商品情報・ストア Feature One Point Story

20.12.16 UPDATE

12月号『音と画面』
ナビゲーター:駒田航

「テレビ」で重視するところは?と聞かれれば、
まずは映像を思い浮かべますよね。
一方、テレビには“音”という大切な要素もあります。
では、テレビのスピーカーは、
一体どこに付いているのでしょう。

最近のテレビのスピーカーの多くは、
画面の下や、裏側などに付いています。
スピーカーから出た音は、壁や床に反射しているため、
しっかり聴こえます。

ソニーの有機ELテレビは、それとは別のアプローチ。
画面そのものが振動して音を出します。
つまり、画面全体が、
大きなスピーカーになっているんです。
正面に向かってダイレクトに音が出るので、
迫力がそのまま伝わります。

映像と音が一体となる、ソニーならではのアコースティック技術についてはこちら

まっすぐ正面へ音を届けるから、
迫力をそのまま伝えられる。
感動の深さも、変わってきそうですね。

動画では、画面から音が出る効果について
さらに詳しく語っています。
ぜひご覧ください。