商品情報・ストアデジタルビデオカメラ ハンディカム4Kの活用方法
4Kの活用方法 4Kの活用方法
4Kハンディカムで撮影した4Kの動画を見るにはどうしたらいいの?
4Kハンディカムで撮影した4Kの動画を見るにはどうしたらいいの?
4K対応のテレビや、パソコンで楽しめます。
4K対応のテレビや、パソコンで楽しめます。

4Kの動画を見るには、4K対応の「テレビで見る」、4K再生対応ソフトウェアを使用して「パソコンで見る」の2通りあります。

テレビで見る
1

テレビで見る

テレビで見る
  • ・カメラ本体とテレビをHDMIケーブルで接続する
  • ・4K出力対応パソコンとテレビをHDMIケーブルで接続する
  • ・ソニーの4Kカメラ動画取りこみ対応ブルーレイディスクレコーダーとテレビをHDMIケーブルで接続する
  • ※ソニー製2017年6月以降発売のブルーレイディスクレコーダー
パソコンで見る
2

パソコンで見る

パソコンで見る
  • ・再生対応のソフトウェアを使用して、視聴可能
    PlayMemories Home/Quick Time Xなど
  • ※再生におけるパソコンのスペックはCore i 5/Dual-Core以上を推奨します
  • ※画質はパソコンディスプレイの解像度によって異なります
TIPS1 TIPS1
4Kブラビアとなら、使い方さらに広がる!
4Kブラビアとなら、
使い方さらに広がる!

4KブラビアはUSB接続による4K再生に対応しています。
4Kハンディカムで撮影した動画ファイルを保存した外付けハードディスク等と
対象の4KブラビアをUSBで接続して映像を楽しめます。

USBでも接続可能! USBでも接続可能!
XAVC S対応状況 XAVC S対応状況
対応ブラビアについて 対応ブラビアについて
  • * 対応ブラビアはこちらでご確認ください。
  • USBでの4K再生機能を使用するためには、ブラビアをインターネットに接続し、ソフトウェアのバージョンを最新にしてください。
    ブラビアの製品ページはこちら
フルハイビジョンのテレビでは見ることはできないの?
フルハイビジョンのテレビでは見ることはできないの?
4KをフルHDに変換して見られます。難しい設定は必要ありません!
4KをフルHDに変換して見られます。難しい設定は必要ありません!

カメラ本体とテレビをつなげば、自動(※)で4K→フルHDにダウンコンバートします。元が4Kの映像の方が、フルHDにダウンコンバートしても精彩感が増します。

  • ※工場出荷時
ハンディカムからフルハイビジョンへの接続方法
ハンディカムからフルハイビジョンへの接続方法
4Kで撮影したけれど、撮った後はどこに保存したらいいの?
4Kで撮影したけれど、撮った後はどこに保存したらいいの?
パソコン、外付けハードディスク、USBメモリーに保存できます。
パソコン、外付けハードディスク、USBメモリーに保存できます。

4K動画の保存環境は、ますます拡充しています。パソコンだけでなく、外付けハードディスクや、対応ブルーレイディスクレコーダーへも保存可能です。

機器別の対応状況
対応ブルーレイディスクレコーダー

テレビで簡単に思い出の映像を楽しめる
ブルーレイディスクに保存*3もできる

外付けハードディスク

たくさんのデータの保存におすすめ!
パソコンなしでダイレクトコピーも可能

パソコン

PlayMemories Home*5
使用すれば管理・再生が簡単!

USBメモリー、SDカード

持ち運びしやすいので、
データのやり取りに便利!

