約1か月ごとで変更される予定です。尚、本企画展は2019年5月12日までの開催です

ソニーミュージック六本木ミュージアム

東京都港区六本木5-6-20
東京メトロ六本木駅より徒歩7分 麻布十番駅より徒歩10分

企画展「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」
2019年1月11日(金)〜5月12日(日)
10:00〜20:00(入場は19:30まで)会期中無休
URL: https://smrm.jp/s/s01/?ima=2949

カタログPDFダウンロード
Crystal LEDディスプレイシステム サイトマップ