商品情報・ストアヘッドホン The Headphones Park 開発者インタビュー 1000Xシリーズ 開発者インタビュー PART3

Engineer’s Interview 1000Xシリーズ 開発者インタビュー

さまざまなストレスから開放されつつ、業界最高水準のノイズキャンセリング性能を実現した左右独立型ワイヤレス、WF-1000X

WF-1000X

――左右独立型のワイヤレスヘッドホンでノイズキャンセリング機能を搭載した製品は珍しいと思いますが、WF-1000Xで両立できた秘訣はなんですか?

大庭  ワイヤレスヘッドホンといえども左右のイヤホンをつなぐケーブルが存在する製品が多く、ソニーとしても「完全にケーブルを排した、完全ケーブルレスは実現できないのだろうか?」という意見は社内で多くありました。他社製品も含めワイヤレス時代に突入し、左右独立型のワイヤレスヘッドホンを開発するにあたり、当初はノイズキャンセリング機能を搭載するか、通常のワイヤレスヘッドホンを作るかということも含めて議論がありましたが、MDR-1000Xのノイズキャンセリング機能が非常に好評だったので、この機能をぜひ入れ込みたいという強い思いがあったんです。
WF-1000Xの開発で大切にしたのは、他2製品とは少し異なり、ワイヤーが存在しない左右独立型ならではのストレスフリーな体験です。
もちろん音質は妥協せず、ノイズもワイヤーも気にならず、アダプティブサウンドコントロールによりノイズキャンセリングのコントロールからも開放されます。つまり3つのストレスから開放される、ということ。1000Xシリーズの中でも要素を削ぎ落とした製品ですので、最初の企画段階からどこまで削るかがポイントとなりました。

ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社 V&S商品設計部門 モバイル商品設計部 商品設計1課 佐々木啓太

WF-1000Xのパーツ。小型化されたさまざまなパーツによって、業界最高クラスのノイズキャンセリングを実現している

佐々木  左右を独立させるには、大事なのは無線性能でアンテナの特性をいかに向上させるかがポイントです。最初は耳かけタイプにしたり、耳の裏側にを配置するようなデザインにしたりと、さまざまなコンセプトがありましたが、個人個人で形が異なる耳の形状の影響をあまり受けずに済む位置にアンテナを配置するためにこの形状になりました。
もっとも、この筐体にすべての機構を収めることは、当初はまず無理だろうと感じていました。左右独立型なので、左右それぞれにBluetoothモジュールが組み込まれています。過去の製品とは違い、いかにデバイスを少なく製品を成立させるか、という検討が必要になりました。とはいえ音質を妥協することはできません。採用部品の多くが、最先端のコンパクトなパーツを選んでいます。搭載しているドライバーユニットも新規開発です。

――ドライバーユニットは新規開発とのことですが、他にもこの小さな筐体で高音質化を図るための苦労があれば教えて下さい。

新開発の6mmのダイナミックドライバーユニット

飛世  WF-1000Xには新開発の6mmダイナミックドライバーユニットを採用しています。小さい筐体サイズで高いノイズキャンセリング性能を実現するために、小型かつ低音域の感度が高いドライバーユニットが必要不可欠でした。独自のシミュレーション技術による振動板形状の最適化と、高い駆動力をもつ外磁型磁気回路の採用によって、6mmと小型ながらも高い低音域感度をもつドライバーユニットが完成しました。

佐々木  電気的な話ですけど、どうしても回路の中でのってしまうノイズがあるので、それをなるべく減らすことがポイントとなります。たとえば電源周りのノイズはそのひとつですが、筐体が大きな製品であればコンデンサを追加して改善できるノイズでも、今回のようにサイズ優先の製品では簡単にはいきません。回路パターンやレイアウトなどの設計を工夫することでノイズを極力小さくしていきます。実際に音を聞かないとわからないので、試作を繰り返して実験しました。

専用のクレードルに収納することで充電が可能なので、充電切れの心配もない

また左右独立でそれぞれにバッテリーを搭載するため、充電に必要なクレードル側の工夫も必要でした。充電で回路に電流を流すと熱を保ちますので、この小さな筐体でうまく放熱させるため、機構設計のメンバーとバッテリーやNFCアンテナのレイアウトを工夫することで最適化を進めました。

――デザイン面や装着性を向上させるため、こだわったポイントを教えて下さい。

装着性向上のために繰り返しつくられた試作の数々

熊野  装着性はもちろん重要です。この製品は実装するデバイスも多いので、装着性を考えながらのレイアウトはとても苦労しました。
装着を安定させるサポーターもクレードルに入れて充電するにはなるべく小さくまとめたいところ。今回は、耳へ挿し込み、ちょっと下向きに傾けるように回すと、内側に引っかかって固定される仕組みになっています。これに関してはひたすら試作を繰り返して決めました。
1000Xシリーズ全体としての統一性に加え、質感を高く、アクセサリー的な感覚で魅せる一面もありつつ、左右独立型という先進感とのバランスを取ることを心がけました。筐体の凸凹が目立たない形状にしましたが、わたしたちはシングルシェイプと呼んでいます。
やはり大事なことは、この小さな筐体にすべての機能を搭載しつつ、当たり前ですが耳の中にも入らなくてはダメということ。そのために内部のレイアウトについては電気設計チームと打ち合わせを繰り返しました。

デザインに組み込まれる形で前面にでているアンテナ

デザインで苦労したところですが、この透明樹脂の中に見えるループ状のパーツ、実はアンテナなんです。
全体的に一体感のあるデザインの中で、アンテナ位置を前方へ出すことで感度を高めつつ、デザイン要素に取り込んでいます。
また透明部分はLEDインジケーターのレンズとしても活きます。
これまでもアンテナについてはデザインの最終段階で悩まされていたんですが、今回の製品では安定してつながらないと意味がないので設計の初期段階からずっと気にしていて、最終的にデザインとしても取り込めたのは良かったですね。

このように、ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンのフラッグシップ的存在として非常に好評だったMDR-1000Xの性能や機能をベースとしつつ、強力に進化し、またユーザーの好みや使用スタイルに合わせて3タイプが選べる1000Xシリーズ。多くのヘッドホンユーザーにとって気になる製品となることは間違いなさそうだ。

取材:藤本健

商品情報

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット

WH-1000XM2

ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。ハイレゾ級ノイキャンワイヤレス

商品情報

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット

WI-1000X

ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。ハイレゾ級ノイキャンワイヤレス

商品情報

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット

WF-1000X

ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。スマートノイキャンワイヤレス

  • WH-1000XM2
  • WI-1000X
  • WF-1000X

RELATED CONTENTS 関連コンテンツ

  • 月刊 「大人のソニー」
  • ソニーストア
  • Walkman
  • ヘッドホンの歴史
ヘッドホン サイトマップ