商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

風景写真

写真家 萩原れいこ 氏
南国風景写真女子 萩原れいこ at 志賀高原
Heart of Nature 第2回 カヤの平の朝靄と光芒

α Universe editorial team

萩原れいこ/写真家 沖縄県出身。学生時代よりカメラ片手に海外をひとり放浪。次第に日本の自然風景に魅了される。隔月刊『風景写真』の「若手風景写真家育成プロジェクト」により、長野県志賀高原にて3年間の写真修行を経て独立。風景写真家の中西敏貴、萩原史郎に師事する。現在は「Heart of Nature」をテーマに、主に志賀高原や沖縄を起点として活動中。『佐久間玲子』の名で活動していたが、夫であり風景写真家の萩原俊哉の遺志を継ぎ、2020年4月より『萩原れいこ』に改名し活動している。

夏の夜明けの息づかいを
臨場感ある圧倒的な描写力で描く

α7R IV,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 100mm,F11,1/5秒,ISO100

高精細なEVFに写し出される美しい画像に興奮し、創作意欲をかき立てられながらの撮影でした。α7R IVの6100万画素の高画素にもかかわらず高階調で写し出される描写力には、大きくプリントして部屋に飾りたくなります。

志賀高原の夏の名所、カヤの平は明け方に朝靄と光芒が現れる人気の撮影スポットです。冷え込んだ朝には、立派なブナの間にゆらゆらと立ち上る朝靄の幻想的な世界が広がります。チャンスは夜明け前から始まります。薄暗い中、浮かび上がるブナの幹の質感や重なり合う繊細な葉の表情を精細に描写できるのは、α7R IVが持つ6100万画素の高画素ならでは。それにも関わらず広いダイナミックレンジによる高い階調性能も持ち合わせているので、日の出前のわずかな時間に訪れる青と緑の神秘的なグラデーションはため息が出るほどです。 夜明け前の“青”の時間が終わると、日の出と共に“金色”のひと時が始まります。光芒を捉えるには、太陽と木と靄の延長線上にカメラを構えることが大切です。流れる靄と昇る太陽を追いかけながらの撮影は大忙し!一瞬にして消える光芒を捉えるため、高速連写が大活躍します。EVFから目を離すことなく、瞬きのように高速シャッターを切ることができます。

α7R IV,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 198mm,F11,1/125秒,ISO100

せっかくのチャンスを撮り逃したくない。そのために、現場で素早く完成イメージを追い込むことが重要である。絞りを画像で確認できる高精細EVFだからこそ、最も美しい光芒・光条を追求することができ、納得のいく絵作りができた。

また光芒は逆光で捉えるため、レンズ性能が鍵を握ります。高画素に対応した高解像性能のレンズ群は、ゴーストやフレアが出にくく、安心して作画づくりに集中できます。光芒と光条を美しく描写するためには絞り込むことが肝心ですが、α7R IVなら絞りの具合がEVFの画像に反映されるので、開放のぼけ味や被写界深度をファインダーを覗きながら確認でき、完成イメージを追い込むことができます。αなら決定的瞬間を捉え、自分のイメージや表現を創造できる、そう実感しているのです。

<本誌では紹介しきれなかった作品>

α7R III,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 174mm,F16,1/50秒,ISO100
α7R IV,FE 24-70mm F2.8 GM 34mm,F16,1.6秒,ISO100
α7R IV,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 77mm,F8,1/20秒,ISO100

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
商品TOP
デジタル一眼カメラαの商品一覧を見る
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