商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

NEWS 記事一覧

オススメの鉄道記事を読む
オススメの野鳥記事を読む
オススメのポートレート記事を読む
オススメの風景記事を読む
オススメの動物記事を読む
オススメの星天体記事を読む
期間限定
2019.11.06 記事更新

写真家 桃井一至 氏 ついに出た! 手ブレ補正&瞳AF etc. 全部入りモデル!!
スナップ 動きモノ 4K動画
3つの顔を持つオールラウンダー現る
ソニーα6600

CAPAソニーαシリーズの最新機能をコンパクトボディに凝縮したα6600が登場。軽快なスナップからフルサイズミラーレスαシリーズのサブ機、またYouTuberのムービーカメラとしても最適な実力機の魅力に全方位で迫ります!!

α6600 | E 16-55mm F2.8 G | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2019.11.06 記事更新

写真家 高橋良典 氏 「新たな表現力を風景撮影に加える超望遠と
αシステムの総合力」
高橋良典×FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

200-600mmという焦点域についてだが、私は非常に使いやすいと感じている。風景撮影にはあまり縁がない、と思われがちな超望遠だが、実際に使ってみると表現領域が格段に広がることに気づくはずだ。

α7R III | α7R IV | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2019.11.06 記事更新

ストリートフォトグラファー 川音真矢 氏 卓越したAF性能で瞬間を逃さない
α6600はスナップにベストマッチ
〜「E 16-55mm F2.8 G」と描く、人と街〜

国内外のさまざまなコンペティションで入賞し、今、若手の有望株として注目されているストリートフォトグラファーの川音真矢さん。ストリートスナップではスピード感と機動性を重視したいので、最近はα9ではなくα6600も持って出掛けることが多いという。そんな川音さんが感じたスナップでのα6600の魅力をはじめ、風景や人々の捉えかたなど、新しい視点で撮るポイントを語ってもらった。

α6600 | E 16-55mm F2.8 G

詳しく見る
2019.10.23 記事更新

写真作家 吉永陽一 氏 高解像で精細に描き出す
空から捉えた鉄道写真「空鉄」
〜空撮でも使われるα7R IIIの真価とは〜

RailMagazineセスナ機やヘリコプターに乗り、上空から捉えた鉄道写真『空鉄(そらてつ)』。吉永陽一さんは、フィルム時代から空撮を続けている日本屈指の写真作家。吉永さん曰く“飛び道具”を使っての撮影は、どのように準備し、どのような状況で行われるのだろうか。知られざる空鉄の世界に迫る。

α7R III | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2019.10.09 記事更新

写真家 山田 芳文 氏野鳥撮影の現場で多彩な表現が可能な“隠れG Master”!?「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSとFE 600mm F4 GM OSSが発売される前までは、ミラーレスに最適化された専用設計レンズとしては、最も長い焦点距離がFE 400mm F2.8 GM OSSとFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSの400mmだった。野鳥撮影で400mmは少し物足りないと思っていた人もいたのではないかと思う。

α7R III | α6400 | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
期間限定
2019.10.04 記事更新

  ソニーαシリーズが第4世代に突入!高画質・高感度・高階調・ハイスピードα史上最高画質の真打ち登場!α7R IV

CAPAフルサイズミラーレスのパイオニアとして進化を続けてきた、α7シリーズが第4世代に突入した。6100万画素センサーを搭載しながらスピード性能も兼ね備えた注目機の実力を徹底解剖する!!

α7R IV | FE 35mm F1.8 | FE 24-105mm F4 G OSS | FE 135mm F1.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | 200-600mm F5.6-6.3 G OSS | Planar T* FE 50mm F1.4 ZA | SEL14TC

詳しく見る
期間限定
2019.10.04 記事更新

写真家 山下 大祐 氏 限界鉄道 with α7R IV

日本カメラ鉄道写真家の山下大祐さんが、第4世代のαとして初登場したフルサイズミラーレス機ソニーα7R IVで北海道を駆け抜ける鉄道を撮影した。有効約6100万画素の高解像力だけでなく、高感度・高階調性能にも優れたα史上最高画質に加え、最高約10コマ/秒連写の高速性能も合わせ持つ新次元のα7R IVの作品力について聞いた。

α7R IV | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
2019.09.25 記事更新

野生動物写真家 野口 純一氏野生と人の境界を越えてゆくレンズ
「FE 600mm F4 GM OSS」

私は野生生物を撮影するうえで600mmは「迫力ある写真を撮るための標準レンズ」として捉えている。警戒心が強く、接近すること自体が危険を伴う事も多い、そんな動物たちの息遣いをも感じられる写真を写すためになくてはならない焦点距離のレンズなのだ。

α9 | FE 600mm F4 GM OSS | SEL14TC

詳しく見る
2019.09.25 記事更新

天体写真家 沼澤 茂美 氏 チリ皆既日食とイースター島の星空
後編:「イースター島の星空」

私はチリの首都サンチャゴから北に500キロに位置する都市「ラ・セレーナ」で皆既日食の撮影を行い、その後チリの4000キロの沖合に浮かぶ絶海の孤島「イースター島」を訪れました。漆黒の夜空に輝く天の川の姿はめまぐるしく変化する条件の中でも圧倒的な存在感を持って眼前に迫ってきました。

α7R III | Planar T* FE 50mm F1.4 ZA | FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.09.25 記事更新

風景写真家 高橋 真澄 氏 北海道の大自然を捉える
「α7R IVの解像力、色再現性」に驚いた!

私はαシリーズのフルサイズミラーレス機を手にするたびに「一眼レフでは不可能だったピントの山を精緻に捉えることができ、露出補正もイメージ通りにリアルタイムで正確に捉えることのできる、このカメラの良さ、凄さをなぜユーザーは気がつかないのだろうか」と常に思っている。

α7R IV | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
期間限定
2019.09.20 記事更新

写真家 並木 隆氏 αの魅力を紐解く #05
α7R IIIは表現したい
自らの意思を具現化してくれる
安心感のあるカメラ

アサヒカメラ自然の生命の魅力を伝え続ける写真家の並木隆氏。ソニーのα7R IIIと出合ったことで自分の作品の幅が広がったという。カメラとレンズがもたらしたその「変化」とは。

α7R III | FE 90mm F2.8 Macro G OSS | FE 100mm F2.8 STF GM OSS | FE 135mm F1.8 GM | FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
連載
2019.09.18 記事更新

写真家 小澤忠恭氏 「ROOTS 日本の原景」 撮影記 Vol.10 近江・琵琶湖夢幻韻 其の2

写真家 小澤忠恭氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol10です。

α7R III | FE 100mm F2.8 STF GM OSS

詳しく見る
2019.09.18 記事更新

天体写真家 沼澤 茂美 氏 チリ皆既日食とイースター島の星空
前編:「チリ皆既日食」

地上で見ることのできるもっとも劇的で感動的な自然現象が「皆既日食」だと言われています。その皆既日食が去る2019年7月3日(現地時刻2日)南米チリとアルゼンチンの一部で見られました。

α9 | α7R III | α7III | Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA | FE 400mm F2.8 GM OSS | FE 16-35mm F2.8 GM | SEL14TC | SEL20TC | SF-Gシリーズ タフ仕様

詳しく見る
2019.09.12 記事更新

写真家・アートディレクター コーディ・エリンガム氏 東京カメラ部2019写真展 ソニートークショー・レポート
「THE POWER OF WANDER / 夜の光を捉える魔法」

2019年7月12日〜15日に東京・渋谷ヒカリエにて、ファン総数420万人超の日本最大級審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」が主催する『東京カメラ部2019写真展 世界は発見を待っている。』が開催された。14日には世界を舞台に活躍する写真家・アートディレクターのコーディ・エリンガム氏がトークショーに登壇。そのトークショーの様子をレポートする。

α7R II | α7R III | Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
連載
2019.09.04 記事更新

写真家 小澤 忠恭 氏 「ROOTS 日本の原景」 撮影記 Vol.09 近江・琵琶湖夢幻韻 その1

写真家 小澤忠恭氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.9です。

α7R II | α7R III|FE 16-35mm F4 ZA OSS | FE 100mm F2.8 STF GM OSS | FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
期間限定
2019.08.29 記事更新

航空写真家 伊藤 久巳氏 αの魅力を紐解く #04
ミラーレス一眼の「魅力」を感じさせる
α7R IIIで空をかける瞬間を写し出す

アサヒカメラ旅客機から戦闘機まで幅広い飛行機写真を撮り続ける写真家の伊藤久巳氏。瞬間を切り抜く瞬発力と機体のディテールを忠実に再現するというカメラの総合力を試されるシーンで α7R IIIはどんなポテンシャルを発揮するのか。

α7R III | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | SEL14TC

詳しく見る
2019.08.21 記事更新

自然写真家 寺沢孝毅 氏 驚異的な解像感と卓越した表現力
α7R IIIが描く海鳥の楽園

世界でも有数の海鳥の繁殖地、北海道の「天売島(てうりとう)」を中心に活動している自然写真家の寺沢孝毅さん。海鳥が子育ての地として選んだ小さな離島は、日本海の強風と荒波によって削られた断崖絶壁など、手つかずの自然風景も見どころのひとつ。海鳥とともにその風景までを美しく写すため、α7R IIIを手に撮影に臨んだ寺沢さん。

α7R III | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 16-35mm F2.8 GM | 1.4X Teleconverter

詳しく見る
2019.08.21 記事更新

風景写真家 清家道子 氏 αにしか表現できない「色」がある
〜しっとりとした日本の風景を印象的に描く〜

美しい日本の風景を独自の視点で捉え、感性豊かに表現している風景写真家の清家道子さん。αを使うようになった理由のひとつは幅広いダイナミックレンジに裏付けられた「色の良さ」で「αでしか出せない色がある」と語る清家さんに、カメラの印象をはじめ風景写真で活躍した機能、撮影時のこだわりやスタイルなどについて話をお聞きした。

α7R III | Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS | FE 24-105mm F4 G OSS | FE 100mm F2.8 STF GM OSS

