商品情報・ストアサウンドバー/ホームシアターシステム 話題の「スター・ウォーズ」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

話題の「スター・ウォーズ」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感 話題の「スター・ウォーズ」をソニーの最新機器のシアターサウンドで体感

1977年に第1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が米国で公開されてから40余年。世代を超えて世界中のファンに愛され続けてきた「スター・ウォーズ」サーガが、昨年末、ついにその幕を引きました。新世代のヒーローたちを主人公に据え、銀河帝国崩壊後の混乱を描いた続三部作が、エピソード9『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にて完結したのです。そこで、その感動を自宅で追体験できるディズニーデラックスでのレンタル配信およびMovieNEXの発売を記念し、肩に乗せるだけのウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』と、サウンドバー『HT-X8500』で本作を再体験。人気映画情報サイト「シネマトゥデイ」編集者・入倉功一さんが、その楽しみ方を語ります。

今回「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の視聴に使うのはこちら!

サウンドバー

HT-X8500

コンパクトボディに、迫力ある重低音を再生するデュアルサブウーファーを組み込んだオールインワンサウンドバー。バーの左右端に配置されたフロントスピーカーで広がりのあるステレオサウンドを再生できるほか、ソニー独自の技術により、前後左右に加えて、高さ方向の音の広がりも感じられる3次元の立体音響を実現。最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」の再生にも対応しています。

詳しくはこちら

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」『HT-X8500』で体験
シネマトゥデイ編集部・入倉さんが語る「ここがスゴい」

『HT-X8500』なら、劇場感覚で
「スター・ウォーズ」サウンドを楽しめる

『スター・ウォーズ』&『HT-X8500』おすすめシーン!① ジョン・ウィリアムズ最高の仕事を最高のサウンド環境で聴こう 『スター・ウォーズ』&『HT-X8500』おすすめシーン!① ジョン・ウィリアムズ最高の仕事を最高のサウンド環境で聴こう

ジョン・ウィリアムズの担当した素晴らしい音楽も『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の魅力の一つ。昨年、映画公開前にJ.J.エイブラムス監督にインタビューした際、彼が「今回の仕事でジョンは“自分を超えた”みたいなんだよ」といっていたのですが、私も『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の楽曲群はシリーズの中で最も感動的なスコアだと評価しています。
今回『HT-X8500』で視聴して、改めて気づかされたのが、本編のほぼ全体にわたって劇伴(げきはん)が奏でられていること。特に冒頭十数分は、シーンの変遷に合わせて名曲がメドレーのように途切れることなく再生されます。これに気がついたのも『HT-X8500』のサウンドがあまりに印象的だったから。ウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』のまるで4DXシアターのような迫力あるサウンドも素晴らしいのですが、ジョン・ウィリアムズが指揮するオーケストラを聴いているかのような『HT-X8500』の、リアルで繊細なサウンドも必聴です。

全編を通して奏でられるジョン・ウィリアムズの楽曲の素晴らしさを満喫するには『HT-X8500』のような優れたサウンド環境が必須! 全編を通して奏でられるジョン・ウィリアムズの楽曲の素晴らしさを満喫するには『HT-X8500』のような優れたサウンド環境が必須!

砂漠、森林、荒海……さまざまなシチュエーションを耳でも感じてほしい 砂漠、森林、荒海……さまざまなシチュエーションを耳でも感じてほしい

砂漠の惑星パサーナの祝祭や、惑星エイジャン・クロスの秘密基地、惑星エンドアの衛星ケフ・ビアーなど、屋外のシーンはDolby Atmosに対応する『HT-X8500』の良さをしっかりと実感できますね。葉ずれや風の音などといった環境音で自然な空間の広がりを感じさせつつ、地面をギュッと踏みしめたような足下の音もきちんと聴こえてきます。それぞれの惑星の違いを音でも感じられるのが面白かったです。
その上でぜひ体感していただきたいのが、パサーナの祝祭の最中にレイとカイロ・レンが感応し、フォースを通じて会話をするシーン。2人の意識が繋がった瞬間、周囲が夜のように暗くなるのですが、それに合わせて音場もグッと狭くなり、くぐもった感じになります。そして、会話が終わった瞬間にそれがワッと広がり、元に戻る。この感覚は良いサウンド環境で聴かないと、なかなか実感できないのではないでしょうか。

広がりのある空間表現は『HT-X8500』の得意とするところ。スター・ウォーズに登場する様々な星の個性を聴き分けよう 広がりのある空間表現は『HT-X8500』の得意とするところ。スター・ウォーズに登場する様々な星の個性を聴き分けよう

『デス・スターという建造物の驚くべき巨大さを音の力で体感する デス・スターという建造物の驚くべき巨大さを音の力で体感する

おすすめシーンその②では屋外のシーンにおける空間の広がりを紹介しましたが、『HT-X8500』では、それとは逆の閉鎖された屋内の空間もしっかり感じ取ることができます。代表的なシーンが、ケフ・ビアーに落下したデス・スター内部。低くて重い音の反響によって、デス・スターという建造物がいかに巨大だったのかを耳で実感できるんです。これまで何度も登場しているデス・スターですが、その大きさをここまで明瞭に感じられるシーンって実はあまりなかったように思います。その後、隠し部屋に入ると大きな音とともに扉が閉まり、環境音で閉じ込められたことがわかるような閉塞感を表現。空間を意識した音作りをしっかりと感じることができます。
こうした効果は、惑星パサーナの後半、渓谷や洞窟のシーンでも感じられます。渓谷を吹き抜ける風などによって、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえます。

音の反響が生み出すリアリティも『HT-X8500』の真骨頂 上下左右に響き渡る繊細な音の違いを感じてほしい。 音の反響が生み出すリアリティも『HT-X8500』の真骨頂 上下左右に響き渡る繊細な音の違いを感じてほしい。

限定キャンペーン開催中!

