商品情報・ストアサウンドバー/ホームシアターシステム リビングに新次元の臨場感。ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」で広大な音場空間に包まれる新しいサラウンド体験を。

リビングに新次元の臨場感。ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」で広大な音場空間に包まれる新しいサラウンド体験を。 NEW 新商品のレビュー動画・記事を追加掲載 スクロールしてCheck!

HT-A9/A7000*はスピーカーを設置した現実の空間よりも広大な音場空間を生み出すソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」で、まるで映画のシーンの中にいるかのような音の広がりと臨場感を体験できます

*HT-A7000は別売専用リアスピーカーとの組み合わせで「360 Spatial Sound Mapping」を実現します

※HT-A7000を最新のソフトウェアバージョンにアップデートする必要があります詳しくはこちら別ウィンドウで開きます

『360 Spatial Sound Mapping』対応モデル

立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」搭載 ホームシアターシステム HT-A9 進化した没入体験を実現。7.1.2ch フラッグシップサウンドバー HT-A7000

ホームシアターシステム HT-A9

ホームシアターシステム HT-A9 360 SPATIAL SOUND MAPPING, Dolby ATMOS, dtsx., 360 REALITY AUDIO, Hi-Res AUDIO, 8K HDR, 4K 120

4体のスピーカーで最大12個のファントムスピーカーをつくりだす、
ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」搭載。

360 Spatial Sound Mapping(イメージ)

たとえば、雨が降っているシーンなら、部屋全体が雨音に包まれる。音楽ライブなら、コンサートホールの広大な空間の響きや空気感までも伝わってくる…。HT-A9はソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」を搭載。4体のリアルスピーカーからの音の波面を合成し、最大12個のファントムスピーカーを生成します。また、音場最適化技術により、スピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクで自動計測し、スピーカーの置かれている空間を把握。その情報を元に広大な音場空間を創り出し、リビングが音で満たされるような新しいサラウンドを体験できます。そして、映画のワンシーンの中に自分がいるような圧倒的な臨場感を楽しめます。

開発者インタビュー

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」が実現する新360立体音響体験。
次世代ホームシアターシステム『HT-A9』

大画面テレビの普及や家庭内でのエンタメ需要の高まりを受けて、「音」への注目度が高まっています。
そんな中で登場した『HT-A9』は、既存のどの製品とも異なる新発想のホームシアターシステム。ソニー独自技術「360 Spatial Sound Mapping」によって、4つのワイヤレススピーカーだけで広大かつ立体的なサラウンド環境を作りあげます。この全く新しい製品をどのようにして作りあげたのか。その開発に携わった主要メンバーたちが紹介します。

主な開発者メンバー達 開発者インタビューの続きはこちら別ウィンドウで開きます
人気YouTuber ワタナベカズマサ氏 TourbillonCafe氏がHT-A9・HT-A7000を体験

サウンドバー HT-A7000

サウンドバー HT-A7000 360 SPATIAL SOUND MAPPING, Dolby ATMOS, dtsx., 360 REALITY AUDIO, Hi-Res AUDIO, 8K HDR, 4K 120

*HT-A7000は別売専用リアスピーカーとの組み合わせで「360 Spatial Sound Mapping」を実現します

※最新のソフトウェアバージョンにアップデートする必要があります詳しくはこちら別ウィンドウで開きます

天井/壁からの音の反射と独自のバーチャル技術が深い没入感を生む
7.1.2chフラッグシップサウンドバー

ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mappingサンロクマル スペーシャル サウンド マッピング」対応

HT-A7000は別売専用リアスピーカーと組み合わせることでソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」を実現。サウンドバーとリアスピーカーからの音の波面を合成し、複数のファントムスピーカーを生成します。また、音場最適化技術により、スピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクで自動計測し、スピーカーの置かれている空間を把握。その情報をもとに広大な音場空間を創り出し、リビングが音で満たされるような360立体音響体験を可能に。まるで映画のシーンの中にいるような圧倒的な臨場感を楽しめます。

