ソニー発、ゲーミングギア INZONE

INZONE 体験インタビュー勝利をつかむための
必須アイテム

2022.07.11

  • twitter
  • facebook

ELLY

三代目 J SOUL BROTHERS

9月21日生まれ、青森県出身。国内外問わず、数多くの有名アーティストのバックダンサーから振付までをこなし、ダンス界で広く知られた類まれな身体能力と高い技術が注目を集め2010年、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとしてデビュー。パフォーマー以外にも役者・コレオグラファー・ヒップホップアーティストなど、多才なエンターテイナーとして広く活躍。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍しながら、世界的なゲーム大会にも出場するなど、ゲーマーとしての一面も持つELLYさん。
メインMCを務めるゲームバラエティ番組「GAMING HOUSE SQUAD」は、ゲーム好きの視聴者に向けてさまざまな企画を実施しています。
特に番組から派生したオンラインゲームイベント「GHS NIGHT」では、ELLYさんもメインチームのリーダーとして参戦し、多くの『Apex Legends™』プレイヤーから人気を集めています。
そんなELLYさんに、ゲーミングギア「INZONE(インゾーン)」のゲーミングモニター「INZONE M9」とゲーミングヘッドセット「INZONE H9」を使用して『Apex Legends™』をプレイしていただきました。
実際の使用感はもちろん、今後の「GHS NIGHT」にかける思いについてもお聞きします。

これほどの没入感があるモニターには出会ったことがない

これまでにいろいろなゲーム関連の番組や企画に参加して、数多くのモニターを使って『Apex Legends™』をプレイしてきましたが、やはり高画質なモニターだと、プレイヤーとして気分が上がりますね。自宅で使っているモニターもかなりこだわって選んだものなのですが、こちらのほうが断然きれいに感じました。

建物や植物などの細かな部分の表現もすごく鮮明で、全体的に映像にリアリティーがありました。スコープを使うと遠くもよく見えて、エイムを合わせやすかったです。これほどの没入感があるモニターには出会ったことがないですし、本当に素晴らしいクオリティだなと思いました。最高としか言いようがありません。このモニターが家にあったらうれしいですね。

今までテレビでプレイしていた人がこのモニターを使ったら、きっと感動すると思いますよ。僕も最初はテレビを使っていたのですが、初めてゲーミングモニターに変更した時は、あまりの違いに驚いてしまいました。もしあの時、このモニターを使っていたら、もっと大きな違いを感じられたでしょうね。もし今、テレビでプレイしていて、ゲーミングモニターを使ってみようか迷っている人がいたら、ぜひ「INZONE M9」を試してみてほしいです。

プレイヤーを勝利へ導く映像のなめらかさ

ゲーミングモニターは、映像がなめらかに進んでいくかどうかがとても重要です。映像のなめらかさが勝利を左右するといってもいいくらいなので、モニターは特にこだわって選ぶようにしています。もちろんPCのスペックも重要なのですが、それを映すモニターの性能がよくないと、せっかくいいPCを使っていても意味がなくなってしまいますから。

『Apex Legends™』はキャラクターが激しく動くゲームなので、映像処理が重くなりがちです。モニターの性能はより重要なポイントになると思いますが、そういった意味で、「INZONE M9」は本当に素晴らしかったです。リフレッシュレートが高いので動きがとてもなめらかで、快適にプレイできました。

残像感がないところもストレスを感じさせない理由なのでしょうね。残像感があるモニターを使っていると、エイムを合わせても後ろにズレてしまうことがあります。このモニターは、まさにその瞬間、敵がいる場所に正確に表示されていると感じました。とても狙いやすかったですし、実際、なんの支障もなく敵に当てることができました。

高コントラスト機能でカラー設定も思いのまま

『Apex Legends™』では、室内などの暗い場所がいかにはっきり見えるかも重要です。基本的にその辺りはゲーム内の設定による部分が大きいので、僕も自分がプレイしやすくなるように、色の鮮明さを調整しています。

この「INZONE M9」は、僕の設定が忠実に再現されていました。まさに思い通りの色合いが出ていたと思います。色合いだけでなく、奥行きや濃さもそうです。赤と青の区別などもきれいに出ていたので、申し分ありません。これだけ色鮮やかな映像を、ずっとなめらかな動きで映し出し続けてくれて、すごいの一言ですね。とてもプレイしやすかったです。

機能性とデザイン性を両立する稀有なモニター

モニターの性能はゲームで勝利をつかむためにとても重要な要素です。PCの性能を映し出してくれる大切なものですし、モニターがPCの性能に追い付いていないと、映し出せないものもあります。「INZONE M9」は性能が素晴らしいのはもちろんですが、デザインもシンプルでかっこいいところがいいですね。機能性もデザイン性も、どちらも完璧なモニターというのは、なかなか見つかりませんよ。

このモニターが部屋に置いてあったら、それだけでおしゃれでしょうね。モノトーンカラーですし、どんなインテリアの部屋とも相性が良さそうです。後ろが曲線になっていたり、モニターを支える部分が三脚になっていたりと、今まで見たことがないような作りになっています。デザインにも力を入れて製品を開発したんだろうなということが伝わってきます。

