商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

CAPA

超高感度+高性能AFで切り開く
野生動物の神秘的な生態 野生動物写真家 野口純一

CAPA12月号の転載

ソニーからついに第3世代のS、α7S IIIが発売された。その超高感度と高性能AFの実力を試すため、野口純一さんが秋深まる北海道の原野にて野生動物の撮影を行なった。

野口 純一/野生動物写真家 埼玉県生まれ。北海道在住。
2輪、4輪のエンジニア時代にバイクツーリングで訪れた北海道に惹かれ、2000年に移住。キタキツネの撮影をきっかけに、2002年より写真家として活動を開始。自然の中で力強く生きる生命を求めて、世界各地で撮影を続けている。 http://www.junsetsusha.com

超高感度と高性能AFが生む
アンリミテッドな表現領域

自然環境において野生動物を撮影する上で最重要視したいのが、素早く動き回る野生動物に正確にピントを合わせ続けるための「高度なAF性能」と、その動きを確実に写し止めるために光の乏しい状況下でも速いシャッター速度を確保する「優れた高感度性能」だ。 ソニーα7S IIIを使用してまず驚いたのが、その類い稀な超高感度性能だ。日没後の森を、被写体を求め小さなヘッドランプの灯りを頼りに進む。わずかな照射範囲の中に突然、成熟した雄鹿の顔が浮かび上がる。ヒグマでないことに安堵しつつ、急ぎ背面液晶を視野の端で確認しながらウエストレベルでシャッターを切った。後ほど画像を確認すると、予想をはるかに超えた写りに驚愕することになった。はじめはISO1600?と勘違いしたほどで、とてもISO16000の画像とは思えない精細で美しいものだったのだ。 一方のAF性能は、薄暗い谷間で疾走するヒグマをいとも容易く確実に捉え切った。通常は素早い動きの中の要所要所で止まった一瞬を写真として見せることが多いのだが、α7S IIIはヒグマが跳躍しているその瞬間でさえも瞳をジャスピンで捉えてくれた。今、最も信頼できるAF性能を持つカメラの1台だと言っていいだろう。 合間を見て動画も撮影すると、素晴らしい映像を簡単に得ることができ、すっかり動画の魅力に取り憑かれてしまった。α7S IIIは写真で、そして動画で野生の世界を余すところなく捉えきる、私の表現を無限に広げてくれそうなカメラだと確信できた。

α7S III,FE 24-70mm F2.8 GM 70mm,F2.8,1/200秒,ISO16000

夜のエゾシカをわずかな照明だけで追う
暗闇から不意に現れた雄のエゾシカ。堂々とした態度で私を一瞥する眼が印象的だ。α7S IIIの超高感度性能が闇夜に生身で向き合うシカの存在感を余すところ無く写しきってくれた。

α7S III,FE 600mm F4 GM OSS + 2X Teleconverter 1200mm相当,F8,1/1000秒,ISO12800

薄暗い谷間のヒグマの動きも余裕で対応するAF性能
遡上する鮭を捉えようと川面を疾走するヒグマ。高速かつ不規則な躍動、そしてコントラストの低いヒグマの顔と難しい条件だが、跳躍している瞬間をα7S IIIの極めて優れたAF性能が確実に捉えた。

ISO感度は思い切って上限なしで 暗い状況下ではマニュアルモードで絞り開放、任意の高速なシャタースピードに設定して、ISOオートを多用する。α7S IIIの超高感度性能を信頼し感度の限定は「なし」だ!

動物対応の瞳AFを積極的に活用 顔・瞳枠表示は「入」にする。顔・瞳枠が表示されている間の安心感、また顔・瞳検出されていない状態を認識できることが「合焦しているはず」の思い込みミスを防ぐことにもなる。

タッチトラッキングのAFがお気に入り バリアングル液晶でタッチトラッキングのAFを動画撮影時に多用した。カメラポジションに関わらず、楽な体勢でモニターを確認しながら任意のポイントにフォーカスさせることができる。

<本誌では紹介しきれなかった作品>

α7S III,FE 600mm F4 GM OSS 600mm,F5.6,1秒,ISO102400

タンチョウが夜を過ごす塒。肉眼ではほぼ何も見えない暗闇状態だが、超高感度に加え1秒間の露光をかけることでまるで日中撮影したかのようにすべてが克明に浮かびあがった。中央の静止している個体がシャープに映し出されていることが驚異的ですらある。

α7S III,FE 600mm F4 GM OSS + 2X Teleconverter 1200mm相当,F8,1/1000秒,ISO12800

夕刻の谷間で水飛沫を上げ身震いするエゾヒグマ。乏しい光量下でも水飛沫を克明に写し止めるため、躊躇なく感度を上げた。超高感度でもクリアな描写を失わないα7S IIIがとても頼もしく感じられた瞬間だ。

α7S III,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 336mm相当,F5.6,1/50秒,ISO204800

夜の森を歩き前方の草を踏みしめる音に思わずヘッドランプを向ける。肉眼では闇の中に光る眼だけしか見えないが、その眼にα7S IIIのAFはしっかりと反応し、ISO204800という超高感度が光る眼の正体を浮かびあがらせた。

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
商品TOP
デジタル一眼カメラαの商品一覧を見る
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる