商品情報・ストアサウンドバー/ホームシアターシステム 話題の「ライオン・キング」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

話題の「ライオン・キング」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感 話題の「ライオン・キング」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

今(2019年)から25年前に公開されたディズニーのアニメーション映画を、最新CG技術を駆使してフルリメイクした『ライオン・キング』。動物たちの王国プライドランドを舞台に、偉大なるライオンの王・ムファサの息子、シンバが絶望を乗り越え新たな王となるまでの成長を描いた傑作です。映像面だけでなく音響面でも高い評価を集めている本作を、サウンドバー最新モデル『HT-X8500』と、ウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』で“体験”することでどれほど没入感が深まるのか?人気映画情報サイト「シネマトゥデイ」編集者・入倉功一さんにお聞きしました。

今回「ライオン・キング」の
視聴に使うのはこちら!

サウンドバー

HT-X8500

コンパクトボディに、迫力ある重低音を再生するデュアルサブウーファーを組み込んだオールインワンサウンドバー。バーの両端に配置されたフロントスピーカーで広がりのあるステレオサウンドを再生できるほか、ソニー独自の技術により、前後左右に加えて、高低差も感じられる3次元の立体音響を実現。最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」の再生にも対応しています。

詳しくはこちら

「ライオン・キング」『HT-X8500』で体験
シネマトゥデイ編集部・入倉さんが語る「ここがスゴい」

サバンナの大地を満たす“生命の息吹”を
広がりのあるサウンドで感じる

『ライオン・キング』&『HT-X8500』おすすめシーン!①

OPを飾る名曲「サークル・オブ・ライフ」で冒頭から大興奮

まずは何といってもオープニングでしょう!冒頭で声高く歌い上げられる名曲「サークル・オブ・ライフ」で気分が一気にワッと高揚します。『ライオン・キング』はミュージカル版も有名ですが、『HT-X8500』で聴くと、まるでそのステージが目前にあるかのように感じられます。ボーカルをしっかりと明瞭に引き出しており、非常に満足感が高いです。本作はミュージカル映画という側面も強いので、それをしっかり満喫できるのはうれしいですね。エルトン・ジョンが作曲し、シンバ役のドナルド・グローヴァーとナラ役のビヨンセが歌う挿入歌「愛を感じて」なども必聴ですよ。もちろん「ハクナ・マタタ」みたいなリズミカルな曲も軽快に楽しめます。

『ライオン・キング』の見せ場の一つであるボーカル曲の数々を
臨場感あるサウンドで味わい尽くそう。

『ライオン・キング』&『HT-X8500』おすすめシーン!②

風巻くプライドロックに立ち、シンバに託された王の義務を知る

物語の序盤、ムファサがシンバを連れて王国を巡るシーンでは、映像だけでなく、音でもプライドランドの“生命の息吹”を感じられます。具体的には小鳥の鳴き声や虫の鳴き声といったちょっとした環境音なのですが、音に囲まれているような感覚がとても不思議で新鮮です。スピーカーが間近にあることもあってか、映画館で観た時よりも、音を近くに感じることができました。特に個人的に印象に残ったのが、ムファサとシンバがプライドロックに登って王国を見渡すシーン。ここでは、彼らの周りを流れていく風の音まで体感でき、月並みな感想ですが、高いところにいるんだなぁ、と(笑)。こうしたサバンナの空気感を『HT-X8500』で“体験”してください。

サバンナの大自然を再現する繊細な環境音を『HT-X8500』が見事に再現。
それらが演出する空気感をしっかりと感じ取ろう。

『ライオン・キング』&『HT-X8500』おすすめシーン!③

サバンナ、夜の森、そしてゾウの墓場…。シチュエーションの違いを音でも体感

『HT-X8500』は包み込まれるような音がとても素晴らしい製品なのですが、特に強く感じ、驚かされたのが音の高低感。成長後のシンバが仲間たちと過ごす夜の森のシーンでは、頭上を覆うように生い茂る木々の葉擦れの音や、足下の草むらで小さく鳴く虫の声などで、ひらけたサバンナの大地とは異なる場所にいることを明瞭にイメージできました。また、子ライオン時代のシンバとナラが追い詰められるゾウの墓場の岩場のシーンでも、岩に反射するハイエナのうなり声などがとても不気味に感じられましたね。前方に置いてあるだけのサウンドバーでまさか上下方向の音の広がりまで感じられるとは思いませんでした。ここはぜひ『HT-X8500』自慢のドルビーアトモスで楽しんでいただきたいです。