没入感が高い、リアリティーのあるサウンド

「INZONE H9」を着けた瞬間、「これはいいヘッドセットだ」と感じました。すばらしい装着感ですね。音を聞いてみると、あまりの音質のよさに、思わず「うおっ!」と声が出てしまいました。とにかくクリアでリアリティーのある音響で、映画館にいるみたいな没入感でした。ヘッドセットを着けるだけでこれほど迫力のある音響を実現するとは、本当にものすごい技術ですね。

Sonyは音楽の世界で最先端をリードしているイメージですが、その会社が開発したヘッドセットですから、これほどのクオリティなのも納得です。数多くのオーディオ製品を世に送り出してきたSonyならではの製品だと思いました。音楽の仕事でもさまざまなヘッドセットを使ってきましたが、そこでも使いたいほどのクオリティです。低音がよく聞こえるところも個人的にはポイントが高いですね。僕は低音がよく響くヘッドセットが好きなので。

360立体音響技術が敵の位置を教えてくれる

FPSゲームにおいては、視覚以外の情報は音しかありません。敵がどこで戦っているのか、近くにいるのか、それとも遠くにいるのか…見えない敵の位置を探るための情報をプレイヤーに伝えてくれるのが音なのです。

ヘッドセットを選ぶ際は、敵を発見できる音質かどうかを必ずチェックします。「INZONE H9」でプレイすると、後ろから聞こえてきた足音が前へと流れていく様子が本当にリアルで、ゲームの世界に入り込めました。自分が立っている場所から全方位の音がここまでクリアに聞こえるというのは衝撃的でした。後ろや斜めからの物音も、本当に立体的でしたね。

これまで音質が抜群にいいといわれているヘッドセットをいろいろと試してきましたが、「INZONE H9」はその中でも抜群の音質です。360立体音響技術によるバーチャライザー機能がプレイヤーを高い次元に連れて行ってくれる感じがしましたね。これだけ音質がよければ多くの情報を味方に報告できますし、自分だけでなく、チームの勝利にも貢献できると思います。次回の大会で使うのが今から楽しみです。

快適な着け心地とノイズキャンセリング機能で、没入できる

遮音性も素晴らしいですね。電源を入れればノイズキャンセリングも機能して、より集中しやすくなりそうです。どのような技術を使ってここまでの遮音性を実現しているのか、気になってしまいます。最近の技術は本当にすごいんですね。耳がゲームの音だけを拾うので、普通の日常生活を送る程度での雑音であれば、邪魔されるなんてことはなさそうです。

手にとってみて改めて感じましたが、こんなに高性能なのにすごく軽いです。イヤーパッドもとても柔らかいですね。いい素材を使っているんだろうなと思います。実際、ヘッドセットを着けているという感覚がそこまでないので、快適にプレイできました。「INZONE H9」の着け心地なら、長時間プレイしていても疲れにくいでしょうね。

高性能でありながら、スタイリッシュなデザイン

個人的に、ワイヤレスなところもポイントが高いです。ゲームをしている最中、立ち上がったり手を動かしたりすることもありますし、そこでコードが引っ掛かると地味にストレスなので。普段使っているヘッドセットもワイヤレスです。

デザイン性が高いところもいいですね。一般的なヘッドセットという感じがしなくて、とても気に入りました。ゴツゴツしたデザインはあまり好みではないのですが、「INZONE H9」のシンプルかつスタイリッシュなイメージは、まさに僕の好みです。

こうしてモニターとヘッドセットを並べてみると、ぴったりとデザインがマッチしていて、この二つはセットなんだということがよくわかります。せっかくなら、一緒に並べて置きたいですね。スタイリッシュな印象の部屋になりそうです。ホワイトカラーを基調とした部屋にこの二つを置いておいたら、それだけで様(さま)になりそうです。

よく見える目と聞こえる耳を選ぶ。間違いのない選択肢。

ゲームにおける視覚と聴覚は、敵の位置を把握する上でとても重要です。現実世界であれば五感をフルに活用できますが、ゲームでは視覚と聴覚しか使えませんから、この二つがどれだけ頼りになるかが勝ち負けにダイレクトに関わってきます。よく見える目と聞こえる耳、すなわち性能のいいモニターとヘッドセットは、勝利を掴むためには必須のアイテムといっていいでしょう。その意味で「INZONE M9」と「INZONE H9」は間違いのない選択肢ですね。

次回の「GHS NIGHT」では「INZONE M9」と「INZONE H9」を使って参加します。とても心強いです。バトルロイヤルゲームでこの二つのデバイスが使えるとなると、きっと有利になるのではないかと思います。

「GHS NIGHT」には、毎回豪華なゲストに来ていただけてうれしい反面、レベルの高い選手がたくさん参戦するので、かなり気合を入れていかなければなりません。チームメンバーと共に勝利を掴むのはもちろん、「GHS NIGHT」をさらに盛り上げて、日本の皆さんに元気を届けられたらうれしいですね。

革新の美しさを、目撃せよ。 ゲーミングモニタースペシャルサイトへ

ゲーミングモニター

すべての音に、耳を澄ませ。 ゲーミングヘッドセットスペシャルサイトへ

ゲーミングヘッドセット

TOPに戻る

キャンペーン

  • twitter
  • facebook

to page top