商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

CAPA

ついに出た!
手ブレ補正&瞳AF etc. 全部入りモデル!!
スナップ 動きモノ 4K動画
3つの顔を持つオールラウンダー現る
ソニーα6600

α Universe editorial team

ソニーαシリーズの最新機能をコンパクトボディに凝縮したα6600が登場。軽快なスナップからフルサイズミラーレスαシリーズのサブ機、またYouTuberのムービーカメラとしても最適な実力機の魅力に全方位で迫ります!! 写真・解説 桃井一至

スナップ派の
メインカメラにオススメ!

リアルタイムトラッキングやボディ内5軸手ブレ補正など、シリーズの最新機能を惜しみなく搭載したα6600。小さなカメラバッグで持ち歩けるコンパクトサイズだから、軽快なスナップ撮影が楽しめる。

α7 IIIと同等の新世代画像処理エンジンで画質性能をワンランクアップ
センサーの有効画素数は約2420万画素と従来モデルのα6500と変わらないが、新世代のBIONZ Xにより、常用ISO感度&拡張ISO感度がアップし、細部の質感描写を実現。マウントはフルサイズのα7シリーズと共通だからレンズが共用できる。

有効約2420万画素APS-CサイズCMOSセンサー + 新世代画像処理エンジンBIONZ X

細部まで緻密に建物をリアルに描き切る高い画質
レトロな建物はレンガや装飾が施されて魅力タップリな被写体だ。拡大して見ると周辺部まで目立つ画質劣化もなく、素材の粒まで見えそうな勢いだ。この画質なら大伸ばしにも安心して利用できる。

α6600,E 16-55mm F2.8 G,F6.3,1/1600秒,ISO100

最強のスナップズーム E 16-55mm F2.8 G登場
待望のAPS-Cサイズ用大口径標準ズームが登場。精細な描写や自然なボケ味など、α6600との組み合わせは抜群。APS-Cサイズ用らしく、サイズも手頃。静かで速い最新のAFモーターで快速だ!

磨きを掛けた画質とAFで鬼に金棒のスナップカメラ
飛ぶ鳥を落とす勢いでラインナップ構築を進めるαシリーズ。依然α7シリーズの人気は高いが、ソニーはライトに楽しみたいユーザーに向けたα6600シリーズも着実に進化させてきた。α6600は光学式ボディ内5軸手ブレ補正とリアルタイム瞳AF機能を併せ持つ、APS-Cサイズセンサーのフラッグシップモデル。 コンパクトなボディは、バッテリーとメモリーカードを含めても、質量はおよそペットボトル(500ml)1本分。同時発表されたE 16-55mm F2.8 Gと合わせても1キロを切る身軽さは、スナップシーンで活躍する。 最高約11コマの高速連写機能は、スナップシーンで持て余すように思いがちだが、ゆとりのあるバッファメモリーや俊敏なAFが、被写体を小気味よく確実に捉えてくれる。気の向くままにレンズを向けた瞬間を切り取るのにピッタリだ。 気になる画素数は約2420万画素。α7 IIIと同等とあって不足はない。フルサイズ機と画素数が同じだと、超高感度画質を心配するかもしれないが、ザラザラしたノイズや色ノイズを低減させつつ、絶妙なバランスで解像感を残し、自然に仕上げている。 目玉機能のリアルタイム瞳AFは動物にも対応。被写体が不意に動き出しても、しっかり追い続けるのにはビックリ。この小さなボディがとても頼もしく見えてくる。ボディ内5軸手ブレ補正も、夜や屋内ではその効果がはっきり体感できる。超高感度性能と組み合わせれば、まさに鬼に金棒だ。

カメラ任せでもポニーの瞳をしっかり捉えた!
リアルタイム瞳AFがブラッシュアップされて、動物撮影まで楽しめるように進化。顔の長い動物であっても、鼻先でなく、しっかり瞳にピントを合わせ続ける。約8コマ/秒のサイレント連写も使えるので、音に敏感な動物にもやさしい。

α6600,FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS,F5.6,1/640秒,ISO800

ISO6400でも夜景スナップがイメージどおりに
夜の高速ジャンクションを手持ちで撮影。ISOオート(ISO6400)で撮影したが、月や空に浮かぶ雲の階調、そして暗部のディテールも見た目に近い、低ノイズで極めて良好な仕上がりだ。最新センサーとエンジンの為せる技だ。

α6600,E 16-55mm F2.8 G,F2.8,1/25秒,ISO6400

画面周辺までカバーする高密度AFが被写体を逃さず捉え続ける
425点の像面位相差AFに加え、コントラストAFも425点に進化。像面位相差AFは画面の約84パーセントをカバーする。最速0.02秒の高速AFや、AIを利用した動体予測アルゴリズムにより被写体を逃さない。

手持ち撮影の範囲を広げる5軸ボディ内手ブレ補正を搭載
フルサイズ機で培った光学式5軸ボディ内手ブレ補正を搭載。揺れの検知を高精度ジャイロセンサーで瞬時に行ない、角度ブレ、シフトブレ、回転ブレを補正。5.0段分の補正効果が得られる。

光が厳しい状況を手持ちでシャープに狙える
暗い場所は手ブレやピント合わせが難しいシーンだが、AF検出輝度は-2EVに強化。手ブレ補正効果は5.0段相当で、望遠端で撮影してもまだゆとりが残る。テールライトの軌跡を延ばすような夜景シーンを狙わない限り、夜の街スナップは手持ちで撮れる。

α6600,E 16-55mm F2.8 G,F2.8,1/25秒,ISO200

ハイアマユーザーのサブ機にピッタリ!