詳しく見る
2019.08.07 記事更新

自然写真家 寺沢孝毅 氏 最高約20コマ/秒の高速連写と高精度AFが捉える
海鳥たちの「真の姿」
〜α9のさらなる可能性に迫る〜

北海道の日本海側に浮かぶ小さな島「天売島(てうりとう)」を拠点に多くの海鳥を撮影し続けている、自然写真家の寺沢孝毅さん。天売島は世界でも有数の海鳥の繁殖地で、ケイマフリ、ウミスズメなどの希少な海鳥たちが多く集う場所。そんな鳥たちのさまざまな姿を捉えるために、新たな挑戦として寺沢さんが選んだカメラはα9だった。

α9 | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | 1.4X Teleconverter | 2X Teleconverter

詳しく見る
2019.08.07 記事更新

天体写真家 沼澤茂美 氏 ソニーが新潟県胎内市で行われる大規模な星まつりイベント「胎内星まつり」にブース出展致します。
沼澤茂美氏の天体写真教室も8月24日(土)13:00〜開催予定。

ソニーブースでは最新のカメラやレンズなどをご体験頂けます。αシリーズで撮影した、沼澤茂美氏の星空風景写真スライドショーも美しい大型4Kブラビアでご覧頂けます。

α7R III | FE 24mm F1.4 GM | FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2019.08.07 更新

ペトグラファー 小川晃代 氏 プロが語る撮影の流儀

プロの写真家たちは、撮る道具としてαをどのように使いこなしているのでしょうか。さまざまなジャンルの写真家たちに、自身のカメラ設定、お気に入りのレンズや撮影機材などのαの使いこなし術をお聞きしました。今回は、ペトグラファーの小川晃代さんの撮影スタイルをご紹介します。

 

詳しく見る
2019.07.24 記事更新

写真家 佐藤 健寿 氏αと巡るアジア・奇界遺産の旅
<後編:中央アジア>

世界各地を巡り、美しくも不思議な世界を写真に収めてきた佐藤健寿さん。今回はα7R IIIを手にアジア・奇界遺産の旅を2部に分けてお届けする。後編は中央アジア、ウズベキスタンやトルクメニスタンの旅について裏話とともに語ってもらった。

α7R III | FE 85mm F1.4 GM | FE 24mm F1.4 GM | FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2019.07.17 記事更新

 「Behind the picture」の写真家6人によるフォトセッション〜 αが描く九州の素晴らしい風景 〜

九州の総合情報誌『月刊 九州王国』で、九州を代表する様々な写真家が九州各地の風景を撮影し、紹介していく人気連載企画の「Behind the picture」。その魅力的な風景を多くの人に伝えるべく、ソニーストア福岡天神では誌面で掲載された作品を展示する「Behind the picture写真展」を開催。

α9 | α7R III | α7 III | α7R II | FE 16-35mm F2.8 GM | Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS | FE 24-105mm F4 G OSS | FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2019.07.10 記事更新

  「カメラグランプリ2019」贈呈式リポート

2019年5月17日に「カメラグランプリ2019」の各賞が発表され、ソニーの『FE 24mm F1.4 GM』がレンズ賞を受賞。1年間に国内で新発売されたレンズの中からもっとも優れた商品が選ばれるレンズ賞は、ソニー初の受賞です。6月1日の「写真の日」を前に、5月31日に行われた贈呈式では開発メンバーが開発秘話を披露。選考委員には受賞理由もお聞きしました。

FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.07.10 記事更新

映像作家 江夏 由洋 氏 G Masterとαが紡ぐ時空を超えた美しい映像の世界 〜後編〜

異国の空気感漂う和歌山県・友ヶ島を舞台に、「G Master」レンズとαを駆使して映像作品をつくり上げた江夏由洋氏。後編では映像作品を公開するとともに、ズーム全域F2.8のズームレンズ3本と単焦点レンズ2本をどのように使い分けたのか、レンズの性能や魅力とともに語ってもらった。

α7R III | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 24mm F1.4 GM | FE 85mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.07.03 記事更新

映像作家 江夏 由洋 氏 G Masterとαが紡ぐ時空を超えた美しい映像の世界 〜前編〜

4K、8Kの映像制作を手掛け、次世代のクリエイティブな映像作品をつくり続けている江夏由洋氏。今回、作品を撮るためにα7R IIIと「G Master」レンズを持って訪れたのは、和歌山県の友ヶ島。なぜこの島をロケ地に選んだのか、そしてαシステムのどのような機能がこの地の撮影で役立ったのか。撮影時の状況も含めて語ってもらった。

α7R III | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 24mm F1.4 GM | FE 85mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.07.03 記事更新

写真家 山本 まりこ 氏 冬の北欧でエアリーな世界観を紡ぎ出すα7R IIIの解像感と豊かな階調

豊かな感性で、その場の空気感まで写し撮るような「airy(エアリー)」な作品を撮り続けている写真家・山本まりこ氏。今回、α7R IIIとともに出かけたのは美しき北欧の国・フィンランド。日照時間が短い冬のフィンランドで、彼女はどのような世界をαで描いたのか――。

α7R III | FE 24-105mm F4 G OSS | FE 16-35mm F2.8 GM | E 30mm F3.5 Macro | FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.06.12 記事更新

航空写真家 伊藤 久巳 氏 猛スピードで空を切り裂く戦闘機を
掴んで離さないα7R IIIのポテンシャル

戦闘機から民間機まで、あらゆる飛行機を撮影している航空写真家の伊藤久巳氏。今回、α7R IIIで撮影したのは、時速300kmを超えるスピードで空を飛ぶ戦闘機。その速さを捉えるAF性能をはじめ、戦闘機撮影でのα7R IIIのポテンシャルについてお話を聞きました。

α7R III | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | SEL14TC

詳しく見る
2019.06.12 記事更新

写真家 山田 芳文 氏 高解像で魅せる野鳥の美しさ
〜 α7R III×「G Master」レンズの群を抜く表現力 〜

世の中にあふれる多くのカメラの中から、写真家の山田芳文氏が相棒に選んだのはα7R III。なかでも卓越した解像感が気に入って発売直後から使い始めたという山田氏に、使い込んで改めて感じたα7R IIIの魅力や、レンズを含めたαの総合力についてお聞きしました。

α7R III | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 85mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.06.05 記事更新

  カメラグランプリ2019
レンズ賞受賞記念
FE 24mm F1.4 GM
愛用写真家たちのコメント集
〜このレンズの魅力とは何か〜

2019年5月17日、カメラ記者クラブが主催する「カメラグランプリ2019」の各賞が発表された。今回、FE 24mm F1.4 GMが「レンズ賞」として見事頂点に輝いた。これに伴い届いた著名写真家たちの祝福の声と、各々の視点からこのレンズの魅力についてコメントをもらった。

α7R III | FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
連載
2019.06.05 記事更新

写真家 小澤 忠恭 氏 写真家 小澤忠恭氏 「ROOTS 日本の原景」 撮影記 Vol.8 富士山・素顔の霊峰 其の2

写真家 小澤忠恭氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.8です。

α7R II | α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS | FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
2019.06.05 記事更新

風景写真家 高橋 真澄 氏 光の自然現象を印象的に魅せる
卓越した高解像と豊かな階調
〜α7R IIIが描く北海道の風景〜

風景の中にきらめく光の自然現象をアーティスティックな感性で撮影し続けている高橋真澄氏。α7R IIIを持って撮影に繰り出すのは、高橋氏の撮影拠点である北海道の富良野や美瑛。今回は果たしてどのような幻想的な風景を描き出したのか。撮影した作品を見ながら、独自の撮影方法やカメラの魅力について語ってもらった。

α7R III | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
2019.06.05 記事更新

写真家 山元 彩香 氏 高解像で階調豊かに写す「光と影」。
ポートレートの芸術性を高めるα7R III
〜 ラトビアの光と少女たち 〜

アートフォトの分野で期待の写真家として注目を集める山元彩香氏が、α7R IIIを使った作品制作に挑んだ。東欧を中心に、現地で出会った少女を撮り続けている山元氏に、ラトビアで撮影した作品を見ながら独自の撮影法やα7R IIIの魅力ついて解説してもらった。

α7R III | Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA 35mm

詳しく見る
2019.05.29 記事更新

写真家 大野雅人 氏 写真家は「太陽のレンズ」とともに旅をする。
大野 雅人 氏 × Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

小型軽量の機材は旅する写真家に優しい。小さな帆布製バックに、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAを付けたα7R IIIと、Sonnar T* 35mm F2のレンズ一体型のRX1R IIを入れる。ポケットにはRX100Vを、、、レンズはVario-Sonnar T* だ。どうやら私はSonnarが好きらしい。

α7R III | Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

詳しく見る
2019.05.15 記事更新

写真家 並木隆 氏 レンズが真価を発揮する
芸術的な花の世界
〜 FE 135mm F1.8 GM、FE 100mm F2.8 STF GM OSSの卓越した表現力〜

花や植物の美しさを追求し、独自の感性で自然の美を表現し続けている写真家の並木隆氏。誰もが知る花々から奥に秘めた美しさを写し取り、イメージ通りに表現するために選んだカメラはα7R III。さらに描写性能に優れたレンズを用いることで、ぼけ味を活かした芸術性の高い作品を完成させる。

α7R III | FE 135mm F1.8 GM | FE 100mm F2.8 STF GM OSS

詳しく見る
2019.05.15 記事更新

航空写真家 伊藤久巳 氏 欲しい焦点域を小さなボディにすべて凝縮。
航空機を高精度AFでシャープに捉えるRX10 IV

航空写真の分野で長年活躍し続けている伊藤久巳氏。今回、撮影で手にしたのは常用しているレンズ交換式のカメラではなく、画角(35mm判相当)24mm〜600mm F2.4-4.0という大口径高倍率ズームレンズを搭載したRX10 IV。撮影した作品を見ながらカメラの性能や実力をお聞きしました。

RX10 IV

詳しく見る
2019.05.08 記事更新

写真家 高橋良典 氏 刻一刻と変わりゆく自然の表情を写しとめる
〜α7R IIIで奏でる風景の旋律〜

地元、奈良県を活動の中心にして、自然がほんの一瞬だけ見せる奇跡的な美しい表情を追い求める風景写真家・高橋良典氏。今回の撮影で選んだカメラは、α7R III。発売時から使い続けてわかったこと、α7R IIIのポテンシャルを引き出す撮影方法などを語ってもらった。

