商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

RailMagazine

高解像で精細に描き出す
空から捉えた鉄道写真「空鉄」
〜空撮でも使われるα7R IIIの真価とは〜

写真作家 吉永陽一 氏

α Universe editorial team

セスナ機やヘリコプターに乗り、上空から捉えた鉄道写真『空鉄(そらてつ)』。吉永陽一さんは、フィルム時代から空撮を続けている日本屈指の写真作家。吉永さん曰く“飛び道具”を使っての撮影は、どのように準備し、どのような状況で行われるのだろうか。知られざる空鉄の世界に迫る。

吉永 陽一/写真作家 1977年、東京都生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、建築模型製作スタッフを経て空撮会社へ。フリーランスとして空撮のキャリアを積み、長年の憧れであった空撮鉄道写真に挑戦。2011年の初個展「空鉄(そらてつ)」を皮切りに、個展や書籍などでさまざまな空撮鉄道写真を発表し、注目を集める。空撮はもとより、旅や鉄道などの紀行取材も行い、陸空で活躍する。日本鉄道写真作家協会会員、日本写真家協会会員。

変わりゆく渋谷の今を記録するため
駅界隈を中心に空から撮影

――今回、撮影していただいた作品群のテーマを教えてください。

再開発が著しいターミナル駅、渋谷の今をテーマに「変わる渋谷と変わらない渋谷、これから変わる渋谷」を空から撮影しました。私は渋谷生まれの渋谷育ち。思い出深い街が変わっていく今を記録として残したいと思い、このテーマに決めました。

私が撮影で大事にしていることは記録性です。写真は何十年経っても残っていくものですから、正しく記録することを心がけています。あとは日常の息づかい。鉄道の何気ない一瞬も撮影後は過去になる。その瞬間の人々の営みや風景なども意識して撮影しています。今回の撮影でも、その部分を表現できるように心がけました。

――空撮は事前準備も大変だと思います。実際、どのような手順で進めていくのですか?

今回の撮影を例に説明しますね。メインとなる被写体は渋谷駅なので、まずは渋谷駅をどういう風に撮りたいか、自分の中でイメージします。次に上空から撮れる鉄道のダイヤをリサーチ。さらに撮影に適した天候かどうかも調べてから、撮影場所の近くに空港がある航空会社に空撮用セスナ機の予約を入れます。そこからは資料づくりです。

「変わらないもの」と「変わっていくもの」の対比も必要だと思い、渋谷の隣の駅である神泉駅や原宿駅も撮影したいと思いました。そのため、何時にどの駅の上空を飛ぶかを考えます。航空地図を使って距離や移動時間を算出し、どのくらいの高さで飛び、どの方向から何を撮影するかを決めておきます。

しかし、思い通りにいかないのが空撮です。段取りよくスケジュールを組んでも、天候に左右されますし、列車が遅れて時刻通りに来ない可能性もある。段取りが崩れた時にパニックにならないよう、上空では臨機応変な対応が求められます。例えば、今回のようにメインが渋谷駅ならば、渋谷駅はマスト。さらに「変わらないもの」も必要なので、次に必要なのは神泉駅。というように優先順位をつけておきます。撮影時は無理をせず、妥協点を見つけることが先決です。

セスナ機のチャーター代は、1時間で東京・ヨーロッパ間の安値の航空券代くらいかかるので、費用が無駄にならないよう貪欲に撮影しがちです。それでも、ある程度決めカットが撮れたら、深追いせずに次に行くことが大切。先のことを考えて素早く判断していくことも、空撮では重要です。

独自の方法で体を固定させ、揺れに対応。
機内ではパイロットへの指示出しも行う

――セスナ機の中では、どのようなスタイル、状況で撮影しているのですか?