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 4K UHD MovieNEX』

ドルビー

かつて銀河に君臨していた祖父ダース・ベイダーに傾倒し、その遺志を受け継ぐべく、銀河の圧倒的支配者へと上り詰めた、スカイウォーカー家の一人でもあるカイロ・レン。そして、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、類まれなフォースを覚醒させたレイ。新たなるサーガを担う若者二人の運命が、この物語の行く末を担っている。
はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託された――。

最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』がディズニーデラックスにて4月8日レンタル配信開始

他にもまだあるウェアラブルネックスピーカー『HT-X8500』の便利機能 他にもまだあるウェアラブルネックスピーカー『HT-X8500』の便利機能

  • 1

    コンパクトなスリムサイズ

    横幅890mm、奥行き96mmとコンパクトかつスリムなサイズを実現。テレビの前のちょっとしたスペースに配置することができます。

  • 2

    立体音響を手軽に楽しめる

    「ドルビーアトモス」や「DTS:X(R)」に対応していない、テレビ番組や映画などのコンテンツをソニー独自のバーチャルサラウンド技術によって、立体音響で楽しめます。

  • 3

    Bluetoothでスマホにも接続可能

    スマートフォンやPC、ウォークマンなど、Bluetooth対応のオーディオ機器にワイヤレス接続し、音楽再生を楽しむことができます。

HT-X8500

HT-X8500

HT-X8500 商品情報 HT-X8500 ご購入はこちら
4K/8Kブラビアと組み合わせてもっと楽しもう キャンペーン キャンペーン期間(予約・購入期間)2020年4月2日(木)〜2020年7月28日(火)

こだわり抜かれたスカイウォーカー・サウンドの
音響を
『SRS-WS1』と『HT-X8500』で
満喫しよう!

「スター・ウォーズ」の音響面を担当しているスカイウォーカー・サウンドは、他に類を見ない細やかな音響設計で有名なスタジオ。その最新作である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』では、同社の実力をこれでもかというほど感じることができます。シネマトゥデイでも過去にスカイウォーカー・サウンドのエンジニアにインタビューしたことがあるのですが、彼らはクリーチャーの鳴き声ひとつとっても物凄いこだわりを持って細かく作り込んでいるんですよね。そうした細かな仕事を『SRS-WS1』や『HT-X8500』では、よりクッキリと聴き取ることができます。

中でも気に入っているのが『SRS-WS1』で体感できるライトセーバーの音。「ぶおおおおん」という動作音や、「バシン! バシン!」 とライトセーバーをぶつけ合う衝撃音などが振動の力で伝わってくるのが快感ですね。ぜひ『SRS-WS1』の振動機能を強にして楽しんでください。そのほか、宇宙船の中など、閉鎖的な空間での没入感では『SRS-WS1』そして『HT-X8500』に大きなアドバンテージを感じました。劇場で観るのとはまた違った喜びがありますよ。

対する『HT-X8500』の良いところは、映画館顔負けの上質なサウンド環境を自宅に構築できること。特に音の広がりは見事で、よりリアルに“空間”を感じることができました。作品に込められた小さな音も聴き逃したくないのに、映画館では周囲の雑音が気になってしまって……という人には『HT-X8500』をぜひ試していただきたいですね。

スター・ウォーズのサウンドは、それぞれ公開当時の最新技術を駆使して生み出されたもの。つまり、その魅力を引き出すためには最新のオーディオ環境が必要なのだということを、改めて強く感じましたね。

今回の視聴をきっかけに、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』だけでなく、これまでの作品全てを『SRS-WS1』そして『HT-X8500』で再体験したくなりました。皆さんもぜひ!

●識者プロフィール

シネマトゥデイ編集部・入倉功一

映画にまつわるさまざまな情報を発信する映画情報サイト「シネマトゥデイ(https://www.cinematoday.jp)」所属。映画スターへのインタビューから、国内外映画イベントのレポート、最新映画の見どころ紹介など幅広い記事を執筆している。

Ultra HDブルーレイを見るなら
最新プレーヤーで!!

Ultra HD ブルーレイで、次世代の映像美が楽しめる

Ultra HDブルーレイ/DVDプレーヤー

UBP-X800M2

詳しくはこちら

圧倒的な映像美の4K+HDR映像と、立体音響技術「ドルビーアトモス」などの最新音声フォーマットを収録可能なブルーレイディスク「Ultra HDブルーレイ」の再生に対応するプレーヤー。最新の高画質・高音質設計・機能によって、その魅力を最大限に引き出します。

© Disney © 2020 & TM Lucasfilm Ltd.
カタログPDFダウンロード
サウンドバー/ホームシアターシステム サイトマップ