α7R III | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 70-200mm F4 G OSS

詳しく見る
2019.04.26 記事更新

トラベルフォトグラファー KYON.J 氏 圧巻の高解像で表現する大地の鼓動。α7R IIIが描くアイスランドの風景
〜 人生を変えたαとともに世界の絶景へ 〜

広告代理店で現役の会社員として働くKYON.J氏。今回、お気に入りのα7R IIIを片手に向かったのは憧れの地、アイスランド。旅先ではどのようなシーンでα7R IIIが活躍したのか、撮影した作品を解説しながら語ってもらった。さらに、カメラに興味を持ったきっかけや、インドア派からアウトドア派へと転身した理由など、KYON.J氏自身にもフォーカスする。

α7R III | FE 12-24mm F4 G | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
2019.04.26 記事更新

写真家 井上浩輝 氏 “動物対応”「リアルタイム瞳AF」が動物写真の世界に新たな旋風を巻き起こす
〜今、明らかになるαの総合力〜

今回、井上さんが挑んだのは、最新ファームウェアにアップデートし、「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応したα7R IIIでの撮影。さらに、圧巻のスピード性能を誇るα9、動きの速い被写体を高い精度で追い続ける「リアルタイムトラッキング機能」を搭載したα6400と、カメラを使い分けながら野生動物を撮影し、それぞれのαが活躍するシーンや使用感などを語ってもらった。

α9 | α7R III | α6400 | FE 400mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | 1.4x Teleconverter

詳しく見る
2019.04.26 記事更新

写真家 小川晃代 氏 ペット撮影におけるαの優位性。生み出せる「想像を超えた1枚」
〜共通マウントで自由に使い分けるα7R III、α6400〜

ペット撮影の第一線で活躍している写真家・小川晃代さん。今回はα7R IIIとα6400を使い分け、さまざまな犬や猫の表情を撮影。使用したカメラやレンズの魅力をはじめ、小川さん独自の撮影テクニックや「リアルタイムトラッキング」などの最新機能についても語ってもらった。

α7R III | α6400 | Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2019.04.10 記事更新

写真家 井上浩輝 氏 α、RXで写し撮る、
ドラマチックなヒコーキ写真

“北海道の翼”として、道内各地と本州を結ぶ旅客機「AIRDO(エア・ドゥ)」の広告撮影に携わってきた写真家・井上浩輝氏。今回はαシリーズ、RXシリーズの機材を駆使して撮り溜めてきた、珠玉の作品群を井上氏のコメントともに紹介する。

α9 | α7R III | α7R II | RX10IV| RX100V | FE 400mm F2.8 GM OSS | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 35mm F2.8 ZA | FE 12-24mm F4 G

詳しく見る
連載
2019.04.03 記事更新

写真家 小澤忠恭 氏 「ROOTS 日本の原景」撮影記 Vol.7
富士山・素顔の霊峰

写真家 小澤忠恭氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.7です。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

詳しく見る
2019.03.26 記事更新

  「写真について語ろう2019」-αcafeスペシャルフォトコンテスト受賞作品発表と作品講評-

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」ソニーブース内で、3月1日(金)に「αcafeスペシャルフォトコンテスト」の受賞作品の発表と、審査員の福田健太郎氏、野口純一氏、山下大祐氏による作品講評が行われました。そのスペシャルセミナーの様子をレポートします。

詳しく見る
2019.03.20 記事更新

フォトグラファー 中村 智之氏 自分にしか撮れないヒーロー像を追い求めて
〜過酷な現場で活躍するα7R IIIの実力〜
フォトグラファー 中村 智之氏

「てれびくん」(小学館)の誌面を飾る特撮ヒーローの写真を撮り続けているフォトグラファーの中村智之氏。変身前も変身後もアクションが激しく、最大の見せ場は爆発シーン。そんな過酷な撮影現場で、雑誌掲載に耐えうる画質、クオリティーを保たなければならない。そのために中村さんが選んだカメラはα7R III。どのようなシーンでカメラの機能が活躍したのか、最新作の現場で撮影した作品を見ながら語ってもらった。

α7R III | α7S II | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 24-105mm F4 G OSS | FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS | SF-Gシリーズ SDXC/SDHC UHS-II TOUGH メモリーカード

詳しく見る
2019.03.13 記事更新

写真家 山田 芳文 氏 プロが語る撮影の流儀
写真家 山田 芳文 氏

プロの写真家たちは、撮る道具としてαをどのように使いこなしているのでしょうか。さまざまなジャンルの写真家たちに、自身のカメラ設定、お気に入りのレンズや撮影機材などのαの使いこなし術をお聞きしました。今回は、写真家の山田 芳文氏の撮影スタイルをご紹介します。

詳しく見る
2019.03.13 記事更新

写真家 山下 大祐 氏 プロが語る撮影の流儀
写真家 山下 大祐 氏

プロの写真家たちは、撮る道具としてαをどのように使いこなしているのでしょうか。さまざまなジャンルの写真家たちに、自身のカメラ設定、お気に入りのレンズや撮影機材などのαの使いこなし術をお聞きしました。今回は、鉄道写真家の山下大祐氏の撮影スタイルをご紹介します。

詳しく見る
期間限定
2019.02.27 記事更新

航空写真家 伊藤 久巳 氏 αと進む
まだ見ぬ世界へ
伊藤久巳 with α

画像処理エンジン、イメージセンサー、ソフトウェアアルゴリズム、レンズを徹底して自社開発してきたソニーが打ち出す、表現に革新をもたらす5つの基準「高画質、スピード、機動性、スタミナ、専用設計レンズ」が作品にもたらすものは大きい。航空写真家・伊藤久巳さんがミラーレス一眼α7R IIIを手にして、実感した大きなアドバンテージを語ってくれた。

α7R III | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

詳しく見る
2019.02.20 記事更新

写真家 桃井一至 氏 フルサイズミラーレス一眼 新時代!!
ソニーαと私の挑戦
写真家 桃井一至×G Master

CAPAG Masterは、ソニーEマウントレンズのラインアップにおける最高峰のレンズ群だ。ズームレンズ、単焦点レンズ、それぞれ4本ずつ計8本があり、いずれも「解像力、表現力ともに他の追従を許さない性能を持つ」という桃井氏。ちなみに、ズームレンズ4本で16-400mmまでを幅広くカバーする。今回取り上げたレンズは3本で、どれもポートレートの表現に欠かせないものだ。それぞれの実力を、G Master以外のレンズと比較しながら探っていこう。

α7R III | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.02.14 記事更新

新「能」PROJECTチーム
日本伝統芸能「能」の挑戦 with α
伝承の地・三保松原で月下に舞う「羽衣」

能の魅力をひとりでも多くの人に伝え、伝統を未来につなぎたい。能楽師・佐野登氏とビジュアルアーティスト・坂本光則氏は、その思いから伝統芸能の世界で革新的なビジュアル表現に挑んできた。次なる挑戦の場として選んだのが静岡県清水・三保松原。能楽堂ではなく、演目の舞台であるその地で、月夜に舞う能を撮影するプロジェクトを実現。それを写真表現で支えたのは「α」でした。

α7R III | α7S II | FE 85mm F1.4 GM

詳しく見る
2019.02.06 記事更新

写真家 並木 隆 氏 プロが語る撮影の流儀
写真家 並木 隆 氏

プロの写真家たちは、撮る道具としてαをどのように使いこなしているのでしょうか。さまざまなジャンルの写真家たちに、自身のカメラ設定、お気に入りのレンズや撮影機材などのαの使いこなし術をお聞きしました。今回は、写真家の並木隆氏の撮影スタイルをご紹介します。

詳しく見る
期間限定
2019.01.30 記事更新

写真家 山本まりこ 氏 αと進むまだ見ぬ世界へ
山本まりこ with α

画像処理エンジン、イメージセンサー、ソフトウェアアルゴリズム、レンズ設計の自社開発を徹底してきたソニーが打ち出す表現に革新をもたらす5つの基準「高画質、スピード、機動性、スタミナ、専用設計レンズ」が作品にもたらすものは大きい。「エアリー」をコンセプトに活躍する写真家 山本まりこさんが鳥取への旅のお供にαを選んだ。αが作り出す「エアリーフォト」の世界について話を聞いた。

α7R III | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
期間限定
2019.01.23 記事更新

鉄道写真家 山下大祐 氏 ソニー「α」の軌跡 第9回
鉄道写真に必要な機能を高いレベルで実現したソニーα7R IIIの凄さとは?

さまざまな視点から鉄道を表現し続ける写真家・山下大祐氏。数々のカメラを使ったからこそ見えるソニーのα7R IIIの魅力とはどのようなところにあるのか、山下氏に話を聞いた。

α7R III | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
期間限定
2019.01.23 記事更新

風景写真家 高橋真澄 氏 フルサイズミラーレス一眼 新時代!!
風景写真家 高橋真澄×α7R III

α7R IIIは風景写真において新しい撮影領域を広げる革新的なカメラだ。それは、まぶしい太陽や逆光条件の景色でも高精細なEVFで確認できること。光学ファインダーならつぶれてしまうはずの暗い部分も意識できるのだ。さらに、被写界深度まで常に確認できるのは、風景写真家にとっては正に夢の機能である。α7R IIIによって面倒な操作がなくなり、景色と向き合う時間がより増えた。

α7R III | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2019.01.16 記事更新

人気インスタグラマーが行くアイスランド撮影旅行記 Part.2〜αが描き出すダイナミックな地球の原風景〜

人気インスタグラマーである、wacameraさん、halnoさん、6151さん、t.1972さんの4人が大自然の撮影を目的に訪れたアイスランド。Part.1では1.0型イメージセンサー搭載のレンズ一体型デジタルスチルカメラ「RX100 VI」で撮影した作品を見ながらカメラの魅力を語ってもらったが、今回はα編。「α7 II」、「α7 III」で撮影した率直な感想をはじめ、お気に入りの機能やレンズの印象などについて話を聞いた。

α7 II | α7 III | Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
2019.01.09 記事更新

人気インスタグラマーが行く
アイスランド撮影旅行記 Part.1
〜RX100 VI 1台で旅の記録を美しく残す〜

インスタグラムのフォロワーは全員が12万人以上。それぞれ独自の撮影スタイルで、魅力あふれる写真を撮り続けている4人の人気インスタグラマー/フォトグラファーがアイスランドへ旅立った。旅の発起人はフォトグラファーのwacameraさん。そして彼女と交流があるhalnoさん、6151さん、t.1972さんが旅に同行することに。さらに撮影旅行ではカメラ選びも重要だ。大自然があふれるアイスランドをより美しく撮るなら――。そんな思いで彼らが選んだのはソニーのカメラだった。ここではアンスランドへ向かった経緯をはじめ、「RX100 VI」で撮影した作品を見せてもらいながらカメラの魅力、活躍したシーンについて語ってもらった。

