商品情報・ストア Sony's feature

#{page.title}

ソニーのテクノロジー・デザイン・ライフスタイルのこだわりについて、ソニーの今をお届けしています。

Share

映像の世界に惹きこまれるような臨場感&没入感を体験 4K有機ELテレビ ブラビア ソニーストア特別体験会とは

4K有機ELテレビ ブラビアA9Gシリーズは、昨年発売されたフラッグシップモデルであるA9Fシリーズの高画質・高音質を受け継ぎ、よりスリムな形状に。さらに、BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵や最新の音響技術を投入するなど注目の機能を搭載しています。
そんなソニー独自の技術力を体現したA9Gシリーズの発売に先立ち、視聴を体感できる特別体験会があると聞き、ソニーストア 銀座にお邪魔しました。特別体験会はまさに衝撃体験!高度な機能性や快適な操作性に驚くとともに、憧れのテレビライフを想像するきっかけにもなりました。その模様を詳しくレポートします。

特別体験会の会場は、音響設計を採り入れたシアタールーム

「あ、家のテレビと全然違う!」
鮮やかな色彩と立体的な映像表現に驚き

特別体験会の会場となるシアタールームの扉を開くと、スタイリストの長村さんがにこやかな笑顔で出迎えてくれました。席の前には65V型のA9Gが。我が家のテレビは32型なのでほぼ倍のインチ数になりますが、薄型&シンプルなデザインだからか圧迫感は無く、どのような部屋にも馴染みそうな印象を受けました。

「このシアタールームは、設計者が音を評価する部屋とほぼ同じ環境で造られています。これからお部屋の照明を落として、究極まで高画質に没入していただける中で、“話題のコンテンツ”をご体感いただければと思います」(長村さん)

水面の輝きと影の対比が映える、有機ELパネルならではの奥行きある表現

室内が真っ暗な闇に包まれると、次の瞬間、鮮やかな色彩が目に飛び込んできました。画面に映し出されたのは大自然の風景。草の1本1本や野生動物の毛先など、細部に至るまで鮮明な画質に驚きました。また、水面や草原に生じる絶妙な色のグラデーションも滑らかで立体的。木々が揺らめいているシーンでは、まるで室内に風が吹き込んでいるような錯覚を起こすくらい、リアルな映像表現に惹き込まれてしまいました。

満天にきらめく星々。青から漆黒への繊細なグラデーションが美しい

会話中の息づかいまでクリアに聴こえる。
A9Gで観る『ボヘミアン・ラプソディ』

「それでは、お待たせしました。ここからは『ボヘミアン・ラプソディ』のUHDディスクをご視聴いただきます」(長村さん)

冒頭のアナウンスで“話題のコンテンツ”というワードが出てきましたが、今回の特別体験会では、伝説的ロックバンド「クイーン」の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』を視聴します。超人気作品にもかかわらず映画館で見逃した私は、これが初鑑賞。ドキドキしながら画面に集中しました。

有機ELテレビは画面そのものが2.2chスピーカーの役割を果たす

まずはレコーディングシーンから。ラミ・マレック演じるフレディ・マーキュリーが、音を左右に振って録音しようと提案する場面では、本当に音が左右に動いて聞こえます。それもそのはず、有機ELテレビは画面そのものから音が出るので、映像と音の一体感が可能に。さらに、被写体の位置に合わせた音を作り出すので「音の定位感」が高く、臨場感あふれる音の再現を叶えることができるそうです。

「We Will Rock You」が誕生したシーンでは、のびやかなボーカル音が心地よく、会話中の息づかいまでもがクリアに聴こえ、迫力満点の視聴体験を味わうことができました。

圧巻のライブシーン。美しい歌声は会場のノイズに消されずに再現されている

最後は、クライマックスのライブシーン。繊細なピアノの高音から、ズシンと響くベースの重低音、軽快に弾むドラム音まで、楽器1つ1つの音色が際立ち、迫真のライブシーンを忠実に再現。歓声や手拍子などの雑音も会場の空気感を伝えるアクセントになり、ステージ上に紛れ込んだかのような没入感にどっぷりと浸りました。

そして、気がつけばいつの間にか姿勢は前のめりに。視聴が終わってもライブシーンの余韻は続き、映画館やコンサート会場を出た直後のような陶酔感が残っていました。こんな感情を自宅のテレビでいつでも味わえるなんて、とても贅沢なことですよね。