※最新のソフトウェアバージョンにアップデートする必要があります詳しくはこちら別ウィンドウで開きます

HT-A7000とSA-RS5の組み合わせの
360 Spatial Sound Mapping(イメージ)

別売リアスピーカー

7.1.2chのサラウンドシステムを1本のバースピーカーに

イネーブルドスピーカーやビームトゥイーターに加え、サブウーファーを搭載。
合計11個のスピーカーを内蔵した7.1.2chのサラウンドシステムを1本のバースピーカーにまとめました。サブウーファーは本体中央のセンタースピーカーの両側に2つのユニットを配置するデュアルサブウーファーを搭載。パワフルで迫力ある低音再生を可能にします。

7.1.2chによる立体音場の効果(イメージ)

新開発ビームトゥイーター搭載

壁からの音の反射を利用してワイドなサラウンドを実現する新開発ビームトゥイーターを搭載。
トゥイーターを取り付ける音響管には、位相を制御する複数の穴を設け、指向性の強い音を放射。
省スペースでも効率的に壁からの反射音を得られることで、より広がりのある音場と豊かな臨場感をもたらします。

壁からの音の反射でワイドな音の広がりを実現(イメージ)
開発者インタビュー

サウンドバーフラッグシップモデルがモデルチェンジ『HT-A7000』が実現する進化したサラウンドサウンド

テレビの下に置くだけでそのサウンドを大きく底上げしてくれるサウンドバーは、自宅で過ごす時間が増えた昨今の社会情勢下で大きな注目を集めています。今回紹介する『HT-A7000』は、ソニーのサウンドバーラインアップの頂点に位置する新フラッグシップ。その実力を、開発者たちが紹介します。

主な開発者メンバー達 開発者インタビューの続きはこちら別ウィンドウで開きます
人気YouTuber ワタナベカズマサ氏 TourbillonCafe氏がHT-A9・HT-A7000を体験
オーディオ・ビジュアル評論家 折原一也氏の体感レビュー HT-A7000 HT-A7000 + SA-RS5

人気YouTuberがサラウンド体験!

体験機種:「HT-A7000」+「SA-RS5」NEW

ワタナベカズマサ氏
やはり買って正解だった。ソニー最高峰のサウンドバーHT-A7000が超進化した件【SA-RS5】

動画のテキスト版はこちら別ウィンドウで開きます

体験機種:「HT-A9」「HT-A7000」

ワタナベカズマサ氏
Sonyの新型ホームシアターシステムが凄すぎて感動が止まらない!!【HT-A7000、HT-A9】

動画のテキスト版はこちら別ウィンドウで開きます

TourbillonCafe氏
Sonyがホームシアター新時代の扉を開く!!
「HT-A9」「HT-A7000」の驚きの異次元サウンドを体感!!!

動画のテキスト版はこちら別ウィンドウで開きます

商品ラインアップ

HT-A9

ホームシアターシステム

HT-A9

オープン価格

商品情報 ご購入はこちら
HT-A7000

サウンドバー

HT-A7000

オープン価格

商品情報 ご購入はこちら

リアルサラウンドを拡張できる
別売オプションスピーカー

SA-RS5

NEW

リアスピーカー

SA-RS5

対応モデル:HT-A7000
実用最大出力:90W+90W
バッテリー内蔵

オープン価格

商品情報 ご購入はこちら
SA-RS3S

リアスピーカー

SA-RS3S

対応モデル:HT-A7000
実用最大出力:50W+50W

オープン価格

商品情報 ご購入はこちら
SA-SW5

サブウーファー

SA-SW5

対応モデル:HT-A9/A7000
実用最大出力:300W

オープン価格

商品情報 ご購入はこちら
SA-SW3

サブウーファー

SA-SW3

対応モデル:HT-A9/A7000
実用最大出力:200W

オープン価格

商品情報 ご購入はこちら
カタログPDFダウンロード
サウンドバー/ホームシアターシステム サイトマップ