セスナ機は昔の軽自動車並みの狭さです。パイロットとの距離も近く、すぐそこに背中があるという感じ。パイロットとは事前に打ち合わせもしていますが、飛ぶ角度や高度については現場でも指示を出します。下の写真は、機体を倒す指示を出しているところです。200フィート(約60m)下げて欲しい時は、ピースサインのように2本の指を見せるなど、手を使って説明します。機内はプロペラ音もかなりうるさいので、声だけでなく手を使うとパイロットに伝わりやすいですから。ちなみに航空の世界では、海里(nm)、フィート(ft)、ノット(kt)を使います。

空撮用のセスナ機はB4用紙くらいの窓が開き、そこから撮影します。機体の外にレンズを出してしまうと風に飛ばされて落下する危険性があるので、窓枠ギリギリにレンズの先端が来るように構えます。機内はかなり不安定なので、正座をして、天井に頭をくっつけて体を固定するのが私の撮影スタイル。真上から撮りたい時は機体を60度くらいに倒して撮影するので、態勢をキープするには慣れが必要です。

α7R IIIは、安定感がない機内でもグリップをしっかりホールドできて好感が持てました。特に縦位置グリップ(VG-C3EM)を使用するとレンズとのバランスが良くなり、安定感が増しますね。カメラに対してストレスがあると撮影に集中できませんが、α7R IIIは空気のような存在で撮影をサポートしてくれました。

また、「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」は高い描写性だけでなく、ズームアップしても前玉が出ないのも魅力です。窓枠ギリギリで撮っているので、前玉が出ると機体が揺れて窓枠に当たってしまうことがあります。そうするとジワジワと軸ズレを起こしてしまうので、それを気にせずズームアップできるのは大きなメリットです。

私は今回初めてα7R IIIに触れます。五感を慣らすために、テーマである渋谷とは関係なく、以下3点の作品を撮影したものですが、AF性能やレンズの描写力も信頼して撮影本番を迎えることができました。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 128mm,F5.6,1/1600秒,ISO400

機体を傾けて垂直に撮影し、AF性能を実感した1枚。曇天の状態で新幹線の頭の部分のみ光が当たっているミックス光だったが、ワイドAFでしっかりピントを合わせることができた。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 200mm,F6.3,1/1600秒,ISO400

望遠端である200mmの写りをチェックするために撮影したJR東日本の車両基地「尾久車両センター」。豪華なクルーズ寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」や、電源を供給する電源車など、レアな車両も卓越した描写力で写し撮った。

α7R III,FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS 312mm,F6.3,1/2000秒,ISO200

方南町にある東京メトロ丸の内線の「中野車両基地」。「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」は少しのズレでもフレームアウトしてしまうが、5軸ボディ内手ブレ補正がしっかり効いて落ち着いて撮れ、狙い通りの作品に。

緻密で幾何学的な模様のビル群を
圧巻の高解像でシャープに描き出す

――ここからは今回のテーマに沿った、渋谷駅周辺の作品ですね。

α7R III,FE 24-70mm F2.8 GM 36mm,F5.6,1/2000秒,ISO640

実は定期的に同じ角度から何度も撮り続けている風景です。以前撮影したものと比べると、駅や周辺の雰囲気がだんだん変わっているのがわかります。まさに記録性ですね。構図は縦横のラインをしっかり意識し、メインとなる駅を中心に持ってきました。中央下、ヘリポートがあるビルは高さの感覚がわからないと思いますが、それを狙って撮っています。真上から見ると絵のようで、幾何学的な模様も意識しました。

この作品では、α7R IIIの高解像を実感できますね。画素数が大きいので画像が流れてしまうかと思いましたが、しっかり描写してくれました。展示することを考えて、B0判に伸ばしても問題ないと確信が持てるほど。大きく伸ばした時に見えてくるディテールにもワクワクします。「FE 24-70mm F2.8 GM」は周辺の歪みもなく、カリッとシャープに仕上げることができました。解像感も描写力も申し分ありません。建物や鉄道には向いている組み合わせです。

α7R III,FE 24-70mm F2.8 GM 31mm,F5.6,1/2000秒,ISO800

「4240万画素はすごい」と吉永さんが声を漏らすほどの高解像。渋谷駅周辺を違う角度から撮影し、再開発で誕生したビルのほとんどを画面に入れ込んだ。こちらも街の変化がわかる説明的なカット。

α7R III,FE 24-70mm F2.8 GM 51mm,F5.6,1/2000秒,ISO640

宮下公園は吉永さんが子どものころに遊んだ場所。再開発が進められている様子と、内回りの山手線を同時に切り取った。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 132mm,F5.6,1/2000秒,ISO640

2020年に解体予定の東急百貨店 渋谷駅・東横店は、今しか撮れない被写体。昭和13年に低層部ができ、戦後に上層部を付け足している地層のような建物。渋谷の過渡期を残す建物も写真として記録した。