フルサイズのα7シリーズと同じレンズマウント、同じバッテリーを採用するα6600は、フルサイズミラーレスαシリーズユーザーのサブ機としてもオススメ。レンズが使い回しできるし、約1.5倍の望遠効果が得られるのも◎な点だ。

リアルタイムトラッキングなら構図に集中して連写できる
ゆったり飛んでいるように見える旅客機も、近づくにつれて構図決定が急激に難しくなる。そんなときでも軽量な超望遠ズームFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSなら腕への負担が少なく助かる。また、リアルタイムトラッキングAFは狙った旅客機を的確に追い続けてくれるので構図に集中できる。

α6600,FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS,F8,1/800秒,ISO100

フルサイズ用FEレンズがそのまま使える
1マウントを謳うソニーEマウントは、フルサイズ用もAPS-Cサイズ用も同形状で共用可能。特に望遠レンズや単焦点レンズはフルサイズ用レンズが充実しているので、α6600をサブ機にすればフルサイズ用の高性能レンズがそのまま使用できる。アダプターを介さず使えるので、AF性能や解像力の低下の心配もない。

フルサイズ機と同じ大容量バッテリーを採用
グリップ内部に収まるバッテリーはフルサイズのαシリーズでお馴染みのZバッテリーに変更され容量アップ。管理も容易になった。撮影可能枚数はα6500と比べ2倍以上にアップしている。

軽快な超望遠撮影を実現!スチルから動画まで楽しめる
すでにα7シリーズを使っているならば、α6600はサブ機としてピッタリ。メイン機とサブ機の併用で大切なのはレンズマウントだが、ソニーEマウントはセンサーサイズを問わない共通マウント。フルサイズ用レンズがアダプターを介さずそのままα6600に取り付けられ、約1.5倍の望遠効果が得られる。これを生かせば、手持ちのレンズでより大きく撮影できる。 本格的な望遠撮影においてもFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSをはじめとする最新超望遠レンズは、とにかく軽量。従来は三脚や一脚がないと扱いづらかったクラスのレンズが、手持ちで軽々撮影を楽しめる。特にレースや飛行機撮影など、カメラを縦横無尽に振るときの恩恵は大きい。 さらにありがたいのはα7 IIIなどと共通のZバッテリーがAPS-Cモデルで初めて採用されている点。レンズだけでなく、バッテリーも共用できるのは、かなりポイントが高いはずだ。 また静止画撮影だけでなく、4K/30P撮影をはじめマイク端子やヘッドフォン端子など動画機能も充実。特にリアルタイム瞳AFが動画撮影にも対応して、使いやすさが向上。もともと動画撮影はお家芸のソニー。マイクなど周辺機器の充実も見逃せない。 ざっと駆け足で見てきたが、小さなボディにソニーの最新技術が惜しみなく投入されて、相乗効果で軽快さが際立つというのが率直な感想。これ1台でパワフルな撮影を楽しみたい方にも、フルサイズユーザーのサブ機としても最適なのがこのα6600だ。

超望遠撮影時でも見やすい有機ELファインダー
FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSは、軽量で手持ち撮影も容易。α6600は約236万ドットの有機ELファインダーを搭載し、超望遠の構図決定がしやすい。ファインダーのフレームレートを120fpsに高速化できるので、動きモノにも強い。

グリップ形状や操作性が使いやすく進化した
グリップが大型化され、質感や剛性感も高められたため、超望遠レンズを取り付けてもホールディングは良好。レリーズボタンの取り付け角度や大きさが見直され、操作性も向上している。

900mm相当の超望遠撮影も手持ちでイケる!
遠くを見つめるシラサギを900mm相当の超望遠で狙う。背景は水面だが、単調では面白くないので、そっとポジションを移動して、光と緑の反射を取り入れた。繊細な羽毛の質感や陰影が、手持ちでもしっかり捉えられた。

α6600,FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS,F8,1/640秒,ISO200

YouTuberの映像制作にオススメ!

α6600は動画撮影機能も大充実。動画撮影時もリアルタイムトラッキングに対応し、リアルタイム瞳AFも可能。音声のモニタリングや自撮りもできるので、動画配信向けの撮影でも快適にこなすことができる。

録音レベルを確認しながら4K動画撮影
α6600はヘッドフォン端子が新設された。モニターにはレベルメーターも表示され、マイクが捉えた音をしっかり目と耳で確認しながら録画できるので、安心感が高い。もちろん、録音レベルも調整可能だ。

ケーブルレス仕様で使いやすい最新マイクロホンにも対応
デジタルオーディオインターフェースに対応したケーブルレス仕様のマイクロホンがアナログ入力で使用可能。8個のマイクユニットを備え、シーンに応じて収音範囲を切り替えられる。

動画撮影でもリアルタイム瞳AFが使える!
動画撮影時にもリアルタイム瞳AFが使用できるようになった。これにより、ぼけを生かしたシーンでのピント精度も高くなり、使い勝手と表現の自由度が高まった。180度チルト可動式モニターとの併用で自撮り動画も簡単だ。

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