商品情報・ストアLife Space UX あなたらしい暮らしStories “花と共に暮らす”暮らしの習慣

あなたらしい暮らしStories

“花と共に暮らす”暮らしの習慣 “花と共に暮らす”暮らしの習慣

“花と共に暮らす”暮らしの習慣

おうちで過ごす時間をもっと楽しく、心地よく。「どこまでも、あなたらしい場所にしよう」をコンセプトに、ソニーのLife Space UXがよりあなたらしい暮らし方のアイデアやヒントをお届けします。

仕事や家事に追われて忙しい毎日を送っていると、心にゆとりが持てなくなってくることってありますよね。そんな時こそ花を活ける習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

季節の花を選んで大切に持ち帰り、飾る器を選んで毎日お世話をする。花と向き合うことは四季を感じて自然のパワーに癒されるのと同時に、心を落ち着けて穏やかな時間を過ごすことにもつながります。

花を活ける花瓶がなくても家にあるもので代用できます。細かいルールは気にせずにカジュアルに花のある暮らし楽しみましょう。

花と花瓶

家にある身近なものを花瓶の代用に

「せっかく可愛い花束をもらったのに家に花瓶がない・・・」。そんな時はキッチンを見渡してみてください。大ぶりなジャムの空瓶や、ピッチャー、コップなど花瓶の代わりにぴったりなアイテムが潜んでいませんか。

花を短く切りすぎてしまった時や、ちょっと一輪飾りたいなという時はお皿や徳利などの食器も重宝します。

黄色い花

見栄え良く飾るポイントを押さえる

切り花を飾る時、どんなことを意識しながら飾り付けたらよいでしょうか。

プレゼントでいただいたお花も、包みをほどいてサッと花器に飾ることができたらスマートですよね。

ラフに投げ入れて花瓶に飾るだけでも十分素敵ですが、実はさりげなく綺麗に見せる飾り方には、いくつかのコツがあるのです。

  • 不要な枝葉を取り除いてスッキリさせる。
  • 主役と脇役をはっきり決めて、主役を際立たせるように配置する。
  • 線の細いものは高い位置、大ぶりな花は低い位置に飾る。

また、上手に飾れなくて悩んだ時には、ぜひ思い出して欲しい黄金比があります。

「花の高さは花器の2倍まで、幅は3倍まで。」

決してルールに捉われる必要はありませんが、これを覚えておけば飾り付けにもちょっぴり自信が湧いてきませんか。

さまざまな花

きれいに咲いた花を長持ちさせるには?

お部屋に飾った花はほんの少しの手間をかけるだけで、きれいに咲いた状態を長く保つことができます。

まずは飾る前の水切り。水の中でほぼ真空状態で茎を斜めに切ってあげることで水の吸水力を高めてあげる作業です。

元気がなくなっている花を復活させるのにとても有効で、生けた後にも使える技です。

水切り

水切りをして花器に花を活けたら、自分の部屋のお気に入りの場所に飾りましょう。

この時に注意したいのが置き場所です。

花は暗くて温度の低い場所を好むので、エアコンの風が直接当たるような場所や、直射日光は避けるのがポイントです。

そしてお水をこまめに取りかえることもとっても大事なことです。

水は1日で濁ってしまうので、「今日も元気に咲いてくれますように」と願いを込めながら毎朝水を取りかえることを習慣づけてみてください。

飾る場所

慌ただしくて余裕のない日々も、ほんの数分、綺麗な花を見つめて長生きするように労わる時間を持つことが心にゆとりをもたらし、あなたらしい理想的なお部屋づくりに一役買ってくれたり、過ごす時間をより心地よいものにしてくれると思います。

心地よい暮らしに導いてくれる一つの手段として、ぜひ毎日の生活空間に花を添えてみてくださいね。

Life Space UX サイトマップ