ドルビーアトモスにも対応予定。アップデート後は、より迫力のある音が楽しめそう

DVDやBDも4Kにアップスケーリング。
あらゆる映像が、美しく進化した画質で蘇る。

今回の特別体験会では、手持ちの映像データも視聴することができます。私が持参したDVDとBDは、60〜70年代に製作された映画。くすんだ色あいや粗い画質は古い作品だからしょうがないと諦めていましたが、A9Gで観ると豊かな色彩表現にびっくり。特に夜のシーンでは、漆黒と光のコントラストが美しく、人物の輪郭もくっきりと見えました。「これってリマスター版だっけ?」と思ってしまうほど、何度も観ている映画なのに新鮮な印象を受けました。

持参したDVDを視聴。自宅のテレビよりも映像が鮮明に感じる

さらに、スマートフォンで撮影した動画もA9Gでチェック。飛行機の窓から捉えた風景ですが、浮かんでいる雲は立体的に、地上に流れる川や道路は鮮明に映っています。超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載したA9Gは、あらゆるコンテンツを高精細化することができるので、私のデータも色鮮やかに蘇りました。自宅のテレビとA9Gの観え方を比較したい方は、お手持ちのDVDやBDを持参してみることをおすすめします。

スマートフォンで撮影した動画も大画面で。家族や友人と一緒に鑑賞するのも楽しい

ネット動画も音声検索で手軽に。
A9Gで生活がもっと楽しくなる!

昨年末にスタートしたBS4K/CS4K放送に加え、最近はネット動画でも4K画質が増えています。普段、Prime VideoやYouTubeで映像を観ることが多い私にとって、高画質なネット動画が大画面で楽しめるのは大きな魅力。さらに、音声検索機能を備えている点も高ポイントでした。

「OK Google,YouTubeで動画を流して」と言うと、すばやくYouTubeの画面が表示。オン・オフや音量コントロールも声だけで操作可能なので、手がふさがっている時も便利です。驚いたのは俳優名でも検索できること。お目当ての俳優が出演する番組から過去の出演作、関連人物までもが一度に表示されるので、ファンにはうれしい機能です。

4K動画をサクサクと感覚的に検索。ホーム画面も見やすく、シームレスに操作できる
※通常はシアタールームで体験

デザイン面ではその薄さに注目しました。背面スタンドが無くスッキリした印象で、インテリアとしても見映えが良さそうです。小さなお子さんやペットがいる家庭では、設置する場所や高さを自由に調整できる「壁掛けスタイル」にするのも良いと思います。実際、ソニーストア 銀座でブラビアを購入した人の4割が壁掛け設置を選択しているそうです。

20分に渡る特別体験会でしたが、驚きと感動で時間はあっという間に感じました。

壁掛け時、壁から画面までの距離はたったの5cm! スリムで洗練されたデザインが好印象

あらゆる映像を高画質&高音質で。
贅沢な時間を演出する、A9Gの実力。

後日談になりますが、『ボヘミアン・ラプソディ』を自宅で改めて観ることにしました。しかし、我が家のテレビはスピーカーが画面下部にあるせいか音と映像の一体感が不足しており、A9Gで体験したリアルなサウンドは実感できず。画質自体も粗さが目立ち、没入感とは程遠い鑑賞でした……。

この特別体験会を通して実感したのは、同じ映像でもテレビが変わるだけで印象が全く異なるということ。A9Gの「映像とサウンドの一体感」を一度体験すると、もう今までのテレビには戻れなくなるかも知れません。
ソニーストア 直営店舗 ブラビアイベント情報

最新アイテムが並ぶソニーストア直営店舗では、分からないことがあればスタッフが丁寧に説明してくれる

4K有機EL テレビ ブラビア A9Gシリーズ 特別体験会

開催場所:ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神
期間:2019年4月26日(金)〜6月7日(金)
※店舗により開催日時が変わります。下記予約ページでご確認ください。

ソニーストア 銀座
ご予約はこちら
ソニーストア 札幌
ご予約はこちら
ソニーストア 名古屋
ご予約はこちら
ソニーストア 大阪
ご予約はこちら
ソニーストア 福岡天神
ご予約はこちら

編集:都恋堂 取材・文:栗林拓司

NEW
A9Gシリーズ
映像と音が一体となって生み出される臨場感。漆黒と豊かな色彩であらゆる映像を美しく描く、フラッグシップ4K有機ELテレビ

オープン価格
NEW
A8Gシリーズ
有機ELの高画質とクリアな音が一体に。いつもの映像を感動的な美しさで楽しめる4K有機ELテレビ

オープン価格
Z9Fシリーズ
光と闇を制し、クリエイターの意図した映像体験を実現。ソニー独自の新映像技術を結集した4K液晶フラッグシップモデル

オープン価格
NEW
X9500Gシリーズ
華やかな色彩と高いコントラスト。速い動きもくっきりと。直下型LED部分駆動搭載のプレミアム4K液晶テレビ

オープン価格