AFの速さやリカバリー能力は期待以上!
電車はコンティニュアスAFで追随

――ここからは吉永さんの代名詞「空鉄」ですね。下の作品の撮影意図を教えてください。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 161mm,F5.6,1/2000秒,ISO640

セスナ機で旋回しながら、黄色い銀座線が来るタイミングを待ちました。以前の東京メトロは車体のベースがすべて銀色でしたが、最近は色のついた車体も増えてうれしいです。銀色だと風景に溶け込んでしまい、電車が目立ちませんからね。銀座線は何としても撮りたいと思っていたし、できれば昔からあるビルと新しいビルを入れて対比させたかったので、いいタイミングで電車が来てくれました。望遠レンズで圧縮して、新旧の渋谷を印象的に表現できた1枚です。

――空から走る電車を狙う時の、AFモードの設定を教えてください。

地上でいろいろ試してみた結果、コンティニュアスAFを使うことにしました。さらに「AF被写体追従感度」を「1(粘る)」に設定。カメラを左右に振ってみたりしましたが、しっかり電車を追随してくれましたよ。フォーカスエリアはシーンによってワイドにしたり、ゾーンにしたり頻繁に変更するため、カスタムで「C1」に割り当てました。最初はワイドで試して、食いつきが悪かったらゾーンに変える、という使いかたでしたね。

正直、AF性能は期待以上でした。高画素機なのでピントもシビアになると思っていましたが、合焦は早く、きちんと欲しいところにピントの山がきている。ピントがズレてもすぐにリカバリーしてくれた。飛行機に乗っていると状況がコロコロ変わるため、ちょっとしたズレが起きがちです。下に向けて望遠で寄って撮ると、なおのこと。そういう状況でも、すぐにピントが戻ってくれた時は感動しました。

あと、コンティニュアスAFではピントが合わないとシャッターが切れない「フォーカス優先」モードがあるのもよかった。ピントが合っていない写真を撮っても結局使えないので、それなら撮れないほうがいいじゃないですか。この機能のおかげで、無駄打ちせずに済みました。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 179mm,F5,1/2500秒,ISO640

再開発の過程を望遠で撮影。少し前に線路が広がったJR埼京線、ホームが移動になる前の東京メトロ銀座線など今の渋谷駅が見てとれる。ディテールが潰れずに表現できるよう、曇りのタイミングを狙った。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 135mm,F5.6,1/2000秒,ISO640

昔ながらの店も多く、懐かしい風景が残っていた渋谷駅の南側、解体中の桜丘地区。「線路を走る電車が縦のラインをスパーンとつくっていて、気持ちのいい構図」と吉永さん。

上空を旋回しながら待った
地上に顔を出す一瞬は連写で撮影

――下の作品はとてもユニークな空鉄ですが、撮影場所はどの辺りですか?

これは鉄道好きも注目の空鉄です。一見どこに鉄道が写っているかわからないですよね。そんな遊び心も乗せて撮影しました。横位置で見た時、人間の目は中央より少し下に視線が行く傾向があるので、そこにメインの被写体となる電車を配置した、あえての日の丸構図です。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 91mm,F5,1/2000秒,ISO640

中央に寄ると京王井の頭線が写っている。ここまで拡大しても解像感は保たれている。

場所は、渋谷駅から京王井の頭線に乗って1駅の神泉駅。まずは神泉のさらに1つ先の駒場東大前駅からトンネルに入る電車を見届け、神泉駅の上空に来ました。この電車が各駅停車なのはわかっていたので、時間を予想して待っていました。パイロットに「とりあえず、ここで速度を落として旋回してください」と伝えて。その段階で、どの方向から撮るとバランスがいいか、街をどこまでいれるべきか考えていました。五分五分の勝負でしたが、いいタイミングで撮れてよかったです。

――このようなシーンでは連写を使うのですか?

