本文へ

法人のお客様>デジタルシネマ>ソリューション>SRX-R515P

SRX-R515Pの商品情報

新開発の光学エンジンで業界最高値のコントラスト比を達成した4Kデジタルシネマプロジェクションシステム
 | デジタルシネマプロジェクター SRX-R515P

主な特長

レンズおよび統合メディアブロックによる真の4K映像

DCI規格に準拠したSRX-R515Pは、2KおよびHDの解像度の4倍にあたる4096×2160の4K上映を実現します。F2.5の大口径レンズは超高精細の4K映像のためにELD(Extra-low dispersion)ガラスで作られています。4Kメディアブロックと2K用レンズの組み合わせによる他社システムと異なり、SRX-R515Pは、最高解像度の4K映像のために4K SXRDパネルと4K用レンズを使用しています。

高コントラスト比

SRX-R515Pの新光学エンジンが、漏れ光を抑えた8000対1のコントラスト比の深い映像を映し出します。
※8000対1は平均値

容易で安全なランプ交換を保証するコスト効率の良いランプテクノロジー

SRX-R515Pのランプテクノロジーは、高品質のブライトネスと長寿命の高圧水銀ランプを6本使用した多灯化を特色とします。このシステムは、もしひとつのランプが壊れても残ったランプで運用を続けることができます。そしてランプの交換は容易で安全です。低コストのランプは、トータルのランニングコストを削減します。

高速コンテンツ転送と大容量ストレージ

SRX-R515Pは、大容量(標準で4TB、オプションで8TBへ拡張可能予定)のストレージと、USB3.0インターフェースやCRU Data Portによる高速転送を実現しました。

省スペースの実現

機器の小型化により、設置性の改善と省スペース、運用スペースの確保に寄与します。

シングルUI

操作性に優れたシングルUIにより、プロジェクションシステムのセットアップ、上映プログラミングなどを行なえます。

主な仕様

光学系
輝度 15,000lm/11,000lm
投影方式 3SXRDパネル、プリズムカラー統合方式
解像度 4096×2160
ランプ UHP(高圧水銀)ランプ×6(450W、330W)
コントラスト比 8000:1(平均値)
IMB/Digital Cinema サーバー
上映フォーマット JPEG2000 4K2D 24P
2K2D 24/25/29.97/30/48/60P
2K3D 24/29.97/30/48/60P
60Pはソフトウェアアップデートで対応)
その他 MPEG2(DCP)
入出力端子
外部入力 HDMI×2
インジェスト USB3.0×2、CRU Slot×1
外部システム制御 GPI/GPO、 RS-232C
ネットワーク GbE
サウンド出力 Unbalance 8ch 24bits、 48/96kHz、 Linear PCM
AES/EBU 16ch 24bits、 48/96kHz、 Linear PCM
一般
電源 AC200〜240V、50/60Hz(単相)
動作温度 5〜35℃
保存温度 −20〜+60℃
動作湿度 35〜85% (結露なきこと)
外形寸法 (幅×高さ×奥行き) 約548×634×1,119mm(突起部含まず)
質量 約145 kg(レンズ、ランプ含まず)
外部排気風量 450〜550CFM

※デジタルシネマプロジェクターは、デジタルシネマ上映システムとしてのシステム販売のみとなります。システムの金額、構成などについては、営業担当者へお問い合わせください。その他のアプリケーションには、データプロジェクター 「4K“SXRD”モデル」をご提案しております。データプロジェクター 「4K“SXRD”モデル」はこちら

ページトップへ