RX100 VI

詳しく見る
期間限定
2018.12.26 記事更新

野生動物写真家 野口純一 氏 ソニー「α」の軌跡 第8回
野生動物写真家・野口純一氏が語る
自分のイメージしている瞬間を確実に撮れるソニーα9の魅力

アサヒカメラ普段我々が目にすることのできない野生動物の生態を撮影し続けている野口純一氏。厳しい目でカメラを見続けている野口氏にとってのα9の魅力とはどういうところなのか。

α9 | FE 400mm F2.8 GM OSS | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
2018.12.20 記事更新

野生動物写真家 野口純一 氏 × α 「挑戦し続ける姿勢、私もそうありたいと思った。」

拠点としている北海道をはじめ、国内外のさまざまな場所で野生動物を撮影する写真家・野口純一氏。α9を携えて向かったのは世界でも有数の野生動物王国、ケニア。ここでは現地で撮影した作品を見ながら、撮影状況、魅力的に感じたカメラの機能や性能について語ってもらった。

α9 | FE 400mm F2.8 GM OSS | 1.4x Teleconverter | 2x Teleconverter | SF-Gシリーズ SDXC/SDHC UHS-II TOUGH メモリーカード

詳しく見る
2018.12.20 記事更新

野生動物写真家 野口純一 氏 特集:「そのレンズが、世界を一変する。」
野生動物写真家 野口純一氏×FE 400mm F2.8 GM OSS

野生の中で生き抜く動物たちの生命力に焦点を当て、撮影に挑んでいる写真家・野口純一氏。野生動物の宝庫であるケニアでは、ソニーの最高峰レンズ「G Master」のFE 400mm F2.8 GM OSSが活躍。撮影した作品を見ながら望遠撮影のテクニックをはじめ、テレコンバーターを含めたレンズの性能や描写力について話を聞いた。

α9 | FE 400mm F2.8 GM OSS | 1.4x Teleconverter

詳しく見る
2018.12.12 記事更新

Sony World Photography Awards いよいよ締切間近 : 今年の応募傾向は?

今回で12回目を迎えた世界最大級のフォトコンテスト、ソニーワールドフォトグラフィーアワード。今年度の応募締め切りまであと1ヶ月足らずとなりました。今年の応募状況はどうなっているのでしょうか?これまでに世界中から一般公募部門に応募のあった作品の中からいくつかピックアップしてご紹介します。また、現時点までの応募状況を元に今年の傾向を探ります。

詳しく見る
2018.12.04 記事更新

写真家 桃井一至 氏×FE 24mm F1.4 GM 常識を覆すほど小さく軽い。
多彩な広角表現に挑める高性能レンズ

各メーカーから発売されるカメラやレンズのレビュー、開発者インタビューなどを数多く手掛け、「撮影業界の今」に精通している写真家・桃井一至氏。今回、桃井さんが使用したレンズは2018年10月に発売された「FE 24mm F1.4 GM」。撮影した作品を紹介しながら、レンズの印象や特性、おすすめの被写体などを語ってもらった。

α7R III | FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
期間限定
2018.11.28 記事更新

フルサイズミラーレス一眼 新時代!!ソニーαを選ぶ理由

CAPAいよいよやってきたフルサイズ一眼の大転換期。この秋、新時代を予感させるフルサイズのミラーレス一眼が各メーカーから登場してきた。そんな中でもこのジャンルに早くから取り組んだソニーαには優位性がある。それは、これまで培ってきた4つのキーテクノロジー「専用設計レンズ」、「イメージセンサー」、「画像処理エンジン」、「ソフトウェアアルゴリズム」のノウハウがあるからにほかならない。常に先を行く革新性、先進性、それでしか撮れないものがあるのがαを選ぶ理由だ。今回は、そのアドバンテージを、じっくりと検証してみたい。

α9 | α7R III | α7 III | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 85mm F1.4 GM | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | Planar T* FE 50mm F1.4 ZA | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 24mm F1.4 GM | FE 100mm F2.8 STF GM OSS | FE 12-24mm F4 G | FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
2018.11.22 記事更新

映像監督 Wataru Umeda氏 × α7S IIαとともに“ハイスタ”に密着した2年の軌跡。フルサイズミラーレスカメラがもたらした新しい映像表現の先に見えたものとは。〜the story of Hi-STANDARD〜

2018年11月10日より公開のHi-STANDARDのドキュメンタリー映画“SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD”。数々の常識をぶち壊し、常に新しい挑戦をしてきた彼らの密着に映像監督のWataru Umeda氏が撮影機材として選んだのはα7S IIだった。2年に渡る撮影の中でαと共に歩んできた日々を振り返る。

α7S II

詳しく見る
2018.11.20 記事更新

写真家 福田健太郎氏特集:「そのレンズが、世界を一変する。」写真家 福田健太郎氏×FE 16-35mm F2.8 GM〜気配や余韻も写し撮る、究極の広角レンズ〜

ミラーレス専用設計レンズの最高峰G Master。本来両立しえない高い解像力ととろけるようなぼけ味。精度とスピードを兼ね備えたAF性能。静止画、動画を問わず、新たな映像体験を実現するために生まれたこのレンズはプロの現場にどのような革新をもたらすのか。

α7R III | FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
 
2018.11.07 記事更新

鉄道写真家 山下 大祐氏×鉄道タレント 伊藤 桃さん「写真で語る、鉄道旅の魅力」〜鉄道フェスティバル スペシャルトークショー〜

2018年10月6日(土)、7日(日)に「鉄道フェスティバル」で行われた鉄道写真家・山下大祐氏と鉄道タレント・伊藤 桃さんのトークショーの内容をご紹介します。

α7R III | α6000 | RX100VI | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 16-35mm F2.8 GM | 2X Teleconverter

詳しく見る
2018.11.07 記事更新

写真家 福田健太郎氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜自然の息づかいまで表現するα7R IIIの解像力〜

豊かな感性と鋭い視点で風景写真を撮り続けている写真家・福田健太郎氏。その場の空気感まで写し撮ることを信条とする彼が、α7R IIIで撮影に挑んだ。ここでは自身の自然との向き合い方をはじめ、α7R IIIで撮影した作品を見ながらカメラの魅力や活躍した機能についても語ってもらった。

α7R III | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
期間限定
2018.10.31 記事更新

写真家 上田晃司 氏 ポケットサイズのカメラが「スナップ撮影」のメイン機になる スナップ撮影において究極のスタイルになりうるコンパクトデジタルカメラ

アサヒカメラいま人気のジャンルのスナップ撮影。そこにある日常を自分の感性で表現する楽しみがスナップ撮影の醍醐味だ。常日頃から国内外の都市でスナップ写真を撮影し続けている写真家の上田晃司氏。そんな上田氏にサイバーショットシリーズのRX100 VとRX100 VIでの撮影のメリットを聞いた。

RX100 VI | RX100 V

詳しく見る
連載
2018.10.31 記事更新

写真家 小澤忠恭 氏 「ROOTS 日本の原景」撮影記 Vol.6
カムイミンタラ・北海道の旅-2

写真家 小澤忠恭氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.6です。

α7R II|α7R III|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
期間限定
2018.10.24 記事更新

写真家 山本まりこ 氏 ソニー「α」の軌跡 第6回 写真家・山本まりこ氏が語るカメラシステムとしての完成度の高さが作品への意欲を高めてくれるα7R IIIの魅力

アサヒカメラ女性から圧倒的に支持される「エアリーカラー」。自分自身の独創的な世界観を表現してくれるカメラがα7R IIIだという。その場の「空気感」をも写し出せると思わせてくれるその魅力とは。

α7R III|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.10.24 記事更新

写真家 佐藤健寿 氏×α7R III 「SPECTRA ―越境の民―」Vol.3 チン族/ミャンマー チン州

世界各地を巡り、美しくも不思議な世界を写真に収めてきた佐藤健寿さん。トラベルカルチャー誌『TRANSIT』では、現代に残る希有な民族を取材する「SPECTRA ―越境の民―」を連載している。第3回目となる今回、α7R IIIを手に佐藤さんが向かった先は、ミャンマーのチン州。2012年まで外国人の立ち入りが禁止されていたこのエリアに住むという、顔面刺青の民族に取材するにあたり、α7R IIIはどう力になったのか。旅の裏話とともに語ってもらった。

α7R III|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
連載
2018.10.03 記事更新

写真家 小澤忠恭 氏 「ROOTS 日本の原景」撮影記 Vol.5
カムイミンタラ・北海道の旅

写真家 小澤忠恭氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.5です。

α7R II|α7R III|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
2018.10.03 記事更新

野鳥カメラマン 山田芳文 氏 × α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。 〜その一瞬を逃さず、繊細に。生命力あふれる野鳥の姿を捉える〜

自然の中をたくましく生き抜く野鳥を、さまざまなカメラを片手に追い続けている野鳥カメラマンの山田氏。α7R IIIはどのようなシーンで活躍し、どの機能が活躍したのか。時間をかけて決定的な一瞬を狙った作品を見ながら、カメラやレンズの魅力やその印象を語ってもらいました。

α7R III|FE 24-70mm F2.8 GM|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

詳しく見る
期間限定
2018.09.26 記事更新

風景写真家 高橋真澄 氏 ソニーα7R IIIで撮る美瑛・富良野の自然風景

フォトコン有効約4240万画素35mmフルサイズセンサー、最高約10コマ/秒の高速連写、高速・高精度AFなど、最新の機能を小型ボディに詰め込んだα7R IIIで写真家・高橋真澄さんが美瑛・富良野を撮り下ろし。作品とともにその魅力をお伝えします。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
2018.08.28 記事更新