ソニー独自技術「Vertical Surround Engine」が生み出す
音の高低感が立体的な音響空間を再現

『ライオン・キング 4K UHD MovieNEX』

ドルビー

1994年にアニメーションで公開されて以来、映画や音楽、舞台など、様々な分野で記録を樹立し、世界中で愛され続けているディズニーの傑作が、フルCGによる驚異の“超実写版”で甦る。俳優としても人気の高いジョン・ファヴロー監督が手掛け、「サークル・オブ・ライフ――命のつながり」をテーマに、運命に立ち向かう物語とそれを彩る数々の名曲に、世代も国境も超えて、すべての人の心に響く唯一無二の感動エンターテイメント!

最新作『ライオン・キング』がディズニーデラックスにて12月4日レンタル配信開始

他にもまだあるサウンドバー『HT-X8500』の便利機能 他にもまだあるサウンドバー『HT-X8500』の便利機能

  • 1

    コンパクトなスリムサイズ

    横幅890mm、奥行き96mmとコンパクトかつスリムなサイズを実現。テレビの前の限られたスペースに配置することができます。

  • 2

    立体音響を手軽に楽しめる

    「ドルビーアトモス」や「DTS:X(R)」に対応していない、テレビ番組や映画などのコンテンツをソニー独自のバーチャルサラウンド技術によって、立体音響で楽しめます。

  • 3

    Bluetoothでスマホにも接続可能

    スマートフォンやPC、ウォークマンなど、Bluetooth対応のオーディオ機器にワイヤレス接続し、音楽再生を楽しむことができます。

HT-X8500 商品情報

実写を越えるかのようなCG映像を彩る、極上サウンドを
ワンランク上のオーディオ機器でしっかりと楽しんでほしい!

『ライオン・キング』という作品は、ディズニーが「超実写版」というように、まるで実写と見間違うほどのCG映像が自慢です。とりわけ面白いのがその作り方。シネマトゥデイでも取材し、記事にしましたが、『ライオン・キング』では一般的なCGアニメとは異なり、あらかじめ作り込まれた舞台と俳優(ここでは動物たち)の動きを、カメラマンがVRゴーグル越しに確認しながら手元のコントローラーでカメラ(バーチャルカメラ)を動かし撮影していくという、非常に新しいことをやっているのです。その目的は、実写映画ならではのリズム感や偶発性を映像に与えること。莫大な手間とお金がかかるはずですが、そこにジョン・ファヴロー監督のこだわりがあります。

そして、映像に負けないくらい音響面も凝りに凝っています。ボーカル曲の部分はもちろんのこと、何より素晴らしいのがサバンナの大自然を感じさせる環境音。オープニングがとりわけ象徴的だと思うのですが、小さなネズミの小さな足音、息づかいまでもしっかりと表現されています。作り込まれたCG映像同様、こちらも本当の自然の音ではないのですが、だからこそ、制作陣が大切にしていることが伝わってきますね。スカーが王位を略奪し、プライドランドから生命力や豊かさが失われてしまった後の物悲しさとの対比もとても印象的でした。

こうした生命の営みを感じさせてくれる音をしっかり楽しまずして、『ライオン・キング』は語りきれません。音の広がりで大自然を満喫できる『HT-X8500』と、耳元で迫力ある音の響きを堪能できる『SRS-WS1』、お好みの機器で、この作品を楽しんでください。

●識者プロフィール

シネマトゥデイ編集部・入倉功一

映画にまつわるさまざまな情報を発信する映画情報サイト「シネマトゥデイ(https://www.cinematoday.jp)」所属。映画スターへのインタビューから、国内外映画イベントのレポート、最新映画の見どころ紹介など幅広い記事を執筆している。

Ultra HDブルーレイを見るなら
最新プレーヤーで!!

Ultra HD ブルーレイで、次世代の映像美が楽しめる

Ultra HDブルーレイ/DVDプレーヤー

UBP-X800M2

詳しくはこちら

圧倒的な映像美の4K+HDR映像と、立体音響技術「ドルビーアトモス」などの最新音声フォーマットを収録可能なブルーレイディスク「Ultra HDブルーレイ」の再生に対応するプレーヤー。最新の高画質・高音質設計・機能によって、その魅力を最大限に引き出します。

© 2019 Disney
カタログPDFダウンロード
サウンドバー/ホームシアターシステム サイトマップ