この時は「Hi」モードで連写しました。基本的に連写は3枚くらい。たくさん撮るわけではありませんが、一瞬の勝負の時は頼りになります。空から電車が見える短い間にも架線柱がありますので、そこに車両の顔が被らないようにするためにも連写は有効です。

街と森の対比ができる原宿駅。
望遠撮影では手ブレ補正の効果を実感

――下の作品は原宿駅付近ですね。

東京なのに大きな森がある、私の大好きな場所です。左にごちゃごちゃした街並み、右に明治神宮の森。その対比を意識し撮影しました。この作品は再開発をしている駅に2本の電車を絡め、記録性と鉄道が川のような構図のおもしろさの両方を狙いました。

α7R III,FE 24-70mm F2.8 GM 68mm,F5.6,1/1600秒,ISO640

対比して見せるには中心線をどこに持っていくべきか、決めるのに少し悩みました。誌面に掲載された時をイメージして、ノド(本を見開きにした時の綴じ部付近)に肝心な電車がかからないようにするのもポイントです。

上の写真の一部を拡大し、山手線に寄ったもの。

鉄道写真的には電車の顔が命なので、架線柱に顔がかからないタイミングを狙います。電車の顔に架線柱がかかってしまうと、完全にボツですから。これはベストな感じで、鉄道ファンが見ても気持ちがいい作品ではないでしょうか。

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 200mm,F5.6,1/2000秒,ISO640

上の作品は駅舎に寄って撮影したものです。原宿駅は、今使っている駅舎が手狭になったため、2020年に向けて新しい駅舎をつくっています。今の駅舎は1924年製の木造駅舎で、都内に残る木造駅舎で一番古いもの。解体する前に記録として残したいと思い、撮影に向かいました。電車が来るのを待つこともできたのですが、時間が押していたので妥協。今回のテーマなら駅舎だけで十分に力があると判断したわけです。

「FE 70-200mm F2.8 GM OSS」は取り回しがよく、200mmの望遠端でも5軸ボディ内手ブレ補正の効果でシャープな描写が得られます。拡大すると駅前を歩いている人まで見える解像感は本当に見事。200mmならAPS-Cサイズにクロップして300mm相当の画角も得ることができます。もちろん解像度は落ちますが、α7R IIIは約4240万画素もあるのでクロップしても高画質を確保できる。簡易的ですが、レンズ交換せずにもう一歩近づけるのは大きなアドバンテージです。飛行機で寄れないシーンもたくさんありますし、電車が通るのは一瞬ですから、使わない手はありませんね。

今後撮ってみたいのはα7R IIIの強みを
存分に生かせるプロペラ戦闘機!

――吉永さんにとって、空から撮る写真の魅力とは?

人間は空を飛べないので、空から見る世界は憧れでした。建物から見るのとは違って、鳥のように上空を飛び回り、自分の思い通りの角度から撮れる。そんな疑似体験をできるのが、私にとっては一番の魅力です。

鉄道写真は極めている写真家のかたがたくさんいらっしゃいますから、プロとして人と違うものを撮りたい。さらに奇をてらわず、きちんとしたプロセスで記録したい。空撮は客観的に見るものなので資料に使われることもあり、仕事としても強みになると思いました。最初に作品を発表した時は「空撮なんて」と言われましたが、その世界を探求したかった。だから自分なりに「鉄道が好き」という気持ちを前面に出し、本当に見たい景色を空から撮ろうと決めました。資料としてだけでなく、見ていて楽しいものを撮り、アップデートを繰り返して今がある、という感じです。

――今後、ソニーにはどんなレンズを開発して欲しいですか?

300mm F2.8の軽くてバランスのいいレンズがあるとうれしいですね。鉄道写真を撮る人にとっては、昔から300mm F2.8が基準の望遠レンズです。200mmよりも長いので、離れた位置から圧縮して撮るなど、表現の幅がさらに広がりそうだし、単焦点の描写力も楽しみ。ソニーでも開発を検討してもらえるとうれしいです!

――α7R IIIで今後、撮影してみたい被写体があれば教えてください。

趣味で撮影している、大好きなプロペラ戦闘機を撮ってみたいです。プロペラは高速シャッターで撮ると止まって写ってしまいます。それでは臨場感のないつまらない写真になってしまうので、止まらないように1/250秒、1/160秒といった低速シャッターで撮影しなければなりません。そうすると、ピントの追随性能と手ブレ補正が必要になる。しかも大きくて重い望遠レンズで撮るから、取り回しも楽なほうがいい。

今回、実際に使ってみてα7R IIIの機動性、AF追随性能の高さ、手ブレ補正の強さがわかったので、その強みを生かしてカッコいい戦闘機の写真が撮れれば最高です!

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