Sony World Photography Awards   2018年度 日本部門賞表彰式レポート

世界最大規模の写真コンクール「Sony World Photography Awards (SWPA)2018」は、世界200以上の国と地域のプロフェッショナルおよびアマチュアのフォトグラファーから約32万点(前年比+40%)の応募があり、2018年も4月にイギリスのロンドンで授賞式典が開催されました。続いて、日本では7月1日に日本部門賞の表彰式が執り行われました。今号では表彰式の様子を伝え、受賞作品と受賞者を紹介します。

詳しく見る
2018.7.13に限定公開された記事の転載

「日本の自然」写真コンテスト 審査委員 写真家 福田健太郎 氏 第35回「日本の自然」写真コンテストを“読む”

35回目となる「日本の自然」写真コンテストの受賞作品が決まり、7月7日(土)に東京築地の朝日新聞社東京本社で表彰式が行われた。 今回は昨年比143%の10,882点もの応募が集まり、レベルの高いコンテストとなった。今回は審査にも携わった写真家 福田健太郎さんに、最優秀賞、デジタル部門 ソニー4K賞、ソニーネクストフォトグラファー賞、福田健太郎賞の4作品と、自身の“自然”をテーマとした写真について語ってもらった。

α7R III|α9|α7 II

詳しく見る
期間限定
2018.08.01 記事更新

写真家 舞山秀一 氏 至高のフルサイズミラーレス 至極のポートレート

ハイアマチュアからプロフォトグラファーにまで、幅広く高い支持を受ける「ソニーα7Rシリーズ」。その最新モデル、「α7R III」が2017年冬に発売された。4,240万画素という圧倒的解像力に、高速&高精度AF、高速連写、強力なボディ内手ブレ補正を備えたもはや至高ともいえるフルサイズミラーレス機α7R IIIを携え、写真家・舞山秀一氏がポートレートに挑む。

α7R III|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
期間限定
2018.07.25 記事更新

写真家 福田健太郎 氏 ソニー「α」の軌跡 第3回 写真家・福田健太郎氏が思う自分の世界観を自由に開放してくれるカメラα7R IIIが備え持つ風格

アサヒカメラその場にある空気感を大事にしなければならないのが風景写真。風景写真を撮るうえで大事な要素をしっかりと表現できるのはα7R IIIの魅力だと福田健太郎氏は語った。

α7R III|FE 16-35mm F2.8 GM|FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2018.07.18 記事更新

「カメラグランプリ2018」 贈呈式リポート

2018年5月21日に「カメラグランプリ2018」の各賞が発表され、ソニーの『α9』が大賞を受賞。2016年に『α7R II』が大賞を受賞して以来、レンズ交換式カメラでは2年ぶり、2度目の受賞となりました。6月1日の「写真の日」に実施された贈呈式において審査員の方に受賞理由、開発メンバーに開発秘話を伺いました。

α9|α7R II|α7R III|α7 III

詳しく見る
2018.07.11 記事更新

フォトグラファー 大西靖 氏 あり得ないぐらいの軽さが、狙い通りの写真を撮るための手持ち撮影を実現する FE 400mm F2.8 GM OSS

スーパーフォーミュラ、スーパーGTなどモータースポーツの分野で活躍する大西靖氏。オフィシャルフォトグラファーとして各地を回り、レースを撮り続けている大西氏が、G Master 超望遠単焦点レンズ FE 400mm F2.8 GM OSSを手にスーパーフォーミュラを撮影。撮影した感想や、その魅力と実力について話を伺った。

α9|FE 400mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2018.07.11 記事更新

写真家 佐藤健寿 氏×α7R III 「SPECTRA ―越境の民―」Vol.2 ボンダとその周辺の民族/インド オディシャ州

これまで世界各地を巡り、美しくも不思議な世界を写真に収めてきた佐藤健寿さん。トラベルカルチャー誌『TRANSIT』では、現代に残る希有な民族を取材する「SPECTRA ―越境の民―」を連載している。今回、α7R IIIを手に佐藤さんが向かった先は、インド中東部のオディシャ州。インドでも少数民族の多いこの地で取材するにあたり、α7R IIIはどう力になったのか、旅の裏話とともに伺った。

α7R III|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.07.11 記事更新

フォトグラファー イルコ・アレクサンダロフ 氏 光の魔術師・イルコ氏が伝授するフラッシュ活用テクニック 〜HVL-F60RMが描き出す光と影〜

フラッシュの光を自在にコントロールし、芸術的な作品を生み出していることから“光の魔術師”と称されるイルコ・アレクサンダロフ氏。そのテクニックを駆使し、被写体に新たな命を吹き込むような作品は、いったいどのように撮られているのか。今回は大光量フラッシュHVL-F60RMとα7R IIIを使って撮影した作品を見ながら、機材の魅力とともにイルコ氏独自のフラッシュ術を教えてもらった。

α7R III|HVL-F60RM|FE 85mm F1.8|FA-WRC1M|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA|FE 12-24mm F4 G

詳しく見る
期間限定
2018.06.27 記事更新

写真家 魚住誠一 氏 ソニー「α」の軌跡 第2回ポートレート撮影の意欲を高めてくれるソニーのミラーレス一眼の魅力とは

アサヒカメラあらゆる条件下で撮影を行い、被写体の魅力を最大限に引き出す……そんな繊細な状況下での撮影が要求されるのがポートレート撮影だ。写真家・魚住誠一氏がソニーのα7R IIIに見せられた魅力とは……。

α7R III|FE 85mm F1.4 GM|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.06.20 記事更新

写真家 桃井一至 氏 優れたAFと驚きの描写力、さらなる可能性を秘めた最新ミラーレスα7 III

フィルムカメラ時代から撮影機材の進化をレビューし続けている、写真家の桃井一至氏。カメラ雑誌で彼の記事を見かけない月はないほど、さまざまなカメラに精通し、機材への造詣が深いことでも知られている。そんな桃井氏がα7 IIIを持って出掛けたのは、街並みが美しいヨーロッパ。α7 IIIでスナップ撮影をした使用感や、作品の仕上がりについて話をお聞きしました。

α7 III|FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
2018.06.13 記事更新

写真家 塙真一 氏×α7 III 〜スナップで活きるポテンシャル。街をロマンチックに〜

街角の何気ない風景も、視線をグッと引き寄せるような印象的な作品に仕上げる塙氏。α7 IIIを片手に大好きな街だというフランスのパリへ。街中の撮影で、α7 IIIのどのような機能が生きたのか、撮影テクニックも交えて話をお聞きしました。

α7 III|α9|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA|Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

詳しく見る
2018.06.13 記事更新

動物写真家 小原玲 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。 〜撮る楽しさを想起させるカメラとレンズのベストマッチ〜

長年、アザラシの赤ちゃんを中心とした野生動物を題材に、独自の視点で写真表現を続けている小原氏に、α7R IIIを使用していただきました。極寒の地でα7R IIIがアザラシの赤ちゃんの新たな魅力を引き出しています。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 16-35mm F2.8 GM|FE 24-70mm F2.8 GM|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.06.13 記事更新

映像作家 江夏由洋 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。 〜α7R IIIが変える映像の常識〜

長きにわたりCMやプロモーションビデオなど、クリエイティブな映像作品を撮り続けてきた江夏由洋氏。いち早く4K撮影に取り組んだ先駆者としても知られ、最新技術を取り入れた革新的な撮影手順も注目を集めています。今回は、映像の世界でミラーレス一眼であるα7R IIIを使うメリットや、ムービーカメラでは成し得ない利便性など、その魅力を思う存分語っていただきました。

α7R III|α7S II|α7R II|FE 24-70mm F2.8 GM|FE 85mm F1.4 GM|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
期間限定
2018.05.30 記事更新

写真家 山岸伸 氏 写真家 山本まりこ 氏 ソニー「α」の軌跡 第1回ミラーレスの進化が写真家の心に問いかけるソニーαシリーズが広げる作品の可能性とは

アサヒカメラ写真家はミラーレス一眼の進化をどのように受け止め、作品づくりに取り入れているのだろうか。撮影機材への思いやミラーレスの持つ可能性について、山岸伸氏と山本まりこ氏が語る。

α9|α7R III|FE 24-70mm F2.8 GM|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA|2X Teleconverter

詳しく見る
2018.05.30 記事更新

フォトグラファー 三小田智子 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIのスピード感が与えてくれる「撮れる」という自信〜

他のプロカメラマンとは一線を画した異色の経歴を持つ三小田智子さん。子育てが終わってからカメラを本格的に始めたため、キャリアはまだ6年ほど。しかもαアカデミーや、その前身であるαcafé体験会で写真の技術を学び、αcaféに作品を投稿していた、いわばαの一ファンからプロへの転向を遂げたという非常に稀有なフォトグラファーだ。

α7R III|FE 24-105mm F4 G OSS|FE 90mm F2.8 Macro G OSS|FE 100mm F2.8 STF GM OSS

詳しく見る
2018.05.30 記事更新

写真家 山本まりこ 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIが実現した柔らかな色彩〜

その場の空気感まで写し撮るような、感性豊かな作品を撮り続けている写真家の山本まりこ氏。「airy(エアリー)」という自身の作品の方向性が定まってきたのはαを使ってきたからこそ、と語るほどソニーのミラーレスを使いこなしている彼女。今回はα7R IIIを片手に、インドへ撮影旅行に出掛けました。海外でのスナップ撮影ではα7R IIIのどのような機能が活きたのか、作品を見せていただきながらカメラの魅力を語っていただきました。

α7R III|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.05.23 記事更新

風景写真家 高橋真澄 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIが描く豊かな色彩〜

光が描き出す自然現象を独自の感性で芸術的な作品に仕上げる風景写真家の高橋真澄氏。その美しい作品の数々はどのようなテクニックで撮られているのか、さらにαはどのようなシーンで実力を発揮したのか、撮影していただいた作品を見ながら、高橋氏の熱い思いを交えてお聞きしました。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2018.05.23 記事更新

航空写真家 伊藤久巳 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIが写し取る航空機の多彩な表情〜

旅客機から戦闘機の空撮まで、あらゆる分野の航空写真を長年撮影し続けている伊藤久巳氏。無機質な飛行機を感情を宿したかのように表現する彼の作品には、独特な迫力と類い希なセンスを感じます。航空写真の世界で、ミラーレス一眼のα7R IIIはどのような活躍を見せたのか、デジタル一眼レフを超えることができたのか、現場での使用感を率直にお聞きしました。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