機器別の対応状況
  • *1 4K動画:ソニー製2017年6月以降発売のブルーレイディスクレコーダー
  • *2 フルハイビジョン動画:AVCHD対応ブルーレイディスクレコーダー(XAVC Sフォーマットで記録したファイルは、AVCHDに編集するソフトなどで変換する必要があります)
  • *3 MP4(4K)動画をダビングしたディスクを対応ブルーレイディスクレコーダーで再生すると、条件やディスクの状態によっては、映像が乱れたり、音声が途切れたりすることがあります。安定して再生したい場合は、対応のブルーレイディスクレコーダーに動画をディスクから取りこんで再生してください
  • *4 フォーマットはNTFS または exFAT。ダイレクトコピー時はNTFSのみ
  • *5 PlayMemories Homeは無料でダウンロードしていただけます。詳しくはこちら
  • *6 フォーマットはNTFS または exFAT
  • ※ PSモードで撮影した映像は、AVCHD Ver2.0に準拠したブルーレイディスクレコーダーでブルーレイディスクに保存できます
  • ※ *1以外のブルーレイディスクレコーダーでは、USBケーブルを使用した場合、MP4形式の動画は取りこむことはできません。
    別売りのマルチ端子ケーブルVMC-15MR2を使用して、A/V出力(スタンダード画質)でブルーレイディスクレコーダーに取りこんでください
TIPS
  • 大容量になった思い出の映像データの保存には外付けハードディスクがおすすめ
  • 外付けハードディスクへのダイレクトコピー機能を使えばパソコンなしで保存できます
ダイレクトコピー
  • ※FDR-AX100でダイレクトコピー機能を使うには、ファームウェアアップデートが必要です。詳しくはこちら
  • ※転送速度:USB2.0に準拠
  • ※HDDのフォーマットはNTFSをご使用ください
  • ※ダイレクトコピーにはUSBアダプターケーブル「VMC-UAM2」が必要です
TIPS
  • 大容量になった思い出の映像データの保存には外付けハードディスクがおすすめ
  • 外付けハードディスクへのダイレクトコピー機能を使えばパソコンなしで保存できます
ダイレクトコピー
  • ※FDR-AX100でダイレクトコピー機能を使うには、ファームウェアアップデートが必要です。詳しくはこちら
  • ※転送速度:USB2.0に準拠
  • ※HDDのフォーマットはNTFSをご使用ください
  • ※ダイレクトコピーにはUSBアダプターケーブル「VMC-UAM2」が必要です
詳しくはこちら
詳しくはこちら
ブルーレイディスクに記録することはできないの?
ブルーレイディスクに記録することはできないの?
ソニーのブルーレイディスクレコーダーを使用して、取りこんだ4K動画をブルーレイディスクにダビングし、保存することが可能です。また、パソコンでAVCHDに変換することで、ブルーレイディスクやDVDに保存することができます。
ソニーのブルーレイディスクレコーダーを使用して、取りこんだ4K動画をブルーレイディスクにダビングし、保存することが可能です。また、パソコンでAVCHDに変換することで、ブルーレイディスクやDVDに保存することができます。
  • *1 4K動画:ソニー製2017年6月以降発売のブルーレイディスクレコーダー
  • *2 フルハイビジョン動画:AVCHD対応ブルーレイディスクレコーダー(XAVC Sフォーマットで記録したファイルは、AVCHDに編集するソフトなどで変換する必要があります)
  • *3 XAVC Sモードで撮影した映像は、MP4データ形式でのダビング
  • *4 MP4(4K)動画をダビングしたディスクを対応ブルーレイディスクレコーダーで再生すると、条件やディスクの状態によっては、映像が乱れたり、音声が途切れたりすることがあります。安定して再生したい場合は、対応のブルーレイディスクレコーダーに動画をディスクから取りこんで再生してください
  • ※ PSモードで撮影した映像は、AVCHD Ver2.0に準拠したブルーレイディスクレコーダーでブルーレイディスクに保存できます
  • ※ *1以外のブルーレイディスクレコーダーでは、USBケーブルを使用した場合、MP4形式の動画は取りこむことはできません。
    別売りのマルチ端子ケーブルVMC-15MR2を使用して、A/V出力(スタンダード画質)でブルーレイディスクレコーダーに取りこんでください
4K画質のままブルーレイディスクにダビングする

* XAVC Sモードで撮影した映像は、MP4データ形式でのダビング

ブルーレイディスクへの書きこみのイメージ
ブルーレイディスクへの書きこみのイメージ
AVCHDに変換してディスクをダビングする
PlayMemories Home(Ver.4.3)を使用する
1