詳しく見る
2018.05.23 記事更新

鉄道写真家 山下大祐 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIが豊かな階調で描く鉄道風景〜

印象的かつ芸術的な鉄道写真を数多く世に送り出している写真家・山下大祐氏。写真の技術を駆使しながら時間をかけて1枚の作品を撮るスタイルで、風景の中に佇むような鉄道をドラマチックに撮影します。今回はα7R IIIを片手に、撮影の旅に出掛けました。鉄道写真ではいったいどのような機能が活躍したのか、α7R IIIの魅力を存分に語っていただきます。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 24-70mm F2.8 GM |FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2018.05.16 記事更新

写真家 高橋良典 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜ベールを一枚脱いだような風景写真〜

生まれ育った奈良の魅力を写真で伝え続けている写真家の高橋良典氏に、α7R IIIで奈良の風景を撮影していただきました。α7R IIIを通して見る奈良の風景は、普段とどう違って見えたのでしょうか。

α7R III|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|FE 24-70mm F2.8 GM|FE 70-200mm F4 G OSS|FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2018.05.09 記事更新

フォトグラファー 池之平昌信 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜流し撮りの職人が語る、α7R III〜

世界20カ国以上でF-1GPやラリー等のレース撮影を手がけ、現在も第一線で活躍する池之平昌信氏。超高速で駆け抜ける被写体を追い続け、自ら「流し撮りの職人」と称する池之平は、α7R IIIになにを感じたのでしょうか。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2018.05.09 記事更新

写真家 佐藤健寿 氏 「SPECTRA ―越境の民―」Vol.1 ブロクパ/インド ジャンム・カシミール州 写真家 佐藤健寿 氏×α7R III

これまで世界各地を巡り、美しくも不思議な世界を写真に収めてきた佐藤健寿さん。注目を集める写真家が、現代に残る希有な民族を取材する連載「SPECTRA ―越境の民―」がトラベルカルチャー誌『TRANSIT』で始まった。α7R IIIを手に佐藤さんが向かった先は、インド北部のラダック地方。山奥の国境周辺でひっそりと暮らすブロクパの人びとを取材するにあたり、α7R IIIはどう力になったのか、旅の裏話とともに伺った。

α7R III|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.05.02 記事更新

天体写真家 沼澤茂美 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜星をスナップ撮影する。星空撮影の常識は変わった〜

夜空に輝く星を題材に感性豊かな作品を発表し続けている、天体写真家・沼澤茂美氏に、α7R IIIを試していただきました。カメラ技術の最先端を駆使する天体写真の第一人者は、α7R IIIの描写性能をどのように評価したのでしょうか。

α7R III|FE 16-35mm F2.8 GM|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.05.02 記事更新

写真家 井上浩輝 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIで撮る、北の風景と動物撮影の世界〜

道内最高峰の旭岳を望む東川町をベースに野生動物や風景を撮り続けている写真家・井上浩輝氏に、α7R IIIについて語っていただきました。被写体はもちろん北海道の大自然。α7R IIIは、世界中から注目を集める写真家の創作意欲をどう刺激したのでしょうか。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|2X Teleconverter

詳しく見る
2018.04.27 記事更新

動物写真家 小原玲 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIで捉えた、シマエナガの新たな魅力〜

これまでα7R IIやα9などのデジタル一眼カメラ、DSC-RX10M4などのデジタルスチルカメラで動物を撮影してきた動物写真家の小原玲氏に、α7R IIIについて語っていただきました。今回の被写体は、小原さんが大好きなシマエナガ。かわいさは人一倍、でも警戒心が強くて動きが敏捷で、被写体としてはたいへん難しい小鳥です。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|1.4X Teleconverter

詳しく見る
2018.04.16 記事更新

風景写真家 高橋真澄 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIで広がる風景写真〜

高橋真澄氏は、大自然の中でふいに現れてはすぐに消えてしまう奇跡的な瞬間を、写真という形で永遠に閉じ込める風景写真家。撮影は、気温がマイナス25度にもなるという真冬の北海道で行われました。過酷な撮影現場で、α7R IIIはどんな瞬間を切り取ってくれたのでしょうか。

α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 70-200mm F4 G OSS|FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2018.04.16 記事更新

写真家 佐藤健寿 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIの高解像が描き出す魅惑のポートレート〜

世界の不思議な被写体を独自の視点で捉え、アーティスティックな作品に仕上げる佐藤健寿氏。今回はインドの北と南を縦断して、α7R IIIでさまざまな作品を撮っていただきました。海外の過酷な環境下でα7R IIIがどのような活躍を見せたのか、存分に語っていただきます。

α7R III|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA|FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2018.04.16 記事更新

写真家 並木隆 氏×α7R III 特集:この一台で、挑む。すべてに応える。〜α7R IIIで『魅せる』花撮影〜

花や植物を題材に、独自の視点で写真表現を続けている並木氏に、α7R IIIを使用していただきました。細部にわたり「ぼけ味」にこだわる芸術性の高い並木氏の表現に、α7R IIIはどう応えたのでしょうか。

α7R III|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|FE 90mm F2.8 Macro G OSS

詳しく見る
連載
2018.03.28 記事更新

写真家 小澤忠恭 氏 「ROOTS 日本の原景」撮影記 Vol.4
巨樹の国・伊豆半島の旅

写真家 小澤忠恭氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.4です。

α7R|α7R II|FE 24-70mm F4 ZA OSS|FE 16-35mm F4 ZA OSS|FE 90mm F2.8 Macro G OSS

詳しく見る
2018.03.14 記事更新

写真家 井上浩輝 氏・フォトグラファー 小林修士 氏 東京カメラ部10選コラボトークショー
〜αが捉える“一瞬”の世界〜 後編

国内最大の審査型SNSである『東京カメラ部』において、延べ4.5億人が選ぶその年の10枚「10選」に選出された経歴を持つ井上浩輝氏と小林修士氏が、αユーザーならではの作品づくりの魅力を語る。今回の後編では小林氏の話を中心に紹介。

α7R|α7R II|FE 35mm F2.8 ZA 35mm|FE 55mm F1.8 ZA 55mm|FE 35mm F1.4 ZA 35mm

詳しく見る
2018.03.14 記事更新

写真家 井上浩輝 氏・フォトグラファー 小林修士 氏 東京カメラ部10選コラボトークショー
〜αが捉える“一瞬”の世界〜 前編

国内最大の審査型SNSである『東京カメラ部』において、延べ4.5億人が選ぶその年の10枚「10選」に選出された経歴を持つ井上浩輝氏と小林修士氏が、αユーザーならではの作品づくりの魅力を語る。今回の前編では井上氏の話を中心に紹介。

α9|α7R III|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|2X Teleconverter

詳しく見る
2018.02.15 記事更新

ナショナルジオグラフィック プロジェクトクルー 打田武史 氏・高橋雄三 氏/ネイチャーフォトグラファー 柏倉陽介 氏 a project with NATIONAL GEOGRAPHIC 小笠原諸島編 Vol.3/3

絶海の孤島、小笠原諸島でさまざまな光をα7R IIIで捉えてきたネイチャーフォトグラファー柏倉陽介氏、そして柏倉氏の撮影シーンをα7S IIで追いかけたナショナルジオグラフィックプロジェクトのCM映像撮影クルー。それぞれに小笠原諸島での撮影の感想や、αの魅力について話を伺いました。

α7S II|α7R III

詳しく見る
2018.02.14 記事更新

写真家 林明輝 氏 地上から、そして空から――

ソニーのαシリーズを片手に印象的な自然風景を撮り続けている写真家、林明輝 氏。その手法は地上からの撮影に留まらず、ドローンを使った空撮にまで及んでいる。撮影した作品を見せていただきながら率直な感想と撮影のポイントをお話しいただいた。

α7R III|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|FE 16-35mm F2.8 GM

詳しく見る
2018.01.17 記事更新

天体写真家 沼澤茂美 氏 驚異の天体ショーの決定的瞬間を捉える

優れた高感度特性や小型軽量ボディ、ブライトモニタリング機能など、αシリーズの諸性能が星空風景写真にもたらした影響が大きいと前号で触れた(詳しくはコチラ)が、カメラのポテンシャルが作品の質を左右する天文現象の撮影においては、より強く影響を与えるといえるだろう。今号では、1月31日に日本で観測できる約3年ぶりの皆既月食に先駆けて、αシリーズでの皆既日食や月食、流星群の撮影について紹介する。

α7R II|α9|α7S|α7R III

詳しく見る
2018.01.15 記事更新

フォトグラファー 須田卓馬 氏 「そこにしかない一瞬」を捉えるドキュメンタリー撮影で活かされたα7R II

須田卓馬 氏は、ポートレートのジャンルで活躍するフォトグラファー。国内でスタジオ中心の仕事を精力的にこなす一方、ライフワークとしてアジアの国々での撮影を続けている。須田氏が旅先に携帯するカメラは「α7R II」。どうして、海外の撮影でα7R IIをチョイスするのか?ウズベキスタンの「カラカルパクスタン自治区」で撮影した作品を見ながら、その理由をじっくり伺った。

α7R II|Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
2018.01.10 記事更新

ディレクター兼カメラマン 越野創太 氏 A project with WOWOW 光と闇が交差する世界最大の洞窟へ。

発見されて間もないベトナム北部にある世界最大の“ソンドン洞窟”。α7S IIはどのようなシーンでその実力を発揮したのか。まずは、α7S IIで全編撮り下ろしたメイキング映像をご覧いただきたい。

α7S II|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
連載
2017.12.27 記事更新

写真家 小澤忠恭 氏 「ROOTS 日本の原景」撮影記 Vol.3
みちのく金華山の旅

写真家 小澤忠恭 氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.03です。

α7R|α7R II|FE 24-70mm F4 ZA OSS|FE 16-35mm F4 ZA OSS|FE 90mm F2.8 Macro G OSS

詳しく見る
2017.12.27 記事更新

フォトグラファー 黒田明臣 氏 富久浩二 氏 東京カメラ部10選コラボトークショー 〜αの使い手が魅せる新表現〜

国内最大の審査型SNSである『東京カメラ部』において、延べ4.5億人が選ぶその年の10枚「10選」に選出された経歴を持つ黒田明臣 氏と富久浩二 氏が、αユーザーならではの作品づくりの魅力を語る。

α7R II|α7|α7 II|α7R III|FE 90mm F2.8 Macro G OSS|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA|FE 85mm F1.4 GM|FE 24-105mm F4 G OSS|FE 70-200mm F4 G OSS|Sonnar T* 135mm F1.8 ZA

詳しく見る
2017.12.20 記事更新

写真家 井上浩輝 氏 「約24コマ/秒の高速連写と高解像で表現する北の動物たちと美しい風景〜幅広い焦点域を持つRX10 IVの強み〜」

キタキツネなどの野生動物や北海道の自然風景を撮り続け、「ナショナルジオグラフィック」2016年フォトコンテストのネイチャー部門で日本人初の1位に輝いた写真家・井上浩輝氏。今回、手にしたカメラはRX10 IV。撮影した作品をご紹介いただきながら、画質やAF性能、機動性など、カメラの性能について率直な印象を伺った。

RX10 IV

詳しく見る
2017.12.20 記事更新

フォトグラファー 小林修士 氏 東京カメラ部10選2016 小林修士 〜前編〜 「あの頃の光を求めて」

昭和テイストを感じさせる女性ポートレートをシリーズ化している小林修士さんがプロフォトグラファーとして活動する傍ら、α7R IIを使いオリジナリティー溢れる作品を撮る理由とは。フルサイズミラーレス一眼が作品制作に寄与することについて伺った。

α7R II|α7R III|FE 35mm F2.8 ZA|FE 55mm F1.8 ZA

詳しく見る
2017.12.13 記事更新

写真家 森本真哉 氏 「このレンズを持って出掛けたい」Gレンズの高いクオリティで広い守備範囲を誇る FE 24-105mm F4 G OSS

ソニーのレンズに精通している森本氏が新たに手にしたのは「FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)」。実際に撮影して感じたことや、どのようなシーンに向いているかなど、その魅力と実力を余すことなく語っていただいた。

α7R II|FE 24-105mm F4 G OSS|Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS|FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
2017.12.13 記事更新

フォトグラファー 大西靖 氏 高速で走り抜けるマシンを的確に捉え新たな写真の世界を広げたα9 〜コンパクトなボディと高精度追随AFがもたらす可能性〜

フォトグラファー 大西靖 氏に、国内最速のモータースポーツの舞台で、α9で撮影した感想や機能についてお話を伺った。 これまでデジタル一眼レフで撮影をしてきた同氏に、α9はどう映ったのか。

α9|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 12-24mm F4 G

詳しく見る
2017.12.06 記事更新

ファッションフォトグラファー 中川昌彦 氏 α7R IIIで捉えた、奇跡の瞬間 〜撮りたかったのは、いままで誰も見たことがない写真〜

α7の第三世代として新発売された「α7R III」。このカメラを使ってファッションフォトグラファー・中川昌彦氏が今回目指したのは、「誰も見たことがない写真」。実際に撮影した感想を伺った。

α7R III|FE 85mm F14 GM|SEL100F28GM|リチャージャブルバッテリーパックNP-FZ100|メモリーカードSF-Gシリーズ

詳しく見る
2017.12.06 記事更新

写真家 井上浩輝 氏 東京カメラ部10選2014 井上浩輝 〜後編〜 「α9で世界の瞬きを撮る」

北海道を舞台に孤高のキタキツネを追った「A Wild Fox Chase」で知られる井上浩輝 氏。メインカメラをα9に変えたことで、加速度的に撮れる作品数が増えたという。野生動物撮影に有効なα9の機能について伺った。

α9|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

詳しく見る
連載
2017.11.29 記事更新

写真家 小澤忠恭 氏 「ROOTS 日本の原景」撮影記 Vol.2
出羽三山の旅

写真家 小澤忠恭 氏による連載。ただうまいだけの写真から「いい写真」が撮りたいと思っている方々へ参考になるような「言葉」を、ライフワークである「ROOTS 日本の原景」 撮影記から厳選した作品とともにお伝えします。今回はVol.02です。

α7R II|Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

詳しく見る
2017.11.29 記事更新

写真家 井上浩輝 氏 東京カメラ部10選 2014 井上浩輝 〜前編〜 「α9で世界の瞬きを撮る」

北海道を舞台に孤高のキタキツネを追った「A Wild Fox Chase」で知られる井上浩輝氏。α9をメインに、αシリーズを愛用。野生動物を撮影する上でミラーレスを使うことの利点や、お気に入りのレンズなどについて伺った。

α9|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 12-24mm F4 G|2X Teleconverter

詳しく見る
2017.11.24 記事更新

鉄道写真家 中井精也 氏 やっと出会えた。そう思えるカメラ。鉄道写真家 中井精也 氏 × α7R III

待望の新型αとなるα7R IIIを携え、中井氏が北の大地へ赴きました。「やっと出会えた!そう思えるカメラです」と感想をもらした中井氏に、実際に撮影した写真と共にファーストインプレッションを語っていただきます。

α7R III|FE 24-70mm F2.8 GM|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 16-35mm F2.8 GM|FE 12-24mm F4 G

詳しく見る
2017.11.22 記事更新

動物写真家 小原玲 氏 〜後編〜 感性の赴くままに決定的瞬間をとらえる。動物写真界を変えるカメラ『RX10 IV』

報道カメラマンから動物写真家に転身した過去を持つ小原氏。報道写真も動物写真も美しい、きれいなだけでなく、「感性」が光る決定的瞬間をとらえることが大事だ、という。『RX10 IV』は小原氏のどんな「感性」を引き出したのだろうか。野生のリスや鳥の豊かな表情をとらえた作品とともに『RX10 IV』のインプレッションを率直に語っていただいた。

RX10 IV

詳しく見る
2017.11.08 記事更新

動物写真家 小原玲 氏 〜前編〜 報道写真家から動物写真家へ。美しさよりも感性が生きる世界の最前線

小原玲 氏が今、最も情熱を注ぐ被写体はアザラシや小鳥、リスなどの野生動物だ。愛らしいアザラシの写真集は多くの人の目に留まり、たちまち話題となった。なぜ報道写真の最前線から、動物写真の最前線に転身したのか。そして、カメラに求めることとは。RX10 IVの作品とともに、自身のバックストーリーを語っていただいた。

RX10 IV

詳しく見る
2017.10.18 記事更新

フォトグラファー 黒田明臣 氏 東京カメラ部10選2015 黒田明臣 〜後編〜 「計算と挑戦のポートレート」

α7R IIを使いポートレートを撮影している黒田明臣 氏は、もし小型軽量というアドバンテージがなかったとしてもα7R IIを使うと言い切る。その裏にはどのような理由があるのだろう。α7R IIの機能面に焦点を当て、ポートレート撮影との親和性を探っていく。

α7R II|FE 50mm F1.4 ZA|FE 90mm F2.8 Macro G OSS|FE 85mm F1.4 GM 85mm

詳しく見る
2017.10.18 記事更新

フォトグラファー 井川拓也 氏 「紅」を高解像で繊細に表現するα7R IIで紅葉を色鮮やかに写す

フォトグラファーの井川拓也 氏がα7R IIを片手に出掛けたのは秋の京都。雅やかな美しい紅葉を前に、αはどのような実力を見せたのか。紅葉撮影時に役に立った便利な機能から発色や表現力まで、現場での使用感を語っていただいた。

α7R II|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|FE 70-200mm F4 G OSS

詳しく見る
2017.10.04 記事更新

Beyond The Future 〜想像をカタチにするために〜 α7R II α7S II α6500 α99 II FE lens

様々なジャンルの著名なプロフェッショナルが“α”で捉えた珠玉の静止画や動画を、1本の映像作品にしました。人物、風景、鉄道、飛行機、音楽、星空など多彩なジャンルで撮影された映像の数々は圧巻です。珠玉の静止画、動画の数々を是非ご覧ください。

α7S II|α7R II|α99 II|α6500

詳しく見る
2017.09.27 記事更新

写真家 大野雅人 氏 旅写真家が使う、はじめてのα。出逢う風景、島民のすべてをαでとらえ、旅をしていく。

自然と人間との普遍的な関係をカメラを通じて表現する大野雅人 氏。今回は屋久島と種子島を旅する中で出逢った風景、島民を撮影した作品と共にαのインプレッションをご紹介いただく。

α7 II|α7R II|Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA|Planar T* FE 50mm F1.4 ZA|FE 28mm F2|Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

詳しく見る
2017.09.08 記事更新

ミニチュア写真家 田中達也 氏 <前編> 「ミニチュア制作のきっかけは、Instagramの『いいね!』数でした」

野菜や文房具、日用品など、身近な物と小さなフィギュアを組み合わせて不思議な見立ての世界を構築する田中達也 氏。なぜミニチュアなのか。そしてなぜαを選んだのか。創作の秘密に迫る。

α7R II|FE 90mm F2.8 Macro G OSS|FE 50mm F2.8 Macro

詳しく見る
2017.08.30 記事更新

フォトグラファー 内田眞樹 氏 メジャー大会の撮影で見えた「α9」の革新的機能がゴルフ撮影にイノベーションをもたらした

数多くのゴルフのメジャートーナメントを取材し、ゴルフ写真を撮り続けているフォトグラファー・内田眞樹 氏。海外におけるメジャー大会の撮影に内田氏が選んだのは、ミラーレス一眼カメラα9だった。

α9|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|FE 16-35mm F2.8 GM|Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA|SDXC/SDHC UHS-II メモリーカード

詳しく見る
2017.07.27 記事更新

スポーツフォトグラファー 真野博正 氏 「スポーツ写真の世界に大きな変革をもたらすカメラ」

25年以上にわたりテニスプレーヤーを撮り続け、スポーツグラフィック『Number』誌上でも活躍する、スポーツフォトグラファー・真野博正 氏。普段一眼レフカメラを使用する彼が、最新ミラーレスモデルα9での撮影を体験。これまで速い動きは苦手と思われていたミラーレスカメラが、スポーツ撮影の第一線の現場でどれだけ“使える”のか。その評価を伺った。

α9|FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS|SDXC/SDHC UHS-II メモリーカード

詳しく見る
2017.07.06 記事更新

写真家 小橋城 氏 「多くの武器を持ち合わせるミラーレスの革命児「α9」に迫る」

動きの激しいスポーツシーンを撮り続け、その一瞬の輝きや感動を写真に残している写真家・小橋城氏。彼が新たな可能性を求めて手にしたのは、最新ミラーレスモデルα9。スポーツ撮影でα9がどのようなパフォーマンスを発揮したのか、小橋氏にお話を伺った。