PlayMemories Home(Ver.4.3以降)を使用する

PlayMemories Home(Ver.4.3以降)使用例
  動画形式 ビットレート

変換前

4K/30p

4K/24p

100Mbps/60Mbps

BDコピー後

フルHD/60i

フルHD/24P

24Mbps

DVDコピー後

フルHD/60i

フルHD/24P

17Mbps

  • ※ PlayMemories Homeは無料でダウンロードしていただけます。詳しくはこちら
編集ソフトを使用する
2

編集ソフトを使用する

編集ソフト使用例

※ FDR-AX100には編集ソフト『Movie Studio Platinum13』の無料クーポンが付属しています。

自分で編集がしたいけど、編集ソフトは4Kに対応しているの?
自分で編集がしたいけど、編集ソフトは4Kに対応しているの?
さまざまな編集ソフトが対応しています。
さまざまな編集ソフトが対応しています。

編集ソフトで、オリジナル動画の作成から、
フォーマットの変更や、切り出し保存といったことができます。

くわしくはこちら
くわしくはこちら
編集ソフトでできること
オリジナル動画の作成
1

オリジナル動画の作成

少し手を加えるだけでまるでショートムービー!何度でも見返したくなるかけがえのない思い出が作成できる!

オリジナル動画の作成
オリジナル動画の作成
動画フォーマットの変換
2

動画フォーマットの変換

XAVC S(4K)からAVCHD(HD)に変換すればブルーレイディスクにHD画質で保存できます!

動画フォーマットの変換
動画フォーマットの変換
静止画の切り出し保存
3

静止画の切り出し保存

好きなシーンを簡単に静止画で保存できます!4Kなら829万画素で決定的瞬間を逃しません

静止画の切り出し保存
静止画の切り出し保存
XAVC Sってこれまでと何が違うの?
XAVC Sってこれまでと何が違うの?
4K記録を可能にするため開発された動画フォーマットです。
4K記録を可能にするため開発された動画フォーマットです。

従来のビデオカメラで採用されていたAVCHDはハイビジョン用の規格で4K記録には対応していません。
そこでより高画質で記録できるXAVC Sを新規開発しました。
動画圧縮形式は従来通りのMPEG-4 H.264/AVCで拡張子はMP4を採用しており撮影後の取り扱いも簡単な方式を採用しています。

動画規格 XAVC S(4Kモード) XAVC S(HDモード) AVCHD
メディアシステム exFAT FAT32
拡張子 MP4 M2TS
4GBファイル分割 無し 有り
動画圧縮方式 MPEG-4 H.264/AVC
最高解像度 3840×2160 1920×1080
最大ビットレート 150Mbps 50Mbps 28Mbps
動画規格 メディアシステム
XAVC S
(4Kモード)
exFAT
XAVC S
(HDモード)
AVCHD FAT32
動画規格 拡張子
XAVC S
(4Kモード)
MP4
XAVC S
(HDモード)
AVCHD M2TS
動画規格 4GBファイル分割
XAVC S
(4Kモード)
無し
XAVC S
(HDモード)
AVCHD 有り
動画規格 動画圧縮方式
XAVC S
(4Kモード)
MPEG-4 H.264/AVC
XAVC S
(HDモード)
AVCHD
動画規格 最高解像度
XAVC S
(4Kモード)
3840×2160
XAVC S
(HDモード)
1920×1080
AVCHD
動画規格 最大ビットレート
XAVC S
(4Kモード)
150Mbps
XAVC S
(HDモード)
50Mbps
AVCHD 28Mbps
PlayMemories Homeでできることは?
PlayMemories Homeでできることは?
4Kやハイビジョン動画をらくらく管理できます
1

4Kやハイビジョン動画を
らくらく管理できます

4Kやハイビジョン動画をらくらく管理できます
4Kやハイビジョン動画をらくらく管理できます
カンタンな編集ができます
2

カンタンな編集ができます

カンタンな編集ができます
カンタンな編集ができます
見たい動画をSDカード/カメラ本体に書き出せます
3

見たい動画をSDカード/カメラ本体に書き出せます

見たい動画をSDカード/カメラ本体に書き出せます

ツール⇒書き出し

見たい動画をSDカード/カメラ本体に書き出せます

書き出したい動画ファイルを
ドラッグアンドドロップ

見たい動画をSDカード/カメラ本体に書き出せます
PlayMemories Homeサポートページ
PlayMemories Homeサポートページ

ソニーの直営店