α9|FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2017.06.28 記事更新

フォトグラファー 尾形正茂 氏 α7R IIの解像力をあますことなく。クリップオンフラッシュHVL-F45RMで、作品の完成度を高めるプロの技

前編では、α99 IIとやわらかな表現に適したAマウントレンズでの作品撮影に密着した。後編では、α7R IIと、描写性能に優れたEマウントレンズでの作品撮影をレポート。解像力を存分に発揮した作品世界の秘密に迫る。

α99 II|α7R II|FE 24-70mm F2.8 GM|HVL-F45RM

詳しく見る
2017.06.28 記事更新

ディレクター 柘植泰人 氏 最先端の現場+α Vol.11
「撮りたい時に撮れるαの瞬発力が僕のスタイルに合っています」

美しい映像で描かれるドキュメンタリーを次々と発表。Vimeo等の動画サイトを通じて世界中にファンを持つディレクターの柘植泰人さん。それまで所属していたaugment5を経て2015年にnovemberを設立。ドキュメンタリーを中心に活躍の場を広げている。

α7S II

詳しく見る
2017.06.21 記事更新

フォトグラファー 尾形正茂 氏 包み込む光をとらえるα99 IIと
SAL24F20Z /SAL85F14Zで描く
女性の「素」の美しさ

数々の雑誌や広告分野で、人物ポートレートの達人と称される尾形氏。その世界感を表現するために選ぶ、カメラ、レンズとは。前編では、屋外ロケでハレーションを活かした作品づくりの神髄に迫った。

α99 II|Planar T* 85mm F1.4 ZA|Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

詳しく見る
2017.06.07 記事更新

ネイチャー&ワイルドライフフォトグラファー 野村哲也 氏 「究極の絶景 〜地球の息吹を求めて〜(ハワイ島編)」

滞在する国々で出会う自然や動物、人を撮り続ける野村哲也氏。今回は、同氏がハワイ島において出会った溶岩流を中心に、その撮影シーンを記録した動画と、背景エピソードをご紹介いたします。

α7R II|FE 70-200mm F2.8 GM OSS|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

詳しく見る
2017.04.26 記事更新

ネイチャー&ワイルドライフフォトグラファー 野村哲也 氏 世界を旅するフォトグラファーがFEレンズに惚れ込む理由

世界各国を飛び回るネイチャー&ワイルドライフフォトグラファーの野村氏。自然、動物、人物と多岐にわたる被写体を魅力的に写すために、レンズに求めるものとは。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|FE 70-200mm F4 G OSS|FE 50mm F2.8 Macro|FE 90mm F2.8 Macro G OSS

詳しく見る
2017.04.26 記事更新

ファッションフォトグラファー 中川昌彦 氏 「溶けていくような圧巻のぼけ描写が、被写体を引き立たせ、深みを表現するレンズ」

ソニーが送り出すEマウント最高峰のレンズ「Gマスター」シリーズに、息をのむような美しいぼけ味を実現するSTFレンズが登場した。プロの目にはEマウント初のSTFレンズはどう映ったのか。ファッションフォトグラファー中川昌彦氏にインプレッションをお願いした。

α7R II|FE 100mm F2.8 STF GM OSS

詳しく見る
2017.04.12 記事更新

ファッションフォトグラファー 中川昌彦 氏 ハイライト部分も細部まで描きだす
ポートレートにぴったりの大口径単焦点

ソニーがラインアップする35mmフルサイズのEマウントレンズに、ポートレート撮影に適した大口径85mm単焦点レンズが登場。ファッションフォトグラファーとして、長年人物を撮り続けてきた中川昌彦 氏にこのレンズを使用した感想を伺う。

α7R Ⅱ|FE 85mm F1.8

詳しく見る
2017.04.05 記事更新

クリエイティブ・ディレクター 松宏彰 氏
ディレクター&キャラクターデザイン 合田経郎 氏
カメラマン 尾道幸治 氏
PIECE OF TOKYO ハイブリッド人形アニメーションで発揮されるα7S IIの真価 『とう と きょう』

TYOによる東京の魅力を国内外に発信していくというこのプロジェクトも、この冬に第3弾『とう と きょう』が完成。制作を担当したクリエイティブ・ディレクター松氏と監督の合田氏、カメラマンの尾道氏に、作品とカメラの魅力について語ってもらった。

α7S Ⅱ|FE PZ 28-135mm F4 G OSS

詳しく見る
2017.02.22 記事更新

フォトグラファー 堀内僚太郎 氏 「コンパクトなのに圧倒的な高画質。羊の皮を被った狼ですよね」

ファッションやビューティ、広告など様々なジャンルの被写体を撮影するフォトグラファー堀内僚太郎さん。最近では仕事で培った技術を活かしてより専門性の高い時計の撮影を行なっているなかで、ソニーα7R IIという撮影の頼もしい相棒を見つけたようだ。

α7R Ⅱ|FE 90mm F2.8 Macro G OSS

詳しく見る
2017.02.20 記事更新

カメラマン 瀬野敏 氏 虹色に表情を変える、美しい滋賀県を魅せるプロジェクト撮影レポート〜2017年 冬〜

「虹色に表情を変える、まだ見たことのない滋賀」をテーマに滋賀・びわ湖の魅力を映像で届けるプロジェクト。冬の撮影の舞台裏を、日本を代表するカメラマン 瀬野氏に伺いました。

α7S II|Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|RX10 III

詳しく見る
2017.02.15 記事更新

フォトグラファー 堀内僚太郎 氏 SIDE STORY

ファッション、ポートレイトなど様々なジャンルで活躍するフォトグラファーの堀内僚太郎 氏。一方で、ライフワークとして東ヨーロッパに暮らす人々の生活風景や滝の撮影をハイスピードで撮り続けるなど、活発に活動を続けている氏の撮影スタイルに迫る。

α7R II|Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS|FE 90mm F2.8 Macro G OSS

詳しく見る
2017.02.01 記事更新

映像監督 番場秀一 氏
カメラマン 渡辺研司 氏
クリエイティブ・ディレクター 松宏彰 氏
独特な映像表現で街の温度感を紡ぎ出す
『東京音℃』
PIECE OF TOKYO Vol.2/3

TYOが発信する自主制作プロジェクト「PIECE OF TOKYO」の第二弾として公開された『東京音℃』。α7シリーズが使われた理由や撮影秘話、α7シリーズだからこそ撮れた映像などを、監督の番場氏、カメラマンの渡辺氏、クリエイティブ・ディレクターの松氏に伺った。

α7S II

詳しく見る
2017.01.25 記事更新

ビデオグラファー/フォトグラファー 田島継二 氏 ウインタースポーツの最高峰
フリーライディングを記録し
続ける冒険者

広大な自然の中、たっぷりの雪を抱えた急峻な山々を滑るプロスノーボーダー、プロスキーヤーたち。雄大な雪山でアクロバティックなライディングにチャレンジしながら自由に自己表現をする彼らを、長年にわたって撮り続けてきたカメラマン、田島継二 氏が撮影機材として選んだのはα7S IIだった。

α7S II|FE 70-200mm F4 G OSS|FE PZ 28-135mm F4 G OSS|SEL057FEC|FE 28mm F2

詳しく見る
2017.01.18 記事更新

映像ディレクター 松宏彰 氏、カメラマン Haya 氏 抜群の機動力でカオス東京の魅力を引き出す『東巨女子』
PIECE OF TOKYO Vol.1/3

自主制作コンテンツ「PIECE OF TOKYO」の作品を通して、何を伝えたいのか。このプロジェクトでなぜα7S IIとα7R IIが撮影機材に選ばれたのか。映像ディレクター 松 宏彰氏、カメラマン Haya氏に語ってもらった。

α7S II|α7R II

詳しく見る
2016.12.22 記事更新

虹色に表情を変える、
美しい滋賀県を魅せるプロジェクト
撮影レポート〜2016年 秋〜

「虹色に表情を変える、まだ見たことのない滋賀」をテーマに滋賀・びわ湖の魅力を映像で届けるプロジェクト。秋の撮影の舞台裏を、日本を代表するカメラマン 瀬野氏に伺いました。

α7S II|α7R II|FE PZ 28-135mm F4 G OSS|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
2016.12.14 記事更新

映像作家 江夏由洋 氏 「α7シリーズとFEレンズが切り開く新しい映像制作の世界」

映像業界に長く身を置き、CM/PVを中心にクリエイティブな映像作品を撮影してきた江夏由洋 氏。映像制作の現場で“デジタル一眼カメラ”を使う意味とは? FEレンズの魅力とともに語っていただいた。

α7S II|α7R II|Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS|Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS|FE 70-200mm F4 G OSS

詳しく見る
2016.11.22 記事更新

フォトグラファー 梅澤勉 氏 「偶然が必然になるような画を狙っていきたい」

一枚絵の美しさにこだわるフォトグラファーとしての特長を活かしながら、CMを中心にムービー制作にも積極的に関わっている梅澤勉さんが最近夢中になっているのがソニーα7S IIをMoVI(スタビライザー)に搭載して被写体を自由に狙っていく撮影スタイルだという。

α7S Ⅱ

詳しく見る
2016.11.09 記事更新

フォトグラファー 梅澤勉 氏 「第一線で活躍するフォトグラファーが撮る、「一枚絵にこだわる」一眼ムービー」

一枚絵の美しさにこだわるフォトグラファーとしての特長を活かしながら、CMを中心にムービー制作にも積極的に関わっている梅澤さん。αとの出会いから、フォトグラファー目線の映像制作の楽しさについて梅澤さんに語ってもらった。

α7S Ⅱ

詳しく見る
2016.09.08 記事更新

写真家 鈴木心 氏 ソニーショールーム/ソニーストア 銀座 移転オープニングイベント
「二階堂ふみ × 鈴木心写真館」

ソニーショールーム/ソニーストア 銀座の移転オープニングイベントとして、写真家鈴木心さんが女優 二階堂ふみさんを撮り下ろした「わたしの記念写真」展、あなたを主役にして撮影するイベント「鈴木心写真館 」、そしてトークイベントを開催します。

 

詳しく見る

該当する記事は見つかりませんでした。

デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